花と実と魔女と

椿・乙女椿




2003


乙女椿


 春     戻ってみたい☆乙女時代





うちで一番長身の椿「乙女椿」です。

身長(樹高)は、2.5メートル以上
レースクイーンやトップモデルも
及ばない背高のっぽの「乙女」ちゃん♪

ところで一輪一輪の、
咲き初めの表情がとってもチャーミングだな~って、
この春再認識。
はにかみを含むこの微笑みが「乙女」の由来かな?
あ~、こんな時代が懐かしいのは何故かしら (;^_^A





2004       椿・乙女椿







乙女椿のピンクが庭の光を集めるように咲いています。

よ~く見ると、こんななんですよ。

宮廷女官の雰囲気があると思うのですが・・・
コレは身びいきというものでしょうか(笑)









乙女椿の全体像はこんな感じです。
10年以上も前、知人のお庭の解体工事に伴って
ヨイコラショッと移植したもの。

根付くか心配しましたが、
こんなに元気に咲き続けています。

樹高2.5メートル以上でしょうか、
100輪以上一気に咲いています。








2005 春    命短し 恋せよ乙女、椿☆乙女椿





白椿(加茂本阿弥)も、
先日の強風でだいぶ花を落としました。

そんななか、乙女椿は、
見事なまでの満開を迎えています。



樹高は、2.5~3メートルぐらいでしょうか?
幅も1.3メートルぐらい?
常緑なのも手伝って、かなり存在感があります。








昨年来、庭の大改造で、
シンボルツリーの「大ケヤキ」に別れを告げましたが
ケヤキのやや下になっていた乙女椿、
今年は、今まで以上にびっしりと花をつけてくれました。


あまりに育つので
近々植木屋さんに少し散髪お願いする予定。







我が家の花たちも災難ですね、
育ちが悪いとがっかりされ、
その反対に育ち良すぎると
うっとうしいと言われますから・・・



庭の大きさとのバランス、
日当たりや季節による変化等々、
小さな庭でもトータルで考えるのは難しいですね。




先日も、
花屋さんには魔力!があるという友人を誘って
少し遠くの園芸店までドライブ。
見るだけ?!・・・のつもりでも 
いつのまにか買い物籠一杯に・・・

理屈で分かっても、ついつい好きな花、
縁のある植物を増やしてしまう、困ったHANA魔女です。
(ちょっぴり反省・・・ホントかな>自分)







春のなごり・・・ 乙女椿舞い散る花びら






大きく成長して、わが庭のシンボルツリー化した「乙女椿」

このところの低温気象で、例年より花もちがよかったものの、

数え切れない花が 時には花首から、時には花びら一枚ずつ
5月の風に散る頃となりました。

で、ご覧の通り・・・
一面に鮮やかなじゅうたんを敷いたようです。



掃いても掃いてもすぐにピンクのカーペット状態、
折りしも降った雨に地面から
離れにくくなってしまった花びらたち。

ま、少しの間このままに・・・ということで。











2006・5・2

びっくり小山の様に咲いた椿☆乙女椿






今年も、庭の乙女椿が
今を盛りとばかりに咲き誇っています。

年々大きく、
花が咲く時期はまるで椿の花の小山のよう・・・







ご覧のように、密度も高く、
わが庭の椿ながら、
「あっぱれ椿」と改名したくなるほどです。

蕾の頃はこれほどまで咲くとは想像できませんでしたが
今年は特に花数が多いようです。
とても数え切れないというのを実感。








ご覧のように、枝の表裏にびっしりと
重なり合うように咲いています。


やはり冬に施した堆肥が、その効果を見せているのでしょう。

この調子だと、今年のバラの開花に
いやがおうにも期待が高まります(*´艸`)









近づいてみると、こんな感じ、
まるで一対の花冠のように、
細い枝に八重の椿が咲いて・・・



正直、わが庭の出来事ながら驚きです。










2007・5・6


うらやましい名前の 椿☆乙女椿







我が家にお迎えしてから早、
20年以上が経つ椿「乙女椿」
いつの間にか、シンボルツリー化しています。(笑)

左手に見えるビョンビョン伸びているバラは
グラハムトーマス(ジャックと豆の木状態・・・)








二枚目は反対側からパチリ。


下のほうに画面を横切っているのも
グラハムトーマス。
じつは、今年から乙女椿さんに、
グラハム君の支柱の役目も、
少しだけ担ってもらっています。(~_~;)








