2125790 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

家庭学習コンサルタント 坂本七郎のブログ

PR

X

Free Space

坂本七郎 プロフィール

家庭学習コンサルタント
ドリームエデュケーション代表
オンライン家庭教師 まなぶてらす主宰

1977年生まれ。群馬県太田市出身。

塾講師や家庭教師など5000人以上の学習指導の経験から「家庭学習」こそが学力アップのカギであることを確信。
全国の小・中学生とその保護者に対して、成績が伸びる勉強のやり方、子どもをやる気にさせる親子の関わり方について教えている。

一方で、地方の教育格差をなくすための活動として、「勉強」と「習いごと」自宅で学べるオンライン家庭教師「まなぶてらす」の運営を行い、全国どこでもリーズナブルに質の高い教育が受けられる環境を整えている。

主な著書に、ナツメ社から『マンガでわかる!中学生からの最強の勉強法』、大和出版から『中間・期末テストに強くなる勉強法』『小学生の学力は「計画力」で決まる!』『小学漢字1026が5時間で覚えられる問題集』『出る順「中学受験」漢字1580が7時間で覚えられる問題集』がある。

ドリームエデュケーションHP

オンライン家庭教師まなぶてらす

坂本七郎への問合せはこちら

Category

Archives

2021/03
2021/02
2021/01
2020/12
2020/11

Recent Posts

2017/04/12
XML
カテゴリ:教科別の勉強法
こんにちは、坂本です。

いよいよ新年度がスタートしましたね。


年度はじめ ということで、
今日は「新出漢字の学習法」
をテーマに書きたいとと思います。


現在、小学校で学ぶ漢字は以下の通りです。

  1年  80字
  2年 160字
  3年 200字
  4年 200字
  5年 185字
  6年 181字
  ----------------
  計 1006字


5,6年生になると覚える漢字の量は減りますが、
その分、熟語での応用範囲が広がっていきます。

そのため、負担感としては、3年や4年よりも増え、
語いの難易度も上がるのだということを覚えておいてください。



■漢字はどのように覚えていくのがよいか
─────────────────────────────

さて、まずは「漢字を覚える3ステップ」から
書いていこうと思います。

漢字には
1.読める
2.書ける
3.活用できる

という3つのステップがあります。

必ずこの3つの順番を意識して
学習するようにしてください。


まずは読めること。

次に、その漢字の書き順を覚えて書けるようにする段階。

ここまでは、学校の宿題でも出るところ。
漢字学習の基本ですね。


しかし、このあとに
もう1つ大事なステップがあります。

それが・・・

3.活用できる


「活用できる」とは、新出漢字を使った熟語の読み書き、
そして意味を知り、文章や対話の中で使える、という段階です。

「語い力」と考えていただいても構いません。

特に高学年になるとこの部分がとても重要になります。


では、私たちは家庭学習において
どうやって漢字を学習させていけばよいのでしょうか?


