花と実と魔女と

☆チオノドクサ







2004




                   チオノドクサ・ルシリアエ





                   プーシキニア・スキロイデス・リバノチカ






上の写真の「チオノドクサ・ルシリアエ」

昨日UPしたプーシキニアによく似てるでしょう?


青いお花「チオノドクサ」も、背丈15センチほどの秋植え球根で
写真手前に白く写っているクリスマスローズの花びらと
比べるとその小ささがわかると思います。


英名は、グローリー・オブ・ザ・スノー(雪の栄光)
1880年代に雪解けの中で発見されたことに由来。

和名は雪化百合(ゆきげゆり)

昨日の『白い妖精』のお友達だとすれば、
『青の妖精』かな?(^ー^* )フフ♪




゜★。.:*:・’゜☆。.:*:・’゜ 。.:*:・’゜☆。.★。.:*:・’゜☆。.:*:・’゜ 。.:*:・’゜☆。




キオノドクサ(チオノドクサ)属は、南欧の東地中海沿岸地方から、
小アジアの高山地帯に分布しており、約6種が知られています。
スキラ(シラー)属やプシュキニア属とは近縁の、春咲き小球根です。

写真UPしたルシリアエ種は園芸種で
日本で売られているものはこの仲間のようです。
栽培は、高温多湿を嫌いますので地植えの場合夏が要注意ですね。
球根自体は丈夫で開花率バッチリ。
こちらも、大好きなお花です。









2005・4・10







ユリ科の「チオノドクサ」
小さな球根ですが、植えて置くと確実に芽を出し、咲いてくれます。

写真のチオノドクサはピンクがかった薄紫色ですが、
少し離れた所に前から植えてあるのは鮮やかな濃い目のブルー、
同じ花でも、色が違うとずいぶん印象が違って見えます。

薄紫のこちらは、ホンワカな雰囲気、
傍に植えてあるパンジーの濃い紫とのバランスもいい感じ♪




ところで、今日から全国的にお天気が崩れそうだとか・・・
せっかくの日曜日ですし、
少しでも遅くまでお天気もってくれて
桜が楽しめると良いですね。






やっぱり、青もいいのよね☆チオノドクサ

2005・4・12







先日ご紹介したのは、
昨年秋に植え込んだピンク系「チオノドクサ」

本日UPしましたのは、数年前から“植えっぱなし”で
春の明るい空を待ちかねたように
咲いてくれる、濃いブルーのチオノドクサです。


パナシ族のHANA魔女は、
こんな風に、植えっぱなしでもきちんと
咲く時をこころえ、自ら咲いてくれる球根が大好き!


小さいけれど、はっと人目を引く・・・春のブルー
メジャー度ではチューリップさん達には
まだまだ及ばないけれど、

チオノドクサの小さな花たちは
百花繚乱の季節の道しるべとして
きっちり、いい仕事していると思うのであります・・・よ。








可憐な花☆チオノドクサ

2006・4・5








ユリ科の「チオノドクサ」

小さな球根ですが、
植えて置くと確実に芽を出し、咲いてくれます。

写真のチオノドクサはピンクがかった薄紫色ですが、
今日UPした画像では少し青っぽく写っています。



昨年までは結構いっぱい咲いてくれたのに、
今年は花数もすくなくて、何故でしょう・・・?


この秋には忘れずにチオノドクサの小さな球根を
新に増やして埋め込むことにします。
忘れないようにφ(..)メモメモ (笑)


球根を植えるのは、
宝もの隠しみたいな作業だけれど、
忘れた頃に芽吹いて、
可愛いお顔を見る喜びはなんともいえません。


待ち遠しかった春が、いっそうの喜びで満たされる瞬間です。




*****・・・******・・・*****・・・******



日曜日に下の歯の一本がグラグラ動いているのに気づき
昨日は医者さんに行ってきました。

実はその歯はちょうど歯磨きしづらい場所に
隣の歯と重なって生えており、
前から気になっていたところでした。

レントゲンの結果、ナント、
歯根のほうまで虫歯になっていてボロボロ、
歯が欠けたためにグラグラしたのですね。

かみ合わせに支障のない歯なので
(というより元々無い方が良いのです)
早速抜いていただきました。


いつもなら、抜歯のあとは痛みが来るのですが
なんと、昨日はまったく痛くありませんでした。ホッ(^.^)

