1840651 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

家庭学習コンサルタント 坂本七郎のブログ

PR

Free Space

坂本七郎 プロフィール

家庭学習コンサルタント
ドリームエデュケーション代表
オンライン家庭教師 まなぶてらす主宰

1977年生まれ。

塾講師や家庭教師など5000人以上の学習指導の経験から、家庭学習こそが学力アップのカギであることを確信。
全国の小・中学生とその保護者に対して、成績が伸びる勉強のやり方、子どもをやる気にさせる親子の関わり方について教えている。

活動の中心は、セミナー開催、保護者向け無料メールマガジンの発行、メールや電話による学習相談(年間1,200件超)で、家庭学習を切り口にした独自の活動を展開している。

また、坂本が直接指導をおこなう受験教材の参加者からは、「定期テストでいきなり5教科合計48点アップ、9教科合計100点アップ」「順位が40番上がって学年1位獲得」「2か月で模試の偏差値20アップ」など喜びの声が全国から続々届いている。

著書に『ユダヤ式学習法』『小学生の学力は「計画力」で決まる!』『中間・期末テストに強くなる勉強法』『小学漢字1006が5時間で覚えられる問題集』『出る順「中学受験」漢字1560が7時間で覚えられる問題集』(すべて大和出版刊)がある。

ドリームエデュケーションHP
無料メルマガ登録ページ
坂本七郎 ツイッター
ドリームエデュケーション フェイスブック

オンライン家庭教師まなぶてらす

坂本七郎への問合せはこちら

Category

Archives

2019/11
2019/10
2019/09
2019/08
2019/07

Recent Posts

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

計画力の育て方

2015/12/04
XML
カテゴリ:計画力の育て方
坂本です。


今年も冬休みの準備を整えていく時期に入りました。


今日は、より良い冬休みにしてもらうために、

今週末にやるべきことを書いておきたいと思います。


重要な内容になりますので、プリントアウトをして、

保管しておくことをおすすめします。




■冬休みは、伸びしろベースに取捨選択をしよう
──────────────────────────


長期休みのメリットは、

「まとまった時間が確保できるところ」にあります。


普段はなかなか手が付けられない勉強に着手できる

絶好の機会といえます。


たとえば、

・志望校の過去問演習

・弱点教科や苦手な単元の克服

・取りこぼした単元の復習

・勉強の遅れを取り戻すための勉強

・先取り学習


こうしたことに集中的に取り組むことで、

休み明けからの学習に勢いをつけることができます。




しかし、ここで忘れてならないのは、

「やることの取捨選択」です。


やみくもに勉強内容を決めるのではなく、

自分の現状をよく見た上で、何をすべきかを考えること。


「何をしたいか」よりも、「何をすべきか」を

考えるようにしてください。



たとえば受験生なら、

過去3年分の入試問題をよく見て、

自分の現状と照らし合わせます。


比較をすると、

何をやるべきか、何を優先すべきかが見えてきます。



・どの単元がもっとも伸びしろが期待できるか

・その中で、少ない時間でマスターできそうな単元はどこか

・後回しにした方が良い(時間がかかる)単元はどこか


このように考えて、徐々にやるべきことを絞り込んでいくのです。



単に、できないから苦手だからと決めてしまうのではなく、

入試傾向をよく見て、自分の伸びしろをベースに

学習内容を取捨選択していくことが重要になります。





■冬休みの目標を考えてみよう
──────────────────────────


学習内容の取捨選択ができたら、

それをもとに冬休みの目標を決定します。



<目標例>

「入試レベルの国語文法問題をマスターする」

「数学の図形問題(平面図形)の苦手を克服する」

「英単語の意味を200語おぼえる」

「憲法改正について調べ、問題演習をやっておく」

「月の満ち欠けをマスターする」

「冬休みの宿題を12月31日までに終わらせる」



目標の数は、多くとも3項目くらいまでにしておきましょう。


「冬休みの計画表のひながた」を私の方でつくっておきましたので、

ここに各自の目標を書き込んで掲示しておいてください。



■冬休みの計画表(ひながた)

http://www.dreameducation.co.jp/present/keikaku-winter.pdf

冬休みの計画表




こうしてつくった目標は

勉強のやる気を支えるエンジンとなるはずです。


冬休みに何を学習すべきか。

まずはここから考えていきましょう。


良い週末をお過ごしください。


坂本 七郎





追伸:

過去に時事問題が出題されているなら、その対策も忘れずに。

勉強の合間に次のような時事ニュースを集めた本を読んで
理解を深めておくとよいです。

・重大ニュース 2016年(栄光)
 http://goo.gl/kqGamR

中学入試用として作られたものですが、高校入試用としても活用できます。






Last updated  2018/07/21 07:46:21 AM
2015/02/10
カテゴリ:計画力の育て方

こんにちは、坂本です。


13歳のときに出演した映画『レオン』で一躍脚光を浴び、

『ブラックスワン』でアカデミー主演女優賞を獲得した女優がいます。


ナタリー・ポートマン。

イスラエル生まれのユダヤ人です。


彼女は女優として光彩を放つ存在ですが、

学業成績でも群を抜いていました。


高校時代の成績はオールA(日本でいうオール5)。

大学は名門ハーバード大学に進学し、

女優業をこなしながら優秀な成績を修めて卒業。


語学も堪能です。

英語はもちろん、ユダヤ人の母語であるヘブライ語、

ドイツ語、フランス語、アラビア語、そして日本語も

日常会話くらいなら話せるといいます。



いったい彼女はどのように勉強をしていたのでしょうか?

