2069463 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

家庭学習コンサルタント 坂本七郎のブログ

PR

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

おすすめの本・教材

2019/12/27
XML


こんにちは、坂本です。
いつも読んでくれてありがとうございます。

 

最近この本が絶好調なようです。

http://amzn.to/2cVQQnB


先日も増刷がかかり、現在、2万9千部とか。

中学受験の受験生は要チェックですよ。

 

それでは本日のメインテーマ、行ってみましょう

 

 

■自宅学習のお役立ちツール、ベスト3を紹介します
───────────────────────────────────

 

大事な家庭学習において、
あると便利、知っていると助かる 

そんなツールを今日はいくつか紹介したいと思います。

 

■ツール1.スマートスピーカー


わが家でも使っているスマートスピーカー。

かなり便利です。

有名なモノでは
Google HomeとAmazon echoがあります。


たとえば、3分とか5分で集中して
計算ドリルや漢字ドリル、そろばんなどを
させたいときは、これで時間を計ります。

「OK Google、3分タイマー」と言うと、

「はい、3分ですね。スタート!」と言って、
タイマーをセットしてくれます。

 

一人でストップウォッチをカチッとするのも
悪くないのですが、だれかに「スタート!」と
言われると、やる気のスイッチも入ります。


タイマー機能の他にも、
天気を聞く、ニュースを聞くといった使い方のほか、

「今日は何日?」と聞けば日にちを教えてくれますし、

グーグルカレンダーに自分の予定を入れておけば、
「今日の予定は何?」と予定を確認することもできます。


勉強面で言えば、

「1リットルは何デシリットル?」

「伊能忠敬ってどんな人?」

「忖度ってどういう意味?」

ということも、問えば答えてくれます。

 

 

■ツール2.ホワイトボード

 

次は、ホワイトボード。

この本の中でも言っていますが

https://amzn.to/38X0pMe


ホワイトボードがあることで、
子どもを先生に見立てて家庭学習を行うことができます。


親子学習がうまくいかない理由は

親が子どもにとって完璧な存在であり、
子どものつけいる隙が無いからです。


その隙を、あえてつくり出して、
楽しみながら、意欲的に学習できるのが、
「ユダヤ式学習法」で提示したあの方法なのです。


ホワイトボードで、子どもを先生役にして、
教えてもらう。

この方法をぜひ実践してみてください。


そして、ホワイトボードの大きさは、
昨今の家庭事情によって難しい部分ではありますが、

やはり自立するこの大きさがベターです。

https://amzn.to/2Q4VDDR

 

 

■ツール3.ネットで自習室

 

そして、最後は、
あなたのお子さんがどこに住んでいても、
無料で、安全に利用できる自習室の紹介です。


家では、ひとりではなかなか集中できない、
そんな人には、自習室は、勉強をする環境として
とてもよいですよね。


しかし、こうした自習室はふつう
塾に入らないと、利用できません。

そして塾まで距離があると、
送り迎えなども大変です。

 

けれど、オンラインの自習室なら、
世界中どこに住んでいても、
自宅で、集中して学習できますよね。


そんなことからスタートしたのが、
まなぶてらすの自習室「ネットで自習室」です。

 

この自習室を使うメリットは3つあります。


1つは、無料で利用できること。

まなぶてらすに会員登録してさえいれば、
いつでも何回でも、無料で利用できます。

(会員登録も無料です)

 

2つめは、安全性を配慮していること。

開室しているすべての時間、
まなぶてらすの講師が、自習室の見守り・ビデオ録画をしています。

また、初回に利用するときには必ず使い方を説明する
Skype面談を実施しているため部外者が入ってくることはありません。

 

3つめは、外出先から見学できること(New!)

