花と実と魔女と

薔薇友の庭・・・ブライダルブーケ





2007・11・14


ウェディングブーケ製作 ☆ プリザーブドフラワーを使って






もう直ぐ結婚式を迎える方のご依頼を受け
カラードレス用ブーケを製作。

白ドレスの方はフレッシュで前日製作しますが
こちらはプリザご希望なので
早速作って、新婦様にお渡しいたしました。

コサージュのように見えるのは
新郎様のブートニア。
同じお花で作ります。









お色直し用のドレスが桜色ということで
淡いピンクのプリザーブドの紫陽花をベースに
濃淡の紫のバラでポイントとし
ラウンドスタイルブーケ(丸い形)としました。

ピンクのオーガンジーの上に
ブーケに使った白い布花を散らしたところが一工夫♪

新婦さんは何かと準備におわれ、
ブーケもあれこれ悩まれた様子でしたが

取りに見えた時、とっても喜んでくださったので、
先ずは、ホッ。

白のブーケは百合をメインに
ハーフキャスケードスタイルをご希望なので、
そちらも、喜んでいただけるよう、がんばりマッス(^.^)







2008・1・14


 トスブーケ ☆ 3月の花嫁が特訓中 







3月に挙式を迎える生徒さんが
当日のためにブーケ作りの試作にトライ。

今回は、トスブーケ作り・・・

トスブーケというのは、
挙式後花嫁のブーケを受け取った女性は
次の花嫁になるという西欧の慣わしによるもの。

実際、花嫁が高く飛ばすことができ、
それを見事キャッチできるよう、
コンパクトで軽めに、
挙式用とは別に用意します。









今回の花材は 
バラ、ホワイトレースフラワー、
エリンジウム(青い植物)レザーファン。

ラッピングは
銀色とピンクでくるむ様にしてあります。

レザーファンが
チョット長過ぎるかな?って気もしますが
可愛くできて、
ご本人も喜んでくれたので、良かった~♪

挙式用のブーケ(1つはプリザーブド)やブートニア、
ご両親への花束、
そしてトスブーケを花嫁が手作りする予定です。

幸せになってね、Kさん♪













2008・2・4


花嫁手作りトスブーケ ☆ 挙式用 







3月に花嫁になる生徒さんが
プリザーブドで
トスブーケを作ることになりました。

フレッシュもいいけれど
花嫁さんが手作りするには
時間的制約が・・・
ということで、
写真のプリザーブドフラワーのブーケを
先日のレッスンで作りました。

ご本人は、
写真を見ながら色々考えていらしたのですが
プリザだと花の種類や色にも少し制約があって・・・

挙式後に花嫁が投げたブーケを
見事キャッチした女性が
次の花嫁となるという言い伝えのトスブーケ、
そのためには、
フェザーでクッション性を持たせてはと思いつき
ご覧のように仕上がりました。


フェザー使いのデザインと
写真では隠れているけれど
キラキラビーズの
オーナメントをとても気に入ってくれ
挙式当日、
式場で用意してあるフレッシュブーケをトスに使い
こちらのプリザを
お色直し用のブーケに変更するかも・・・
と言ってくれました。


とても喜んでくれたので、花選びの甲斐があり
わたしも嬉しかったです。






2008・2・6


春のウエデイング ☆ プリザーブドフラワー・ブーケ






生徒さんのお友達のウエディングブーケ。

生け花をレッスンしている生徒さんが
初めて!作ったブーケです。

ご希望はピンクの飾りのついた白いドレス用に
ピンクのラウンド(半円球)ブーケをプリザでとのこと。

生徒さんは、なにせ初めての製作なのでドキドキだったよう・・・
「どうなるかと思ったけど、素敵にできてよかったぁ~」と
実感を込めて言っていました。

少し、お手伝いもしましたけれど、
生徒さんが丁寧に心を込めて作られたので
お友達もキット喜ばれることでしょう。

披露宴にも招かれているということなので、
そのときの様子も聞けるのが楽しみです。


花嫁さんのブーケを作るのって
幸せのお手伝いをさせていただけるので
こちらも、とっても嬉しいです。(^.^)