どのように語学を学んでいたのでしょうか?



残念ながら、くわしい方法は分かりません。


けれども、彼女の発言を追っていくと、

学びをどのようにとらえていたか、

学ぶときに何を重視していたかを知ることができます。


彼女は次のように言っています。



“Ninety percent of how you learn is watching great people.”

「学びの90%は、良きお手本をしっかりと見ることなの」



彼女にとっての学びの秘訣は、

手本となる人をよく観察することだったのです。


これが学びの9割を決めると言っています。



お手本となる俳優たちがどのようにセリフを練習し、

役作りをおこない撮影に臨んでいるのか。


演技や立ち居振る舞いを つぶさに観察することで

自分の演技力向上に役立てていたのでしょう。




では、語学の勉強をしたいときはどうするか?


ナタリー流の手順に従うのなら、

まずはよきお手本を見つけ、

よく見ることから始めるのだと思います。


多言語を習得したいのなら、

すでに多言語を習得した人を見つけ、

その人の勉強をする姿を見せてもらう。


あるいは、勉強のやり方を教えてもらう。


ただ闇雲に勉強するよりも

こうして結果の出ている勉強方法を知っていれば、

数ヶ月後の成果も大きく変わってくるはずです。





ナタリー・ポートマンが仕事と学業を両立しながら、

ともに一流の結果を残すことができた理由。


その1つの理由は、一流に触れる機会を得たことと

彼女の「観察眼」にあったのだと思います。


手本となる人をよく見ることで

自分の努力の方向性を見定める。


そして、その方向に自分の時間を集中させることにより

短期間で自分を高めることができたのではないかと私は推測しています。




その道で成功している人を見つけ、

よく観察し、方向を見定めて、行動する──。



ナタリー・ポートマンは恐らくこうして、

数々の目標や困難を乗り越えてきたのだと思います。



もしあなたが目標を達成したい、

いま抱えている悩みを改善したい、

そう考えているのなら、この手順は参考になるはずです。


ナタリー・ポートマン流の学びのコツ。

「まずはお手本からよく学べ」

これを参考に行動してみてください。



坂本 七郎





追伸:

中学受験が終わったみなさん、
お疲れ様でした!

希望の中学に合格した人もそうでない人も
ここで足を休めていてはいけません。

中学入試は1つの通過点に過ぎないのです。

中学入学後のために引き続き
勉強を続けていきましょうね!


そして、高校入試を控えたみなさん。

最後の最後まで走り抜きましょう。

入試5分前に開いたページから、
そのまま問題が出題される可能性だってあるのです。

大丈夫!
不安な気持ちも勉強を積み上げていけば薄れていきます。

1日1日を大切に過ごし、すきま時間もムダにせず
入試本番には自分のベストを尽くせるよう、
準備を積み重ねていきましょう。

応援しています。




追伸2:

先日、発売になった私の新刊ですが、
各ネット書店での在庫が復活しています。

早速、レビューもいただきました。
ありがとうございます。

 アマゾン   http://goo.gl/W2e3KF
 楽天ブックス http://goo.gl/W8LaqK
 7netショッピング http://goo.gl/S2Q1NL
 丸善&ジュンク堂 http://goo.gl/mpvB7a






■発行:株式会社ドリームエデュケーション








Last updated  2016/04/25 02:36:21 PM
2013/03/27
カテゴリ:計画力の育て方


こんにちは、坂本です。

サクラ満開。春休みに入りましたね。


春休みの目標、そして学習計画は立てましたでしょうか?


「まだ立ててな~い!」という人のために、

今日はワンポイントアドバイスをお伝えします。


明日からの学習にお役立てください。




■目標設定で、春休みの成果が決まる



計画を立てるには、その前提となる

目標設定が必要不可欠です。


その目標を決めるとき

絶対にしてはいけないことが1つあります。


あなたは何だと思いますか?


