花と実と魔女と

15・16・17・18・19花





2015.9.18

紫色が似合う ☆ キキョウ




(2015年9月2日撮影)

8月から、
庭で静かにさいていたキキョウ。

紫と白い花が咲いていましたが、
やっぱり、紫が似合うような気がして・・・
たった一輪にも、秋を感じます。





(2015年9月2日撮影)

よく見ると、
花びらがくっついていて
5角形の角を
ちょっと引っ張ったふうな姿も
キュートです。
つぼみは花びらが
くっついているところから
"balloon flower" という
英名をもっています。
  




(2015年9月2日撮影)

横顔も美人です。

キキョウは「桔梗」と書き
日本全土に咲く多年草。
古典的な雰囲気も情緒を感じます。





2015.10.4

秋の名月にぴったりの ☆ 白桔梗




(2015年9月19日撮影)

“白花”大好きな方も
多いかと思いますが
わたしもその中のひとり。

白百合(カソリックでは
聖母マリア様の清らかさの象徴)
白バラ、白菊など、
何故か特別なイメージがあります。

清楚で尊い印象からでしょうか・・・




(2015年9月19日撮影)

写真の白いキキョウ。
過日ご紹介した紫色の
隣に植えてあります。

秋の異称「白秋」にぴったりな
季節感のあるお花かと思います。





(2015年9月19日撮影)

9月27~28日中秋の名月
スーパームーンと、
名月鑑賞を楽しまれた方も多いかと。

今日の白いキキョウも
ススキや女郎花(オミナエシ)に並んで
名月に似合うお花のひとつかと思いますが
いかがでしょう?

月明かりの下で見てみたかったかな(*^-^)







2015.9.29

虫の音を聴きながら☆中秋の名月&スーパームーン 




(2015年9月27日撮影)

9月27日は中秋の名月満月(十五夜)

きらら♪地方でも
すっきり晴れ渡った秋の夜空に浮かぶ
満月が綺麗に見えました。

早速パチリカメラ






(2015年9月28日撮影)


そして、昨日28日は
今年一番大きな月を
見ることができるスーパームーン。

ことし一番、地球と月が近づき
ことし一番、大きく輝くお月様。

虫の音を聴きながら、
庭先でゆっくり楽しみました。

満月月見というのも、
いいものですね~~シミジミ

月見おだんごつきみだんご、用意しなかったのは不覚・・・
まあるく黄色いプリンを
買ってきてしまったワ(^m^ )

皆様は、満月スーパームーン
楽しまれましたか?

写真は前夜と同じで
大きさの違いは判りませんが(笑)
一応、改めて昨夜撮った
正真正銘 2015スーパームーンです(^^)v






2015.10.20

一昨年から植えっぱなしだった☆ダリア 




(2015年10月17日撮影)

真っ白なダリアが
夏の終わりから
ず~~っと咲き続けています。



(2015年10月17日撮影)

一昨年春に球根を植えて
三種類位咲きましたが、
あえて、球根を掘り出さず
そのままに・・・




(2015年10月17日撮影)

そしたら、この真っ白な子だけ
今年も見事に育ち
(芽かきの仕方が分からない・・・)
ポツポツなら、長いこと咲き続けています。

白花好きのワタクシですが
ダリアもやっぱり白が良いかも。(*^-^)v

果たして、植えっぱなし作戦、
来年はどうなりますやら・・・





2016.1.18


見事に咲いた☆デンドロビューム・リセ




(2016年1月11日撮影)

昨年今頃、
花のおわりにバーゲンだった
デンドロビューム「リセ」を
求めました。





(2016年1月11日撮影)

花色が優しい雰囲気で
好きだったのと、
デンドロはワタシが唯一?
育てることが出来る蘭なので
迷わずお迎えしました。




(2016年1月11日撮影)

夏は外で太陽を浴び
特別のお世話することもなく
嬉しいことに、沢山咲きました。





(2016年1月11日撮影)

でも、こんなに咲くなんて
予想以上の開花です。

今年の年賀状に
「(みなさまに)沢山の幸せの花が
咲きますように・・・」
と、書いたのですが、
こちらのリセに限って言えば
年始早々、願いが叶いました。

今年の運を
使いきってはいないと思いたいので
次なる「花」の開花に
期待したいものです(*^-^)







