1886324 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

烏飛兎走

PR

プロフィール


フューレ

カレンダー

日記/記事の投稿

サイド自由欄

160x600-madoka.jpg
saito_you160x600.jpg
saito_tai160x600.jpg
お天気戦隊ハウウェザー


カテゴリ

2008.10.20
XML
カテゴリ:ガンダムの話。
兄 「おかえり♪     (誰?)」
F 「おかえり♪   ・・・E57」
ふとっちょ 「おかえり♪ タレ・・ハレ? きらり2ヤレルヤ!!」
二十 「アレルヤです。
       誰も・・俺の帰りなんて待ってくれてないよね、  ・・・わかってたわかってた」



F 「たとえミッションに失敗しようともあんたのせいになんかしない、
       そうだな・・   たぶん・・・アレルヤのせいだ」

二十 「ちょ;;俺!? あ・・そうだ、刹那、拘束具はずしてくれた時さ
       目がマジだったね。ってか、1発当たってたんだよね・・ハハ・・痛かったな」
F 「急いでたんだ。すまない」
二十 「ん・・急いでたんならしょうがないよね;;うん・・」
F 「120秒で幸薄い女を救出しなきゃならなかったからな。これでも忙しい身なんだ、オレ」
二十 「そっちありき、でね。OKわかってるよ (涙)」
F 「なんだ?あの待ち受け・・」
二十 「・・え?」



兄 「可愛い教官殿♪」
ふとっちょ 「な・・・/// ちゃ・・茶化さないでくれっ!」
兄 「狙い打つぜ~♪」
ふとっちょ 「てこでも動かぁぁあああーーんはーと1!!!」



二十 「ロックオン・・///
兄 「俺、大人気♪」
F 「何顔赤らめてるんだ!ぶっ飛ばすぞこの野郎!!」
ふとっちょ 「やっぱりそこらへんの気持ちに関しては、無理をしてでも変えてくれ」



兄 「兄さん・・いろいろ思うところがあるよ、ここ」










最終更新日  2008.10.20 13:17:39
コメント(12) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.