それは、

漠然とした目標を持つことです。
~~~~~~~~~~~~~~~


例えば、新中3生のお子さんに、

「この春休みはどんな勉強をするの?」

と聞いたとき、

「1,2年の復習をしようと考えている」

というような答えが返ってきたら、アウト。


この春休みは、ほとんど得るものなく

終わってしまうでしょう。



一方で、

「この春休みはどんな勉強をするの?」

と聞いたとき、

「理科の電流と数学の関数を勉強しようと思っている」

といった具体的な答えが返ってくれば、合格です。



気づきましたか・・・?


そう、大切なのは、

明確で具体的な目標を立てることです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~



漠然とした目標では、

ぼやっとした計画にしかなりません。


毎日の勉強も何となくやっている状態。

やる気も、集中力も続かず、

ともすると「やっつけ勉強」になりがち。



「1,2年の復習をする」といった漠然とした目標ではなく、

自分の現状を見つめ、自分に必要なこと、やるべきことに

フォーカスすることが大切なのです。



だから単に、参加費用が安いからといって

塾の春期講習に参加させて安心しているようではいけません笑


春期講習に参加させたとしても、

具体的な目標を必ず持たせてください。


「ここだけはできるようになりたい!」


そうした明確な目標があれば、

春休みの過ごし方は俄然変わってきます。



塾の授業を受け、家に帰って何となく宿題をする。

そんな漠然とした、受け身的な勉強ではなく、

「やるべきこと」を自分で決め、

自分で計画を立てて、勉強を進めていく━━。


あなたのお子さんには、ここを目指して欲しいのです。



もしまだ、明確な目標、計画が決まっていないのなら、

今すぐお子さんと話し合ってみてください。


・どの分野の勉強に取り組むべきか

・この春休みにどの問題集(教材)でどう勉強を進めるか


そこから1日分の勉強量、勉強開始時間を決め、

この春休みを過ごしてみてください。


春休みを充実したものにできるかどうかは、

このひと手間、段取り部分で決まります。


ただでさえ短い春休み。

短い期間だからこそ、どこに光を当てるかが大切。


いますぐ行動に取りかかってください。

その1つの行動が、未来につながっていくのです。



坂本 七郎より




追伸:

春休みのようなまとまった休みは、
普段なかなか取り組めない勉強に時間をかけられる
貴重な時期でもあります。

【算数や数学】基礎力アップと苦手克服
【英語】英文法基礎の理解と苦手克服

この2つは特に意識しておいてください。

算数・数学の基礎力アップ、苦手克服には、
こちらを使って勉強するのもよいでしょう。

その1:http://www.wariai.com
その2:http://wakaruhayasa.com

学校や塾よりも分かりやすい、身につくと好評です。



追伸2:

前回のメルマガで花粉症で困っていることを
書いたところ、たくさんの方から治療法や
改善法のアドバイスをいただきました。

ありがとうございます。

皆さんからのアドバイスを読んでいて気づいたのは、
体質改善により根本的な治療ができること。

・肉よりも魚や野菜中心の食事にする
・腸内環境を改善する(要は免疫を高めること)

こうした体質改善を進めることで、
アレルギー反応を抑えることもできるようです。

また、最近ニュースでも取り上げられていた大気汚染、
それからハウスダストなどもアレルギー反応を引き起こす
一因となっているようです。

体がよろこぶ食事、
外出時はできるだけマスクをする、
家(特に寝具まわり)の掃除をこまめにする。

やはりこうした部分が大事なのかも知れませんね。



追伸3:

1月にZ会から取材を受けたのですが、
その時の記事が、保護者向け情報誌
『zigzag time』4月号の特集として掲載されています。

現在、Z会の小学生講座を受講しているご家庭は、
親子でチェックしてみてください。

それでは、充実した春休みにできるよう
お子さんをサポートしてあげてくださいね。









Last updated  2013/03/27 02:26:50 PM
2012/04/25
カテゴリ:計画力の育て方

こんにちは、坂本です。

今日も暑い一日になりそうですね!


さてさて。

もうすぐゴールデンウィーク。


勉強の計画、お出かけの予定は

立てましたでしょうか?


今日はまだ!という人のために、

・私が調べる中で気になったイベント3つ

・ゴールデンウィークの計画の立て方


を紹介したいと思います。


まずは、G.W.中のおすすめイベントから。

(東京と静岡のみのご紹介となります。ごめんなさい)



■ゴールデンウィークのおすすめイベント2012
―――――――――――――――――――――――――――


<東京>

・親子で学ぶ 世界一楽しい授業 in ホテルニューオータニ

 http://www.newotani.co.jp/tokyo/gw/event/04_study.html

 小学校3年生以上対象。


・レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想(Bunkamura ザ ミュージアム)

 http://davinci2012.jp/index.html

 《ほつれ髪の女》、もう一つの《岩窟の聖母》が見られる!


<静岡>

・伊藤若冲の《樹花鳥獣図屏風》がGWだけ見られる(静岡県立美術館)

