花と実と魔女と

15イタリア3



2015.1.25

まるで中世の時代にいるような、ヴェッキオ橋・花の都フィレンツェ(6)☆イタリア旅行記(46)




(2015年9月10日撮影)

昨日に続いて
昨年9月に訪れたイタリアでの
フィレンツェ旅日記です。

屋根の付いた回廊のある
ポンテ・ヴェッキオ(ヴェッキオ橋)です。




(2015年9月10日撮影)

こちらが、橋の上。
人の往来が多く、
下町のような風情ですが
アルノ川氾濫で1345年再建され
現在もその姿を残しています。





(2015年9月10日撮影)

当時は路の両側には
肉屋や八百屋さんが多かったのに、
現在は彫金細工や
宝石店が軒を連ねています。




(2015年9月10日撮影)

どのお店も路面ウインドゥには
キラキラ輝く宝石や金細工がいっぱい。

世界からの観光客、
とりわけ女性達の足を
止めないはずはありません・・・(*^-^)





(2015年9月10日撮影)

町を南北に分断する
アルノ川に架かる橋のなかでも
ベッキオ橋は特に有名。

その橋の中ほどに
展望できる橋の欄干があり
そこから 河岸をパチリ!
まるで中世の時代にいるようですね。




(2015年9月10日撮影)

反対側もパチリ!



(2015年9月10日撮影)

実はヴェッキオ橋も
フィレンツェ世界遺産の例外ではなく
メディチ家ゆかりの橋。


この回廊は、
シニョリーア広場にある
コジモ1世の居城ヴェッキオ宮から
現ウッフィッツィ美術館を通り
此処ポンテ・ヴェッキオの
2階部分のヴァザーリの回廊を経て
アルノ川を渡り、
コジモ1世が病気の妻のために買った
ピッティ宮までを結びます。

アルノ川を跨ぐ
回廊付きの橋は、
歴史に彩られ現在も
主要観光スポットなのです。

ヴァザーリの回廊、テレビ番組でも
たまに、紹介されるようですね。

予約すれば見学出来るようです。


~この写真は、
ウフィッツィ美術館内から撮影しました。
美術館の建物から伸びる回廊を
ご確認戴けますね~




にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。
バラ以外でもクリック
よろしくお願いします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.