190172 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

キイロマンの地球観撮日記

全2件 (2件中 1-2件目)

1

映画

2020年07月14日
XML
カテゴリ:映画
フェリーニの「道」という古い映画を観ました 1954年の作品

海辺でたくさんの兄弟と暮らす貧しく知恵遅れの娘が、1万リラで大道芸人の粗野な男に売られていく
男は娘に芸を厳しく仕込んで、ピエロの格好をさせて、一緒にドサ周りをするのだが
ある日、男の粗暴な態度に閉口した娘は、逃亡を企てる
しかし、すぐに連れ戻されてしまう
その後も何度か、逃げ出す機会はあったのだが
結局、彼女は男との生活をする道を選んだ
そうしているうちに悲劇が起きてしまう

主人公は、娘といっても、実際には当時30代の女性が演じている 
フェリーニ監督の実の奥さん
このへんがちょっと違和感のあるところですが
身体が小さくて、童顔なので、ままそれらしくは見える
相手役の男も大男でしたしね

徹頭徹尾
可愛そうな娘の物語
悲哀に満ちていた
男は無神経で損得勘定しかしない乱暴者
対するに、娘はやや知恵遅れなものの、心は無垢で清純で という設定
まるで可愛い子犬のような
終いには、それこそ動物のように捨てられていくのだが

なんとも後味の悪い話だったが
最後に、男は反省したのか、孤独に苛まれていたのがせめてもの救いか

彼女はどうしてこんな男との生活を選んだのか
逃げ出す機会はいくらでもあったのに
あるとき同業者の別の芸人に、こんな話を聞かされる場面があった

「私はなんの役にも立たない
 この世で何をしたらいいのか」

と娘が泣いてふさぎこんでいたところ
その芸人は言った

「あの男は可愛そうな奴だ お前以外に誰が奴のそばにいられる?
 俺は無学だけど、なにかの本で読んだ
 この世の中にあるものはすべて何かの役に立つんだ こんな小石でも
 この石が無益ならすべてが無益だ 空の星だって同じこと
   お前もなにかの役に立っている  アザミ顔のブスでも」

そういって落ちていた小石を拾って娘に渡した
すると彼女はパッと顔が明るくなり、その小石を見ながらしきりと頷いていた
すくなくとも自分はあの男に必要とされている存在なのだ、と思ったようだ
現状を受け入れることに価値を見出そうとしてしまった
この世に無益なものはない 役に立たぬものはない・・・ 
一面の真理ではあるが
やはり、この娘は男を捨てて他へ行くべきだったのだ
むしろ、そうすることで、きっと娘は生きる意味を見出しただろう
男は男で、娘を失うことで、かえって、その意味を見出しただろう
だが、この話ではそれに気づくのが遅すぎた

どんな美辞麗句や真理を聞かされたところで
それを活かすも殺すもその人次第だ
知恵ある言葉も、愚かさの前では役に立たないどころか
かえって道を誤らせるきっかけになることすらある

知恵ある言葉は仙人や聖者ごときが山上で呟くものだ
下界で四苦八苦する我々にはときに遠い言葉でもある
それを理解するにはやはり地道に山を登らないといけない
そういう努力も向上心もないところでは、真の理解も及ばない
言葉だけを猿真似し、字面をただなぞると、かえって痛い思いをするかもしれない
だからといって、所詮、理解できぬ言葉、としてそれを放棄してしまうのは愚かさの上塗りに過ぎない

「あの男は可愛そうな奴だ・・・」
とも芸人は言っていたが
「かわいそうだから」
なんというのは、ただそれだけでは浅知恵な動機ともなる
カント曰く動物的な本能にも近い
「かわいそうだから」でいろんなものをだめにしてしまうことが多々あるものだ
今の世でも社会問題にもなっていますが
娘は、DVを受けていても逃げ出せずにいる人達の心理にも似ていましたね
あの人には私がついていなければいけない かわいそうな人なんだ・・・
なんだか腹立たしいような話でもあった