最近、自習室のYoutubeでのライブ配信を始めました。

ライブ中継のURLは利用者にしか知らされません。

検索をしてもヒットしない限定公開URLで配信をしています。


だから、たとえば冬休み中に、
お子さんが自習室でがんばる姿を見たいという場合にも
いつでもスマホから確認できるので安心です。

 

 


このように「ネットで自習室」では
安心して利用できる環境を整えています。


まなぶてらすの理念には、
「教育格差をゼロに近づける」というものがあります。


この「ネットで自習室」は、日本全国はもちろん、
世界に住む日本人が、無料で、他の意識の高い子どもたち
といっしょに学習できる環境を整えています。


以前、コスト等の問題から
有料でやるという話もでたこともあります。

しかし、
ここは理念にもとづき無料でやるべき内容だと思い、
今でも無料でオープンしています。



<冬休みの開室スケジュールは?>

今年の冬休みも「ネットで自習室」は、
朝から夜まで開室します。

しかも、何と見守りの先生たちの好意で、
今年は"
年末年始も”開室しています。


受験生は塾も休みになる期間ですので、
ぜひ
利用してください。


開室スケジュールは以下の通りです。


12/25(水)〜28(土): 8時〜21時

 29(日)          :お休み

 30(月)〜1/3(金) :8時〜15時 ※夕方〜不定期オープン

1/4(土)          :8時〜21時

   5(日)          :お休み

   6(月)          :8時〜21時

 

冬休み中の宿題も、塾の宿題も、受験勉強も、
「ネットで自習室」で勉強してみましょう。

 

見守りの先生たちとともに、
お子さんの自宅学習を応援させていただきます。

 

ネットで自習室の申し込みは、次の2ステップです。


1.まなぶてらすの会員登録
  
https://www.manatera.com/WTE/sreg.cgi

2.自習室の詳細、申し込み方法
  https://www.manatera.com/blog/?p=1346 

 

 

冬休みは苦手分野の克服、
基礎力アップにちょうどよい期間です。


今から学習環境を整えていきましょう。



坂本 七郎



 

追伸:

以前、作成した
冬休みの学習
スケジュールのひな形。

こちらぜひ活用してみてください。

「冬休み学習計画表」ひながたをプレゼント。

 

 







Last updated  2019/12/27 09:21:44 AM
コメント(0) | コメントを書く


2017/07/21
こんにちは、坂本です。

皆さん、
お子さんの勉強机のデスクライトはどうしていますか?

わが家では、下の2000円くらいの
デスクライトを使っていました。



暗いときにはライトをつければ明るくなるので、
これで必要十分かなーと思っていました。


ところが、うちの子は勉強中、ときどき目をこすったり、
この光がまぶしいと言ったりとちょっと心配な面もありました。


そんなときに先日、BenQさんからこちらのライトを
紹介いただき、試してみることにしました。

WiT MindDuo 親子デスクライト <クランプタイプ>




いままでは手元の部分だけが明るかったのですが、
机全体が明るくなり、目にも優しいのか、目をこすることが
少なくなりました。

恐らく目への負担も小さいのだと思います。

説明を読むと、
「周囲の明るさをセンサーで感知して適切な光量で照らす」
とあります。

電気をオンにすると勝手に光量を調整してくれるので、
とても楽です。あとから光量の調整もできます。


机の隅に固定するクランプタイプなので、
机のスペースもほぼ同じように使えます。




また、このライトは、
・電球色
・昼光色
の切り替えと光量の調整もそれぞれ可能です。







値段は少し高く感じますが、長く使えて、
目の疲れで集中力を乱さないことを考えると、
この選択肢もありだなと思います。

WiT MindDuo 親子デスクライト <クランプタイプ>


デスクライトの買い換えなどをご検討中の方は、
参考にしてください。


坂本 七郎






Last updated  2017/07/21 09:07:35 AM
コメント(0) | コメントを書く
2015/01/16
坂本です。

お知らせいたします。


私の10年間の指導経験のすべてを注ぎ込んだ
新刊がいよいよ本日、リリースされました。


日本全国5000組の中学生に、定期テスト対策を教えてきた、
私だからこそ書けるノウハウというのがあるのです。


そのすべてがここにあります。


■中間・期末テストに強くなる勉強法(大和出版)

 楽天ブックス http://goo.gl/W8LaqK
 アマゾン   http://goo.gl/W2e3KF
 丸善&ジュンク堂 http://goo.gl/mpvB7a
 7netショッピング http://goo.gl/S2Q1NL

(日本全国の書店にてお求めいただけます)


中間・期末テストに強くなる勉強法



中学生の定期テスト対策は、この1冊で十分です。

文字通り“すべて”が、わかります。


この本を通じて、日本全国の子どもたちが

勉強に対して自信を持ち、可能性を大きく広げて

いくことを願います。


まずは手にとって読んでみて下さい。

読んだ人から、変化が始まります。



坂本 七郎












Last updated  2015/02/13 03:07:24 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/07/31
坂本です。