2016.4.17


小柄ながら鮮やかな花 ☆ 西洋カタクリ(キバナカタクリ)




(2016年4月16日撮影)

7~8年前に苗でもとめて
地植えにしている

北アメリカ原産の黄色のカタクリ
Erythronium "Pagoda"
西洋カタクリの一種で
通常、キバナカタクリと呼ばれています。




(2016年4月16日撮影)

今年も葉の間から
シューっと伸びた茎の先に
黄色いお花が可憐に咲いています。




(2016年4月16日撮影)

手間いらずの多年草や、球根は
嬉しいですね。

なんにもせずに、
こうして花が楽しめますからね。




(2016年4月16日撮影)

大きな乙女椿の
足元に植えてあるので、
この時期一足先に
満開だった乙女椿が
あたり一面
ピンクの絨毯を(^m^ )作っています。

ちょっと、
見苦しいですが、あしからず。<(_ _)>







2016.4.26

黒に近い紫の、小さな森を愛する小花☆ネモフィラ・ペニーブラック




(2016年4月23日撮影)

10年近く前に、園芸店で
大人可愛い!とひとめぼれ、

数株のポット苗を購入。



(2016年4月23日撮影)

それ以来、時々消えそうになりながらも
一年草のネモフィラちゃんは
こぼれダネから、
毎年お顔をみせてくれます。

庭の所々に、
まとまって咲くのも嬉しい・・・(*^-^)♪



(2016年4月21日撮影)

属名の Nemophila は
ギリシャ語の
nemos(小さな森)+ phileo(愛する)
だそうで、お名前も素敵!

そして、こちらは
ペニーブラックというお名前。




(2016年4月23日撮影)

花径は2~3センチ
黒に近い紫に、白い縁取りが印象的で
大人チックな可愛さが魅力です。

切れ込みの深い
小さな葉も特徴的なので
この子だけは春先の草引きでも
抜いてしまわないように気をつけています。






2016.4.28

生命力旺盛な☆青紫色のスミレ(ニオイスミレかも?)




(2016年4月16日撮影)

年々増えて
今年は庭中?と思えるほど
こちらの青紫色のスミレが元気です。




(2016年4月16日撮影)

ロイヤルブルーの花色は、魅力的・・・




(2016年4月16日撮影)

スミレも
色んな種類があるようですが、
この子の名前は???

どなたか、ご存知でしたら
お教え下さると嬉しいです。

(匂い菫(ニオイスミレ)と
いうのかもしれませんが?)




にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですが
バラ以外でもクリック
よろしくお願いします。


http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj






2016.5.2

鮮やかな黄色い花を咲かせている☆ラミウム・ガレオブドロン(キバナオドリコソウ)




(2016年4月23日撮影)

薔薇、シュネーケ-ニギンの足元に
ひっそりと、
いえ、鮮やかな黄色い花を
咲かせている「ラミウム」





(2016年4月23日撮影)


黄色の花を咲かせる
ラミウム・ガレオブドロン(L.galeobdolon)
ラミウムの代表的な一種で
グラウンドカバーなどに利用されていますね。

この子は、葉に明瞭な銀白色の斑が入る
美しい園芸品種
ハーマンズ・プライドだと思っています。




(2016年4月23日撮影)

花を良く見ると、蘭の花に似て
リップと呼ぶ部分に、
良く似た形があります。

黄色いからオンシジウムを思わせますね。




(2016年4月27日撮影)

それに下向きの瞼のようにもみえませんか?
縁にはフサフサのまつ毛もあるし(*^-^)

と、いろいろ妄想を抱かせるラミウムは
2012年の冬に、
ブログ仲間のHさんから送っていただき、
13年には咲いたのに14~15年は見当たらず(T.T)
(薔薇に肥料をやる時、
掘り返してどこかにやってしまい)
今年ようやくお目見え、
嬉しい再開のラミウムです。