痛みもなく、突然歯が動いたので
(感覚的には震度3ぐらい・笑)
歯周病かも?と心配しましたが、
ヤレヤレ、これで一安心。


これからは、歯科の定期検診もまじめに受けて
歯石の除去などもしてもらうことにします。

皆様は、歯医者さんで定期健診受けていらっしゃいますか?







2007・4・5



花壇の星 ☆ チオノドクサ 








私の庭では春の小花の定番となっている「チオノドクサ」

草丈10数センチほどの丈夫で可愛い星型の花です。








後ろに写っているキャベツ(笑)ではなくて
葉牡丹がやけに大きく見えますね。









植えっぱなしのチオノドクサ、
3月末から庭の所々で咲いていたのですが
ご紹介は今になってしまいました。









ズームで見るとこんな表情。

お花って、大きさに関わらず
整った美しさを持っているのですね~。

自然の力に驚くばかりです。







2007・4・8



チオノドクサ  ☆  青の妖精 








写真は「チオノドクサ・ルシリアエ」
先日御紹介したチオノドクサの青バージョンです。
英名はグローリー・オブ・ザ・スノー。

こちらの色の方が庭ではくっきり鮮やかに見えます。








何年も前に小さな球根を植えて、
そのまま植えっぱなし・・・
パナシ族です(笑)

こんな小さな花も
やっぱり好きです。(*^_^*)







2008・3・25


雪の輝きと言う名の ☆ チオノドクサ 





(3月23日撮影)

ユリ科の「チオノドクサ」
小さな球根ですが、植えて置くと確実に芽を出し、咲いてくれます。

ギリシャ語でチオノ(雪)+ドクサ(栄光)”は
雪の誉れ”(雪の輝き)という意味。

写真のチオノドクサはピンクがかった薄紫色。
他に、ロイヤルブルーって感じの鮮やかなブルーもあります。





(3月27日撮影)


一枚目の写真から4日後、
雨が降ったことも影響したのでしょうか?
咲き進んだら、色が淡くなりました・・・

草丈10センチほどの小花ですが
チオノドクサが顔を見せると
私の庭にも春がやってきたのだわ!って思います。

ところで、このチオノドクサさん、
数年掛けて家族を増やしてくれたようです。(^.^)






2008・4・9


雪の栄光と言う意味の ☆ チオノドクサ 





(4月5日撮影)

きょうご紹介するのは、チオノドクサ・ルシリアエ。

我が家では、何故か年数を経て
花数が少なくなってしまったのですが
眩いばかりのブルーが目を引きます。







(4月5日撮影)



先日もご紹介しましたが
ギリシャ語でチオノ(雪)+ドクサ(栄光)”は
雪の誉れ”(雪の輝き)という意味。

なるほど、この花色なら
残雪の中にあって益々輝きを増すことでしょう。


私は季節を問わず、青い花と白い花に
めっぽう弱いので(笑)
チオノドクサの球根をもっと増やさなければ・・・

秋になったら、宝物を埋蔵するように
猫の額ほどの地面のあちこちに
この球根を埋めなければ・・と
心に誓うのでありました。








2009・4・10


ピンクもあります ☆ チオノドクサ





(2009年4月4日撮影)


チオノドクサ、ギリシャ語で
雪の輝きという意味なのだそうです。

我が家で今年目立つのは
ピンク色っぽい方・・・

チオノドクサのブルーも
とても鮮やかできれいですよね!





(2009年4月4日撮影)



この子は、昨年秋に、
バーゲンになっていた球根を
今までのに追加して、
マトメテ植え込み、
コンナ風に咲いてくれています。

球根も小さくて可愛いのですが
来年、更に増えてくれるといいな~って
思っています。
どうでしょうか・・・?