 http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/exhibition/other/jakuchu/index.php

 個人的に大好きな伊藤若冲。「どこでもドア」があればなぁ。



お近くにお出かけの際は、

立ち寄られてみてはいかがでしょうか。




■G.W.の計画表のひながたをプレゼント!
―――――――――――――――――――――――――――


今年もゴールデンウィークに使える計画表のひながたを

メルマガ読者のみなさんにプレゼントします。


・ゴールデンウィーク 学習計画表のひながた(PDF形式)

 http://keikakuryoku.com/hinagata/gw-plan.pdf

(上記リンクを右クリックして、デスクトップなどに保存してください)



【ゴールデンウィーク計画表のつくり方】


つくり方はいたってカンタン。


左上に「ゴールデンウィークの計画」と書いて、

1から6の番号順に、空欄を埋めていくだけです。

30分程度を目安に、あまり時間をかけずにつくってみてください。


小学生~中1までなら親子でいっしょに、

中2~高校生であれば、ひとりで計画を立ててみましょう。




■G.W.の学習計画をつくるポイント
―――――――――――――――――――――――――――


ゴールデンウィークのような連休は、

苦手分野を克服する貴重な機会です。


お出かけ以外の日を上手に利用して

一気に苦手を克服してしまいましょう!


まずは、この連休中に克服したい分野を

【1つ】紙に書き出してください。


あまり数を挙げてしまうと、消化不良になります。

連休中に、ここだけはできるようにしたい

という分野を1つだけ選んで下さい。(多くても2つまで)



学習する分野が決まったら、

次に「使う問題集」を決めてください。


おすすめの問題集をいくつか挙げると、


▽英語がサッパリわからない…文法を一から学び直したいなら・・・

『スタートでつまずかない中学英語』(くもん出版)


▽数学が超苦手。基礎の基礎から学び直したいなら・・・

『未来を切り開く学力シリーズ 小河式プリント 中学基礎篇』(文藝春秋)


▽分数がわからない小学生に最適!

『強育ドリル「完全攻略 分数」』(ディスカヴァー21)



また、手前味噌ですが、これまで多くの子どもたちの

苦手を克服し、自信を育ててきたこちらの教材も紹介しておきます。


▽算数や数学の「文章題」が苦手な場合は・・・

『弱点克服シリーズ第一弾「割合と比」DVD完全マスター版』

 http://www.wariai.com (小4~中3向け)


▽難解分野「速さ」の文章題が苦手な人は・・・

『弱点克服シリーズ第二弾「速さ」DVD完全マスター版』

 http://wakaruhayasa.com (小5~中3向け)




・・・と、このようにして使う問題集(教材)を選んだら、

連休中にどこからどこまでやるか(該当ページ)を決めて下さい。


ここまで来れば、目標が設定できます。

目標は、次の例のように具体的に書くのがポイントです。



【目標例】
A問題集の×ページ~□ページを、5/6までにすべてできるようにする



そうしたらあとは、目標を達成するための計画を

計画表のひながたの手順に従ってつくるだけです。



ステップは次の3つ。

1.克服したい分野を【1つ】決める

2.達成したい目標を明確にする

3.それを達成するための計画を立てて、実行する。



ゴールデンウィークで挽回したい分野があるなら、

まずはこの方法で計画を立ててみてください。


きっと充実した連休を過ごせるはずです。


それでは、また次回まで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。



坂本 七郎





<<坂本七郎の本>>

ユダヤ式学習法―わが子の学力がグングン伸びる(大和出版)
小学生の学力は「計画力」で決まる!(大和出版)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行責任者: ドリームエデュケーション 坂本七郎
 ホームページはこちら http://www.dreameducation.co.jp
 ツイッター      https://twitter.com/shichiro7
 フェイスブック    http://www.facebook.com/shichiro.sakamoto
 Copyright(C)2012 ドリームエデュケーション
無断で転載、引用を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━










Last updated  2012/05/03 01:43:41 PM
2012/01/24
カテゴリ:計画力の育て方
こんにちは、坂本です。


今日は、昨年出した私の書籍

『小学生の学力は「計画力」で決まる!』(坂本七郎著・大和出版)

についてのお話しです。


これまで保護者の方たちとお話しをする中で、

他の方がどんなふうに実践をしているのか

成功談や失敗談を知りたい、という要望を頂いていました。


そこで、今日はその体験談をいくつか

みなさんとシェアしたいと思います。



先ほど、ググって見つけた

この本に関する書評・紹介記事を

下記に紹介します。


ご紹介いただいたブロガーさんにはこの場を借りて感謝申し上げます。




ではでは早速1人目から。


小2、小4、小6の「3人の子育て奮闘中」のhanaさんのブログ


ユダヤ式のほうは、お子さんが3人いるとのことで