*************

横浜から孫3人と猫1匹の長女一家が
遊びに来ているので
皆様のところに、なかなか伺えずにおります。

落ち着きましたら、伺わせていただくのを
楽しみにしておりますね。





にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですが
バラ以外でもクリック
よろしくお願いします。


http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj





2016.5.6

G.W.☆孫達とたけのこ掘り




(2016年5月3日撮影)

ニョキッ!!が 
嬉しいたけのこ掘り。



(2016年5月3日撮影)

連休に横浜から遊びに来ていた
孫達と、わが家から車で15~20分ほどの
夫の実家へたけのこ掘りに・・・。

小6になった長男君は
今回3年目の筍掘り、
大分板についてきました。




(2016年5月3日撮影)

小4の次男君も
三角頭をツンと出した筍発見!





(2016年5月3日撮影)

ちょっと伸びすぎかな?
でも、収穫の喜びは
サイズに比例して大きいようです。




(2016年5月3日撮影)

末っ子長女は、年長さん♪

掘ってもらった筍を持ってハイポーズ。

赤ちゃんのころから、
カメラ目線でニッコリ(*^-^)がお得意です。

それぞれに、楽しい体験が出来て
ひいおじいちゃん(夫の父)に感謝ですね。

長女の家ではゆがいてから、
バター醬油味でソテーしたそう。
なかなか美味しそうでした。








2016.8.3


今年も咲いてくれた☆白いキキョウ




(2016年7月18日撮影)

豪雨や雷雨が全国いろんな所で
暴れまくっているようですね。

皆様のところはいかがですか?
どうぞ、お気をつけて
おすごしくださいませ。

写真は今年も咲いてくれた
白い桔梗(キキョウ)




(2016年7月18日撮影)

桔梗の5枚の花びらは、
よく見るとつながっているのですよね。

一枚の花びらがドーム状で
真ん中の蕊がポチッとアクセントに。




(2016年7月18日撮影)

横顔も、こんな感じで・・・



(2016年7月18日撮影)

昨年は9月になってから
咲いていたのですが
今年は先月中旬には咲いて
今も数輪咲き続けています。

季節のサイクルが
早くなってきたのでしょうか・・・

秋の異称「白秋」にぴったりな
季節感のある
白桔梗だと思っていましたのに。







2016.8.7


もう涼しげに今年も咲いてくれた☆紫のキキョウ




(2016年7月27日撮影)

今年も桔梗が
咲いていますが
先日の白についで、
紫をご紹介します。




(2016年7月27日撮影)

此処のところの猛暑に
少しでも涼しそうなお花を!と
庭にでてみますと
和テイストの花、桔梗発見。

それも紫の方が、
より涼しげ・・・




(2016年7月27日撮影)

どちらかというと細い茎に
パカッと咲く桔梗の花。

秋の代表花のひとつと思いつつ
ご紹介させていただきました。

そういえば、お花屋さんで
リンドウは見かけますが
桔梗は、
リンドウほどには見かけません。

花びらが開いて
痛みやすいからでしょか・・・ね。





にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですが
バラ以外でもクリック
よろしくお願いします。


http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj





2016.8.13


夏に咲く(*^-^)☆ 夏水仙




(2016年8月6日撮影)

夏水仙(ナツズイセン)
ヒガンバナ科 ヒガンバナ属(リコリス)

生徒様のお一人が
お庭から掘り上げた
立派な葉だけの苗をいただいたのは
大分前のことになります。

以来、毎年
春に細長い水仙に似た葉が
威勢よくニョキニョキ
その後、葉は枯れます。




(2016年8月6日撮影)

そして、夏になると、
その名の通り、
花茎が突如顔を出し
再びニョキニョキ伸びて
花を咲かせます。
草丈50~90センチ。

このとき、葉はありません。

つまり、葉と花、
分担制なんですね(*^-^)

開花時、葉がないことから
マジックリリーという別名も!




(2016年8月6日撮影)

花は透明感のあるピンクで
結構長もちです。

今年はことの外暑いですが
元気に咲き続けているのも スゴイ!