(写真の白い椅子、ブーケスタンドにピッタリで
なかなかいい感じです!
この椅子、最近のお気に入りグッズです)








2008・3・10


プリザのブライダルブーケ☆蝶をあしらって






もう直ぐ、結婚式を迎える生徒さんの
自作のブライダルブーケ。
白ドレス用で披露宴のとき持ちます。






オフホワイトのドレスに合わせて
プリザーブドの薔薇を白と、
ピンク色がかったクリーム色の2色使いとし
花も、大小に
ワイヤリングしながら作りこんであります。







花材は、薔薇の他、
プリザ加工の紫陽花やイモーテル
ソフトカスミ、そのほか
ビーズチェーンなども使ってあります。






そして、ポイントはグリーンの蝶。

花嫁になる生徒さんが
蝶ちょ好きという事もあって
グリーンの大ぶりの蝶と
材料屋さんで出会えたのもラッキー(^.^)

パーツを全部ワイヤリングして
フローラルテープでまとめるのが
一番大変だったかも・・・

ご苦労様、Kさん。
そして、一生懸命ブーケ作りをしたことも
結婚準備の
大切な思い出になって、良かったですね。



披露宴にお招きされているので、
こちらのブーケを持って更新する花嫁さんの姿が
いまから、楽しみww

そして、お幸せに・・・と心から祈っております。




*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。:*



今日フラワーデザインのイベントがあって
1~2日の間、
皆様のところには伺えないと思います。

週明けにはその後報告もできるかも・・・
そのときまで、失礼します。

(*- -)(*_ _)ペコリ






2008・3・4


春色のブーケ ☆ レッスン作品から







先週のレッスンから
「春色のブーケ」
ブーケホルダーと呼ばれる
給水スポンジをセットしたホルダーを使用しています。

給水スポンジが水分補給してくれるので
大分花の持ちが良いです。
(あ、そのうち、そのホルダーを写真でご紹介しますね)

スタイルは、キャスケード。
滝のような流れる形を意味します。

これくらいのボリュームだと、2次会のドレスにピッタリかも。
因みに、花材費は 1,700円。
( この価格は、中卸価格のスルーって感じです(^^ゞ )


花材:ピンクのデンファレ、薄紫のスイトピー、リューココリーネ、
細葉ルスカス、カスミソウ。



*なお、写真はデジカメを持っていくのを忘れたので携帯です。






2008・5・11


プリザブーケ ☆ 雑誌に掲載  
 




(5月7日撮影)


このブーケは、5月発売のベスト○ラワーに掲載されました。

「ブリブリのブーケでお願します」という
編集者の依頼で、「はいは~い」と言いながら
急に作ったブライダルブーケ。
ローズメリアの手法で
一輪の中に色のグラデーションを入れてます。


雑誌上では、一輪の中のグラデーションが
モット柔らかく写っていて、
優しい感じが良かったです。








雨の日気分で作りました~ ☆ アンティークタッチ・ブーケ 


2009年11月11日





(2009年11月11日撮影)

今日はアーティフィシャルフラワーでブーケ作り。
朝からの雨に、しっとり
アンティークタッチのブーケに仕上がりました。





(2009年11月11日撮影)


素材感は近づいてご覧になると
より感じていただけるかも・・・

布花と呼ぶのがふさわしい素材です。
オレンジ系のドレスや、
オフホワイトのフレンチレースっぽいドレスに
「大人なブーケ」として
お持ちいただきたいブーケに仕上がりました。





(2009年11月11日撮影)


ブーケにはお約束の、ブートニア。
新郎様の胸元を飾ります。





(2009年11月11日撮影)

ご覧のように、
花嫁様の手元を優しくリボンで包み込むよう
配慮いたしました。

挙式のあとは
インテリアブーケとして
何時までもお楽しみいただけるのも
お勧めのポイントです。

もちろん、最初から
インテリアブーケとして
お使いいただけますよ。

プレゼントや
ご自宅用にいかがでしょう・・・?

