000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

「きく」を究めよう!広場●きくスキル研究会

PR

カレンダー

コメント新着

 ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
 ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
 ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
 ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
 生活費@ ちょwwwwこれわwwwww ここまで簡単なバ イ トって他に無ぇだろ…
 ひゅーが@ ココさんコメントありがとうございます 新年早々コメントをありがとうございます…
 ココ@ なるほど! ”初歩レベル”とありますが、凄く納得出来…
 鈴木@ ありがとうございます 椎名さん、コメントありがとうございます…
 鈴木@ コメントありがとうございます 松野さん、コメントありがとうございます…
 松野 克彦@ うそつきは・・・ 良いこと仰いますな~! むかし、「うそ…

日記/記事の投稿

2007年10月23日
XML
カテゴリ:藤木日記
 こんにちは、情熱のコールセンタートレーナーこと、藤木健です。

 昨日は、同僚に対して持ってしまった感情の話でした。「嫉妬」の声を聞いた瞬間をお伝えしました。

 こうして文章で書いてしまうと、見苦しいですね。わかっちゃいるのですが、この声はどうしても、心の内からわきあがってきます。

 この声を出ないようにするには、と考えてしまうと、もうそこから先は宗教の域に入ってしまいますので、出家をするか悟りを啓くかぐらいしか道は残されていません。
 どうしてもわきあがる感情であれば、付き合わざるを得ないので、自分の内なる声をまず受入れることにしました。
 他者に対する「きくスキル」では、まず肯定して受入れるのが王道ですので、それを自身の感情に当てはめたわけですね。

 まず、その感情は人間だから仕方がない、と受け入れます。

 そして、自問自答します。

 「私の目的はなんだ? 彼に実力をつけられるのか怖いのか? でも彼が仕事ができたら仕事がはかどるよな? じゃぁなんだ、彼に追い越されるのが怖いのか? ん?そもそもそれが彼を見下しているってことではないのか?」

 と自分の感情にどんどん質問をして、自分自身に訊いていくのです。嫉妬の感情の根本原因が彼の成長に対する恐怖感、ということがハッキリしてきました。

 「しかし、彼のロジカルな考え方と納得するまでのこだわりは尊敬できる。では、何が怖いのだろう? 彼が成長して、私が成長しないことが怖いのか? 成長した彼と比較されるのが怖いのか?(そうかもしれん・・・)」もう一段掘り下げると、他者の評価を気にしている自分に気がつきました。

 「彼との比較というが、彼が不得意で自分が得意なことはないのか? そもそも苦手な分野で勝負する必要があるのか? 私の得意分野はなんだ? それは、人の成長をサポートすることではないのか? では、彼の欲している情報を提供しないことは、自分の主義主張に反しないか?」

ぱぁぁぁ~


 目の前が明るくなったような気がします。

 そうなんです、自分の苦手な分野で彼と闘おうとしていた自分に気づき、自分の信条に反していることが、どんどん質問していくことでわかったんですね!

 これが自問自答の効果です。

 実際は、もっともっと自分自身にいろんな質問を問いかけています。中には、えげつない質問もあります。(それは言わせないで!自分が裸になったような気がするの!)

 ここまですんなりと上手く運ぶことはなかなか難しいですが、嫌な感情がわきあがってきたときに、相手ではなく自分に「訊く」ことで突破口を見出せることがあります。

 えっ?
 結果どうしたって?

 もちろん彼には、情報提供をしました。今、その情報も取り入れながら他の勉強も組み入れ、メキメキと音が聞える感覚で成長されてます。その姿を見ると嬉しくなりますし、一役自分が買っていると思うとニンマリするなぁ。自画自賛、自画自賛。

 明日は、じゃあ自分にどんな質問を投げかけてったら良いのか? 具体的に考えてみましょう。

 破滅に突っ走る「訊き方」もあるので要注意ですわ。

 (この項続く)






最終更新日  2007年10月23日 01時21分40秒
コメント(0) | コメントを書く
[藤木日記] カテゴリの最新記事

楽天プロフィール

設定されていません

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

・2017年09月
・2017年08月
・2017年07月
・2017年06月
・2017年05月
・2017年04月
・2017年03月
・2017年02月
・2017年01月
・2016年12月

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.