1827222 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

家庭学習コンサルタント 坂本七郎のブログ

PR

Free Space

坂本七郎 プロフィール

家庭学習コンサルタント
ドリームエデュケーション代表
オンライン家庭教師 まなぶてらす主宰

1977年生まれ。

塾講師や家庭教師など5000人以上の学習指導の経験から、家庭学習こそが学力アップのカギであることを確信。
全国の小・中学生とその保護者に対して、成績が伸びる勉強のやり方、子どもをやる気にさせる親子の関わり方について教えている。

活動の中心は、セミナー開催、保護者向け無料メールマガジンの発行、メールや電話による学習相談(年間1,200件超)で、家庭学習を切り口にした独自の活動を展開している。

また、坂本が直接指導をおこなう受験教材の参加者からは、「定期テストでいきなり5教科合計48点アップ、9教科合計100点アップ」「順位が40番上がって学年1位獲得」「2か月で模試の偏差値20アップ」など喜びの声が全国から続々届いている。

著書に『ユダヤ式学習法』『小学生の学力は「計画力」で決まる!』『中間・期末テストに強くなる勉強法』『小学漢字1006が5時間で覚えられる問題集』『出る順「中学受験」漢字1560が7時間で覚えられる問題集』(すべて大和出版刊)がある。

ドリームエデュケーションHP
無料メルマガ登録ページ
坂本七郎 ツイッター
ドリームエデュケーション フェイスブック

オンライン家庭教師まなぶてらす

坂本七郎への問合せはこちら

Category

Archives

2019/10
2019/09
2019/08

Recent Posts

全9件 (9件中 1-9件目)

1

自己紹介

2010/08/26
XML
カテゴリ:自己紹介
        



■ユーラシア大陸とわたしの教育観



24のとき、私は中国からイタリアまで、
ユーラシア大陸をバスと列車のみで横断した経験があります。


大学で建築学を学び、22で大学を卒業した私は、
家庭の事情により地元の学習塾に就職することになります。

しかしどうしても設計の仕事をあきらめきれず、
2年間勤めた学習塾をやめ、
ふたたび設計の道をめざすことにしたのです。


しかし普通の設計士では意味がない、
何か特徴的なもの、人にはない経験や視点が必要だと考えた私は、
海外に出ていろんなものを見て吸収しようと考えました。

そこで考えたのがユーラシア大陸の横断旅行です。


私は、世界各地でさまざまな住居や商業施設、博物館や美術館、
街並みや文化にふれることで設計のアイデアをメモし
写真におさめながら、絹の道シルクロードに沿って中国、
パキスタン、イラン、トルコ、そしてヨーロッパを見て回りました。


そんなある日、ドイツ・ベルリンの街を散策している途中、
私はある建築物に出会います。

この建築との出会いが、私の人生を変えるのです。


その建築の名は「ユダヤ博物館」。


私はユダヤ博物館を体験したその日、
設計士になる夢をあっさりあきらめてしまうのです。

ユダヤ系アメリカ人建築家、ダニエル・リベスキンドが設計した
このユダヤ博物館。

見た目はアヴァンギャルドな建築なのですが、その場に踏み込み、
自分の目と足で体験したとたん、その本当の姿が立ち現れてきます。

ユダヤ人の歴史や文化、そして苦悩や悲壮感を
建築自体が表現し、さらに訪問者にじかに訴えかけてくる力があるのです。

こんな建築がこの世界には存在するんだと。
こんなものを設計できる人間がいるのかと。

私はこのとき
設計への夢をあきらめたのです。




■設計の道の後に見えてきたもの


しかし、この経験はいま思い返すと、
私の設計に対する思い入れ(あるいは情熱)
の小ささを示すよいエピソードだと思っています。

そもそも私が設計を志した理由は
自分の設計したものがあとあとまで残る。

そんな自己満足的な理由からでした。


しかし、本来設計士の仕事というのは、
たとえばそれが住宅設計であれば、
そこに暮らす家族が安全で安心して住むことができることが最低条件。

さらに「住む人にとっての」理想の住まい、夢、
趣味、ライフスタイルを設計者が予算内でいかに実現できるか。

まさに「劇的ビフォアアフター」で見られるような
施主に驚きと感動を与える設計こそが本来の設計士の仕事なのです。


一般に設計という仕事は
アート的要素が高いクリエイティブな職業だと言われています。

しかし実際は、非常に高度なコミュニケーション能力と
様々なことに精通した強靱な知識がないとつとまらない
非常に高度な知的職業なのです。




閑話休題。
話を戻しましょう。


ユダヤ博物館を見て、設計の仕事をあきらめた
当時の私ですが、いま、こうして自分がたどってきた道のりを
振り返ってみると、本当は旅を続けながら、
「おまえの行く道は、建築じゃない」
そんなきっかけをどこかで探していたように思うのです。