ご質問はメッセからどうぞ。






2010.2.7

グリーンの ☆ リース・ブーケ





(2010年2月7日撮影)


白っぽい色ドレスに
グリーンのリースブーケはいかがでしょう?

アーティフィシャルフラワーで作りましたが
きっと会場では
新婦様を引き立てるのではないかと・・・





(2010年2月7日撮影)

近づいてご覧になってみてくださいませ、
かなり良い感じのお色味ですよね!

アーティフィシャル(造花)とはいえ
なかなかの雰囲気を出してくれています。





(2010年2月7日撮影)


新郎さまのブートニア(胸に飾る花)も
共のリボンを使いました。

このところのご時勢、
ウエディング関連のご予算も、
かなりシビアなようですが
ワタクシも及ばずながら
カップル応援プライスで
ご奉仕させていただいております。(^^)

(ウエディングドレス・ショップに納品します。)

サイズ:直径28センチ 厚み8センチ






2010.2.7

和装の花嫁のための ☆ ボール・ブーケ





(2010年2月7日撮影)

最近、和装の花嫁様が多くなったようにおもいます!

白無垢、打ちかけ、黒引きと装いは様々ですが
いまどきは、文金高島田ではなく

洋髪!(お花を飾ったヘアデザインが特に人気)
そしてブーケをお持ちになります。





(2010年2月7日撮影)

いままでも、ご依頼を受けて幾つか製作していますが
今回は、ピンク系の赤いお色味の
お着物をイメージして
アーテフィシャルフラワー(造花)で作ってみました。

もち手も組みひも風コードリボンを使用。
時には帯締めを使うこともあります。

サイズ:直径 18センチ

和装用ブーケ、
近々、扇子を使ってアレンジしてみようと思います。







2010.2.23

ふんわり ☆ ベビーピンク・カラーのブーケ





(2010年2月7日撮影)

ふわふわの羽を縁取りに
ベビーピンクのお花を使って
丸いブーケ(ラウンドブーケ)を作りました。





(2010年2月7日撮影)

優しく、ふんわりした印象の花嫁様をイメージ♪

お召し物はエレガントに、
かつ、ほっそりと絞り込んだAライン・・・のドレスにぴったりかも。

「扱いが楽なように、アーティフィシャル(造花)で」と
ご依頼をいただいて
こちらも、お世話になっている
ウエデイングドレス・サロンに納品です。

そして、そして・・・
カップル応援プライスが
もう一つの大事なポイントです(^^)


サイズ:直径20センチ









2010.2.7

清楚に ☆ 白バラのブーケ





(2010年2月7日撮影)

白いウエディングドレスにお持ちいただく
ミニキャスケードブーケ。
アーテフィシャルフラワー(造花)で作りました。

実際に持つと
白いムスカリが流れを作り
ふわっとしたドレスにも
タイトなドレスにもマッチします。




(2010年2月7日撮影)

白いお花に若草色がフレッシュな印象を添え
白いドレスに持たれたときも
適度なアクセントになってくれると思います。

こちらのブーケも
ブライダルサロンにお届け予定の商品ですが
花嫁様の幸せのお手伝いができたら嬉しいです。

サイズ:幅 18センチ 長さ40センチ









2010・3・4

ピンクのマーガレットと白バラ ☆ 可憐なブーケ





(2010年2月7日撮影)

可憐な花嫁様をイメージしてお作りしました。

これからのシーズン、
ガーデンウエディングをコンセプトに
披露宴をなさるカップルもいらっしゃいますよね。

そんな方に、ナチュラル!可愛い!と思っていただけたら・・・






(2010年2月7日撮影)

オーガンジーのリボンで
花嫁様の手元をそっと包み
エレガントさも忘れずに・・・

濃い目のピンクや、水色の
お色直しドレスにいかがでしょうか。

サイズ:直径20センチ









2010・3・9

チャーミングな☆ハンドバックブーケ




(2010年2月7日撮影)

紫を効かせた
チャーミングなハンドバックブーケ。
比較的コンパクトな分、
お色味でアクセントを!