小3までに、これだけはやっておきたい。


そんな学習内容をまとめた新講座の募集がスタートしました。


『サクラサク中学受験 Jr.』


jr.表紙




■『サクラサク中学受験 Jr.』とは何か?
─────────────────────────


これは『サクラサク中学受験』のジュニア版という位置づけで、

小3までに取り組ませたいことを、体系的にまとめた教材になります。



これまで3000組を超える中学受験生と

その親御さんをサポートして見えたこと。


全国の入試問題を見てきた中で、

小3までにやっておきたいこと。



それを、だれでもカンタンに、楽しく学べるように

まとめたのが『サクラサク中学受験 jr.』です。



・小3までに身につけておきたい基礎学力とは何か?

・その基礎学力を、具体的に何を使ってどう身につければよいか?

・どんなに入試傾向が変わっても対応できる確かな力を身につける方法



そうした1つ1つに具体的に答える内容になっています。



じつは、この小3までというのは、思った以上に大事な時期で、

「この時期に何をしてきたか、何を学んできたか、子どもとどう接してきたか」

これによって、小5以降の「学力の伸び・吸収力」がほぼ決まります。



くわしくは、こちらのページにまとめましたので、

いちど目を通しておいてください。


http://www.dreameducation.co.jp/jr/






■『Jr.』参加者の声をご紹介します
─────────────────────────



この サクラサク中学受験Jr.は、

いったいどんなお母さんたちが参加しているのか?




Jr.に参加しているお母さんたちが、

・どんな思いから Jr.をはじめようと思ったのか

・実際、どのように取り組んでいるのか

・子どもたちの反応はどうなのか

そのあたりを参考にしてもらえたらと思います。



それでは、どうぞご覧下さい!




■参加者の声1──────────────────────


サクラサクのシリーズは、現在小学校6年の上の娘が小学校4年の冬に購入し、
少しずつ実践しています。また、現在中学校1年の姪にも実践させています。

ただ、この2人が実践しているのを見ているときに、もっと早くから
Jr.の方法を実践していれば、サクラサクに取り組むのがもっと楽といったら
おかしいですが、頭が柔軟に取り組めたのでは?と思うことがありました。

それは、小学校の娘がパズル教材などを取り組むことで、
学習への意欲や問題を解くときの柔軟性などが伸びたと感じたからです。
残念ながら中学校の姪は少しそれが無いように感じます。

そこで、下の息子には早めに何かブロックやパズルなどをさせたいと
考えていて、パズル(仮面ライダーとかカーズとかの市販されているもの)を
2歳くらいからやったり、レゴをやったりとさせていました。

ただ、「レゴはいいよ」と周囲の人に言われ、本人もとても好きだったので
やっていただけで、本当にこれがいいのか?という疑問もありました。
現在年長で6歳ですが、12歳レベルのレゴはできるようになりました。

ただ、これをどう勉強につなげていけばいいのか?またこれ以外に何かいい方法
はないのかというのが悩みでした。

そんな時に、とってもいいタイミングでJr.が販売されることを知り、
とても楽しみにしていたので、すぐに購入しました。

読んでみて、目からうろこでした。
パズルの種類もそうですが、やっているときの声のかけ方まで書いてあって、
私はすぐヒントをあげたくなったり、できないといって落ち込んで不機嫌になると
「もうそんな言うならやめなさい!!」と言ってしまったりするので、
反省する点もたくさんありました。

また、手伝いの項目では、多少は出来ることもあるのですが、
その内容が細かく書かれていて、「そうかこんなことまで細かくできるように
ならないといけないんだなー」とつくづく思うことでした。

非日常体験は、なかなか実践できていないことが多く、
田舎の方では体験させるためにその場所へ行くのにかなり大変なこともありますが、
なんとか工夫して体験させてあげたいなと思っています。