2010・4・4


増えたかも・・(^^) ☆ チオノドクサ 





(2010年4月3日撮影)

春一番に 紫がかったピンクの花を咲かせる
チオノドクサ。

一昨年球根を買い足し、
ふた冬をこした子達ですが
去年より増えたような気がします(^^)v





(2010年4月3日撮影)

背丈10センチほどの小花ですが、
この色と形が大好きで
もっともっと、増えるといいな~と
思っているんですよ。

このチオノドクサ、お勧めです。








2011・4・6


着実に増えているかも・・ ☆ 「雪の輝き」チオノドクサ 





(2011年4月6日撮影)

チオノドクサのピンクが咲いて
その辺りがパッと華やぎ
春がきたようです。

草丈10センチほどですが、
可憐な花で、何より丈夫。

植えっぱなしなのに、
着実に増えているように思います。





(2011年4月6日撮影)


チオノドクサとは
ギリシャ語で
「雪の輝き」という意味だそう・・・。


このところ、不安なニュースに
心落ちつかない日々ですが
小さなお花の“輝き”に
ホッとします。






2012.4.7

今年の花の季節の幕開け ☆ チオノドクサ・ルシリアエ






(2012年4月7日撮影)


写真の「チオノドクサ・ルシリアエ」

今年も、クリスマスローズと共に
私の庭に春を告げてくれています。

背丈15センチほどの秋植え球根で

英名は、グローリー・オブ・ザ・スノー(雪の栄光)
1880年代に雪解けの中で発見されたことに由来。

和名は雪化百合(ゆきげゆり)というのだそうです。

東西問わず、風流な名前をお持ちなんですね。







(2012年4月7日撮影)


なぜか今年はブルーの子が顔を見せずに
ピンクの子がまとまって咲いてくれました。

春の小花(特に球根で毎年咲くもの)は
寒く長かった冬を過ごした私達にとって
小さくても明るい希望となります。

さあ、ことしの花の季節も
いよいよ幕開けです!







2013.4.3


妖精の世界を思わせる、雪の輝き ☆ チオノドクサ 
 





(2013年4月1日撮影)


背丈15センチほどの秋植え球根「チオノドクサ」
(ギリシャ語で雪の輝きという意味)

英名は、グローリー・オブ・ザ・スノー(雪の栄光)
1880年代に雪解けの中で発見されたことに由来します。

和名は雪化百合(ゆきげゆり)

妖精の世界を思わせるお名前です。






(2013年4月2日撮影)


植えっぱなしでも、
春の訪れと共に
毎年忘れずにお顔をみせてくれる
律儀さも、うれしいお花。





(2013年4月1日撮影)


春の妖精のオチビちゃんたちが
いっせいに手を振って
ロンドを舞いながら
春の光を拡散しているように・・・
ワタシには見えます。

あ~いつのまにか、
妖精の世界に引き込まれてしまったようです、ね。






2015.3.28


雪の輝き ☆ チオノドクサ




(2015年3月28日撮影)

背丈15センチほどの
秋植え球根「チオノドクサ」
(ギリシャ語で雪の輝きという意味)

英名は、
グローリー・オブ・ザ・スノー
(雪の栄光)
1880年代に雪解けの中で
発見されたことに由来します。

和名は雪化百合(ゆきげゆり)

妖精の世界を思わせるお名前ですね。




(2015年3月28日撮影)

紫がかった淡いピンクの花が
薔薇の葉が日差しをさえぎる前、
春の陽がしっかり届く地面に
ぴょこぴょこ顔を出しています。




(2015年3月28日撮影)

今年は昨年より、数も増え
行儀良く、いっせいに咲いていますね。





(2015年3月28日撮影)