実践がなかなか難しいようですが、計画力のほうは

なかなかの成果がでているようですね。


下記のように書いています。

> いかにして早く遊べるか、自分の時間を作れるか。
> そして、こちらから「勉強しなさい」とひとことも言わないでよくなる
> 画期的なシステムです。

> この本のように、本当にこちらからの声かけは
> ひとことですむようになりました。


くわしい紹介記事はこちらをご覧下さい。

http://www.kosodate-style.jp/mypage/635/entry/1497967/




■nakkunママのんびり育児と英語(小2の男の子)

http://nakkunmam.blog101.fc2.com/blog-entry-201.html


冬休みの学習計画に、私の本を使っていただいたようです。

それにしても

坂本「八郎」先生って。。。まあいいでしょう。




■子供英語プリント・教材やさん サマリー

http://summeryworksheets.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-71b4.html

昨年から話題のカーヴィーダンスの下に記事が載っています。




■子供の心に火をつける!!魔法のマッチ

http://plaza.rakuten.co.jp/kuwaharajyuku/diary/201106010000/


本の中で紹介している「お楽しみマップ」についてくわしく書かれています。

何と、小3の娘さんに実践するだけでなく

ご自身のダイエットに活用して10キロ減量されたようですよ~。

確かにダイエットにも有効な方法ですからね。




以上、4名の方のブログをご紹介しました。

またこのような記事を見つけたときは

ご紹介しますね。


それでは、また次回。

ありがとうございます。



家庭学習コンサルタント

坂本七郎





▼ 私のメールマガジン(メルマガ)の無料登録はこちら

  >> メルマガ登録ページへ進む










Last updated  2012/01/24 12:01:46 PM
2011/07/23
カテゴリ:計画力の育て方

こんにちは、坂本です。

また暑さが戻ってきましたね。


さて、きょうはちょっとしたお知らせで

記事をアップしました。



本日付けの朝日新聞(朝刊)をご覧ください。


教育欄(27面)「来週の朝日小学生新聞」

という部分にわたしの記事が出ています。



わたしの名前とともに、

来週26日(火)の朝日小学生新聞一面にて

「夏休みの学習計画の立て方」を紹介しますよ


という趣旨の内容が、20行にわたって紹介されています。



前回、記事の追伸では、

「朝日小学生新聞の、25日(月)紙面にて掲載」

と書きましたが、掲載日が26日火曜日に変更されたようです。



・現在、朝日新聞を購読している方

・コンビニに立ち寄れる方


きょうの朝日新聞をチェックしてみてくださいね。


それでは、また。



坂本七郎






< 大好評御礼! 夏の学力アップ講座 >


弱点克服シリーズ第一弾「割合と比」DVD完全マスター版


弱点克服シリーズ第二弾「速さ」DVD完全マスター版










Last updated  2011/07/23 01:42:37 PM
2011/05/23
カテゴリ:計画力の育て方


こんばんは、坂本です。


先週、発売になった私の新刊ですが、

お陰さまで、大きな混乱もなく

無事に販売をスタートすることができました。


ご協力、本当にありがとうございます。


kk-cover-s

『小学生の学力は『計画力』で決まる!』(大和出版刊)



すでに本書をお持ちの方はお分かりかと思いますが、

この本は、主に5つのトピックで構成されています。


 ・日常学習で使う「週間計画表」の作り方

 ・検定試験や定期テストで使う「テスト計画表」の作り方

 ・「夏休み」の計画の立て方

 ・その他の「短期休み」の計画の立て方

 ・考える力を育てる「おすすめ問題集の紹介」



220ページある本です。


お伝えしている内容も多いため、

どこからはじめようかと

迷ってしまう人も多いかもしれません。



たとえば、いまが7月中旬あたりでしたら

迷うことなく「夏休みの計画表」をつくるはずです。



ただ、いまは5月下旬。



いまから計画力を身につけるためには、

何から実践をはじめたらよいか?



迷ってしまう人は、次のように

取り組んでみてはいかがでしょうか。




● 検定試験や模試、定期テストなどが

  あと2週間以内に迫ってきている人。

  その場合は、すぐに「テスト計画表」を作ってみてください。



● また、テストが2週間以上先という人は、

  普段の家庭学習で使う「週間計画表」を作ればよいでしょう。



本書で紹介している「ひながた」をそのまま使い、

学習計画表を親子で一緒に作ってみてください。


学習内容が明確になれば、

迷うことなく、勉強に取りかかれるようになります。


計画表をつくるというひとつの作業が、

お子さんの「自学自習力」を徐々に高めてくれます。


目標から逆算していくという頭の使い方は、

お子さんの「論理的思考力」をも伸ばしてくれます。



さらには、

ここで身につけたお子さんの計画力は

将来、社会に出たとき大いに活躍して

くれるスキルでもあるのです。



ぜひ、この本を通して、計画を立てる「正しい手順」を覚え、

「成果の上がる」学習計画の立て方をマスターしてください。