(2016年8月6日撮影)

つる薔薇や、紫陽花ミナヅキの
茂りの足元近くから顔を出しますが

百合に似た花がまとまって咲くので
見栄えが良いです。




(2016年8月6日撮影)

耐寒、耐暑性があり
多年草、とっても育てやすいのも◎

忘れていても、咲いてくれるのが
私向き・・・ですね (*^-^)v







2016.9.2


越冬球根から咲いてくれた☆白いダリアちゃん




(2016年8月28日撮影)

庭に植えっぱなしの
ダリアの球根。
このダリアだけは、
しっかり根付いたもよう・・・



(2016年8月28日撮影)

数年前に、
深めに植えた球根から
昨年同様、
今年もニョキニョキ成長。

ついに、小輪ながら
くっきりとした
白い花を見せています。





(2016年8月28日撮影)

実は、
茎と葉の成長がいちぢるしく、
薔薇鉢をも、覆う勢い。

一時は抜いてしまおうか?と
思ったのですが
思いとどまってよかったです。

葉の多さと大きさに比べ
花数はイマイチですが。
なんとか咲かせ、
しばし楽しむ・・・

満足感は大きいですね。




にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですが
バラ以外でもクリック
よろしくお願いします。


http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj





2017.4.19

いい香りで庭の所々で咲いています☆水仙の不思議



(2017年4月5日撮影)

我庭の所々で、1ヵ月ぐらい前から
ポチポチ咲いている水仙。

水仙といったら、勝手にドンドン増えて
群生しそうな気がしますが
ワタシの所では昔からそんな気配は
全くありません。




(2017年4月5日撮影)

そこで、仕方なく毎年
秋にお店で値下がりした頃に
いくつか買って、
球根を埋めています。

そう宝ものを隠す?ように・・・ね。



(2017年4月5日撮影)

なので、春になると、
いい香りで庭の所々で、
水仙が咲いています。


でも、残念なことに
今年も群生になる気配は無く
数輪ずつ咲いているのみ・・・

実は裏のお宅の
年に1~2度草刈される程度の
肥料っ気全く無いお庭では
今年も、立派な水仙が
それなりに咲いています。

肥料っけが無い方が
水仙には望ましいのでしょうか、ね。

皆様はどう思われますか?




にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
バラ以外でもクリック
よろしくお願いします。


http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj






2017.4.26

ピンクのじゅうたんの中、今年も咲いてくれました☆キバナカタクリ



(2017年4月22日撮影)

8~9年前に苗でもとめて
地植えにしている

北アメリカ原産の黄色のカタクリ
Erythronium "Pagoda"
西洋カタクリの一種で
通常、キバナカタクリと呼ばれています。




(2017年4月22日撮影)

我家に迎えたのは8年以上も前ですが
今年もちゃんと、咲いてくれました。

でも5年前の写真をみると
花数は、少し減り気味で、
ちょっと残念。



(2017年4月22日撮影)

園芸種とは言え、
山野草を連想させてくれるので
どこか、ホッとするお花。




(2017年4月22日撮影)

ちょうど、
乙女椿の足元に植えてあるので
今の時期、キバナカタクリの辺りは
ピンクのじゅうたん(汗)となります。
~掃除が追いつきません~

期せずして、黄色とピンクという
季節感たっぷりの色合いが楽しめますね。





にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
バラ以外でもクリック
よろしくお願いします。


http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj






2017.4.28

こぼれダネから増え続けている☆ネモフィラ・ペニーブラック



(2017年4月23日撮影)


数年前に数株求めて植えていた
ネモフィラ・ペニーブラックが
キリッとした縁取りで咲いています。

きっと、
こぼれダネから増えたのですね。(^^)v



(2017年4月23日撮影)

花名のネモフィラは、
ギリシア語で
「小さな森を愛する」を意味し、
原種が茂みの中の
明るい日だまりに
自生することに由来します。

ネモフィラの花言葉は、

「どこでも成功」「可憐」
「あなたを許す」だそうです。





(2017年4月27日撮影)

和名は 瑠璃唐草(るりからくさ)

耐寒性一年草です。

ネモフィラには、
幾つか種類がありますが
我家で増えてくれたのは
濃紫で花びらの先には白い縁取りが入る
ネモフィラ・ペニーブラック。



(2017年4月27日撮影)