いまからおすすめの方法を紹介したいと思います。



■新出漢字 3か月速習法
────────────────────────────


私の推奨する漢字学習法は次の通り。

「4・5・6月の3か月でその学年の漢字をひととおりマスターする」

具体的に言うと、
・最初の15日で、漢字の読みをすべて覚え、
・次の50~80日で、漢字の書きを練習する。

この方法により、1年かけて学ぶ新出漢字を
約2~3か月で、ひととおり覚えてしまうのです。



そしてさらに、ここで。

・書きの学習が完了したら、
 漢字検定を受検して活用力を磨いていく

というステップを入れていきます。


これにより、さらに語いが増え、
熟語の理解が深まっていきます。


学校では生徒数も多いため、
サポートされるのは、
・読み
・書き
の2ステップまでだと考えておくべきです。

「学校+家庭」の連携でくりかえし漢字を学習していく。

そして「活用できる段階」まで
学力を伸ばしていく必要があるのです。



■では具体的に、どう勉強すればいいの?
────────────────────────────


おすすめする方法と教材は以下の通りです。


<1.漢字が読める(15日間)>

小学校で学習する1006字の漢字が読める! 名作物語集

こちらを使い、最初の15日で、
すべての新出漢字を読めるようにしていきます。

毎日10分、声に出して上記の教材を読ませていきましょう。
通して3~5回読めば、だいたい読み方は覚えられます。

お子さんが低学年の場合、最初はお母さんが指で文字を追いながら、
夜寝る前に読んであげるだけでも効果があります。

慣れてきたら、1文ずつ交互に読むようにしましょう。



<2.漢字が書ける(50~80日間)>

『新・書き順プリント』 小学校1・2・3年(小学館)

『新・書き順プリント』 小学校4・5・6年(小学館)


読みができたら次は書きです。

1日2字~4字ずつ、漢字の書き順と練習を行います。

たとえば、4年生なら200字の新出漢字があります。

200字を2か月で終えるには、
1日4字ずつ練習していく必要があります。

月曜~土曜まで、毎日4字ずつ練習して、
日曜日は予備日として、遅れを取り戻す日としておく。

このペースで進めていけば、だいたい2か月で
書きを終えることができます。



漢字の読みと書きがひととおり学習できたら、
あとは「活用できる」の段階です。

漢字検定に申し込み、
漢検専用の問題集で学習を進めていきましょう。

オススメは、漢字検定協会から出ているものか、
成美堂出版から出ているもの。


この段階までくれば、私の推奨している
「見るだけ暗記法」での学習が可能です。

・見るだけ暗記法のやり方
 https://plaza.rakuten.co.jp/kikuji/diary/201206120000/


見るだけ暗記法は、読み・書きの基本練習が終わった後の
段階で活用することをオススメしています。

こうして漢検対策を進めていくことで、
学んだ漢字の使い方、語い力を伸ばしていくのです。


---

いかがでしたでしょうか?

この流れで漢字学習を進めていけば、
新出漢字をいち早く、そして確実に身につけることができます。


小学校時代に学ぶ、漢字や計算は基本中の基本です。

これらは「わかる→できる」で止まるのではなくて、
そのあとの「すらすらできる(習熟)」の段階まで
できるように、家庭でフォローしてあげる必要があります。

学校だけでは不十分な場合もありますので、
この点はぜひしっかりフォローしてあげてください。


それでは今年度もみなさまの家庭学習を
応援させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。


家庭学習コンサルタント
坂本 七郎



追伸:

お子さんの中には、今日紹介した
3か月で身につけるという方法が
なじまない子もいると思います。

たとえば学校で漢字の宿題が多く、宿題の他に、
漢字を学習する余力がない場合もあると思います。

そんなときは、量を調整したり、
こんどの夏休みにまとめて学習するのもよいでしょう。

または、学校の漢字の学習ペースに沿って、
復習を厚くすることで、習熟度を上げていく方向でもよいです。

大切なのは、いろいろ試しながらも、
お子さんにあった方法を見つけることです。

今日の方法は、その1つのアイデアだとお考え下さい。



追伸2:

小学漢字を「見るだけ暗記法」で覚えるなら、
私がつくった専用問題集もあります。

小学漢字1006が5時間で覚えられる問題集(大和出版)

つい先日、2万部を突破したそうです。
皆さまのおかげです。ありがとうございます。



追伸3:

中学受験用をお探しならこちら。

出る順「中学受験」漢字1560が7時間で覚えられる問題集(大和出版)

今年の中学入試では「これ一冊で漢字は全部できた」
という声がたくさん届きました。

入試対策の負担減に、役立つと思います。

それでは、また次回。




▽このような記事をあなたのメールボックスに無料で配信します。

 詳しくはこちらをご覧ください。→ メールマガジン登録


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発 行      ドリームエデュケーション 坂本七郎
 ホームページ   http://www.dreameducation.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






Last updated  2017/04/12 11:22:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
[教科別の勉強法] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.