1838846 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

家庭学習コンサルタント 坂本七郎のブログ

PR

Free Space

坂本七郎 プロフィール

家庭学習コンサルタント
ドリームエデュケーション代表
オンライン家庭教師 まなぶてらす主宰

1977年生まれ。

塾講師や家庭教師など5000人以上の学習指導の経験から、家庭学習こそが学力アップのカギであることを確信。
全国の小・中学生とその保護者に対して、成績が伸びる勉強のやり方、子どもをやる気にさせる親子の関わり方について教えている。

活動の中心は、セミナー開催、保護者向け無料メールマガジンの発行、メールや電話による学習相談(年間1,200件超)で、家庭学習を切り口にした独自の活動を展開している。

また、坂本が直接指導をおこなう受験教材の参加者からは、「定期テストでいきなり5教科合計48点アップ、9教科合計100点アップ」「順位が40番上がって学年1位獲得」「2か月で模試の偏差値20アップ」など喜びの声が全国から続々届いている。

著書に『ユダヤ式学習法』『小学生の学力は「計画力」で決まる!』『中間・期末テストに強くなる勉強法』『小学漢字1006が5時間で覚えられる問題集』『出る順「中学受験」漢字1560が7時間で覚えられる問題集』(すべて大和出版刊)がある。

ドリームエデュケーションHP
無料メルマガ登録ページ
坂本七郎 ツイッター
ドリームエデュケーション フェイスブック

オンライン家庭教師まなぶてらす

坂本七郎への問合せはこちら

Category

Archives

2019/11
2019/10
2019/09
2019/08
2019/07

Recent Posts

2019/09/26
XML

こんにちは、坂本です。
いつも読んでくれてありがとうございます。

 

今日のテーマは
「子どもが勉強を始めるきっかけ」です。

子どもが机に向かう”きっかけ”はどう
作ればいいのか。

ここに日々悩んでいる方もいるのではないかと思い、
私の今までのサポート経験からのアドバイスを書きました。


ぜひお子さんの家庭学習のサポートに
お役立てください。
 

 

 

■声がけをしないと子どもは勉強をしません
──────────────────────────────────

 

「どうすれば、いつになったら子どもが
 自分から勉強を始めるようになるんだろう・・・」


私たちは自分から勉強をはじめてくれることを待ちます。


きっといつか自分から行動してくれる。

そう考え、信じているのです。


しかし、実際はどうでしょうか?

いつもスマホやゲームにかじりつき、
声をかけても宿題もせず、毎回、2度、3度と声をかけて、
(ときには「何度言わせるの!!」と怒って)


ようやく(渋々)机に向かっているような状態ですよね。

 

一度や二度ならいいのですが、
毎回となるとさすがにもう面倒だから声もかけたくない、

勝手にしなさい! となってしまいます。。。

 

でもここで1つ、
はっきり言っておきましょう。


それは、

 子どもは、声をかけないと
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 自分から勉強を始めない。
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

という事実です。

 

自分から机に向かえる子というのはレア、
ごく少数であることを知ってください。

ほとんどの子は自分で勉強が始められないのです。

 

ではどんな子が自分から机に向かえるのでしょうか?

 

それは、

勉強に対して前向きで、自己肯定感があり、
勉強に対して自信がある子です。

 

ね、そんな子なかなかいないでしょ^^

 

具体的には、

・毎日の学習メニューが決まっていて、
・自力で問題を解くことができ、
・解説を読んで理解できる土台がある

これが第一条件。


そしてさらに、勉強をしたことに対して、
親がしっかり偉いね、スゴイね、と褒めてくれること。

 

そうした条件をクリアしていくことで、
だんだんと自分でできるようになっていくものなのです。

 

しかし、そもそも学習メニューが決まっていて、
何時から勉強を始めると決まっていても、

「勉強をスタートさせる」

その一歩を踏み出させるのに苦労しているという方は
多いのではないでしょうか?

 

声をかけるのは悪いことではありませんが、
これが毎日となると母も疲れちゃいますよね。

 

で、何か良い方法はないかということで、
「声かけストレスを軽減する
オススメの便利ツール」
3つを紹介したいと思います。


 

■勉強を始める”きっかけ”をつくる3つの方法
──────────────────────────────────

  

お母さんの声がけをちょっとラクにさせる
便利グッズを紹介したいと思います。

 

人はものごとをはじめるときに、
何かのきっかけや合図があると はじめる心の準備ができます。


例えば学校であれば、
チャイムという仕組みがありますよね。

この仕組みと同じものを自宅で再現すれば良いのです。



母のお叱りよりも、合図なら、子どもも
自分から
机に向かおうという気持ちを引き出しやすいです。

 

ではご紹介しましょう。

 

1つ目は、一番手軽な方法。
スマホのアラーム機能を使います。


平日は18時から勉強を始めるのであれば、
月曜~金曜の18時にアラームが鳴るようにセットしておきます。

子どもと一緒にアラーム音を決めて、
これが鳴ったら勉強を始めようねと伝えておくのです。

スマホのアラーム機能は、だれでも持っているので
手軽に設定できます。

ただ、バイブレーション機能にしておくと
聞こえないというデメリットがありますので、
その点は気をつけてください。

 

2つめは、Google HomeやAmazon Echoのような
スマートスピーカーを使う方法です。

「OK、Google。月曜から金曜の夜6時にアラームをセットして」
と言えば、設定完了です。

その時間になるとアラームが鳴るようになります。とても便利です。
ただ、こちらも設定する音量が小さかったり、ネット接続不良時には
音が鳴りませんのでその点は注意が必要です。

Google Home mini

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/Google+Home+mini/​​

Amazon Echo dot
https://amzn.to/2kWzVGJ

 

そして最後3つめ。

この中では一番アナログですが、
いちばんのオススメの方法です。

チャイム機能付きの時計を利用します。

Amazonなどでも「チャイム 時計」で検索するといろいろ出てきます。
(ネットでは6千円〜で売られています)

チャイム付き時計一例 https://amzn.to/2kWBPXT
(少し大きめサイズですが、音も大きめで良いです)

学校で鳴るあの始業チャイムも設定できますが、
家での学習に使うには、それ以外のメロディーで
登録しておくとよいです。

こちらはネットの環境がなくてもメロディを鳴らす日時を
細かくプログラムできます。設定も簡単です。

 

なので、勉強開始の合図だけではなく、
習いごとの時間、塾の時間などのリマインドとしても使えます。

 

-----


以上、3つの方法をご紹介しました。


学習開始時間が決まったのに、
なかなか机に向かわない、母も声掛けに疲れた、
そんなときは、こうした方法を試してみてください。


読者の皆さんのなかで、この方法は効果があった、
きっかけづくりにとてもオススメというものがあったら
ぜひ私にも教えてください。


良い意見はメルマガ内でも取り上げていきたいと思います。

それではまた次回。


家庭学習コンサルタント
坂本 七郎

 

  

 







Last updated  2019/09/26 11:26:54 AM

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.