2398567 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

家庭学習コンサルタント 坂本七郎のブログ

PR

Free Space

坂本七郎 プロフィール


家庭学習コンサルタント
ドリームエデュケーション代表
オンライン家庭教師「まなぶてらす」主宰

1977年生まれ。群馬県太田市出身。

塾講師や家庭教師など5000人以上の学習指導の経験から「家庭学習」こそが学力アップのカギであることを確信。
全国の小・中学生とその保護者に、中学受験・高校受験に向けた家庭学習のアドバイス、親子の関わり方について教えている。

また、受験や習い事など各分野のプロから自由に学べるオンライン専門の家庭教師「まなぶてらす」を運営。24時間365日、世界中どこからでも質の高い教育が受けられる環境を整えている。

主な著書に、ナツメ社から『マンガでわかる!中学生からの最強の勉強法』、大和出版から『小学生のための「家庭学習」の教科書』『小学漢字1026が5時間で覚えられる問題集』、『出る順「中学受験」漢字1580が7時間で覚えられる問題集』、『漢字が好きになるドリル』シリーズ(いずれも大和出版)などがある。

ドリームエデュケーションHP

オンライン家庭教師まなぶてらす

坂本七郎への問合せはこちら

Category

Archives

2022/07

Recent Posts

2010/09/07
XML
カテゴリ:定期テスト対策

公開相談Q&A

■保護者からの質問
-----------------------
中1、娘の母です。
今回の相談内容は、技術・音楽・美術・体育など、
5教科以外の勉強の仕方についてです。
何か良い勉強方法があったら教えてください。
よろしくお願いします。
-----------------------


■坂本の回答

坂本です。
メールありがとうございます。

この4科目のテストというのは
その先生の考えや好みが盛り込まれることが多く、
出題傾向がばらばらで統一されていないことが特徴です。

ですので「テスト対策はこうやればよい」
といった虎の巻的なものは残念ながらありません。

ただ、ないのですが、
あえて対策方法を挙げるとすれば、
次のようなポイントが挙げられます。

・先生が普段の授業で強調、時間をかけた部分が出題されやすい
・板書したことからの出題が多いので、ノートを重要視して覚え込む

こうしたオーソドックスな勉強法が
一番効果が見込めます。

この2つのポイントを踏まえた上で、
各教科で専用の「テスト対策ノート」をつくってください。

これまでの授業やノートを見返したら、
自分でテスト問題を予想し、出やすいところについての
問題を自作するのです。

つまり「自作予想問題」ということになります。

そうして作成したテスト対策ノートを完全に覚えて、テストに臨めば
良い点は取れるはずです。

ちなみに、この自作予想問題はこれら副教科だけではなく、
主要科目にも活用できます。

以上を参考にして4教科対策を行ってください。
メールありがとうございます。

坂本より









Last updated  2010/09/07 10:21:25 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.