男と娘は、旅の途中、修道院に泊まらせてもらうことがあった
そのとき、娘はそこの修道女に、ここに残っていったら? と誘われもしたのだが
それが男から逃れる最後のチャンスだったかな
しかし娘は泣く泣く男とそこを立ち去った
実は夜中に、修道院にある銀細工を秘かに盗む手伝いを、男に無理強いさせられていたのだ
罪の意識にも苛まれたのだろうか
別れの場面では、しきりと泣いていた

娘役の演技は、実際に道化師役をやるせいもあってか、すべてが道化風に見える
可愛い笑顔も、哀しい顔も、作り物のピノキオのようだ
その笑顔がかえって悲哀を感じさせたり
哀しい顔には、アンデルセン物語のような残酷さも感じましたね
あの独特な表情が脳裏に焼き付いてしまって
永らくまとわりつきそうだ
まずいものを観てしまった😆





たんぽぽの里






最終更新日  2020年07月16日 09時57分01秒
コメント(10) | コメントを書く


2020年04月22日
カテゴリ:映画
映画DVD 半世界 を観ました





田舎での生活
よくもわるくも、他人に一線を越えて干渉する世界 そこに暮らす三人の幼馴染の話
主演の稲垣吾郎は、山中にある大きな釜で炭焼きをしている職人
大雑把なんだけど、人情に厚い好人物を無理なく演じていた
彼には、思春期の不安定な息子がいた
事情を知った友人がその息子を諭してくれる
その友人には、こちらから仕事を世話してやったり、手伝ってもらったりもして
あれ これ 人と人が密に交流する
こういう仲間社会のようなものが希薄になってきた現代では、懐かしいような光景
今どきの都会人からすると、煩わしいと思うかもしれないけど
いつまでも出口が見えずに、ひとりで悩んでいる若者なんかにとっては、メンターがいないというハンディは大きい

友人役には、長谷川博己がいて、この人も話の中心人物
つい最近、自衛隊から帰ってきたばかりの元軍人で
部下が死んだことになんらかの責任を感じて、塞ぎこんでいた
それを、幼馴染の稲垣がなにかとおせっかいをして、少しずつその頑なな心をほぐしていく
下手なカウンセラーよりよほど効果的なのではないかと思った
軍人として生きていた世界と、田舎に帰ってからの世界と
それぞれの世界で長谷川が感じとったものとは・・・

ただ、長谷川は見た目、元軍人という感じではないよな 
(軍人ではなくて自衛隊員か)
見るからにスマートで知的ですからね
この役には、もちょっと不器用そうな、高倉健のような役者の方がよかったなとは思うのだけど
ましかし、高倉健だと、そっちの話のほうがメインになってしまうし
ついでに死人もいくらか出てきそうだ

お葬式の場面があって
登場人物の突然の死で、妙に哀しくさせられた
おせっかいな田舎暮らしの人達に、こちらの心もいつのまにかほだされていたのかも
かといって、田舎暮らしがしたいとも思わないですけどね
最近、田舎での生活の有り様を、暮らしていた人から聞いたのですけど
プライバシーがない
個人の活動が密で小さな世間の目に晒されている
お祭りなんかすっぽかすわけにはいかないだろな
村八分されてしまうだろう
私には苦手な領域だ
「あすこは 変なオタク野郎が住んでいる家だ 近づくんでねえ」
なんといわれるのがオチだよ
玄関にエイリアンのでかい人形でもおいてやれ😁

これよくできてるな
もちょっと大きさがあるといいな

https://www.amazon.co.jp/figma-%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3-%E7%AB%B9%E8%B0%B7%E9%9A%86%E4%B9%8B%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8ver-%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%AB-%E5%A1%97%E8%A3%85%E6%B8%88%E3%81%BF%E5%8F%AF%E5%8B%95%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A2/dp/B07BTF2ZJ3/ref=sr_1_4?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3&qid=1587526634&s=hobby&sr=1-4


小さなお宮で撮りました
これ なんの花かわかりますでしょうか (??д?)


お宮の境内にて



紫陽花
花はまだまだ先ですね

紫陽花


ハナミズキ 

ハナミズキ
ハイキー撮影
白い花弁が眩しく輝く
洗いたてのシャツのようだ
うーすべーにいーろのー ♪
と前回の歌にはありましたが
私は白いハナミズキのほうが好きです🌟









最終更新日  2020年04月24日 11時38分45秒
コメント(12) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.