2573704 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ききみみやの「明日が楽しみ!」

まつもと大歌舞伎・市民サポーター日記後半

design++dalu++



  


7月4日 日曜日 にぎわい座 まつもと大歌舞伎のお城イベント登城行列

7月4日。
市民サポーターのお仕事を全うしたために
松本城にいながら、ヒトメも観られなかった
お城イベント

これは串田監督たちが
チケットを取れなかった人にも楽しんでもらいたいと
松本城で無料で行われたイベント

郵便局からお城まで、人力車のパレード。

串田監督
到着してからは、特設会場で勘三郎さん達のご挨拶と

にぎわい座

「佐倉義民傳」の中の農民のラップを披露したそうです。

そうです、って書いているのは観てないから。

この写真は、平成中村座仲間が写した中からサポーターのご褒美!と、
送っていただいたものの一部です。


市民キャスト

「お仕事お疲れ様! 代わりにちゃんと観てきましたよ」

と、撮ってくれたあなたの優しさに涙が出ました。
一緒にお手伝いをしていた仲間にも見せてあげられます。

 

観られなくてもしかたないとあきらめていたけれど
その分、心にしみました。

(一説によると45000人の)人の波にもまれながら
こんな笑顔の写真が撮れるあなたは才能あるカメラマンだわ。

最後の写真は、群衆の中に仕込まれた((^O^)/)農民からの「直訴状」
ニコニコ受け取る笹野さん。
帽子がオシャレ、で「渡し守甚兵衛」というより
「上海バンスキング」の「バクマツ」って感じ(*^^)v


淡路屋さん

 


7月4日、お昼
販売のお仕事でお世話になった「お松の方」が
お宅に招いてくれました。

サポートの仕事で疲れたところへ嬉しいお誘い。
お茶を飲んで退散しようとしたら、お食事まで
用意してくださいました。

ホテル暮らしでは栄養が偏るから、と美味しい炊き込みご飯を
ご馳走してくださって感激。

実は、見知らぬ土地での連日のサポートは楽しいながらも
体の方は広い市民芸術館を歩き回り、けっこう疲れがたまっていた?
そこへ、急に晴れた今日、外での仕事でパワーがだいぶ目減り
したんでしょうね。

ドンドン、お皿を並べてくださるので、
ご自分の食べる時間がなくなるのでは、と心配なくらい。

冷たいゼリーで生き返り、満足していたところ、
ご自分がお好きだからと珈琲まで。
お酒は弱いけど、珈琲は大好き!の私なので
ググッと来ちゃったのでございます。

お料理お上手で皆、美味しかった!
「お松の方」は、素晴らしい女主人で、リスペクト!だわ。

私もこんなふうに喜ばせるおもてなしができる人になりたい!

風の通る縁側に、汗をかいた半纏をひろげて干して…

更に嬉しいことには、
市民キャストをされている「お松の方」のお子さんが、
2008年のまつもと大歌舞伎の写真を見せてくださいました。
「夏祭浪花鑑」貴重なアルバムをめくりながら、
朝からの不思議なご縁を夢のように感じていました。

「にぎわい座」のイベントの中身は、
勘三郎さん達出演者の皆さんがそれぞれ、ご挨拶の後、
義民傳の「百姓の春夏秋冬」のラップ披露だったとか。

聴きたかったけれど、
無事終了で良かった!などと、
すっかりサポーター気質、板につき♪

「お松の方」様と市民芸術館へ向かいます。
私はコレが最後のサポーターのお勤めです。

桔梗柄の手ぬぐい

どうしようかな、と思ったけど「アネサン」がかぶせてくれた
帽子みたいにかぶれる手ぬぐいを脱ぐのがもったいなくて
引き続き、かぶったまま「会場係」を務めました。

開始時間前に並んでいるお客様の中で、
和服で来場された方に先着30名限定で
紫陽花柄のうちわをプレゼント、いう企画があり
大好評でした♪
皆さん、ありがとうって良い笑顔を見せてくださって。
なんとも美味しい役でした。

その後は、入り口でアンケート用紙、ラップの歌詞、
チケットの半券でいろんなサービスを受けられる市内のお店の
一覧表の入ったビニール袋をお客様に配ります。

何十枚も腕にぶら下げると意外と重い。
明日は筋肉痛だね~なんて、仲間と言いながら、
ニコニコ笑顔で、ね。

これからはじまる期待を胸に並ぶお客様を見ているのはいいもんです。

杖の方、車いすの方も大勢ありがとうございます。
「平成中村座 佐倉義民傳」は期待に応えますからね~♪

今度のお手伝いは会場係

最後のお仕事はアンケート回収です。

回収ボックスに書いたアンケートをいれていただくのが仕事。

まだ書いていないお客様には
その場で感想を書く為の机を用意してあるので、
特にお願いしなくていいわけですけど…

アンケート書いてくださる方意外と少ない。
感動はしていても文章にするのは面倒くさいとか
帰りの電車の時間があるから、書き慣れないとか、
いろいろ理由はわかる気がするから
それも仕方がないかな、とも思うけど…

