花と実と魔女と

アイスバーグ1X





薔薇☆アイスバーグ





(2008年6月14日撮影)






(2011年6月10日撮影)



2002    8.5

涼しげなバラ☆アイスバーグ



薔薇・アイスバーグ(氷山)
別名シュネービッチェン(白雪姫)

暑い季節、白さ際立つ バラ・アイスバーグは涼しげ。
今年の春、花屋の店先でその名に惹かれて買い求めました。
家のはまだ氷山の一片ですが、これからが楽しみ。




2003        春


涼しげな薔薇☆アイスバーグ






バラ・アイスバーグの名で知られる
純白な花色で花径8センチのカップ型。
咲く姿はとても可愛い感じがします。

非常に育てやすいといわれ、
世界中で愛されている白薔薇。

ドイツ名ではシュネービッチェン『白雪姫』の名がある
フロリバンダローズ(中輪房咲き)です。

そういえば、
白雪姫の清らかさとふんわりしたスカートを思わせますね。






2004       春



涼しげな薔薇 ☆ アイスバーグ







「北の国」から届いた
フロリバンダローズ(FL)の
バラ「アイスバーグ」
アイスバーグとは氷山という意味です。



まだ8分咲きの状態だそうですが、
まるで氷の山のように沢山咲いていて圧巻ですね。

先日当BBSに書き込みをくださった
「ぐれさん」が丹精を込めて育てているお庭の写真です。
このほかにもロココ、シカゴ、
ルイーズオーディエ、ヘンリーマーチンなど
8年前から薔薇を育てているということです。



(グレさんからの初メールに付いていた添付画像、
見事なアイスバーグの姿を、是非ご紹介したくて
ご本人に了解を得てUPさせて頂きました)


ぐれさん、ありがとうございました。










こちらの画像は、アイスバーグの、
我が家の'04春の一枚です。



純白な花色で花径8センチのカップ型、
房につく姿はとても可愛いい・・・・・

非常に育てやすいといわれ、
世界中で愛されている白薔薇といわれています。



ドイツ名ではシュネービッチェン『白雪姫』



全く違うイメージの名前ですが、
どちらもぴったりのような気がします。


















2005・6


涼しげな薔薇 ☆ アイスバーグ






フロリバンダ・ローズの
バラ「アイスバーグ」(氷山)
別名シュネービッチェン(白雪姫)が
家の南面の花壇に咲き続けています。


我が家に迎えてから4年目を迎え昨年秋地植えしたので
ようやく、プチ氷山!?らしくなってきました。







フロリバンダローズというのは、
中輪房咲きを意味しますが、
写真のアイスバーグは、花付もバツグン。

「よく咲いてくれてありがとう」って
褒めて上げたくなる良い子なのです。









ここまでの写真は6月の開花写真。



もちょっと近くに・・・
どうぞ、どうぞ、近づいて見てやってくださいませ。

毎度「バラお馬鹿」でスミマセンm(_ _"m)ペコリ







そして、この写真は最近の二番咲き、「アイスバーグ」
わが家の氷山(笑)の様子です。




暑い季節は、見ているだけでも涼しい氷芸術(氷の彫刻など)
ド~ンと大きく、氷山を眺めるのも一興でございます。










2005・9・26


薔薇・アイスバーグの見える窓辺










2005・9・25 撮影




昨年の10月、
改築終わった我が家に戻ってきて
南側の窓下の花壇に何を植えようか・・・と。

(もっとも、その「何」かは
我が家では薔薇の「何か」なのだけれど・・・)






その結果、
好きな白い花で花付きもよく、
四季咲きの「アイスバーグ」に決定。
ちょうど、手持ちに二株あったので、
チャールズ・レーニー・マッキントッシュを挟んで
窓下に両方地植えしました。




そうなんです、写真のように、
フレームに縁取られた薔薇の絵をイメージし・・・



そしてこの秋、アイスバーグは、
伸びやかな枝が風にゆれて・・・・・



室内からの後姿、
風向きによっては「見返り美人」とあいなります(笑)





*****・・・******・・・*****・・・******






背景に見えるピンクの花は「セントセシリア」
すこし遠くに見えるのはフロリバンダの「マチルダ」で、
秋薔薇としては、
今までに無く、たくさんの花を見せてくれています。




