2094186 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

家庭学習コンサルタント 坂本七郎のブログ

PR

Free Space

坂本七郎 プロフィール

家庭学習コンサルタント
ドリームエデュケーション代表
オンライン家庭教師 まなぶてらす主宰

1977年生まれ。群馬県太田市出身。

塾講師や家庭教師など5000人以上の学習指導の経験から「家庭学習」こそが学力アップのカギであることを確信。
全国の小・中学生とその保護者に対して、成績が伸びる勉強のやり方、子どもをやる気にさせる親子の関わり方について教えている。

一方で、地方の教育格差をなくすための活動として、「勉強」と「習いごと」自宅で学べるオンライン家庭教師「まなぶてらす」の運営を行い、全国どこでもリーズナブルに質の高い教育が受けられる環境を整えている。

主な著書に、ナツメ社から『マンガでわかる!中学生からの最強の勉強法』、大和出版から『中間・期末テストに強くなる勉強法』『小学生の学力は「計画力」で決まる!』『小学漢字1026が5時間で覚えられる問題集』『出る順「中学受験」漢字1580が7時間で覚えられる問題集』がある。

ドリームエデュケーションHP

オンライン家庭教師まなぶてらす

坂本七郎への問合せはこちら

Category

Archives

2021/01
2020/12
2020/11
2020/10
2020/09

Recent Posts

2016/10/27
XML
カテゴリ:入試対策

こんにちは、坂本です。

この頃、よくいただく相談があります。


それは、
「模試やテストで、実力が発揮できない」
というもの。


模試(あるいはテスト)では解けなかった問題も、
家に帰ってからさせてみると、あっさり解けてしまう。。。


緊張によるものなのか、それとも、
テスト慣れしていないからなのか・・・

思うように結果が出ないわが子にどうすればよいか?
という相談です。



では、ここでちょっと考えてみてください。


あなたは、このお子さんが模試で実力を発揮できない理由は
何だと思いますか?




■本番で実力が発揮できない3つの理由
───────────────────────────────


もちろん、普段と違う環境でテストをするのですから
緊張はするはずです。

テスト慣れしていないというのも事実。


しかし、単純に数をこなせば改善されていくのでしょうか?


私はそううまくいかないと思います。

なぜなら、ここにはある視点が抜けているから。


じつは、お子さんが実力を発揮できないのは
緊張やテスト慣れという面以外にも
3つの原因・理由があると私は考えています。


その3つを、今日は紹介したいと思います。





■理由1;気負いすぎ
───────────────────────────────

1つめは、親や本人が気負いすぎ、という問題です。

たとえば、親の期待が大きく、
「今回は勉強をがんばってきたんだから、
 明日のテストでは絶対成績が上がるはずよ、期待しているからね!」
などと余計なプレッシャーを与えてしまいます。

また、本人も
「必ず今回のテストで偏差値を上げるぞ」
「実力以上の点数を取ってやる」
と思えば思うほど、緊張でガチガチになり実力を発揮できません。


ではどういうスタンスで
子さんに接すればよいのでしょうか?


気持ちのスタンスとしては、
「いつも通りに問題を解いて、終わったら帰ってくればいい」
という非常にナチュラルな気持ちで臨むのがベストです。

緊張をするのは仕方ないこと。あたりまえのこと。

であれば、気持ちを少しでも静める心がけ、
あるいは声がけをすればよいのです。




■理由2;習熟不足
───────────────────────────────


つぎに、本番で実力を発揮できない理由として
「習熟不足」があります。

これは「わかったつもり」「できたつもり」
になっているという状態です。

勉強は「理解→習熟」という流れで身についていきます。

この「習熟」レベルまで達していないのに、
<できたつもり>になっている状態。

この場合、思うような点がとれません。


特に緊張感が高い状態で、こうした問題を解くと、
うまく正答できないことが多いもの。
暗記科目であれば、思い出せないという状態です。

では、これを防ぐにはどうすればよいのか?