それまで塾講師として多くの子どもたちと接してきたためか、
旅行中どこに行っても自然とその国の子どもたちに目がとまりました。

学校があれば教室の様子をのぞいてみたり
外国の子どもたちと一緒に遊んだりもしました。

そうして世界の子どもたちの姿を見、接する中で、
ある日、こんなことに気づくのです。


「子どもこそが、その国をうつす鏡」


世界にはじつにいろんな子どもたちがいました。

学校の教室で、満面の笑顔で楽しそうに授業を受ける子どもたち。
かたや、
学校へ行けずに毎日店番をする子どもたち。
生きていくために旅行者相手にお金をだまし取ろうとする少年。

教育の機会がないばかりに、
貧しさが貧しさを呼ぶ。

そんな現状をいくつも見てきました。


私は教育の大切さを身をもって体験することで
ちょっと大げさかも知れませんが、
「教育こそが、世界を変える一歩になる」
その考えに至ったのです。



■雑多な経験が与えるもの


教育は、建築のように
目に見える形で残るような仕事ではありません。

そしてこちら側の思い通りにならないことも多々あります。

けれども確実に、その子の中に
将来につながる「何か」を残してくれるものだと信じています。

アインシュタインは、
「教育とは、学校で習ったことをすべて忘れた後に残っているもの」
と言っていますが、まさにそうした心に残るものをよりたくさん残す
ことが教育のもっとも重要な部分だと私は考えています。

そしてこれは
一生、その人の中に残り続けるものです。

私はこの教育の仕事に携われることに
大きな誇りとやりがいを感じています。


言葉にするのは、ちょっと照れくさいですが、
何より、私はこの仕事が好きなのです。


私は教育一筋ウン十年といった類の人間ではありません。


ホワイトカラー的な仕事だけでなく、
ブルーカラー的な仕事も経験しました。

法人営業、飛び込み営業、拠点長、会社経営者。
建築現場作業員、工場の現場作業員、飲食店(調理・ホール)。

そして、塾講師、家庭教師、個別指導講師。

どちらかというと、教育関係者の間では
一風変わった存在かも知れません。


しかし、こうした雑多な経験を積んだからこそ
伝えられることもあると思いますし、こうした人間がひとりくらい
いてもいいのではないかと思います。

私はこれからも教育を通して
子どもたちの学習支援をしていくことでしょう。

これを読んでいるあなたのお子さんにも、
大切な「何か」を残せたら嬉しいなぁと思います。


それでは、また次回。

今日も最後まで読んでくれて
ありがとうございます。


坂本七郎









Last updated  2010/08/26 10:33:18 AM
2009/12/24
カテゴリ:自己紹介


■私の「特殊な?」教育理念


私の教育理念はとてもシンプルです。

そして、ある意味「特殊な」ものかもしれません。


私の教育理念は、こうです。


「社会に出てから必要となる力」と
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「志望校に合格できる学力」をバランスよく育てていく。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


このバランス感覚が

私が目指す教育の方向です。



仕事柄いろんなホームページを見たり

メールマガジンを読んだりしています。


教育理念について説明しているページを見ると、

私と近い理念を伝えているところはあります。


しかし、その塾のやっていること、

その人の言っていることを注意深く見ていくと

裏では単なる「今すぐ成績アップ系」でしかなかったり

結局はフツーの受験対策であったりという場合がほとんどです。


結局、上滑りの教育理念になっていて、

「お客さん」をたぐり寄せるネタ程度にしか

考えていないんじゃないか、と考えてしまうのです。



また一方で、こんな意見もあります。


現実的に見て、

「社会に出てから必要となる力」と「学力」

を両方育てていくなんて本当にできるのかしら?

あぶはち取らずにならない?