葉の形が 
可愛らしく特徴的なので
発芽した時に、
分かり易いのも良いですね。

ネモフィラ・・・
増えて嬉しい花いちもんめ♪

グランドカバーに
なってくれるくらいに
増えると嬉しいですね。





にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
バラ以外でもクリック
よろしくお願いします。


http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj






2017.5.21

ひっそりと、でも華やかに咲く☆ラミウム・ガレオブドロン(キバナオドリコソウ)



(2017年5月1日撮影)

少し前の写真になりますが

黄色の花を咲かせる
ラミウム・ガレオブドロン(L.galeobdolon)
(キバナオドリコソウ)
小さな花ですが近づいてみると、
お花のつくりが面白いですね。




(2017年5月1日撮影)

ラミウム・ガレオブドロン
(キバナオドリコソウ)は、
覚えにくい名前ながら
ラミウムの代表的な一種で
グラウンドカバーなどに利用されています。




(2017年5月1日撮影)

そしてこの子は、
葉に明瞭な銀白色の斑が入る
美しい園芸品種
ハーマンズ・プライドだと思っています。




(2017年5月3日撮影)


2012年の初冬に、
ブログ仲間のHさんから送っていただき、
13年には咲いたのに14~15年は見当たらず(T.T)
(薔薇に肥料をやる時、
掘り返してどこかにやってしまい)
一旦、庭から消えてしまったのか?と
思っていたのですが
つる薔薇シュネーケーニギンの足元から
昨年ひょっこり顔を出し、
昨年より今年、花数も増えました。

以前は、紫花のラミュームもありましたが
今は、この黄色ちゃんだけが元気です。

紫ちゃんもひょっこり顔を出さないかと、
期待しているのですが
どうでしょう・・・








2018.1.13


歌っているみたいに見えるデンドロビウム☆セカンドラブ・ときめき




(2018年1月8日撮影)

デンドロビウム、
「セカンドラブ・ときめき」が
そろそろ満開になってきました。

お店で買ってきたのは
何時だったか・・・
お店で出会ったとき、
雰囲気に惹かれたものでした。



(2018年1月8日撮影)

色合いも優しく、
花付きもいまのところ、順調で
昨年の暮れから咲き始めていて
なんとも、意味深な
トキメキを感じていただけるでしょうか(*^-^)




(2018年1月8日撮影)

花芯傍の黄色い模様や
花びらの縁のピンク色も
優しい色合いでいい感じ♪



(2018年1月8日撮影)

お花の中心のリップ・・・
こうしてみると、
歌っているみたいですね。

え?への字の口元
(リップ)に見えるなんて
言っているのは、どなたですか (^m^ )








2018.1.17


感心するくらい長く咲いているデンドロビウム☆今年も咲きました!



(2018年1月8日撮影)

我家に来たのは
2001年頃だったと思われる
デンドロビウム、
お迎えして
約17~18年になるのでしょうか
品種名はわかりません。
2006年のブログに初登場しています。
根っこが鉢から
こぼれんばかりですが
こんな風にしておくと、
よく咲くようです。

因みに高芽摘みしたのを
たっぷりの新しいミズゴケに挿しても
なかなか咲きません。




(2018年1月8日撮影)

中心のワインカラーが
アクセントになって、
花びらの縁の柔らかな色との
バランスが良いですね。



(2018年1月8日撮影)

一輪をグッと近づいてみてみましょう・・・

たくさん咲いているなかの一輪。

デンドロビウムは丈夫で
蘭の中でも育てやすい品種です。

なので、うちでも丈夫(*^-^)




(2018年1月8日撮影)

そして、花もちもいいですし、
長く楽しめるのは嬉しいことです。

育てやすくて花もち抜群!
デンドロは良いですね。








2018.4.24


小柄ながら鮮やかな黄色の花色で楽しませてくれる、西洋カタクリ(キバナカタクリ)




(2018年4月21日撮影)

10年位前に苗でもとめて
地植えにしている

北アメリカ原産の黄色のカタクリ
Erythronium "Pagoda"

西洋カタクリの一種で
通常、キバナカタクリと呼ばれています。




(2018年4月21日撮影)

黄色い花が、鮮やかですが
繊細な薄さの花びらが
北米生まれというより、
日本に自生している
カタクリの印象に近いと思いますね。





(2018年4月21日撮影)

昨年までは2株あって
4輪以上のお花を楽しめたのに・・・
なぜか、今年は2輪だけ。

草取りの時に、
私が間違って抜いてしまうのでしょうか?
それとも、自然に消えちゃった?