まずは今夜か明日にでも、時間をとって

計画を立てることをおすすめします。


それではまたメールします。

あなたの実践、応援しています。


坂本 七郎





追伸:

先日『プレジデントFamily』の取材を受けたのですが、

私のコメントが、現在発売中の7月号(10ページ)、

「新指導要領で分厚くなった教科書 家庭での対策は?」

に掲載されています。

もし見かけたら、チェックしてみてください。





■発行:株式会社ドリームエデュケーション








Last updated  2011/05/23 06:38:40 PM
2011/05/13
カテゴリ:計画力の育て方
こんにちは、坂本です。


「計画力」がテーマの、

今度の新教材ですが・・・



じつはこれ、



私の、2冊目の「本」なんです――。




そう、今度の新教材は、

   全国の書店で購入できる、

      「本」として発売されます。







では、どうして私が「本」のことを

「教材」と言ったのか?


その理由はこうです。



単なる読み物としての本ではなく、

「実践をするための教材」としての

イメージを少しでも持ってほしかった。



子どもに計画力を身につけるためには、

ただ知るだけではダメで、実際に計画を立てて、

行動(勉強)をする必要があります。



だから、あえて私は

この本のことを、「教材」と呼んだのです。




ではでは。


今回、2年ぶりとなる新刊を出すことを

お知らせしましたので、ここからは

本の具体的な中身について話していくことにしましょう。



以下の順にお話ししていこうと思います。



■ 本のタイトル

■ 目 次

■ 本のカバーデザイン

■ 発売日と価格

■ 購入についての注意点





■ 本のタイトル
―――――――――――――――


まずは、

本のタイトルから発表します。



タイトルは、こうなりました。



 『小学生の学力は「計画力」で決まる!』



タイトルに「小学生」とあることからも分かるように、

主な読者対象は、小学生のお母さん・お父さんになります。





ですが・・・



お子さんが現在、中高生であっても

次の場合は、得るものが多い内容となっています。


・子どもの「自学自習力」を身につけさせたい

・部活動と勉強の「両立」について悩んでいる

・定期テストの成績を上げる「計画の立て方」を身につけさせたい



つまり、お子さんの「計画力」や「時間の使い方」を

改善させたい場合は、中高生の親御さんであっても

読む価値はあるということです。

(特に、1章、2章、4章の部分をしっかり読んでください)





■ 目 次
―――――――――――――――


つづいて目次です。


目次は、PDFファイルにしたものがありますので

「GWの計画表」のときと同様、下記のリンクから

ダウンロードをして読んでみてください。


▽もくじ(PDFファイル)

 http://keikakuryoku.com/mokuji.pdf

(上記リンクを右クリックして、デスクトップなどに保存してください)


俗に言う「ゲラ」の状態が見られます。





■ 本のカバーデザイン
―――――――――――――――


装丁はもちろんプロの方に作ってもらいました。

こんなデザインになりました。

kk-cover-l


シンプルでスッキリしたデザインで、

とても気に入っています。


いかがでしょうか・・・?





■ 発売日と価格
―――――――――――――――


この本の発売日ですが、

じつはもう、すぐそこ。


目の前まで迫っています。


発売日は、【あさって、日曜日】です!



発売は、日曜ですが、

首都圏の大型書店(紀伊國屋、丸善、ジュンク堂など)であれば、

今日(金曜)の夕方には置いているかもしれません。


また、首都圏以外であっても

大きめの書店であれば

土曜日に店頭に並べられている可能性は高いです。


今日の帰り道や、土日に書店の近くを通った際は、

書店員さんに、届いているかどうか聞いてみてください。



それから、価格ですが、

税込みで、1,470円となります。

本だからできる価格ですね。




■ 購入についての注意点
―――――――――――――――


早いところでは、今日から買えるところも出てきますが、

購入前にひとつ、私からのお願いがあります。



前回、私の1冊目、

『ユダヤ式学習法』をメルマガで告知した際、

アマゾンにあまりに注文が殺到してしまい、

買いたくてもなかなか買えないという状態がしばらく

続いてしまいました。


ほとんどのネット書店からの在庫が消え、

一時は入手困難になり、みなさんにご迷惑を

おかけしてしまいました。


今回はこうした混乱を避けるためにも、


できるだけ書店(実店舗)での購入をお願いしたいのです。
-------------------------------------------------------




もちろん、このメールを読んでくれている人の中には

書店に行く暇や機会がなかなか取れない人、

足を運びたくても行けない人もいるはずです。


そうした人は、アマゾンや楽天などのネット書店を

利用してもらって構いません。



ただ、

・職場や出先の帰り道に書店がある人

・週末を利用して書店に行ける人

は、できるだけそちらを利用してもらうと

とても助かります(^_^)



書店員さんに、


「大和出版から発売になった、

 『小学生の学力は「計画力」で決まる!』

は置いてますか?」


と聞いてみてください。