きっとこの花付は、株が充実してきたのと、
堆肥および各種肥料の賜物なのでしょう。










花嫁のブーケのような薔薇 ☆ アイスバーグ


2006・6・24








今年もフロリバンダ(中輪房咲きバラ)の
バラ「アイスバーグ」が
6月の初めから咲いてくれました。


ピンク色っぽい蕾も見えますが
これもアイスバーグの白い花に成ります。








この写真は家の東側からの撮った一枚。







薄紫色のイングリッシュローズの
マッキントッシュを挟んで
アイスバーグを二本植えていますが
写真はマッキントッシュの左側の一株。








冬にはしっかり剪定したつもりでしたが、
ご覧のように大きく育って咲いています。






今年は、花数も、背の高さも
一段と大きくなったよう・・・









まるで、アイスバーグのブーケのように
自然な塊(ブッシュ)がとても立派に咲いてくれました。








一塊の中に、いったいいくつ咲いているのかしら?
と数えてみましたら、約40以上・・・
あらためて、その多さに驚きます。




きっとこの花付は、株が充実してきたのと、
特別な堆肥の賜物なのでしょう(笑)。




アイスバーグは丈夫で花付もよく、
我が家でも大事にしていきたいバラのヒトツです。









2006・8・5


2番花も良く咲き続けている薔薇☆アイスバーグ





(2006・7・30撮影)

ほんとうに暑い日が続いてますね~
参ります(~_~;)


でもご覧のように我が家のバラ・アイスバーグは
その名の通り氷山のように
涼やかに咲き続けています。






(2006・7・30撮影)

ちょこっと顔をだしているのはマッキントッシュ。
こちらも春と同じように咲いてくれて、
偉いな~って感心しちゃいます。(^.^)





(2006・7・29撮影)



昨日はJUNKOさんのカウプレでいただいた草抜きで
ご指導よろしく、バッチリ草取りに励みましたわよ~

汗かきではない方ですが
さすが、2時間も這いつくばっていると汗がタラ~リ。
でもなんだか気持ちいい♪

元来、夏好きのHANA魔女としては、爽快だったりします。
(もっとも薔薇が生い茂って木陰を作ってくれているのと
風があったからだとは思いますが・・・)

草抜きを終えたのが、朝の10時ちょっと前、
早速シャワーを浴びて、冷房と麦茶にに涼を求めました。


あらためて、JUNKOさん、ありがとう  m(_ _"m)ペコリ








2006・9・24


秋も次々と咲き続けている薔薇☆アイスバーグ







季節は秋・・・
このところ、とても気持ちの良い毎日です。

写真は、旅行中にもどんどん蕾をつけてくれて
今は、こんな感じに咲いている
フロリバンダのバラ「アイスバーグ」







我が家のアイスバーグは
リビング前の南面、窓下の一等地に
マッキントッシュをはさんで、
2株植えてあります。








その2株が、こんな風に、仲良く枝を絡ませ始めました。

まるで、仲良し姉妹が手をつないでいるようです(^.^)


窓下なので、あまり背丈を伸ばしたくないのですが、
花付がとても良いので(ひっきりなしに咲いている感じ)
強剪定をするわけにもいかず、結局伸び伸びのままなんです。








一輪をよく見ても、春の開花に引けをとらない姿で咲くのも、
アイスバーグの偉いところかな。

丈夫で良く咲く、バラの基本をしっかり抑えたような、
とても健康的ないい子なんですよ。
(これで、香りがあれば言うこと無しなんだけど)