中学受験はまだ考えてはいませんが、もし受験をしなくても
人間性を高めていくには本当によい指南書だと感じました。

とてもよいものが購入できました。ありがとうございます。




■参加者の声2──────────────────────


Jr.を読んで、今、できてることの再確認や今後するべきことが明確にわかりました。

只今 夏休み真っ最中なので、本物を体験させることができる絶好の機会♪

『まだ早い…』と思っていた事も、今しっかり見せて体験させておかないと、
この時期はもう二度と戻ってこない…ということを、再認識することができました。




■参加者の声3──────────────────────


テキスト送付ありがとうございます。
早速、表紙をビニールコーティングして、拝読させていただきました。
下の子どもが、来年小学校入学なので、タイムリーな発刊で、とても嬉しいです。

早速 1つめのパズルが届き、年長の娘が、取り組みはじめました。
出来ないと、泣いて悔しがり、教えて~と言ってきましたが、テキストの声がけを参考に
対応してみると、それからは、大騒ぎしなくなりました。

面白いパズルを買ってくれてありがとう!と、言っており、勉強の感覚はまったくなく、
その後は、無理なく、取り組めていると思います。

以上、お礼まで、ご連絡です。
また、有意義な情報を発信していただくのを楽しみにしています。




■参加者の声4──────────────────────


今回、小3の次男用に「サクラサク中学受験Jr.」を購入させていただきました。

次男は、心もとないというか、ちょっと不安というか、学校のテストは80点以上
取ってはいるのですが、普段の生活では、右左がわからなかったり、東を車と
書いてみたりと、この先が不安でした。

通信教育を幼児から続けていましたが、小3になり、割り算や習う漢字が増えてきて、
ためてしまうことも増え、そのたびに、私も声を荒らげてしまうという状態でした。

通信教育は声かけしないと始めなかったり、始めてもため息を付きながらだったり、
勉強が嫌いになってほしくないなぁと思いながらも、学校の勉強以外に何もしないというのは
不安で続けていました(やらせていた?かも)。

そんなところに、サクラサクJr.の話が (^^)

本人にJr.の話をすると、目を輝かせて、「やる!!」と一言。

早速、読ませていただき、まず紹介されているパズルを購入しました。
見た途端ハマってしまい、3日ほどでパズル教材も32まで終わりました。
出来なかった問題もありましたが、戻って考え直してを繰り返し、全部終わりました。
飽きっぽい子だと思っていたので、そういうところも驚きです。

次に「書く力」で紹介されている問題集を渡すと、「何これ~、こんなの間違えないし」
などと笑いながら、どんどん取り組んでいきました。
問題集を見た時に、この子はこういうところでつまずくから、いい確認ができると
思っていたのですが、間違うことなくすすめたので、びっくりしました。

漢字は、私が仕事で家を空けていることが多いので、おすすめの漢字ドリルを購入して、
渡してみましたが、1日一枚嫌がることなく取り組んでいます。
今までなら、考えられないことです。

本当に驚いているのが、笑顔で楽しそうに取り組んでいるというところです。
兎にも角にも購入してよかったです。これからも、よろしくお願い致します。



--------




4人のお母さんたちの声を紹介しました。

参考になる部分はあったでしょうか。



「Jr.をやってみたい、参考にしたい」

「参加することでより良い方向に変わるかも知れない!」


そう感じましたら、その直感は大事にしてください。


Jr.のプログラムの詳細&参加手続き方法は、以下よりどうぞ。

     ↓

http://www.dreameducation.co.jp/jr/





家庭学習コンサルタント

坂本 七郎









Last updated  2014/08/01 10:57:28 AM
コメント(0) | コメントを書く
2010/08/10

最近読んだ本の中でおもしろかったものを紹介します。

『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』池上 正著(小学館)

先月、ジュニアサッカー関連の雑誌の取材を受けたのですが、
参考資料として何冊かサッカー関連の本を読みました。

この本は直接勉強に関係する内容ではありませんが、
家庭学習について、親子の対話について、
子どもと接するときの心構えについて
いろんな面での気づきが得られる内容になっています。

子どものやる気、それから学力向上のヒントが
見つかるはずです。



『小中高の計算がまるごとできる』間地秀三(ベレ出版)

たし算ひき算から微分積分までの計算を
一からマスターできる算数・数学の読み物。

一切の無駄な解説を省き、ただただ
「計算ができるようになる」点にだけに特化した
シンプルかつ明快な解説。
非常によくできた本です。

この本の使い方としては、
・数学の苦手な中学生の弱点発見&克服用として
・小中学生の「先取り学習用」として。
・お父さんお母さんの頭のトレーニングとして。

そんな使い方をおすすめします。

これ、サクラサクのおすすめ市販教材に加えようかなー。









Last updated  2010/08/10 08:07:41 AM
コメント(0) | コメントを書く
2010/07/31


こんにちは、坂本です。

「計算はできるけど、文章問題が苦手」

そんな小中学生は多いですよね。


その原因はいろいろあると思いますが、
私が考える最大の原因は、

「算数の基盤となる分野の理解度不足」

にあると考えています。


では、その基盤となる分野とはどこなのか?
どうやれば、その分野を自分のものにできるのか?