すぐに探してくれるはずです。



今回は、過度の混乱を避けるためにも、

できるだけ、書店での購入にご協力ください。


よろしくお願いします。



それでは、最後に新刊情報のまとめです。



kk-cover-s

『小学生の学力は「計画力」で決まる』

(坂本七郎著・大和出版・1,470円)

・もくじ  http://keikakuryoku.com/mokuji.pdf




以上、新刊の紹介でした。

最後まで読んでくれてありがとうございます。



坂本 七郎





追伸:


ブログ読者のみなさんには先日、

「GWの計画表のひながた」をプレゼントしましたが、

新刊を購入すると、さらに別のひながたが

ダウンロードできるようになります。


日常学習やテスト対策(検定試験、模試、定期テスト)に使える

4種類の「計画表のひながた」です。


そちらも、楽しみにしていてくださいね!




追伸2:


この本が、日本の子どもたちの計画力向上の

きっかけになってくれれば、著者として

これほど嬉しいことはありません。


あなたのお子さんのお役に立ちますように・・・





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行責任者: 株式会社ドリームエデュケーション 坂本七郎 
 発行者Webサイト   : http://dreameducation.net
 ツイッターやってます: https://twitter.com/shichiro7
 Copyright(C)2011 ドリームエデュケーション
無断で転載、引用を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







Last updated  2011/05/13 12:00:31 PM
2011/05/11
カテゴリ:計画力の育て方

こんにちは、坂本です。

だんだんと夏が近づいてきましたね。



さて、前回のプレゼント

「GW計画表のひながた」は

見てもらえましたでしょうか?


こちらの計画表、

お陰さまで 3,000人以上の方に

ダウンロードしていただきました。



「子どもだけでなく、家族全員で使っています」

そんなうれしい声もいただいています。




・わが子に計画力を身につけさせたい

・自学自習力を身につけさせたい

・時間の使い方をもっと工夫してほしい



そうした思いをもつ親御さんが

たくさんいることに、改めて気づかされました。



目標を持ち、計画を立て、行動する力。

 あるいは

習い事(部活)と勉強を「両立」するコツ。



「計画力」や「時間の使い方」について

関心の高い親御さんが多いのだと思います。





そして、偶然ではありますが、

今回、新しい教材をリリースするのですが、




その教材のテーマは、「計画力」です。




もう少しくわしくいうと、


子どもの“自学自習力”と“学力”を伸ばすための

「学習計画の立て方」をあなたのお子さんに学んでもらいます。




学習計画の立て方を学ぶ――。


そう言われても

ピンとこない人も多いかもしれません。


そこで、もう少しイメージをふくらませてもらうために

実際に、この内容を学んだ方からの声を少し紹介しましょう。



●“毎日机に向かうようになった”

いままでは計画を立てても、ほとんどが計画倒れ。
立派な計画表は、 色あせていくばかりでしたが、今回の計画表は、
2枚目に突入! 毎日、机に向かう姿が見られるようになりました。

予備時間があることが、精神的にラクなようで、学校でどうしても
疲れてしまったときは、予備時間に埋め合わせをすることで、
自分なりに折り合いをつけているようです。
長女は、偏差値64を目指しているので、1日5時間がんばりたいそうです。


●“集中力が身につき、時間の使い方がうまくなった”

勉強に対して集中して取り組むようになりました。
そのうえ、お友だちと積極的に遊ぶようになり、時間の使い方が
うまくなったようです。
「集中して」「早く!!」といわなくてよくなった分、
親の気持ちもずいぶんラクになりました。


●“計画を立てるのがキライだった子が・・・”

子どもは魔法にかかったかのように目を輝かせています。
これまで計画を立てるのが嫌いで、
「ぼくは計画を立てて勉強するタイプじゃないから」
などといってまったく無計画に勉強をしていたのですが、
子どもにこの計画表を見せると「書くよ!」といってさっそく
書き込んでいました。
また、ついつい夜更かし型になってしまう生活リズムを立て直すためにも、
朝学習をやろうと親子で誓い合いました。


●“テスト前、限界まで努力するようになった”

目標をもち、意識を高め、勉強のコツを身につける──。
ほんの数週間でずいぶん成長したものだと驚いています。
何となくやらされていた勉強が、自分でやる勉強に変わりつつ
あることがいちばんの収穫です。

これまで一生懸命やっていたとはいえないテスト勉強を、
今回は限界までがんばり、すべて90点超えでした。


●“このような方法は塾では教えてくれません”

教えていただいたスケジュール作成ですが、頭のなかで
整理できないことを1つずつ書き出してステップアップしていくという、
子どもがすごく苦手としていることを上手にサポートしてくれる、
ほんとうにありがたいシステムです。
このような方法は、塾では教えてくれませんし、他でも目にすることが
ありません。




これまで私は、

『サクラサク中学受験勉強法』『サクラサク高校受験勉強法』

のなかで、学習計画の立て方を教えてきました。


わずか16ページのパートではありますが