他にも、
鮮やかなブルーのチオノドクサも
庭のパーゴラの傍にあるのですが、
いつの間にか、たった1~2輪・・・

日差しに恵まれる所に
植え替えてあげたら、増えるでしょうか。

春先に、小花がひょこり顔を出すのは
本当に嬉しいですものね。







2016.3.29


薔薇庭に春の目覚め☆雪の輝きという意味のチオノドクサ




(2016年3月26日撮影)

明るい春の日差しに
庭の草花も目覚め始めました。

クロッカスや、クリスマスローズに続いて
雪の輝きという意味の
チオノドクサが顔を見せています。




(2016年3月26日撮影)

紫がかったピンクの花は
宿根開花率が高く
ご覧のように、
グループで仲良く咲いて・・・
年々増えていますね。





(2016年3月26日撮影)

近づいて見ると
6枚の花びらの可愛い星形の花。

花びらがちょっと肉厚ですね。





(2016年3月26日撮影)

そして、こちらは何故か
全く増えないブルーのチオノドクサ、

ハッキリした花色が好きなのに・・・
何故かほとんど増えないいのです。

今年はたった一輪なので、
希少価値がUPしてますね。(笑)

今年は、早めにこの色の球根を
手に入れようと思っています・・・




にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですが
バラ以外でもクリック
よろしくお願いします。


http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj





2017.4.6

明るい春の日差しに咲いている・雪の輝き☆チオノドクサ





(2017年4月3日撮影)

背丈15センチほどの
秋植え球根「チオノドクサ」
(ギリシャ語で雪の輝きという意味)

今年も春を告げるように咲いています。

当ブログにも、
2004年には写真が残っていますが
そのあと、球根を買い足しているので
この子達が何年前の球根かは不明です。




(2017年4月3日撮影)

ゆり科のチオノドクサ、
英名は、
グローリー・オブ・ザ・スノー
(雪の栄光)
1880年代に雪解けの中で
発見されたことに由来します。

和名は雪化百合(ゆきげゆり)

全て、雪に因むお名前ですね。




(2017年4月3日撮影)
我が家のは薄いピンク~
薄紫色で、こちらの花数は
少し増え気味ですが

実は、
青いチオノドクサもあり
なぜか、こちらは減るいっぽうで
寂しい限り・・・

毎年、秋になったら
買い足そうと思うのですが
うっかり時期を逃してしまいます。

今年こそ!でしょうかね~(汗)





にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
バラ以外でもクリック
よろしくお願いします。


http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj








2018.3.30


雪の輝きという意味の今年も増えている薄紫の☆チオノドクサ




(2018年3月29日撮影)

春、忘れずに
咲いてくれる庭の小花のひとつ
チオノドクサ。

英名は、グローリー・オブ・ザ・スノー(雪の栄光)
1880年代に雪解けの中で発見されたことに由来。
ギリシャ語のチオノ(雪)+ドクサ(栄光)”は
雪の誉れ”(雪の輝き)という意味。
和名は雪化百合(ゆきげゆり)



キオノドクサ(チオノドクサ)属は、南欧の東地中海沿岸地方から、
小アジアの高山地帯に分布しており、約6種が知られています。
スキラ(シラー)属やプシュキニア属とは近縁の、春咲き小球根です。

写真UPしたルシリアエ種は園芸種で
日本で売られているものはこの仲間のようです。
栽培は、高温多湿を嫌いますので地植えの場合夏が要注意ですね。
球根自体は丈夫で開花率バッチリ。
こちらも、大好きなお花です。






(2018年3月29日撮影)

2004年にお迎えし、
今年で15年目になり
毎年忘れずに
お顔を見せてくれる律儀な子です。

ことしも芽吹きだしたばかりの
アイスバーグの足元で
薄紫の花がいっせいに開花♪





(2018年3月29日撮影)

以前は、マリンブルーの
お花もあったのですが
何故か、薄紫ばかりが増えていって・・・
ブルーの方は見かけなくなりました。残念。

土に合うとか
丈夫に咲き続ける為の優位性というのも
色によって、変わるのかも・・・ですね。




にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
バラ以外でもクリック
よろしくお願いします。


http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj





































































http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.