2065886 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

家庭学習コンサルタント 坂本七郎のブログ

PR

Free Space

坂本七郎 プロフィール

家庭学習コンサルタント
ドリームエデュケーション代表
オンライン家庭教師 まなぶてらす主宰

1977年生まれ。群馬県太田市出身。

塾講師や家庭教師など5000人以上の学習指導の経験から「家庭学習」こそが学力アップのカギであることを確信。
全国の小・中学生とその保護者に対して、成績が伸びる勉強のやり方、子どもをやる気にさせる親子の関わり方について教えている。

一方で、地方の教育格差をなくすための活動として、「勉強」と「習いごと」自宅で学べるオンライン家庭教師「まなぶてらす」の運営を行い、全国どこでもリーズナブルに質の高い教育が受けられる環境を整えている。

主な著書に、ナツメ社から『マンガでわかる!中学生からの最強の勉強法』、大和出版から『中間・期末テストに強くなる勉強法』『小学生の学力は「計画力」で決まる!』『小学漢字1026が5時間で覚えられる問題集』『出る順「中学受験」漢字1580が7時間で覚えられる問題集』がある。

ドリームエデュケーションHP

オンライン家庭教師まなぶてらす

坂本七郎への問合せはこちら

Category

Archives

2020/11
2020/10
2020/09
2020/08
2020/07

Recent Posts

2012/07/17
XML
カテゴリ:成績アップのコツ


こんにちは、坂本です。

毎日暑い日が続いていますね。


今日は、夏休みの学習に役立つトピックを

1つ紹介したいと思います。




■あの勉強法の本当のところ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたは学生時代、先生から

「1冊の問題集を暗記するくらい何度もくり返せ!」

と言われたことはありませんか。



恐らくほとんどの方は

耳にしたことがあると思います。


私もその1人です。


学生時代、先生のこの言葉を信じて、

何度も何度も1冊の問題集を

くり返した人もいると思います。


しかし、この方法。


本人の努力次第である程度まで

学力を伸ばすことができますが、

成績はどこかで必ず頭打ちになります。



勉強量の割に、成績が伸びない。

がんばっているのに、成果が出ない。


そんな、努力型の人に多い、勉強法なのです。




ではなぜ、成績が伸び悩むのか?


それは、この方法には、

ムラ・ムダが多いからです。




■「勉強の定義」をもう一度思いだそう。



私は、勉強のことをよく

「勉強とは、できないものをできるようにすること」

と伝えています。


言い換えるとこれは、

・すでにわかりきっている問題

・自信のある問題

は飛ばして良い。


と言っているのです。


つまり、現在まだできない問題。あやふやな問題。

そうした問題に注力しよう、と伝えています。



このような「できない→できる」に変えていく過程が

勉強なのです。




そこで改めて、今回紹介した、

「問題集のすべての問題をくり返す」

というやり方に注目してみてください。


すべてをくり返すのですから、

当然、やらなくてもよい問題を解くことになります。



標準的な学力の子であれば、

この方法でもムダはそこまで多くありませんが、


学力が上がれば上がるほど、できる問題は

増えていくわけですから、ムダがさらに増えていきます。



結果として、ムダな勉強時間が増え、

努力の割に成績が上がらない、

成績が頭打ちになってしまうのです。




では、勉強をするとき、どんなことを子どもに

意識させながら、反復させればよいのか。



これには、2つの段階があります。




■第1段階:正解・不正解で2分する


1つめの段階は、

単に、できなかった問題に

印を付けるというものです。


問題番号に○印を付けておけばよいでしょう。


こうすることで、2回目の学習時に、

どの問題をくり返せばよいかがハッキリわかります。


まずは、この「できない問題」に意識を向けて、

この「できない」を「できる」に変えることが

勉強なんだという思考グセを身につけていきます。




■第2段階:2つの正解・2つの不正解に分ける



次に2つめの段階。


この段階は少し判断しにくい方法となりますので

「できない問題」に日常的に印がつけられるように

なってから教えるようにしてください。


これをやることで、より効率よく、

少ない時間で成績を伸ばすことができるようになります。



まず問題を解きながら、

正解した問題、不正解の問題を

それぞれ、次のように4つに分けていきます。


そして、4つに分けた問題を

【印なし、○印、×印】という

3つのグループに分けていきます。



<問題の分け方(イメージ図)>


・正解した問題   → 次やってもできると思う問題   → 印なし

          → 次できるかどうか不安な問題   → ○

・できなかった問題 → 解説を読んだら理解できた問題  → ○

          → 解説を読んでも理解できない問題 → ×



この3つのグループのうち、

○印のついた問題に集中して学習する。


ここに集中することで、

勉強が効率化され、成績が伸びやすくなるのです。



正解をして、さらに次やっても自信があるような問題は、

2度3度とくり返す必要はありません。


さらに言えば、1回目の学習時においても

わかりきっている問題は飛ばしても良いくらいです。



また、×印のつく、理解できない問題は

まだその問題を解く段階に達していないと言えます。


そうした問題に時間をかけるよりも、

○印のついた、少しがんばれば、ものにできる問題に

手持ちのエネルギーをすべて投入すべきなのです。



○印の付いた問題に関しては、

・解説を読んでしっかり問題の解き方を理解する

・別の問題集から類題を見つけて類題演習をする

・後日、もう一度、○印の問題を復習をする

といったように、ねばり強く問題に取り組むことが大切です。



このような学習を続けていくと、

あるとき、急に×印の付いた問題がわかるようになります。



子どもの学力段階に応じて、

集中すべき問題を選ぶ━━。


ここが短期間に成績を伸ばすカギになります。




現在、問題に印をつける習慣がない子は、第一段階から。


すでに印をつける習慣がある子は、第二段階を

実践させてみてください。



勉強をがんばっているのに成果が上がらない。


そんなお悩みをお持ちの方は、

今日書いたことを実践してみましょう。


印の付け方1つで、成績の伸びは変わります。

この夏休みから、はじめてみてください。



坂本 七郎










Last updated  2016/04/25 02:41:43 PM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.