これはとってもシンプル。
1つ1つ、つぶしていくしかありません。

模試やテストを受けて、見つけたほころびを
1つ1つ縫い付けていくしかないのです。


こうした<できたつもり>の問題を見つけたら
手持ちの問題集で類題を見つけて解いていく。

これにより、習熟度が上がり、
テストや模試、本番でも確実に点が取れるようになっていきます。





■理由3;解き方を知らない
───────────────────────────────


本番で実力を発揮できない理由、3つめは、
「テストの解き方を知らない」というものです。

多くの生徒は、1問目から順に解いていきますが、
模試や入試となるとこれではダメ。

実力を十分発揮できずに、終了時刻になってしまいます。


限られた時間内に、自己ベストの点数を取るためには、
つぎの3つの工夫が必要です。

(1)やさしい問題・得意分野から解いていく
  いきなり1問目から解き始めるのではなく、
  やさしい問題、得意な分野から解き始めるようにします。

(2)問題の難易を見極める
  「この問題は深入りすると時間のロスが大きい」と感じたら、
  サッと他の問題に移る、その感覚を身につけていきます。
  普段からここを意識させて模試を受けさせるとよいでしょう。

(3)見直す問題に○印をつけておく
  テスト中は、見直し問題(あるいは後回しにする問題)を
  チェックしておくことが重要です。
  見直す問題(後回しにする問題)の問題番号に○印をつけておきます。
  終了5分前は必ず見直し時間としてとっておき、その時間を使って、
  ○印をつけた問題の見直し、解き直しをしていきます。

テスト中は、(1)~(3)を意識させながら、問題を解くように
アドバイスしてください。



------


いかがでしたでしょうか。

模試やテスト本番で実力を発揮するためには、

・気負わない
 ナチュラルな心構えでテストに臨む

・習熟度の定期チェック
 <できたつもり>の問題の発見と類題演習

・テストの解き方を学ぶ
 テスト中に実力を発揮するための工夫を実践する

の3つが重要になります。



実力が発揮できないのは単に、
・本番に弱いから、緊張しやすいから、テスト慣れしていないから
ではない。

普段の勉強、心構え、テスト中の行動の中にも
原因の芽があるのです。


入試では、たった1点の差が合否を分けます。

ぜひ今日のアドバイスを参考に、
普段の勉強、模試対策などを考えてみてください。

お子さんの成績アップ、
そして志望校合格を、応援しています。


坂本 七郎



追伸;

最近、再び注目されている拙著『ユダヤ式学習法』が
ネット書店で手に入りにくいという問合せを
よくいただいています。申し訳ございません。

現在は、出版社の独自サイトで、送料無料で新品が購入できます。

手に入らず困っていたという方は、こちらからお求めください。
http://www.daiwashuppan.com/isbn9784804761619.html



追伸2;

こちらは先日、発売になった私の新刊問題集、
購入された方、お手元に届きましたでしょうか?

『出る順「中学受験」漢字1560が 7時間で覚えられる問題集』(大和出版)

すでにお気づきの方もいると思いますが、
この問題集は、実際に解いて、マル付けをすると、
印象・景色がだいぶ変わってきます。

その大きな原因が「ひと言アドバイス」にあります。
「マル付け後に」ここを読むといろんな学びや発見があるのです。

対象は小6受験生ではありますが、中高生や大人でも、
語彙力を高め・ことばの知識を広げる教養書として、
あるいは脳トレとしても楽しめる一冊だと思います。

有名私立中学の先生たちが、小6の子どもたちにどんな漢字の知識を
求めているのか。そしてそれをあなたは解けるのか。

書き込み式の問題集ですので、ちょっとしたスキマ時間に学習できます。
ぜひ挑戦してみてください。

→ https://goo.gl/UzYQ3Z




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発 行      ドリームエデュケーション 坂本七郎
 ホームページ   http://www.dreameducation.co.jp
 
 ●学ぶ意欲が高められる。あらゆる分野で答えられる。
 オンラインスクール「まなぶてらす」 http://www.manatera.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







Last updated  2016/10/27 02:57:05 PM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.