私なりの答えを見つけ、
文章題ができる子になるための方法を
DVD授業にまとめました。

http://www.wariai.com




小学生はもちろん、
中学生にもよくわかると好評の内容です。

文章題が苦手という場合は、
私の授業で文章題の苦手意識を克服してみてください。


坂本より














Last updated  2010/07/31 12:54:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/12/14

ワクワクブックコンサルタント
株式会社ダーナ 代表取締役
山本時嗣さんより献本感謝。



辛亥革命の舞台裏が分かり、
リアルな歴史が浮かび上がってくる。

庄吉


歴史の醍醐味は、
単なる用語や年代の暗記ではありません。


その醍醐味とは、
その時代の人々の考え方、
時代背景、文化、生活といった
時代の息吹を肌で感じられる、

その瞬間に
本当の歴史を知ることができるのです。


まるで自分がその時代に生きているかのように
感じられる瞬間。

そんなとき、静かな興奮を覚えます。


今日ご紹介する本は、
そんな「肌感覚の歴史」を学べる本。


映画ビジネスで巨万の富を築いた
日活創業者、梅屋庄吉。

彼が、影から孫文を支え続けたエピソード。
彼の妻、肝っ玉おっかさんトクの痛快エピソード。
孫文の甘酸っぱい恋心。
南方熊楠と孫文との出会い。

などなど、決して教科書では知ることのできない
歴史の裏舞台、そして彼らの人間性・生き様が
生き生きと描かれています。

特に、明治以降の歴史に興味がある場合は、
一読をおすすめします。


『革命をプロデュースした日本人』小坂文乃著(講談社)






■発行:株式会社ドリームエデュケーション











Last updated  2009/12/14 02:04:27 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/08/07


こんにちは、坂本です。

以前、私が参加したセミナーの講師をされていた
水野俊哉さんが新刊を出しました。


「ビジネス書」のトリセツ(水野俊哉・著/徳間書店)


この本の237ページに私のことが書かれています。

私自身は、一部の人にしか知られていない、
無名の人間ですが、そんな私がいかにして
「アマゾンで総合ランキング1位」になれたのかを
ちょこっと紹介してくれています。

その他にも、この本では、
年間1000冊の本を読んでいる水野氏の読書法の紹介や
売れっ子ビジネス書作家を辛口トークで叩き斬っています(笑)
(似顔絵もウケる)

普段からビジネス書を読むことが多い人は、
興味深く、そして笑いながら読めると思います。







Last updated  2009/08/07 02:48:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/07/30


次に紹介したいのはこちら。



2)プリ具3 漢字部首カード+部首で覚える漢字プリント
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


次に紹介したいのは、漢字学習教材です。


漢字を覚えるのが苦手、苦痛・・・。

お子さんの漢字学習でお困りのお母さんも多いと思います。


これまで漢字学習というのは、学年別に、

つまり教科書に出てきた順に覚えるというのが一般的でした。


もちろん教科書の本文に出てきた漢字であれば、

その言葉の「意味」や「使い方」を身につけやすい

という利点があります。


しかし、漢字そのものを暗記するのなら、

別の方法で覚えた方が効率が良いのです。


効率のよい漢字学習法とは・・・


共通項を見つけ、関連付けながら覚えること。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



英単語で言えば、

replay や repeat の接頭語「re-」の意味「再び」を覚えたり、

careless や endless の接尾語「-less」の意味「~のない」

を覚えたりといったことに似ています。


このような「共通点」を見つけ

関連付けながら覚えていくという方法です。



漢字における共通点。

それは「部首」です。


この部首の意味やその成り立ちに着目することで

漢字は、ぐんと覚えやすくなります。


例えば、さんずいなら、水を意味していますよね。


部首の意味に着目しながら、

小学校で習う漢字を「タテ割り」で学習していく──。


これが漢字暗記のひとつのコツなのです。

そして、この部首に着目しながら

楽しく漢字を覚えられるのがこの教材です。



例えば、「さんずい」の欄を見ると、

次のような漢字がまとめられています。

-----------------------------------------------
 池 海 深 湖 流 洋 波 港 泳 湯 酒
-----------------------------------------------


