2011/08/26

夏休みを、振り返って・・・

カテゴリ:夏休みの勉強法


こんにちは、坂本です。

もうすぐ夏休みが終わりますね。


お子さんの夏休みは、いかがでしたか?


・これまでよりもよい夏になった

・毎度のようにダラダラ過ごしてしまった

・計画の半分も達成できなかった


いろいろだと思います。


ただ、夏休み前に送った、わたしのblogを

よく読んで実践してくれた人は、それなりに充実した

夏休みになったはずです。


私のもとに届いたメールを

2通ほど紹介したいと思います。




---読者の声1----

先日、購入しました【割合と比】のDVDは、毎日カリキュラム通りに
進めて終了しました。

終了後に、(子どもが)自分の理解度を試してみたい、
とにかく、割合の問題を片っ端から解いてみたいが、教材が無い
と言うので、書店に走り問題集を入手して試したところ、
一般的な問題は全て解けるようになり、本人も自信が付いたようです。
ありがとうございます。



---読者の声2----

今年の夏休みは、坂本先生のお陰で宿題がほぼ計画通りに進んでおります。

お盆明けから、速さと割合のビデオも毎日一つずつ進めたり復習したり
しています。

速さについては、本人の苦手意識が非常に強かったので、
三日目まで解いた後、四日目のグラフの読み取り方の説明を、
とにかく見せるようにしました。

最初ちんぷんかんぷんだったグラフの意味も五日目から急に
理解出来るようになったようで、本人もまんざらでもない
という顔をしています。




「手ごたえのある夏休みになった」

そうした声を聞くのは本当にうれしいものです。


今年うまくいった人は、来年の夏も、

今回と同じように、計画を立てればうまくいきます。


この夏の学習計画の立て方、時間の使い方を

よーく覚えておいてくださいね。




――――――――――――――――――――――――――――
■反省からしか学びはない
――――――――――――――――――――――――――――


うまくいった人もいれば、

うまくいかなかった人もいます。


夏休みは、計画を立てるのが

もっとも難しいお休みですからね。


では、うまくいかなかった人はどうすればよいか。


――うまくいかなかった経験を、学びに変えてください。



具体的には、

今回の夏休みがなぜうまくいかなかったのか。

その理由を考える時間をつくるのです。


人間は、反省からしか学びはありません。


残念だったと嘆くのではなく、

次に活かせる工夫やアイデアを拾い集める。


それが次の成長につながります。


・目標を少し欲張りすぎた

・一日の勉強量が多すぎた

・計画の立て方の、この部分が甘かった


そうした振り返りの時間をつくることで

お子さんは少しずつですが着実に成長していきます。


一年に一度しかない夏休み。


その貴重な経験を、今後に活かすべく

考える時間を親子でつくってみてください。




――――――――――――――――――――――――――――
■9月からの計画を立てよう
――――――――――――――――――――――――――――


夏休みの振り返りができたら、

次は、9月からどんな学習をするかを考えてみましょう。


(例)

・8月にやり残した勉強をやる

・定期テスト対策に注力する

・学力テストや模擬試験対策をする

・過去問演習をはじめる


今決めておくだけで、9月の初速が変わります。


9月に入ってから学習内容を決めるのではなく、

今、ある程度の内容を決めてしまうのです。


それだけで心の準備ができ、

スムーズに9月からのスタートを切ることができます。



その時、さらに学習計画まで立てることができれば

さらにGOODです。(計画は、「週間計画表」をつくります)



この週末にでも、時間をとって

取り組んでみてはいかがでしょうか。


それではよい週末をお過ごしください。


坂本 七郎




<参考>「読者の声1・2」で紹介した教材

弱点克服シリーズ第1弾「割合と比」DVD完全マスター版

弱点克服シリーズ第2弾「速さ」DVD完全マスター版




ちょっとひと言:


夏休みの宿題は、何が何でも

期限内に終わらせるようしつけてください。


学校に通う子どもたちの、最低限のルールです。


最近はこうした部分をおろそかにする子が

増えていますが、社会に出てからが大変心配です。


こうしたけじめの部分は

厳しく接してあげてください。


将来、かならず感謝されます。




■発行:株式会社ドリームエデュケーション









TWITTER

Last updated  2011/10/29 10:28:59 PM
コメント(0) | コメントを書く