といった意見です。


しかし、私はこの2つの要素を

同時に実現できる根拠があります。


両方をバランスよく身につけることは

十分可能なのです。


くわしくはまた別の機会に書きたいと思いますが、

この2つの要素、じつは深いところでつながっています。


つまりどういうことかというと、

「社会に出てから必要となる力」を育てていくことが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
学力アップ(受験の成功)につながるということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


・ユダヤ式学習法のみで学年トップの成績になれた

・計画の立て方を学んだら、成績が一気に上昇した

・調べ方を学んだら、知的好奇心が伸びた

・親子の対話を変えたら、子どもの友人関係が改善した

・ものの考え方を学んだら、勉強のやる気のスイッチが入った


私のもとに届けられたこうした声が

私の主張・考えを裏付けてくれる根拠となってくれました。


「社会に出てから必要となる力」と「学力」。

この2つは、深いところでつながっているのです。



だから、私の指導方針というのは

目の前の成績を今すぐ改善するということ以上に、

もう少し高いところに上がり、遠くまで見渡せる

鳥瞰図の視点から小中学生をサポートすることにあります。



志望校に合格できるだけの学力を身につけてもらう。

それは当然のことです。


それと同時に、私の指導を通して

社会に出てからも自分の力で人生を歩んでいける力、

何かトラブルや問題が発生しても自分の力で解決できる力を

身につけてもらいたいのです。



だからこのメルマガはそんな想いを持った方、

あるいはまだその段階にはないけど

ゆくゆくはそうした方向を目指したいと考えている方

にこそ読んでもらいたいと考えています。



あなたと私の、見ている未来(方針)が

180度違えば、私のメルマガを読んでも

苦痛でしかありません。

もちろんお子さんにもよい結果は生まれないでしょう。


人間同士でも、合う・合わないといった

ものがあることと一緒です。




しかし一方で

私と同じ方向を見ている方とであれば、

大きな成長を実現できることをお約束します。


同じような思いを持った者同士が集まれば

大きな飛躍を生むことができます。


刺激しあえる人たち、

同じような考えや意識を持つ人たちが集えば

それはそれは大きな原動力となります。


お子さんにとっても、

あなたにとってもプラスにはたらくのです。


成長が加速する、そんなイメージ。


ここがそんな場になってくれれば

私も嬉しく思います。



▼ 私のメールマガジン(メルマガ)の無料登録はこちら

  >> メルマガ登録ページへ進む











Last updated  2009/12/24 03:37:14 PM
2009/06/18
カテゴリ:自己紹介

仕事でたまーに使う

某喫茶店に来ています。



そこで何となくカプチーノが

飲みたくなり頼んでみると・・・



こんな感じで出てきた!驚


cafe

の、飲みにくい・・・



普通なら、

片手で飲めるカプチーノも、

まるで茶道のように両手でいただかなくては!



飲むときに

とっても恥ずかしい。。。



実は、ドッキリだったりして(笑)





■『ユダヤ式学習法』(大和出版) お陰さまで「3刷」となりました。

 → http://www.amazon.co.jp/gp/product/4804761616








Last updated  2009/06/18 03:56:48 PM
2009/05/15
カテゴリ:自己紹介

ドリームエデュケーションのホームページを

リニューアルしてみました。


http://dreameducation.net/


デザイン性も上がり、ちょっと嬉しいです。

一度、のぞいてみてください。


ではでは。






Last updated  2009/05/15 11:29:34 AM
2008/11/14
カテゴリ:自己紹介
                       11月15日(土)


こんにちは、坂本です。

今日は報告のみの「お知らせメール」です。


いつもの情報満載のメルマガは来週配信しますので

もうしばらくお待ちください。



11月3日(祝)にディズニーランドに行ってきました。


そう、あのディズニー企画です。



横浜市内の児童養護施設で暮らしている27名の子どもたちを

ディズニーランドにご招待してきました。



私も1日中、グループに加わり

小学生の子供たちと一緒に

各アトラクションをまわりました。



みんな本当に楽しい1日を過ごしてくれたようで

私もとってもハッピーでした。



このディズニー企画を一緒に進めてくれた

NPO法人アニーこども福祉協会の理事長 大原さんから

次の日、こんなメールをもらいました。


-------------------------------------------------

こんにちは、大原です。

昨日は、子ども達へ素晴らしいプレゼントを頂きまして
ありがとうございました。

帰りのバスの中でも、興奮さめやらぬ感じで、
降りるときには、

「さようなら」
「ありがとうございました」
「また、行こうね。」

とたくさんのお礼の言葉をもらいました。


(中略)


追伸

帰りのバスで、坂本さん、イケメンと
呼ばれておりました。

------------------------------------------------


最後の追伸は、有難いお話だったので

あえてノーカットでお届けしました(笑)