今年は気候の関係でしょうか?
去年のように、いっせいには咲いてくれません。

奥のほうに蕾が見えますね。







近づいてみると・・・
こんなピンクです。

その名の通り、乙女のイメージです。








丸弁が整っていて、
元気がすこぶる良い乙女なんですよ。

こちらも、ライラック同様、
今年は少し早めに樹形を整える剪定をしなければ・・・

年々、巨大化しているのです・(~_~;)







2008・4・13


今年は花数の少ない 椿☆ 乙女椿





(4月13日撮影)

椿、乙女椿が咲き始めたと思ったら
一気に開花!
ただ、今年は花数がめっきり少なく
寂しい思いをしています。




(4月13日撮影)


原因として考えられるのは、
昨年の夏に思いっきり剪定したこと。

既に花芽を持っていたのかも?
それを、思いっきり剪定したから?




(4月13日撮影)

二番目に考えられるのは、
今年は休憩の年なのかも・・ということ。

なぜなら、昨年はどんどん大きくなった樹形のままに
ものすご~く花をつけていたから。






(4月13日撮影)

花数はともかくとして
乙女は、何処までも乙女らしく・・・

可憐な花姿を見せています。





(4月13日撮影)


花数が少ない分、楽しむのも短期間となりそうですが
じっくり愛でて、来年に期待することに致します。








2009・4・16


椿・乙女椿 ☆ 今年はたくさん咲いてくれました!





(2009年4月12日撮影)


椿・乙女椿が例年よりやや早咲きで
たくさん咲いてくれました。





(2009年4月12日撮影)


昨年は一昨年の
剪定が悪かったからか、
花付き、いまひとつでしたが





(2009年4月12日撮影)

今年はご覧のように

いっぱい咲いています。





(2009年4月12日撮影)


樹形はコンナ具合・・
樹高2.5~3m位でしょうか。





(2009年4月12日撮影)


お花は良く見ると、
右見たり、左見たり・・・
それぞれに個性発揮?(*´艸`)
これは、リビング側から見たところ





(2009年4月12日撮影)


乙女椿、我が家ではお日様いっぱいの
一等地に陣取ってます。
今考えると、
この場所はバラさまの好きそうな場所ですが、
これだけどっしりと構えているので
どうしようもありません。
これは、道路側から見たところ・・・


大きな欅の古木なきあと、
我が家のシンボルツリーとなってます・・・








2010・4・14


乙女椿 ☆ 表情いろいろ





(2010年4月10日撮影)

我が家の椿で、
もっとも存在感のある椿、乙女椿。

ちょっと憂いを感じる表情の一輪。





(2010年4月10日撮影)

乙女の可愛らしさが前面に・・・

今年、最初の全開の一輪をパチリ。






(2010年4月10日撮影)

わたしは、上昇志向で前向きなタイプなの・・と
言っているかどうかはともかく、
コチラの表情も可愛いでしょ?


実は、昨年花数が多く、
とても見ごたえのある乙女椿さまだったのですが、
あまりに全体が大きくなりそうなので、
一回り 床屋さんしました。

近々、もっと咲きそろったら、
又ご紹介できるかもしれません。







2011・4・18


永遠の乙女・・・ 椿☆乙女椿





(2011年4月16日撮影)

今年も、我が庭の乙女たち!が
ご挨拶にお顔をみせてくれました。





(2011年4月16日撮影)

ハイ、乙女椿が
日の当たる側から
次々開花しています。




(2011年4月16日撮影)

誰が名づけたのか・・
椿の中でも、
乙女の名にピッタリの花姿です。






(2011年4月16日撮影)

我が家に移植してから既に23年、
当時でも、
既に20年以上の株と思われ

男性二人かがりでも
運んで植えるのが
とても大変だったことを思い出します。




(2011年4月16日撮影)


樹高は2・5~3m位
例年より、
花一輪一輪がやや小ぶりかな?と思いますが、
今年の花数は十分かと。

昨日は、花のエネルギーを感じながら
庭仕事に明け暮れましたが
一日、無心になれることが
あるって、いいものですね。







2011・4・27


今年はすごい、ほぼ満開を迎えた 椿 ☆ 乙女椿





(2011年4月24日撮影)

我が家の乙女椿が満開です。

写真は、西側からパチリ♪







(2011年4月24日撮影)

近づくとこんな感じで、
蕾もまだいっぱい!