ふわふわのバック生地もポイントです。






(2010年2月7日撮影)

もち手はパール、
つがいの「蝶」も
新郎様と新婦様をお祝いして。

アーテフィシャル(造花)も
かなり本物ちっくな造りでしょう?

前撮りや、記念に長く飾られるにも、
アーテフィシャルなら気遣いいらず、
お値段的にも◎なところも優れものです


サイズ:H 23センチ 花のトップまでは19センチ
    W 25センチ  D 14センチ






2010.10.30

和装の花嫁さまのブーケ


IMG_0171.jpg

おばんでございます。

昨日の台風で、
皆さまのところは被害ありませんでしたか?
自然災害は、なんとも避けようがないですが
どうか、何事もなく通り過ぎてほしいと
祈るしかありませんね。

写真はいけばなクラスの生徒さんの結婚式に
ご依頼をいただいて作った和装用のブーケ。

黒引きにお持ちになるということで
アーティフィシャルで
作らせていただきました。

和装2.jpg

お写真を拝見して
すごく似合っていて
ご本人にも喜んで頂けたので、よかったです。

12月に挙式を迎えられる生徒さんにも
ご依頼を受けており、
明日ドレスのお写真をお持ちになります。

当日、お招きもいただいているので、
ご希望にかなうブーケを作らせて頂こうと
今から、気が引き締まる想いです。

お幸せのお手伝いが出来るブーケ作り、
お任せいただけることも、Wの幸せです。




2010・11・5


「妖精」の様なドレス着る花嫁さんが持つ ☆ ブーケ 





(2010年11月3日撮影)

いけばなクラスに大学3年のときから
休まず通ってくれている生徒さまの
ブライダルブーケ。

水色の透け感のある
お色直し用ドレスに
ぴったりなものを!と
オーダーいただいき製作しました。

Mさん、おめでとうございます、そして
ご依頼ありがとうございます。






(2010年11月3日撮影)

お写真を拝見しての印象は
まさに、妖精のドレス!

エアーを含んだフワフワ感を大切に、
水色のドレスが光を受けたときの
ビミョウな色の変化も大切に
写真のようなブーケをご提案。

当スクールオリジナルのオーガンジーを
アーテフィシャルのお花に重ね
より、フワフワに~





(2010年11月3日撮影)

きらら♪の提案で隠し味に使っている
フェザー(白とグリーン)も
花嫁様に喜んでいただけました。

入念な打ち合わせどおりに出来たかと
思っています。




(2010年11月3日撮影)

こちらは、美容師さんからご指定の本数をそろえた
ヘッドドレス(髪飾り)のフラワーパーツ。
Uピンで装い易く加工してあります。




(2010年11月3日撮影)

そして、忘れてはいけない
新郎様のブートニア。

シルバーのタキシードにお色直しなさるそうなので
ぴったりかも!

以上、アーティフィシャル(造花)の
ブーケのご紹介をさせて頂きましたが、
フェイクでの表現の可能性を
もっと、もっと、追求してみたいと
感じさせていただきました。



ご依頼いただいた花嫁様にも
写真ではお気に召していただけたようですが、
お渡しする日まで・・・
そして挙式当日まで、ドキドキなきらら♪です。

(挙式と披露宴にもお招きいただいており
祝辞!の大役も!ダブルにドキドキ(*^-^)・・・)









2010.12.18



幸せな二人とブライダルブーケ


P1080327.jpg



今日は大学3年のときからいけばなを学ばれて
師範も取得なさっている
生徒さんの結婚式&披露宴に
お招きをいただき出席してきました。

ご本人のご了解を頂いているので
UPしますね!

