026790 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日は何の日 ただしオタク向け

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


キジトラ・ガブリエル

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
太鼓薔薇@ ちょwwwwwwww 今までデリ嬢に金払ってたのがバ力みてぇ…
ボーボー侍@ 脇コキって言うねんな(爆笑) 前に言うてた奥さんな、オレのズボン脱が…
チリチリ@ 次は庭で全裸予定w http://kuri.backblack.net/aemuptz/ ち○…
まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…

Freepage List

Headline News

Free Space

設定されていません。

Shopping List

2013.02.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


おはようございます。 さて本日は…


「春一番名附けの日」 1859(安政6)年2月13日、壱岐郷ノ浦の漁師53人が五島沖で突風に遭い全員が死亡した。それ以前から、郷ノ浦の漁師の間で春の初めの強い南風が「春一」と呼ばれており、これが「春一番」の語源とされている。春一番の語源には他にも諸説ある。

 1950年代からマスコミがこの言葉を使用するようになって一般でも使われるようになり、1985年からは気象庁が春一番の発表を行っている。


「西行忌,円位忌」 歌人・西行法師の1190(文治6)年の忌日。

 亡くなったのは旧暦2月16日であるが、"願はくは花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月の頃"の歌より、15日を忌日としている。

 2月15日は釈迦入滅の日であり、この前後に亡くなることは仏教の修業をする者にとっての憧れだった。


「兼好忌」 鎌倉時代末期から室町時代初頭の歌人で随筆『徒然草』の作者として知られる兼好法師(俗名・卜部兼好)の1350(正平5)年の忌日。ただし、1352年にはまだ存命だったとの説もある。

 一般に「吉田兼好」と呼ばれているが、これは兼好の生家・卜部家が京都吉田神社の神官をしており、その子孫が吉田姓を名乗った為に後世の人がつけたものである。


他には…


1950年2月15日。 「ドラえもん」ののび太のパパとママが偶然の出会いを! のび助さんの運命を変えた一日でした。









Last updated  2013.02.15 11:09:14
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.