ただ、初めに開花したものは
順次、黄色くなってくるので
このくらいが、ピークでしょうか。





(2011年4月24日撮影)

リビング側からの様子です。

ピエールドゥロンサールなどバラ数種を
絡めてあるパーゴラの向こうに
この椿が丸ごと楽しめるのが
薔薇シーズン前の
きらら♪の庭の楽しみです。

乙女椿の花つき、
今年は、とても多いように思います。
(昨年、強剪定しなかったからでしょうか)

皆さまのところでは、いかがですか?





2012.4.24

シャネルのカメリア(椿)? ☆ 乙女椿
 



(2012年4月21日撮影)

ピンクの乙女椿が
咲きだしました。




(2012年4月21日撮影)

丸いコロンとした形は
シャネルのカメリア(椿)の形だわ!と
発見!?してくれた生徒さんがいます。





(2012年4月21日撮影)

確かに乙女椿の完成されたフォルムは
他の追随をゆるさない
ゆるぎない形をしているかも・・・





(2012年4月21日撮影)


毎年、花つきにばらつきのある乙女椿、
寒く長かった冬を越して咲く今年の
乙女椿の花つきはあまり良くないようです。

因みに、昨年は花つきが良かったと
当ブログに記録が残っていました(*^-^)







2013.4.14


今年は当たり年の 椿 ☆ 乙女椿 その1





(2013年4月13日撮影)

一昨年はこぼれんばかりの花数、
昨年は、花付きイマイチ・・・

そして今年は
沢山の蕾が膨らんでいる椿「乙女椿」

学名 Camellia japonica であり、
日本原産の常緑樹。





(2013年4月13日撮影)


アチコチ咲き始めた花姿は
シャネルのカメリア(椿)まんまです。

生徒さまに、教えてもらって、
なるほど~~と思いました。

西洋の女性にとって
エキゾチックでもあり
憧れの花姿かもしれませんね。





(2013年4月13日撮影)


今年の我が家の乙女椿は当たり年。

どんどん大きくなるので
一年おきにチョキチョキ♪

そのせいで、一年おきに
花数にばらつきがでますが
大きくなりすぎ、かつ中が空洞になるので
仕方ありません。

近々、高さ2.5メーターの樹いっぱいに
ピンクの乙女椿が咲いた姿を
ご紹介する予定です。








2013.4.29


押しくらマンジュウ状態の乙女達 ☆椿・乙女椿 その2





(2013年4月13日撮影)

ピンクの千重(せんえ)咲きの・・・
椿、乙女椿
蕊が無く 花の中心まで花びらです。







(2013年4月24日撮影)


今年は当たり年!?って思うくらい
よく咲いています。

奥に見えるのが道路傍にある
2・5mの第二のパーゴラで、
グラハムトーマスが
絡んでいるのが見えますね。

また、
乙女椿の後の小路を進んで来ると、
薔薇ばっかり(*^-^)の
庭の中央に出ます。







(2013年4月24日撮影)


近づいてみると、
こんな具合に咲いていて・・・

咲いている椿はやがて散りますので、
掃いても、掃いても・・・

大変です(^m^ )







(2013年4月24日撮影)


そんな、こちらの気持ちを
知ってか知らずか・・・
ギュウギュウ詰めで
押し競マンジュウ状態。

といいつつ、ココまでビッチリ
咲いてくれると、うれしいですね。






(2013年4月20日撮影)


そして、花が終わる頃には
樹全体の剪定もしなければなりません。

中が空洞化していて
これ以上、大きく育っても困りますし・・・

ただ、早めに剪定しても
どうしても翌年は花数激減。

はてさて、どうしたものやら・・・


写真は、西側に回りこんで撮りました。
四方、何処から見てもこんもりと
♪ピンクのやま~は花ざかり♪






2014.4.29


ピンクの中のピンクの椿 ☆ 乙女椿





(2014年4月12日撮影)

ピンクの千重(せんえ)咲きの椿
その名も「乙女椿」
蕊が無く 花の中心まで花びらです。





(2014年4月12日撮影)

シャネルの
シンボルフラワーともいえるカメリア(椿)
そのシャネ・ルカメリアは
乙女椿の花姿にも、
そっくりさんだと思っています。






(2014年4月12日撮影)

艶やかな葉っぱが
いっぱいの乙女椿は
地植えにしていますが、
毎年大きくなって・・・

そして、葉っぱや花は
外側に付いているので
強剪定すると、
すっかり裸樹になってしまいそう。






(2014年4月19日撮影)