ホテル内のチャペルで厳かな結婚式・・・
久しぶりで賛美歌もうたいました~♪



P1080337.jpg



披露宴会場での高砂席。

オリエンタルリリーや、シンビジウムなど
お花いっぱいで華やか!
クリスタルな感じのセッティングもおしゃれ~




P1080354.jpg



お色直し後の新郎新婦。
とても幸せそうなお二人をみているだけで
こちらも、幸せいっぱいな気持ちになります。








そして、新婦が持っていたブーケ。
水色のドレスということで、
お花選びとお作りするのをお手伝いしました。

ぴったりだったので、ホっ。




wb4.jpg



へアドレスは、ブーケとお揃いでご用意したパーツを
美容師さんが飾ってくださいました。




P1080361.jpg



お見送りくださる新郎新婦。

ココまでのご準備、お仕事もお忙しく
大変だったことでしょうけれど、
心温まるステキな披露宴にお招き下さって
ありがとうございました。

末永いお幸せをお祈りしております。

☆実は、新婦側の祝辞のご指名を受けていて
ドキドキでしたが、なんとか無事大役を終えて
ホッとしました~(*^-^)

Mさん、お幸せに~~






2011・9・14


サムシングブルーをプラス ☆ ブライダルブーケ





(2011年8月撮影)


縁あって、
花嫁様手づくりブライダルブーケの
お手伝いをさせていただきました。

お花は全く初めてということでしたが
ウエディングドレスに持つ
白のブーケということで
プリザーブドフラワーか
アーティフィシャルフラワー(造花)で
ご検討とのこと。

長く、記念に飾っておきたいとのことでしたので
アーティフィシャルフラワーをお奨めし
お母様と一緒に、仲良く作りにこられました。








(2011年8月撮影)

ご用意した花材は
白のお花を基調に、
幸せを運んでくれるという
サムシングブルーの小花。

スレンダーで清楚な花嫁様に
ピッタリのブーケが完成。

お母様も、一緒にブーケと
へアドレスをを手づくりできて
本当によかったと、
何度も何度もおっしゃっていたのが
印象的でした。

おやさしいお母様と
お母様似のお嬢様に 
永久の幸あれと
心からお祈り申し上げます。







2011・9・27


大震災を乗り越えてゴールイン ☆ ブライダルブーケ





(2011年9月22日撮影)

プリザのブライダルブーケのご依頼を頂き
製作させていただきました。

白のウエディングドレスにお持ちになります。






(2011年9月22日撮影)

実は、花嫁様の嫁ぎ先は
3月11日に東日本大震災で
家も会社(海産物加工)も
津波で一瞬のうちに流されてしまいました。

新郎様とは1週間連絡が途絶え
友達つながりのツイッターで、
消息が判明した翌日やっと携帯がつながったそう・・・




(2011年9月22日撮影)

新郎のおじい様が創業者、
鮭の養殖場や3つの大型冷凍庫も
津波にのまれるなか、

新郎様は、ゴーっという津波の音を背に
高台まで走って逃げた
2時間の記憶が全く無いといいます。

「会社も、家も、車も・・・
何も無いこんなオレでいいの?」という
プロポーズに、一緒に生きていこうと
二人で誓っての挙式。





(新郎のブートニア・2011年9月22日撮影)

こんなときだから、結婚式はあきらめていたそうですが
ご親族が、励みになるからと
この秋、挙式を迎えるお二人は、
なんと、お付き合い期間16年だそう・・・

6年前に、ご病気でなくなられた
新婦のお母様も 空の上から
お星様となって、若いお二人を見守って下さっています。

新郎さまのご無事も、
天国のお母様の見守りの中にあったことは
言うまでもありませんね。








2011・10・9


大震災を乗り越えてゴールイン(その2) ☆ ブライダルブーケと花冠





(2011年9月22日撮影)

先日ご紹介した
大震災を乗り越え ゴールインなさった
花嫁様からオーダーいただいた、
プリザーブドフラワーのブライダルブーケ。

被災地へと嫁がれる、
花嫁さまのお話は★こちら






(2011年9月22日撮影)

上のウエディングブーケにあわせ
「花冠」をぜひにとのご希望から
同じく、プリザでご用意させていただきました。

白打掛のあと、お色直しにお召しになる
白いウエデイングドレスの
ヘア飾りとしての 花冠。

色味を少し加え
可愛い感じで、ご覧のようなデザインに。







(2011年9月22日撮影)


