1877556 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

烏飛兎走

PR

プロフィール


フューレ

カレンダー

日記/記事の投稿

サイド自由欄

160x600-madoka.jpg
saito_you160x600.jpg
saito_tai160x600.jpg
お天気戦隊ハウウェザー


カテゴリ

2008.02.12
XML
カテゴリ:小説の話。
とあるところから頂いて、
読めたコチラ。 2年前の作品です~

ちょうど『』を読んでてテンション上がってるとこだったんで(笑)
この本を選んだわけですが。


久々、主人公の気持ちにかるく感情移入してしまった;;;
ビックリ作品です。



きらり1





 よんでね1
 自己満足2







三浦倖生はバイトがてら会員制のデートクラブに登録していて
今回派遣されたのは寡黙な男・轡田(くつわだ)の屋敷に派遣される。
ただし・・・「犬」として・・・。
ここで待っていたのは轡田の厳しい躾の日々。
人でありながら犬扱いされることへの屈辱と羞恥・・ 次第に深みにハマっていく2人だったが!?


みたいなね。



読み初めてしばらくは、
轡田だが、かーなーり気持ち悪い奴に感じてしまってならなかったよ。 (;゚Д゚)ナハハ
なんつーか、恐い。
文章の感じとかほんとキモーイけれども、ってな。

とにかくであるコトを要求してくるわけですよ、轡田わさ・・
倖生のことを「ユキ」と呼び、
ダイヤモンドのついた首輪をつけて・・
伏せとか座れとかそのまま・・とかのコマンドを教えたり。

「犬はしゃべらない」

っつって、しゃべることも許さない。
訴えは目線?みたいな感じ。

初めはいやいや従ってた倖生なのに、
いつのまにか慣れてきてしまうわけですよ!!!こ・れ・が!!!
読んでるこっちもなぜか(笑)そんな行動をとっちゃってる倖生に
あたりまえのようについていけるというか。

ある時、
轡田から突然の別れを切り出される倖生ボッロボロになってる彼がまた、
かわいそうでならなかった。
こんなん初めてだよ;;はっかしい(*´д`*)
倖生はおいたちも切ないんだよなぁ・・。


このフラれた直後にもうひと波乱あるんだわねぇ・・


これが解決した後、2人の時間がやっと復活。

倖生は捨てられたショックで首輪を無理にひっぱったり、おでこを床に打ちつけて
怪我をしたりしてたわけです。
なんでそんなコトをしたんだ?って轡田に聞かれて

『悲しかったから』
『あんたに捨てられて、悲しくて、癇癪を起こした』


ってのがなんか素直で可愛かったかも・・・。









エロシーンは
ちゃんとあるけど途中ちょっとと、最後に。
大変エロかったっす・・・。  興奮
う~ん、さすがベテラン作家さんの言葉使いで文字だけってのはアレだね;;  (爆)
お上手だから、へたに知識があると(オイ 
こっちの想像力が駆り立てられて困るきらり1
 
                                   先生!ここに馬鹿がいます!うぇぶ拍手。
    



  『お前を喰らうよ・・』だって。   ギャー
     ↑モンダイはこの後なんだけどね。(笑)



たまに小説読むのもいいねぇ。ニヤリv 
       
   






最終更新日  2008.02.12 22:07:36
コメント(6) | コメントを書く
[小説の話。] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.