昨年は椿の花の山!と
思える花数でしたが
今年は、少なめで、
ちょっと寂しい花数でした。

果たして、今年の剪定は
いかがしたものか・・・?
悩むところです。






2015.3.30


名前も羨ましい椿 ☆ 乙女椿




(2015年3月28日撮影)

その名も「乙女椿」

わが家の永遠の乙女が、
今年も咲きました。




(2015年3月28日撮影)

シャネルのカメリア(椿)は
ちょうど、この形で
蕊が見えないコロンと可愛い椿です。

本所白(ほんじょじろ)という
同じ咲き方で白い椿が
シャネルのカメリアにより近いかも。





(2015年3月28日撮影)

可愛い乙女たちが
楽しくおしゃべりしているような

わが家の永遠の乙女は
樹高3メートル近く。

全体に咲き進んだ姿は
後日ご紹介の予定です。





2015.3.30


名前も羨ましい椿 ☆ 乙女椿 ~満開~




(2015年4月4日撮影)

ピンクの愛らしい花がいっぱいの椿「乙女椿」

寒の戻りの庭に
華やぎを添える椿です(*^-^)



(2015年4月4日撮影)

次第に開花が進み、
乙女達が、ニコニコ 
たわいもないおしゃべりをしながら
大勢、集っています。(*^-^)



(2015年4月4日撮影)

全員で、こんな感じに・・・大集合。

樹高、3~3.5メートル

とき4月、宝塚の娘役さんの入学式?!
はたまた、華やかなレビューでしょうか?




(2015年4月4日撮影)

今年は、昨年より
花付きが良いようですが
花後の剪定が大問題で、
切らないと大きくなりすぎ
切りすぎると、来年の開花が危ぶまれます。

年々大きくなる!乙女椿、
わたくしの行う、
素人剪定が至難の業なのです。






2016.4.19


30年経っても乙女色の椿 ☆ 乙女椿が咲いています(1)




(2016年3月31日撮影)

千重咲きと呼ぶ咲き方の
椿「乙女椿」

花弁の重なりが多く、
花芯に雄しべが
ほとんど見られない椿です。




(2016年3月31日撮影)


30年ほど前、ひょんなキッカケで
わが家に迎えたときに
既に樹齢20年位の庭木状態。
もう50~60ものになるでしょうか。




(2016年4月9日撮影)

その後、順調に成育して
丈夫だとの定評どおり
元気に育って、30年超・・・




(2016年4月9日撮影)

それなりのご年齢の
乙女椿さん。

それでも乙女な色で、
咲いています。




(2016年4月9日撮影)

先月末から咲きはじめ
現在はそろそろ散り際です・・・


次回は全体像をご紹介しますね。










2016.4.30


30年経っても乙女色の椿 ☆ 乙女椿、全体像




(2016年4月7日撮影)

千重咲きと呼ぶ咲き方の
椿「乙女椿」

花弁の重なりが多く、
花芯に雄しべが
ほとんど見られない椿です。





(2016年4月7日撮影)


お花は、今日現在、
ほとんど終りましたが、
先日に引き続き
咲いていた頃の姿をご紹介します。




(2016年4月9日撮影)

昨年、大きくなりすぎたと思って
強めに剪定したので、
花数は期待できない
今シーズンと思っていましたが・・・





(2016年4月9日撮影)

リビングから見る姿よりも
南面や西面のほうが、
花数も多く見えました。





(2016年4月9日撮影)

ドンドン大きくなるにつれ、
剪定時期や、
剪定の仕方が難しいですが
素人ガーデナーですから
コレだけ咲けば
良いことにしましょう(*^-^)




(2016年4月9日撮影)

リビングから見るとこんな感じ。

長寿な、乙女色の椿さん♪
今年も、
若さをキープしてくれてありがとう m(_ _)m

***************

昨日から、

長女一家(5人と1匹)が

横浜からやって来ていて
数日間滞在します。

時間が取れたら、

更新はできるかもしれませんが

皆様のところにお伺いすることは

ままならないかもしれません・・・

そのときは、よろしく♪

では、楽しいGWをお過ごし下さいませ。<(_ _)>









2017.4.11

いつまでも乙女だけれど今年はちょっと遅めの開花の椿・乙女椿





(2017年4月9日撮影)