もうひとつ紹介します。

「にくづき」は、肉や体を意味していて、

こんな漢字が出てきます。

-----------------------------------------------
 臓 脳 脈 背 胸 腹 筋 胃 腸 肺 肥
-----------------------------------------------


このように漢字を

学年別ではなく意味グループ別に覚えることで

暗記の負担を減らすことができるのです。


そして、この教材では

「部首カード」

という勉強ひみつ道具がついてきます。


このカード、おもて面には「部首」のみが書いてあり、

うら面には、その部首を使った漢字一覧が書かれています。


漢字を覚えるのが嫌いな子には、

このカードを使った「漢字ゲーム」をするといいでしょう。


カードを見せて、

「この部首の意味は、な~んだ?」

「この部首を使った漢字、いくつ書けるかな?」

などと言って楽しく学習できそうです。


漢字の暗記が苦手な子、

そして、楽しく漢字を覚えたい子。


そんな子どもたちにおすすめの教材です。


プリ具3 漢字部首カード+部首で覚える漢字プリント(1,365円)




3)その他のプリ具シリーズ


プリ具 第2弾「円で図形に強くなるプリント」(840円)

 シリーズの中でもっともハイレベル。
 こちらは中学受験をする予定があり、特に円を含めた平面図形
 が苦手という方におすすめの教材です。


プリ具 第4弾「分数・小数プリント」(980円)

 分数や小数が苦手というお子さんにオススメの教材です。
 分数・小数の感覚や関係性に気づく工夫がされていて、
 階段を一段ずつ登るように、基礎から学んでいくことができます。
 分数・小数をマスターしたい子どもには最適な教材です。


プリ具 第5弾「ラクはや計算プリント」(780円)

 こちらの教材は、インド式の計算テクニックのように
 「工夫して計算をする方法」を学べる計算トレーニング教材です。

 18×35 のような2けたの掛け算や割り算を暗算でおこなう方法
 などが紹介されています。

 ただ、普段からそろばんで暗算等をしている子どもの場合は、
 とっつきにくい内容かもしれません。
 その点だけ注意が必要です。



以上、プリ具シリーズの紹介でした。

もし、お子さんがこれらの分野の中で

苦手分野がひとつでもあるのであれば、

ぜひ、このシリーズを活用してみてください。


きっと、苦手克服のきっかけになると思いますよ。








Last updated  2009/07/30 07:56:28 PM
コメント(0) | コメントを書く


それでは、おすすめのプリ具シリーズを紹介していきます。



1)プリ具1 単位換算定規+単位換算プリント
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

まず紹介したいのは、

単位換算をマスターするための教材です。


単位換算って苦手な子が多いですよね。

でも、これ。

実は、そんなに難しいものではありません。


単位の法則性に気づき、少し練習すれば

短期間でマスターできる分野なのです。


この分野の理解が深まれば、

算数や数学、さらには理科というように

理解の連鎖が化学反応のように起こり始めます。


単位換算は隠れた重要分野なのです。



私は、単位換算については、

できる子とできない子の差は

髪の毛1本分くらいしかないと考えています。


髪の毛1本分の気づきが、得られるかどうか。

そのきっかけとなるのが

付録でついてくる勉強ひみつ道具、

「単位換算定規」なのです。


この定規を使いながら問題を解いていくと、

 7リットル=□ミリリットル、3分40秒=□秒

というカンタンな換算問題から、

 2リットル=□cm3 、24分=□時間

といった少し複雑な単位換算までを、

やさしいところから一気に学習することができます。



算数の単位換算が苦手な小学生はもとより、

単位計算が苦手な中学生にもおすすめです。



プリ具1 単位換算定規+単位換算プリント(1,365円)



つづく。










Last updated  2009/07/30 07:53:32 PM
コメント(0) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.