花器に乗っけてパチリ。

披露宴は10月8日(土)
お二人を祝福する晴天に恵まれ、

素晴らしいお式だったと
お察ししています。

まだまだ、被災地は爪あと深く
なにかと大変なこともあるかと思いますが

これからは、上向きに良いことばかりのはず、
どうぞ、末永くお幸せに・・・





2013.9.19


親子で作るウエディングブーケ ☆ 1Day レッスン・リポ





(2013年9月18日撮影)


昨日のレッスンは、
次女様のご結婚のブーケを
お母様とご長女で手作りしたいという
リクエストレッスン。

プリザをご希望だったので
先日東京の資材屋さんでお花をご用意しました。

(赤坂草月会館に行く前に
四谷3丁目の資材屋さんに行くのが定番コース)

写真のように、一生懸命作ってくださいました。






(2013年9月18日撮影)

仕上がったのが、こちら。

お式が間近で、
急なご依頼だったのですが
熱心に取り組んで下さったので、
ご希望のブーケに仕上がりました。

右下は、新郎様の胸元を飾る
『ブートニア』







(2013年9月18日撮影)

手元はパールのアシストを使って
さりげなくオシャレ度UP↑ (*^-^)

所要時間、お二人で3時間弱。

「白にグリーンを入れて」との
ご希望の色合いに仕上がってので
きっとご満足いくことと思います。

新郎新婦に幸あれ!と
心からお祈り申しあげます。








2013.10.1


何時までも記念に~ ☆ アーティフィシャル・ブーケ





(2013年8月27日撮影)


アーティフィシャルブーケの
オーダーレッスンの生徒さま作品。

アーティフィシャル(造花)ですので
前もって、ご自身で用意でき
例えば遠方の挙式など
長距離の移動も安心です。








(2013年8月27日撮影)


そのうえ、長~く、楽しめますので
新居のインテリアブーケにも!


こちらを製作された新婦さまは、
ウエディング(屋外?)の
写真撮影のために
ご自身で作られました。








(2013年8月27日撮影)


新郎様のブートニアも
丁寧に作られ・・・

大切な記念の1ページの
お手伝いさせていただき光栄です。

永久のお幸せを
お祈りいたしております。









2014.1.8


初めてのブーケレッスン ☆ アーティフィシャル・ブーケ





(2013年12月28日撮影)

写真のブーケは年末に入会なさって
4月のご子息の結婚式のブーケを
手づくりする生徒さまの
初めてのブーケレッスン♪

つまり、本番前の
ウオーミングアップブーケ。







(2013年12月28日撮影)


本番ではもっと、ゴージャスな
ミニ・キャスケード(滝のような)
ブーケをご希望です。

ご身長が
170センチ代の花嫁様だそうで
本番用には、
少し大ぶりのブーケをご希望です。

他に色ドレス用と
ブートニア(新郎のコサージュ)、
トスブーケ(次の花嫁候補にバトンするブーケ)も
お作りになる予定ブーケ1

とても、器用なお母様なので、
その日の、仕上がりが楽しみ・・・

新年には、花嫁様の笑顔に似合う
ステキなブーケを
ご提案したいなと思っています。





2014.1.20


和装用ブーケ&髪飾り





(2014年1月19日撮影)

和装の花嫁様も最近は、洋髪、
そしてブーケを
もたれることが多くなりました。

そんな中、ご依頼いただいて
製作したボールブーケです。







(2014年1月19日撮影)


赤と白、黒、金色を使った
おめでたい柄の
打ち掛けをお召しになるので
色合いを合わせてみました。

そして、おめでたい感じがでるように・・
なるべく、丸く仕上がるように・・・








(2014年1月19日撮影)

