1927986 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

烏飛兎走

PR

プロフィール


フューレ

カレンダー

日記/記事の投稿

サイド自由欄

160x600-madoka.jpg
saito_you160x600.jpg
saito_tai160x600.jpg
お天気戦隊ハウウェザー


カテゴリ

2009.02.22
XML
カテゴリ:ガンダムの話。
F 「なんだか・・ もの凄くしっくりこない気がする」
ふとっちょ 「うむ。なんか、アレな感じだな」
二十 「え?何何???どうしたのさ・・  作画?」

兄 「まさかのゴロゴロ大音量EDとか?」

F 「あっ、そっか!!!あの子守師・・俺を洗脳しようとしてたのか・・っ!!」
ふとっちょ 「違うだろ。あ、じゃねーよ、あじゃ。
       ん~まぁ・・それはそれで持ってかれた感は残るけどさ・・」
二十 「え~?ナニ~?なんかあったけ?今日も僕が何もしないうちに
       撃ち落とされてるのはいつものことだし・・な~んつって☆これは冗談d・・」
ふとっちょ 「それはいつもの事だから超しっくりきてる」
二十 「・・・ですよね」


F 「ロックオンの全裸が脳裏にさらされた・・・」
兄 「全部は晒してない」
F 「オレには表から裏まで全部見えた・・・」
兄 「・・・・・・」


ふとっちょ 「あぁ~あ・・絶対・・インプットされちゃったんだろうな・・マリーの脳裏に」
二十 「えぇええ゛゛;;; ちょちょちょちょ・・なんでマリーなのさ」
ふとっちょ 「だって彼女、脳量子波のスペシャリストだろ?かなり鮮明に見えちゃったんじゃないの?」
兄 「なるほど・・ だから照れちゃって、ソーマのままななわけだ・・///
F 「チクショー!やっぱりか・・・?!やっぱり見たのか? あぁ・・ オレのロックオンが・・」




二十 「あのさ、イヤラシイ納得しないでほしいんだけど・・・(涙)
      そんなことばっか言ってるからボッコボコにされるんだよ」






最終更新日  2009.02.23 10:24:31
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.