「自分から机に向かうようになった」

「成績が上がった」、「時間の使い方がうまくなった」など

たくさんの方から、感謝の声をいただいています。



今回の新教材では、この16ページ分の内容を

誰にでも取り組みやすいようにステップごとにまとめ直し、

さらに、くわしく解説しています。



具体的には、


 ・ 毎日机に向かう習慣が身につく「学習計画表のつくり方」

 ・ 勉強ができる子に共通する3つの「時間の使い方」

 ・ 習い事(部活)をしながら、学力を伸ばしていく学習法

 ・ 学習計画を立てる意義の子どもへの伝え方、誘い方

 ・ 子どもに「計画の立て方」をどう教え、サポートすればよいか

 ・ 予習、復習は具体的に何をどう勉強すればいいか

 ・ 計画倒れや3日坊主を防ぐ、勉強を続ける仕組みのつくり方

 ・ 集中力が最大化する4つのゴールデンタイム


といったことを教えています。



そしてさらには、

普段の学習計画の立て方だけではなく、


 ・ 検定試験や模試、定期テストで使える「テスト計画表のつくり方」

 ・ もっとも難易度の高い計画「夏休みの計画」の立て方

 ・ 1500冊の中から選んだ“考える力”がつく市販問題集リスト


といったトピックについても解説しました。




「仕事の成果は、段取りで決まる」


と言われていますが、これを勉強に置きかえれば


「勉強の成果は、計画力で決まる」


ということができます。



仕事であっても勉強であっても

取りかかるまでの「段取りの部分」がいちばん肝心です。



この春は、あなたのお子さんに、

学力の根っこにあたる「計画力」を

身につけてもらいたいと思います。



あなたがやることは、3つだけ。

いたってシンプルです。


● やること1.私の新しい教材を読む

● やること2.親子で1時間ほど作業する時間を確保する

● やること3.その時間で「学習計画の立て方」を教える


これだけです。


あなたは何度もお子さんに

くり返し教える必要はありません。


一度教えれば、身につくように

極力ムダを省いて、カンタンに計画を作成できる

シンプルな仕組みをつくりました。



忙しい共働きのご家庭でも、

小学生でも、中学生でも、高校生でも

もちろん大丈夫です。



成績が伸びる学習計画の立て方を

約1時間の作業で楽しく身につけることができます。



この教材で、お子さんに「計画力」を

身につけてあげてください。



これまでなかなか伸び悩んでいた成績を

ここで一気に開花させていきましょう。



こんどの教材が、そのきっかけになってくれれば

これほど嬉しいことはありません。



次回のメールでは、

新教材の目次、そして気になる価格について

お話ししたいと思います。



あさって、「金曜日のお昼頃」にアップします。

それでは、また。



坂本 七郎




■発行:株式会社ドリームエデュケーション



▼ 私のメールマガジン(メルマガ)の無料登録はこちら

  >> メルマガ登録ページへ進む








Last updated  2011/05/11 10:03:59 AM
2011/04/28
カテゴリ:計画力の育て方


こんにちは、坂本です。

気づいたら、約1ヶ月半ぶりの更新になってしまいました。


書こう書こうと思っていたのですが、

なかなか書けない状態にありました。。。



GW明けから、ぼちぼちブログも書いていこうと

思っているのですが、今日はそのお詫び?として

ちょっとしたプレゼントがあります。



明日から、大型連休がはじまりますが、

この連休中に使える「学習計画表のひながた」です。

(冬休み、春休みにも使えるフォーマットです)



こちらを、読者のみなさんにプレゼントします。




■ゴールデンウィーク 学習計画表のひながた(PDF形式)

http://keikakuryoku.com/hinagata/gw-plan.pdf

(上記リンクを右クリックして、デスクトップなどに保存してください)





「わが子に計画力を身につけさせたい」

「自学自習力を身につけさせたい」

「時間の使い方をもっと工夫してほしい」


そう願う親御さんは多いですが、まずはその第一歩として、

こちらのひながたを使って、計画を立ててみてはいかがでしょうか。


連休中は、こちらの計画表を使ってみてください。




<計画表のつくり方>


つくり方はいたってカンタン。


左上に「ゴールデンウィークの計画」と書いて、

1から6の番号順に、空欄を埋めていくだけです。


直感的に何をどの順に書けばいいかわかるようにデザインしました。

30分程度を目安に、あまり時間をかけずにつくってみてください。


小学生~中1までなら親子でいっしょに、

中2~高校生であれば、ひとりで計画を立ててみましょう。



書いていけばわかると思いますが、

子どものやる気を刺激する、学習計画表です。


記入例なども書いておきましたので

そちらも、参考にしながら書いてみてください。





それでは、今日は短めですが以上です。

またGW明けに、更新しようと思います。


ぜひ、これを機に学習計画をつくってみてください。


今日の計画表が、

少しでもお役に立てれば幸いです。



坂本 七郎




小中学生の家庭学習を応援するドリームエデュケーション

http://dreameducation.net/











Last updated  2011/04/28 11:18:02 AM

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.