コチラは、
洋髪用のヘアアクセサリーパーツ。
写真を撮るのに、まとめて置きましたが
実際は、一輪一葉にUピンを付け
ヘアスタイルになじむようにしてあります。

ネットでブログから
以前製作したボールブーケにヒットし
当方まで、メールでご依頼いただいた
ボールブーケです。

お気に召していただけると、嬉しいのですが・・・







2014.3.21

新郎のお母様が手づくり ☆ ブライダルブーケ 






(2014年2月22日撮影)

新郎のお母様が
お嫁ちゃんのリクエストで
豪華な百合のキャスケードブーケを作りました。

お嫁様の背がお高いので
長めに!ゴージャスに!とのご希望。

器用なお母様なので
初心者ながら、ご覧の仕上がり♪です。







(2014年3月8日撮影)

そして、こちらはピンクのお色直しドレスに
持つ、ラウンドブーケ。


手にしているのは製作者の
新郎のお母様。

スタイルが良く、お若いので
ご本人かと思うでしょ(*^-^)







(2014年3月8日撮影)

ご子息の新郎様も大柄なので
ブートニアも大きめ。

個性的でステキなドレスなので
こちらはラウンドスタイルのブーケにしました。

どちらも、ご家族の皆様に
たいそう喜んでもらえたそうで
一生懸命作られた甲斐がありました。

そして、このほかにも
和装用のボールブーケとヘアドレス(髪飾り)の
大きなお花を製作。

ご紹介は後日・・・お楽しみに。
















































2005・6・



憧れのお庭「JUNKO's GARDEN」訪問







かねてより憧れていた楽天のお仲間のJUNKOさんのお庭に訪問させていただきました。
こちらの写真一枚で「あ!JUNKOさんのお庭」と
わかっていただける方も多いと思います。

N○K趣味の園芸別冊で紹介してあるとおりの
素晴らしいお庭。
左手前がニュードーン、
真ん中ボニー、奥がスパニッシュ・ビューティの
アーチ連なる薔薇満開のお庭。
お庭がもっとも素敵に見える
「フォーカルポイントのひとつ」からの一枚です。









750坪の敷地に、
とても素敵な外壁のお家
(素敵なのは外壁だけではありませんが・・・)と
広大なお庭、そしてそれに続く畑・・・

老鶏小屋と、ひよこ小屋、この冬新設の温室も含め
Jさんの日記でおなじみになった風景を実際に目にして
改めて、広さとそのナチュラル感、
薔薇をはじめ植物達が
のびのびと育っているのが深く実感できました。

赤い薔薇がドクターヒューイ、右がヘリテージ。










お庭には井戸を掘ってあり、
その豊富な井戸水が、
こんこんと沸きいずるように流れている水場。
大きな薬缶も、Jさんの骨董好きを反映する
コレクションの一つなのでしょう。









「アルシデック・ジョセフ」
どの花も、土壌を豊かにし、無農薬で育てているせいか
とてもつやつやとした葉の茂る、健康そのものの薔薇たちです。

この花たちの為に費やされた、
JUNKOさん一人きりでの寒い冬のお手入れに
思いをいたしながら、拝見いたしました。









イングリッシュローズの台木(3本)を咲かせてみたという
野いばらの花も満開!

こんなに沢山咲いて、いかに土壌を豊かにしているかが
お分かりいただけると思います。





こうやって、初夏の日差しまばゆい日に
広大なお庭を訪問させていただき、
その魅力を堪能させていただきました。

それにもまして想像通りの、
JUNKOさんの知性豊かで
さっぱりとしたお人柄に触れることが出来、
改めて、楽天を通しての出会いに心から感謝の一日でした。


これからもどうぞよろしく、そしてありがとうJUNKOさん。
また、何時の日か伺わせてくださいね (*^_^*)














2005・6・



薔薇の講習会☆マリーANKOさんと仲間達







一昨日、楽天バラ友の「マリーANKO」さんのお誘いを受けて
某バラ園の元園長先生の「バラ講習会」に参加。




熱心なバラ仲間が15名ほど・・・
その日は、わたしもそのお仲間に入れてもらい、
バラの育て方(特に6~7月の手入れ)を教えていただきました。



なんといっても、バラは病気にさせない、虫をつけない・・・が肝心。
そのためには・・・のいろいろなレクチャーを頂き
とても有意義な一日でした。





ANKOさんのお庭も、200種のバラを愛情込めて育てていて、
私にとって初めて出会う品種も沢山あり
お花に吸い寄せられるように、お庭を探訪(^.^)