冗談はさておき、


今回のディズニー企画は、決して私だけの力ではなく、


 ・今年6月のセミナーに参加してくれたあなた

 ・「やる気セミナー音声教材」を購入してくれたあなた

 ・いつも暖かい目で私を応援してくれているあなた


のおかげで実現することができました。



お陰さまで、子どもたちに

笑顔あふれる1日をプレゼントすることができました。


本当にありがとうございます。




そして、今回の企画を実現するために協力してくれた

アニーの大原さん、ボランティアのみなさん、

そして、児童養護施設の先生のみなさんありがとうございました。




そして児童養護施設の子どもたち。



一緒にアトラクションを回った子供たちは、

・親の育児放棄から保護された子どもたちでした。

・親の虐待から保護された子どもたちでした。



悲しみや孤独を心に秘めた中でも、

彼らは自分たちの現状を受け止め、

毎日をしっかりと力強く生きていました。



大きな勇気をもらいました。

みんな、ありがとう。





また、今後もこのような活動を続けていきます。

以上、ディズニー企画のご報告でした。





追伸:


写真はまだ届いていないのですが、

ホームページにアップできた時には、またお知らせしますね。


それでは来週、

また普段通りのメルマガを発行します。


次回のテーマは、

『子供が驚くほど言うことを聞くようになる2つのカギ』の予定です。


子供が言うことを聞かなくて困っている

というあなたは特に必見です。


どうぞ、お楽しみにー。





追伸2:


前回、配布したプレゼントレポートのダウンロード先を

もう一度お伝えしておきますね。


まだダウンロードしていない人は以下からどうぞ。


勉強の7つのステップ(A4判16ページ)

このお宝ノート、子どもたちにとても好評です♪





--- Copyright(C)2008 Shichiro Sakamoto. All Rights Reserved. ---


■発行:株式会社ドリームエデュケーション


▼ 私のメールマガジン(メルマガ)の無料登録はこちら

  >> メルマガ登録ページへ進む







Last updated  2008/11/15 01:23:39 AM
2008/11/01
カテゴリ:自己紹介

こんばんは、坂本です。


会社を設立して1年が経ちました。

ついでに、ロゴも作りました。
logo-DEs.jpg

いつもお世話になっているあなたへ
感謝の気持ちを贈ります。


いつも、本当にありがとうございます。



毎度、メールなどで励まし・喜びの声をいただけることが
本当にうれしいです。

今期も、さらに良いものを
創っていきますので楽しみにしていてください。


来年くらいから活動の幅を広げて、
新しいことにチャレンジしていきたいなと思います。

特に、やるのがちょっぴり怖いなぁ
と思うことを率先してやりたいなと思っています。


それでは、また。









Last updated  2008/11/02 01:29:25 AM
2008/03/06
カテゴリ:自己紹介


今日は、ちょっとしたお知らせです。


先日、「DIVE」というウェブ雑誌から取材を受けたのですが、

その雑誌の内容がHP上にアップされましたのでご紹介します。


時間管理、これまでの経緯、教育についてを

3ページに渡って熱く語りました^^ 

ぜひぜひ、ご覧になってみてください。

http://www.di-ve.jp/0803/080303sp3_1.php



上記のページで紹介されているユダヤ学習法に興味のある場合は、
こちらから詳細を確認できます。

http://e-homeschooling.net/factop.htm










Last updated  2008/03/06 03:12:42 PM
2008/02/13
カテゴリ:自己紹介
こんにちは!坂本です。



中学受験組は、だいたい結果が出揃いましたね。

中学受験を戦ってきたお母さんお父さん、お疲れ様でした。



さて。



あなたは今年の目標は立てましたか?

また、目標に少しでも近づく行動を何か始めていますか?



