116557 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

kikiとダーリンとバァのワハハな毎日

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


kiki0706

Category

Freepage List

Archives

Aug , 2020
Jul , 2020
Jun , 2020
May , 2020
Apr , 2020
Sep 22, 2012
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
始まりは帯状疱疹だった。
おでこに2つおできができたと思ったら
数日うちにみるみる瞼まで広がった。
同時に発熱。

受診して処方された薬でさらに熱が上がり、
薬が合わないのでは?と翌日再受診して入院となった。
それが土曜日。
ドクターの治療計画書には
「1週間の入院」とあり、私たちもそのつもりだった。

点滴で日曜には一旦熱は下がり、
返事もして、少しおしゃべりもした。
私たちが帰るときには「おやすみ」も言った。
なのに、月曜日の夕方、また熱が上がった。

「帯状疱疹ができるくらい免疫力が落ちているので
 どんな細菌に感染してもおかしくない状態」とドクター。
それでも日をまたぐ頃には熱が下がり、
個室が空いてなく大部屋だったこともあって
私たちは後ろ髪を引かれながら帰宅した。

その数時間後の18日午前4時半ごろ
病院からの急変を告げる電話。
私たちが駆けつけるのを待って
バァは逝ってしまった。
私たちを置いて。

どう考えたらいいのかわからない。
バァのいない毎日は考えられない。
でもバァがいない。
どうしてなのかわからない。

バァとの5年余りの思い出が
押し寄せてくる。
もっとしてあげられることがあったのではないか、
どうして逝ってしまったのか、
ダーリンと2人で堂々巡りを繰り返している。
この悲しみが癒える日がくるのだろうか。


こうして書いているうちに気がついた。
悲しいでいっぱいになっていて
まだバァに言ってなかったね。


バァ、私たちに幸せをくれてありがとう。
マス子ちゃん






Last updated  Sep 22, 2012 10:37:57 AM
コメント(8) | コメントを書く


Calendar

Favorite Blog

Comments

くま娘@ Re:バァと私たちの1914日(09/22) 久しぶりに訪問致しました。可愛いバァが…
チェリー@ Re:バァと私たちの1914日(09/22) 突然にお二人のところにバアが舞い降りてか…
tama@ Re:バァと私たちの1914日(09/22) おばぁちゃまの笑顔の写真を見てまた、涙…
petit bois@ Re:バァと私たちの1914日(09/22) 残念です。 普通ではできないような看護を…
雪之嬢2005@ Re:バァと私たちの1914日(09/22) お久しぶりでございます。 コメントは数年…

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.