ちょっと残念ですが、こうして
今年も出会えたことに感謝しましょう。




(2018年4月21日撮影)

小さな山野草系も
可愛くて大好きなのですが
どうしても花や葉のない時期に
雲隠れしてしまう?!のがあって、残念です。










2018.5.10


釣り上げてみたら ☆ ハートがいっぱい(*^-^) タイツリソウ



(2018年5月1日撮影)

タイツリソウ:鯛釣り草

本来「ケマンソウ」というお名前で
由来は寺院のお堂を飾る装飾品「華鬘(けまん)」

英語名「bleeding heart(血を流す心臓)」
ドイツ語名「tranendes Herz(涙を流す心臓)」
フランス語名「coeur-de-Jannette(ジャネットの心臓)」
または、「coeur-de-Marie(マリーの心臓)」

原産国の中国名は「荷包牡丹(きんちゃくぼたん)」

国によってかなり違いますね(*^-^)
ヨーロッパでは、ハートに見えたんですね!



(2018年5月1日撮影)

我家にお迎えしたのは2012年、
たった、一本の釣り糸になってしまいましたが
今年のお花が、歴代でいちばん立派!

鯛(もしくはハート)も、ふっくらしています。



(2018年5月1日撮影)

山野草であるタイツリソウは、
日陰でも咲き、丈夫で育てやすいですが
何故か、わが庭では増えません・・・

形も面白いですし、花もちも良いので
もっと、増えると良いのに・・・と思う
お花のひとつですね。









2018.5.15


薔薇の根本で広がる鮮やかな黄色い花☆ラミウム・ガレオブドロン(キバナオドリコソウ)




(2018年5月1日撮影)

鮮やかな黄色いお花の
ラミウムが今年も
白薔薇シュネーケーニギンの下で
咲いています。

お花の縁のフサフサが
まるでまつ毛のように見える所も
お気に入りです。
自然の造詣美って面白いですね。




(2018年5月1日撮影)

2012年の冬に、
ブログ仲間のHさんから
送っていただき、
13年には咲いたのに
14~15年は見当たらず(T.T)
2016年嬉しい再開ができたラミウムです。




(2018年5月1日撮影)

黄色の花を咲かせる
ラミウム・ガレオブドロン(L.galeobdolon)
ラミウムの代表的な一種でドンドン増えていき
グラウンドカバーなどに利用されるのも納得。

葉に明瞭な銀白色の斑が入る
美しい園芸品種
ハーマンズ・プライドでしょうか・・・





(2018年5月1日撮影)

以前は紫色のラミウムもあったのに、
何故か消えてしまいました。

明るい葉とお花は、薔薇の庭の
素敵なアクセントになっています。











2019.6.27

挿し木が成功し大きく成長した真っ白な☆八重のバイカウツギ(梅花空木)



(2019年6月5日撮影)

八重のバイカウツギ(梅花空木)
真っ白な花が魅力です。




(2019年6月5日撮影)

2002年、
お花のレッスンで使ったバイカウツギを
挿し木して、根付かせたものです。

今は、大きな鉢で育てていますが
成長著しく、グングン伸びて
花もいっぱい咲かせます。




(2019年6月5日撮影)

ただ、伸びすぎるので、
狭い我が庭では
一年おきぐらいに強剪定します。
なので、今年はちょっと花数少なめ・・・

それでも八重ならではの
華やかさで咲いています。



(2019年6月5日撮影)

切り花としては、
花持ちがあまりよくないので
花展や、お稽古には扱いにくいですが
庭で咲く姿はなかなか風情があります。

白花好きのわたしにとって、
大切にしたい花の一つです。
挿し木で育てた
思い入れもありますしね(^▽^)/




にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
バラ以外でもクリック
よろしくお願いします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj







































































































































































































































































http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.