今日は私も目標への第一歩を踏み出すために

私の今年の目標を一つあなたと分かち合おうと思います。




さて、私の今年の目標とは・・・。




-------------------------------------------------------
   児童養護施設の子供たちを

         ディズニーランドに招待する。
-------------------------------------------------------


児童養護施設とは、

ある理由で、親と暮らせない子供たちが住む施設です。


その理由とは、

  親との死別、親からの虐待による保護などが多いのです。




私も一度、ボランティアとして、あるNPO団体の人と

ディズニーシーにこの児童養護施設の子供たちと一緒に行ったことがあります。



施設の子供たちは

皆、ディズニーランドに行ったことがないので

もの凄く、喜ぶんですね。



中には、前日の夜は興奮して眠れなかった

という子供もいたぐらいなんです。



ディズニーランドは、子供たちにとって、

一度は行きたい「夢の国」です。




しかし・・・。

児童養護施設は、予算の都合で

子供たちをディズニーランドに連れて行く余裕はありません。



もし、親がいてくれたのなら

家族でディズニーランドに行けたかもしれません。



施設の子供たちは、そのような楽しい家族だんらんも経験できずに、

親の充分な愛情も受けることなく、日々生活しています。




私は、児童養護施設の子供たちに、

ディズニーランドでの体験をプレゼントしたい。

自分の夢を育て、人間性の幅を広げてもらいたい。

そして飛びきり楽しい想い出の1日を作ってもらいたい・・・。




そんな想いから

今年、私は児童養護施設の子どもたちを

ディズニーランドに招待して、皆で楽しい1日を過ごせたら

いいなぁと思っています。




そこで私は、児童養護施設の子供たちをディズニーランドに招待するため

チャリティーセミナーを開催しようと思っています。



このチャリティーセミナーでは、セミナー参加者から頂いた参加費から

運営費を除いた全額を、施設の子供たちのディズニーランド招待費用に

当てたいと思っています。



そして、このセミナーでは、

私がメールでは伝え切れなかった、

「お子さんの成績が必ず上がる勉強の仕方」について

かなり具体的に詳しくお伝えできると思います。



私も全力でお伝えしようと思っていますので

どうぞご期待ください。




ちなみに、児童養護施設の子供たちを

ディズニーランドに招待するためには、

バスのチャーター代やパスポートチケット代、

子供たちの当日の昼食代・お土産代など

すべて合わせるとだいたい80~100万円くらいの

お金が必要となると聞いています。



それに、当日は子供たちと一緒に園内を回ってくれる

ボランティアの方もまったく決まっていません。



まだまだ、手探り状態ですが、

必ず実現したいと思っています。



あなたが、この企画に共感し、

協力をしてくれたらとても嬉しく思います。




この児童養護施設の子供たちをディズニーランドに招待することについて

あなたがもし何か良いアイデアや相談できる人がお知り合いにいるのであれば

ぜひ、私に教えてください。よろしくお願いします。



感謝の気持ちを込めて

坂本七郎より



▼ 中学受験ブログがたくさんあります
  入り口はコチラ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

  >> 成績アップの無料情報を受け取りたい場合はコチラもご覧下さい








Last updated  2008/02/13 05:58:07 PM
2007/11/28
カテゴリ:自己紹介
はじめまして。

私はE-ホームスクーリングの坂本七郎(さかもとしちろう)と申します。



最初なので簡単な自己紹介をさせてください。

さて私の経歴ですが、
大学卒業後、新卒で ある地元NO.1の学習塾に入社しそこで講師経験の後、
ユーラシア大陸を7ヶ月かけて上海(中国)からイタリアまで陸路で横断し(ア
ホなことをやっていました。)、帰国後は実家の家業の経営に携わりました。


その後、人材派遣会社に入社し法人営業の仕事を経験しました。
全国展開をしている会社でしたので九州、愛知県、埼玉県と全国を転々としな
がら営業所責任者まで経験させていただきました。


人材派遣会社を退職後、実家に程近い埼玉県熊谷市の田舎に戻り、妻とフェレ
ット2匹とともに現在の生活・仕事を楽しんでいます。


現在は、ある大手学習塾で小中学生に勉強を教えながら、インターネットを通
じて小中学生のお母さん向けにお子さんの勉強のアドバイスや悩みの相談など
を行っています。

勉強を直接教えてきた小・中学生は累計で500人以上、お母さん(保護者)
からの相談件数は年間で1000件以上に上ります。


私のアドバイスがきっかけで、

「成績が上がりました!」

「塾のクラスが上がりました!」

「今までのテストの中で最高得点です!」

「息子が自分から勉強をしようと言ってきました。信じられません!」

などなど、数え切れないほどの声を頂いています。

本当に嬉しい限りです。


私の経験がお役に立てるのであれば、どんどん私を使ってもらい、どんどんお
子さんの成績とやる気を高めてくれたらなぁと思っています。


よく七郎という名前から、こんな質問をされることがあります。
「ご兄弟は、何人いらっしゃるのですか?」

もしかしたら、あなたも疑問に思っていたかもしれませんね。
でも、残念ながら実は妹が一人いるだけなのです。

(つまり、長男ですが、七郎と言います(笑))

よく、七郎という名前から“初老のおじさん”または“おじいさん(笑)”と思
われているようですが、実際は30代前半の既婚男子ですのでお間違いなく。

でも、少し童顔なところもあるので、たまに学生にも間違えられたりします。
嬉しいような、悲しいような、複雑な心境です(^_^;)。

■ 好きなペット:犬、猫、そしてフェレット

■ 好きな食べ物:妻の料理。らーめん全般。スイーツ。自慢できませんが、ま
わりからは、“甘いもの好き”で通っています(苦笑)

■ 出没スポット:マック、ドトールコーヒー、モスバーガー(これらは主に仕
事で利用しています)。

■ 趣味:ギター、読書、考えること。








Last updated  2007/11/28 05:23:28 PM

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.