俳優さん達が楽しみにしているって聞いたし、
市民キャストの方はここでの感想が全てかなと思ったら

「お願いします」って声に出して言わなくちゃ、と思いました。
以心伝心で、他のサポーターさんもそう感じたようで、
恥ずかしいけど、もうちょっと大きな声でお願いしました。

頭を下げたら、和服の女性が机に向かってくれました。
一人が机に向かって書いているのを見たら、ドンドン人がふえ
並びきれないくらい、たくさんの方が書いてくださった。

あらかじめ、書いてくださった方は、
涙ぐんで無言で、渡す手に力を込めて、さし出してくれます。

ありがとう、観てくださってありがとう
ありがとう、書いてくださってありがとう


まつもと大歌舞伎 平成中村座


まつもと大歌舞伎の市民サポーターの実行委員会の方は、
松本で行われるサイトウキネンオーケストラと兼務の方が多いそうです。

長年ボランティアをされている方がほとんどで、
その経験が生かされているのでチームワーク良く、潤滑に
運営されています。

受け皿がしっかりしているので、私のような全くの素人が
サポーターを志望してもお手伝いさせていただけるのです。

でも、もう終りなんだな。半纏着るのも。
そんなセンチメンタルな気持ちでお仕事を終わるや否や、
レセプションがあるので、会場へ!と促され…

開始時間が早まったそうです♪いそげー

役者さん、裏方さん、スポンサーさん、市民キャスト、サポーター
一堂に会しての歓迎レセプション 心は松本市民♪


ホントはシャワーを浴びて、
昼間の汗を流して小ざっぱりと…と思ったけれど、

市民サポーターは制服の半纏着用、
写真やサインは一切厳禁、との条件での参加、
あきらめて、そのまま、レセプションの会場へ。

そうそう、
これは関係者一同、無事に開催されたことを喜びあうパーティ。
ということで、
会場へのエレベータにサポーター数人で乗りこんだ。

と、いったん足を入れようとして、思わず一歩下がる。

下から上がってきたエレベータに先に乗っていたのは

おお。橋之助さん

今回の「佐倉義民傳」農民のヒーロー、
宗吾様はもちろんだけど
この舞台のために串田監督が創作した人物。

橋之助さんが演じることで、その存在がさらに印象的。
作品に深みを与えている大事な役どころ。

いえ、それ以前に「天保遊侠録」の小吉や
「忠臣蔵」の平右衛門で大好きな橋之助さん。
もっといろいろあるけど…

「なりきり歌舞伎体操のワーク」へ行くと、
いつも橋吾さんが師匠のことをほめていて、
その意味でもますます好きになってしまう橋之助さんが
いらしたものだから、緊張して心臓バクバク。

馴れ馴れしいのもいけないし、知らん顔も失礼だし!

「ご一緒してもよろしいでしょうか」と声をかけ、
サポーター一同、ドキドキ!

どうぞと言われ乗り込んだ私達。


「お疲れさまでした!」に万感の想いを込めて!

広い会場、たくさんのご馳走。
乾杯直前にお化粧直すし暇もなく駆けつけた
夜の部の担当サポーター

私は、まつもと大歌舞伎へのきっかけを作ってくれた
magendaさんと並んでテーブルへ。
コクーンで会って以来、一緒に行動できるのでウレシ。

松本へ来るまでは、magendaさんだけが
唯一の知り合い、頼みの綱!

サポーターの仕事の割り振り、
友人同士はわざと別にするそうです。
おしゃべりに夢中でお客様そっちのけ、とか
気をつけていても難しいんでしょうね。

magendaさんとは一度も同じ担当にはならず、
すれ違いざまに挨拶するくらい。
確かに一人でいたせいで、仕事を通して
毎日いろんな方に良くしていただいて
松本が大好きになったので、
結果としては正解ね。

明日は松本を離れる、という晩に
一緒にいられるのはなにより。

既にそこしか開いている場所がなかったので、
会場のど真ん中のテーブルに着き、
乾杯の音頭ギリギリに飲み物を調達して
どうにか「カンパーイ!」に間に合って、
ヤレヤレ!

パーティなんだから、二人だけで乾杯じゃなく、まわりともね、
と、前の席の背の高い若者とも乾杯!

う、これは佐倉の民から不法に年貢を取り立てる悪代官じゃない?

昨日、東京から見に来ていた友人が素敵!と教えてくれたので
顔を覚えたばかりです。彼女がいたら喜んだろうに!

そして、お隣と乾杯!こちらのお隣とも、なんて
和やかムードでアチラでもコチラでも笑顔が広がります。

ちょうど隣のテーブルは勘三郎さん達。
スポンサーさん、ご贔屓さん、たくさんの方に囲まれて、
さっき鏡開きで開けたお酒を片手に談笑している姿を
遠目に見ながら幸せ気分。

さて、振り向いて、背中合わせの人にも乾杯しちゃおうかな、と
グラスを差し出すと、あら、どうしましょう。

「佐倉義民傳」を観た大人たち、、
ラップ嫌い、ラップ無関心の人達に
どれだけ強烈な影響を与えたか!
私だけでなくラップへの認識変わったという意見を
たくさん聞いたよ。
ま、佐倉義民傳だけ
特例って言う方もいらっしゃるでしょうが。

出来ることなら!

