395442 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

机上庵方寸を騙る輩の独り言

PR

全29件 (29件中 1-10件目)

1 2 3 >

映画

2009/06/21
XML
カテゴリ:映画
八神純子
ってなものを貼付けといて

スカッシュは昨日やってスッキリしてるから
雨を理由に籠りっぱなしをやることにした日曜日 *1

ヒマつぶしに~と
HDの肥やしになっていた映画なぞを・・・


小泉堯史/博士の愛した数式


台詞、特に博士の台詞がいかにもいかにも
ってなクサさを含んでいながら
シンプルさがしっかり出てる感じが好いねぇ

映像を見て原作をよみたくなったのも久しぶりな感じ



もう一本
Emile Ardolino/SISTER ACT
(邦題:天使にラブ・ソングを…)


Whoopi姐さんの活躍っぷりが
梅雨空を吹き飛ばしてくれそうで
いいよねぇ~~~




にほんブログ村 映画ブログへ


*1 飲料(アルコールであることは言うまでもない)を
  買い出しにだけは部屋から出たんだけれどもね






Last updated  2009/06/21 08:19:50 PM
コメント(4) | コメントを書く


2009/05/31
カテゴリ:映画
 キョンキョンである (〃⌒ー⌒〃)ゞえへっ♪


それだけで何も言う事もあるまいて・・・
なんだけれども


なんか物足りないなぁ


ってのと
UJを押し出したい誰かのチカラが強いのか
それは要らんだろ~ってな部分が鼻に付いちゃうやねぇ


あ、でも
梅図さんはノリノリだし
亜星さんはボソっとオイしい台詞だし
松原智恵子さんおちゃめな母親してるし
相変わらずの怪しさ全開で鷲尾さん出て来るし
実は音楽、ホチョノさんだったんだねぇってのもあるし

なんてったってキョンキョン♪だし ヾ(●⌒∇⌒●)ノ


それだけで、言うこと無しだぉねぇ(笑)

にほんブログ村 映画ブログへ






Last updated  2009/05/31 05:36:02 PM
コメント(2) | コメントを書く
2009/02/07
カテゴリ:映画


死の受け入れを覚悟しなければならなくなった時
自分ならどうするだろう?

などと
画を見て笑いながらも
真剣に考えちゃいますやな

そんな思いを持ちはしたものの

ジャック・ニコルソンってぇと
シャイニングバットマンのイメージしかないから
違和感があったり、でしたな ^^;



にほんブログ村 映画ブログへ






Last updated  2009/02/07 04:47:04 PM
コメント(2) | コメントを書く
2009/01/18
カテゴリ:映画


「役者ばか」を
臭く、クサ~く演じる
佐藤浩市がオイしいっす ^^;



にほんブログ村 映画ブログへ







Last updated  2009/01/18 08:48:25 PM
コメント(4) | コメントを書く
2008/12/07
カテゴリ:映画


呆気ないとも
遣る瀬ないとも
理不尽とも


とにかく
整理が付かんですな


特にお気楽映画の寄り処的に見始めてしまうと。


Born to be Wild を筆頭に
Cool!!

としか言い様のない
音楽を並べ立てられての
展開だけに
余計にそう感じるのかもしれん。


にほんブログ村 映画ブログへ






Last updated  2008/12/07 06:52:26 PM
コメント(6) | コメントを書く
2008/11/24
カテゴリ:映画


ちょっとCG臭が
鼻をつく感じはなきにしもあらず
だけれど

前3作の雰囲気と
知ってれば笑えるでしょ?的ネタが
満載で
満足満足



特筆は Karen Allen

元気だった女性が
そのままハツラツと歳を重ねて
好いオバチャン女性として活躍してくれたのが
嬉しいやねぇ


にほんブログ村 映画ブログへ






Last updated  2008/11/24 07:06:30 PM
コメント(4) | コメントを書く
2008/09/21
カテゴリ:映画


バイク乗り、万歳!!!


これだけで十分でしょ、この映画には\(^^)/



にほんブログ村 映画ブログへ







Last updated  2008/09/21 04:12:50 PM
コメント(2) | コメントを書く
2008/08/24
カテゴリ:映画
邦題とはずいぶん雰囲気が違うんね、原題


雨に降られて
特に用事もないしで
一歩も外へ出掛けんと
採り貯めておいた映画でもと

スッキリするものがよかろうと、コレ


ありえね~~っ!とか叫びつつも
見終わってスッキリできれば
アクションものは合格ですやな


にほんブログ村 映画ブログへ






Last updated  2008/08/24 05:46:27 PM
コメント(0) | コメントを書く
2008/08/16
カテゴリ:映画

日本の・・・』がド~ンとストレートだっただけに
物語りを捉えるまでに違和感が大きかったやね

違和感が大きいのは
日本(軍)の設定もかな
具体的に何がと指摘できるわけでもないけれど
あれ?
と思う箇所がいくつかあったり

それでも
「両親の顔を覚えていない』ってな台詞で
ドワ~と涙しちゃうし

最後、再会を果たせた時には
知らぬ間にポロポロっと落としていたし
ってな結果でした



あらすじなんぞはここらで確認してください


にほんブログ村 映画ブログへ






Last updated  2008/08/16 07:20:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:映画
 ←三船敏郎の割腹シーンは
 確かに強烈だけれどね
 
 ここに描かれていることが
 全て史実と一致しているワケではないにしても
 戦争という愚かな行為に対して
 考える機会にはなります



終戦の日宮城事件
それから
日本のいちばん長い日
参照ください



にほんブログ村 映画ブログへ






Last updated  2008/08/16 03:43:52 PM
コメント(0) | コメントを書く

全29件 (29件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.