上の写真はマリーANKOさんの前庭に輝くように咲いていた
四季咲きのチャイナローズ「ソフィーズ パーペチュアル」



白の小花はセラスチウム。
どんどん増えるそうで、わたしも今度見つけたら育ててみますね。










そのほかに、マリーANKOさんのバラ仲間のお庭を見せていただき、
その豊かな種類と手をかけて育てていらっしゃるのには、二度びっくり。
なにせ、お一人は200種、もう一方は350種です、バラだけで!!
その他にクレマなども大きく育てていらっしゃいます。



バラを育てているお庭と一口に言っても
それぞれ、個性が現れるのだわ~と強く思いました。
そしてそれだからこそ、バラは楽しいし、
それぞれでいいのだわ!って改めて確信。





先日のとても素晴らしいJUNKOさんはじめ、
今回はとても素敵なマリーANKOさんとその仲間達・・・・・
楽天を通じて、嬉しい出会い!オフ会もまた楽し!です。
マリーANKOさん、本当にありがとう m(_ _"m)ペコ





お蔭様で、楽天の日記を長く続けてよかった!って思う6月となりました。
















2009・6・8


空気も美味しい ☆ バラ友の庭 





(2009年6月4日撮影)


バラシーズンは友人のお庭にお邪魔して
さまざまなスタイルのお庭を楽しませてもらう
幸せなシーズンでもあります。

写真のお庭は
先日お邪魔したMさんのお住まいとお庭の“一部”

弟さんが1級設計士さんだけあって、
オリジナル設計のとても素敵なお住まい・・・

ご主人のご希望で1F室内は半円形!
廊下無しで180度、どのお部屋からもお庭が楽しめる
こだわりの設計です。

つまり施主さんも設計士さんも
抜群のセンス!のコラボ作品がこのお住まい。






(2009年6月4日撮影)

そして、ご夫妻の丹精こめた
お庭のバラたち・・・

4~5年でハイブリットを中心に
60~70種のバラを植えられました。

その中には我が家から嫁入りした子も
4~5人?!居ます。(*^-^)





(2009年6月4日撮影)

こちらのバラさんたちは
お家やメインの植栽とのバランスを大切になさって
背丈を抑えていらっしゃいます。

剪定は奥様が担当とのこと。
思い切りよく剪定するのは
奥様の得意分野なのかしら・・・?(笑)



 
(2009年6月4日撮影)

じつは 奥様(友人)は織りの作家さん♪

販売はほとんどなさいませんが・・・
この日は絹糸で着尺(きじゃく=反物)がかけられていました。

一時間にほんの数センチ(約6センチ!とか)
センスと根気共に求められる機織・・・

数々の入選実績をおもちです。





(2009年6月4日撮影)

細やかで根気の要る機織の合間に
眼を休めるのは
お庭の木々・・・

緑織り成す空間が広がるお庭は
回廊庭園のように作ってあり
ドラマ性を感じる作りです。

写真は、ぶなの樹。





(2009年6月4日撮影)


そして、こちらのお宅には
6本の山ぼうしの樹が植栽されており
ちょうど、見ごろ(*^-^)

その中の一本、
まるで雪をかぶったようにお花を一杯つけた枝が
伸びやかに手を広げて立っています。
樹高、5メートルぐらいかしら・・・

左奥に写っているのは
日除け付の二人乗りブランコ!
ラブリーでしょう~?

ほかにも、異なる種類の山ぼうしや
サラサドウダンなど、
木々の緑が作る美味しい空気も
ご馳走になって(手作りランチも美味しかったです)
胃も!心も!大満足な一日を過ごさせていただきました。


芽吹きや紅葉・・季節を変えて、
また拝見させてくださいね。
Mさんありがとうございました。




























Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.