市民キャストになって一緒に「百姓の春夏秋冬」と
歌いたかったよ!と痛切に思った
サイタマノラッパー:MC IKKUこと
駒木根隆介サンが立ってた!

ちょっと紹介

平成中村座の座組は皆、大好きですけど…

歌舞伎とラップをこんなにフィットさせて、かつ
ラップあってこその「佐倉義民傳」を作り上げた
ちょんまげラッパーにありがとう!って
言いたかったの。

ありがとう!って言えて大カンゲキ!


あちらでも、こちらでも俳優さん達を囲んで、
恥ずかしそうな嬉しそうな輪ができてます。
頑張った同僚たちの嬉しそうな顔を見るのはいいもんです。

笹野高史さんは挨拶の時にラップを交えて
「松本サイコー!」なんて大盛り上げに
盛り上げちゃうもんだから、
その後の亀蔵さんが言いにくそうで困ってました^_^;

そうしたら、しかめっ面で登場した亀蔵さん
「やりにくいに決まってるんだろう!」
で会場大爆笑でした。

照れ臭そうに手短な挨拶で終わるところを、
アンコールの拍手に押され、
挨拶の延長をしてくれました。

傍から見ていても、やりにくそうで、
亀蔵さん気の毒、気を悪くしていないかしらと心配になったけど、
笹野さんの著書によると、芸能界に友人の少ない笹野さんにとって、
亀蔵さんは中村座の中で一番心を許せる親友なんですって。

この淡路屋さん
笹野さんは歌舞伎の時は、出身地の淡路島からこの屋号で呼ばれます)は、
まつもと大歌舞伎のロビーに並んだお店で
ご自分のオリジナルTシャツを売ってました。

収益金を宮崎へ送るためのチャリティーだったのですが、
ツィッターでは呼びかけていたものの、売り場にはヒトコトもナシ。

目立つように宣伝してほしいという意見もあったよう。

平成中村座が主体の「佐倉義民傳」
地元のお店の賛同のもと開催された
まつもと大歌舞伎であることを考えると
笹野さんが派手に宣伝しなかった気持ちがわかる気がします。
よく江戸っ子と間違われるそうですが、粋!なお方ですぞ!

大きな彌十郎さんが照れ臭そうにはじっこに立っていらした。

七之助君が素敵すぎなので、握手をお願いするのは
勇気がいるようで…
意を決した一人が口を開いたら、その周りに順番を待つ人が
ドンドン増えたり…ほほえましいシーンたくさん見たよ。

若い裏方さんがたくさん出席されていたので
良い舞台を作ってくださってありがとう!って言いたかったけど
お名前も役割もわからないので、心の中でね、「ありがとう!」

役者さんもそうですが、裏方さん大好きなので
附け打ちさんにも注目しながら舞台を観ているのですが、
その附け打ちさんにも接近遭遇!
(ま、要するに通りがかったってことだけど^_^;)
松本に来て良かった!

サポーターの仕事をしている時は



舞台は見ず、お手伝いだけ!と思って参加したまつもと大歌舞伎

けれど、こうして出演者の方とサポートした大勢が
一堂に会していることは平成中村座ファンとしては、
やっぱり至福♪

私のサポートのお仕事は今日で終わりだけど、
他の皆さんは8日の千穐楽まで、気を抜けないのですよね。

楽しいパーティもいつしかお開きの時間に。
そろそろと、出口に向かおうとしたところ、
心づくしの昼食をご馳走してくださった
「お松の方」のお子さんの顔が。(以下、松ぼっくりさんにします)

「お世話になった市民キャストの方よ。」とmagendaさん
松ぼっくりさんを紹介しようとすると、なにやら様子がヘン。

なんと二人は前からお知り合い。
magendaさん市民サポーターを勧めたのは松ぼっくりさん

そのmagendaさんがきっかけで松本まで来た私。
そして、松ぼっくりさんのお宅でお世話になる、って
この偶然はなんでしょう、ドラマみたい!

三人で話していると、松ぼっくりさんの顔を見つけて
爽やかそうな男性が近づいてきました。
私とmagendaさんにも名刺を下さったので、良く見ると
松本猛」、いわさきちひろさんの息子さん。

赤ちゃんの頃の息子さんをモデルに
いわさきちひろさんはたくさんの絵を描いたそうな。

目の前の人がそうなんだ、と絵を思い出しながら
松ぼっくりさんmagendaさんと笑いながら話す様子を
ああ、ここはホントに松本なんだな~って、ボンヤリ眺めたりして・・・


戦士たちのつかの間の休息でもある歓迎レセプション。

パーティ会場で、サポート初日から今日まで
一緒にお仕事した見おぼえのある顔をたくさん見つけて胸がいっぱい。

遠くから松本へようこそ、と皆さんが大事にしてくださって
おかげ様で無事に過ごせた3日間。

もうお別れなんだね、さみしくて、magendaさんを駅まで見送った。

サラリとしているけれど、圧縮した優しさをキラリンと見せてくれる人。

まつもと大歌舞伎 番外編1に つづくく





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.