乙女椿・・・我家には
30年位前にやってきました。
千重咲きと呼ぶ咲き方の
椿「乙女椿」

花弁の重なりが多く、
花芯に雄しべが
ほとんど見られない椿ですね。





(2017年4月9日撮影)

ある程度大きな株だったので
植えるのも大変でしたが、
ご覧のように、丈夫で長もち(*^-^)
毎年咲いています。

でも、何故か今年は少し開花が遅く
まだ、部分的にしか咲いていません。

昨年の今頃は既に満開の写真が
当ブログに載せています。
(ブログは園芸記録としても役立ちますね)



(2017年4月9日撮影)

大和なでしこ魂の乙女椿は
主張しすぎないけど、
芯はしっかり、
丈夫で長もちタイプなんですね。



(2017年4月9日撮影)

そして、モチロン
こんなに、可憐な乙女色・・・

次回は全体像をご紹介しますね。







2017.5.7

今年最後の御紹介となる満開のころの椿☆乙女椿、500万アクセスありがとう




(2017年4月22日撮影)

少し前の写真になりますが
千重咲きと呼ぶ咲き方の
椿「乙女椿」の全体像の御紹介です。
この名前は
蕊が無く、コロンとした丸さと
ピンク色の色具合が
乙女を思わせるからでしょうか・・・(^m^ )





(2017年4月22日撮影)

乙女椿・・・我家には
30年位前にやってきました。
その時点で、おそらく
20~30年以上は経っていたので
こちらの乙女は、
50~60歳以上だと思われます(*^-^)




(2017年4月16日撮影)

これは、
西側から見た全体像です。
素人剪定ながら
毎年、ちょこっとずつは
枝をつめているのですが
伸びる勢いのほうが断然強く
追いつきません。

花付きも
イマイチになってきたわ、と
思っていたのが少し前あたり。

今年の花付きを心配していましたが、
なんとかこの位咲いてくれました。

椿はスゴイですね!




(2017年4月22日撮影)

こちらは
リビング側から見たところです。
今年の我家の椿のご紹介は
今日の乙女椿が最後となります。

少し、しぶめの^^椿にお付き合い戴き
ありがとうございました。<(_ _)>


************


ところで、
当ブログはお陰様で、
皆様のご訪問と暖かいコメントに支えられ
500万アクセスに到達いたしました。
心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。
そして、これからもお立ち寄りくださいね。
心より、お待ちしています。<(_ _)>











2018.4.12


いつまでも乙女心のままに咲く☆樹齢?歳の乙女椿




(2018年3月31日撮影)

わが庭に30年位前からある「乙女椿」
その時既に、大きかった椿を
譲り受けて移植しました。
以前は私たちが住む前からあった欅が
一番大きく古かったのですが
今では我家で1・2の樹齢となりました。

なので、お年(樹齢)は不明ですが、
乙女心のまま咲く姿は^^かわいいですね。




(2018年3月31日撮影)

乙女椿は年数を経た分、
グングン成長していますが
家人と2人で、
昨年の花後も、かなり剪定しました。



(2018年4月8日撮影)

強めの剪定の常で、
今年はあまりお花がさきません。

どうしても、木の中のほうは空洞気味で
葉っぱも蕾もつかないですものね。

それでも、外側を
高枝バサミを振り回して(*^-^)
時には脚立に登って、頑張りました。





(2018年4月8日撮影)

それに応えてくれたのか?
この位は咲きました。

昨年ほどではありませんが・・・

花が終ったら、またもう少し剪定予定です。

ココ・シャネルの愛したという椿
乙女椿のような形の
椿だったのかもしれませんね。








2019.4.8


いつまでも乙女心のままに咲く☆樹齢?歳の乙女椿



(2019年3月24日撮影)

我が家に迎えてから
30年以上になる椿・乙女椿
その時でも、結構な大きさだったので
年かさの「乙女」ということになります。



(2019年3月24日撮影)

毎年、沢山お花をみせてくれ、
今年も蕾がいっぱいあったので
期待して、満開の一番きれいな時の姿を
ご紹介しようと、待っていたのですが・・・

どうも、このところの
順不同の寒暖の差で
花びらの先が赤茶けたのがおおく
きれいではありません。



(2019年3月24日撮影)

その中で、
きれいに開花した乙女椿を
ご紹介しますね。

お花は、
気候に左右されますが
今年のように、
早くに春のような日があって、
今頃になって、寒い日が続くという
異変は花びらを痛めてしまいますね。




にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
バラ以外でもクリック
よろしくお願いします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj




























































































http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.