そういう意味で、白バラ部門・私のお気に入りのひとつ、
HANA魔女ガーデンの優等生です。




*****・・・******・・・*****・・・******





長旅の荷ほどきをする窓の外真白きバラが優しく揺れる

透明な秋の日受けて白さ増すバラと季節を分かちあう日々

秋晴れの今日一日を庭に居て水と光と薔薇に ブラボー

日当たりも風の通りも一等地あなたに譲ろう白薔薇アイスバーグよ

花柄を摘む手にこぼれる朝露の冷たさを知る秋は来たりぬ




HANA魔女・詠










2006・11・18


白さが見事な薔薇 ☆ アイスバーグ







私のお気に入りのバラ、

フロリバンダのアイスバーグ。

我が家のマチルダと同じくらい良く咲いてくれます。








枝先に花をつけるので、

どうしても背が高くなり勝ち・・・

今の季節は特に背高ノッポ状態です。








アイスバーグは
香りが殆んど無いといわれますが

たまに香るものもあって、

わたしは、クンクンと

よく鼻を近づけてみるのですよ・・・








多花性で、

一輪ごとの花もちも良い方だと思いますし、

白い花びらがなぜか傷つきにくいのも嬉しい・・・








白い花びらが優しく重なり合って

大切な何かを包み込む姿から、

ひらり~と咲いてくれます。









じつは窓下に、マッキントッシュを挟んで
アイスバーグを二株植えてあるのですが
どんどん成長して、枝が伸び伸びし過ぎ・・・



冬の剪定で、どこまで刈り込むべきか・・・
ちと悩んでいるところなのです。







2007・6・16


ブーケのような房咲きの白薔薇 ☆ アイスバーグ





(6月7日の写真)



アイスバーグ(氷山)

別名シュネービッチェン(白雪姫)

その名の通り、白い房咲きのバラ







(6月7日の写真)

中央の
一輪の咲き始めの渦巻きをご覧いただけますか?

お洋服の襞(ひだ)やピンタックの造詣の元は
こんなところにもあるのですね。






(6月12日の写真)


フロリバンダは一枝に房咲きになって
それだけでブーケのよう・・・(^.^)






(6月12日の写真)


家の南面の窓下に地植えしています。







(6月12日の写真)

清い白さが、すがすがしい薔薇・・・

アイスバーグの魅力の一つでもあります。







(6月12日の写真)

これは、

8分咲き位でしょうか・・・





(6月16日の写真)


更に咲き進んで、

白さに円熟味が増したかしら?(^.^)

このボリュームには、マイリマシタ・・・







(6月16日の写真)

白い妖精のパレードのようにも見えますね。







(6月16日の写真)


残念なことに香りはあまり期待できませんが
この花数には、もう何も言うことがありません・・・

ありがとう、アイスバーグさん。


白薔薇の中で、
丈夫で育てやすく、たくさん花を見せてくれ
なおかつ四季咲きという、優等生のあなたに会えて
わたしは、ほんとうに良かったです。






2007・11・16

これぞ!良く咲く薔薇 ☆ アイスバーグ






フロリバンダローズの「アイスバーグ」

まじりっけのない白さが
秋の日を受け際立っています。







直径8~9センチほどに
ヒラリと花芯を開いて
時に清らかな香りをたたえて咲いています。

そうなんです、
ほとんど香りが無いバラと言われますが
十分にあると思う一輪もあるのです。







そして、この花数。
晩秋なのに・・・です(^.^)






花期も長く、
ほぼ、ひと月位前からこんな感じ・・・






リビングの窓の下に植えてありますが、
室内から花枝が風に揺らぐ姿をみるのは
なんとも幸せな気分にしてくれます。







その名の通り氷山のように
咲いてくれた初夏をほうふつとさせる
晩秋のバラ「アイスバーグ」の、
このところの咲きっぷり。

ほんとうによく咲くな~というのが
正直な感想です。

と言うわけで、HANA魔女独断による、
2007年「白バラ大賞」に輝くバラは
今年もやっぱり「アイスバーグ」(笑)









2007・12・27


今年最も咲いた、最後の薔薇・その2 ☆ アイスバーグ







フロリバンダ・ローズの
「アイスバーグ」(氷山)
別名シュネービッチェン(白雪姫)が
時を得たとばかり冬至を過ぎた今も
こうしてリビングの窓の下に咲き続けています。







我が家では一番日当たりがよく、
リビングからも見えるところに
多花性で丈夫な白い花、
アイスバーグを地植えしたのは
正解だったと、
こうして長いこと咲き続けているのを見ると
改めて思います。








冬の陽射しをうけ
少し眩しそう・・・かしら。









花びらを巻いて
蕊を隠す姿もゆかしいわ(^.^)

香りが無いのは残念ですが
こうして沢山咲いて、
行く年くる年をバラの花と過ごせることに、
ただただ感謝。


こんなに咲いている今年の剪定、
やっぱり、年明けになってしまいそうです。
これって、暖冬のせいでしょうか。
地球温暖化をバラで実感するとは思いませんでした・・・








2009・2・24

白い世界へ ☆ 薔薇・アイスバーグ




(2008年6月7日撮影)

昨年の6月ブログで
ご紹介し切れなかったバラのひとつ

フロリバンダローズの「アイスバーグ」





(2008年6月7日撮影)


我が家の一番!って思うくらい
日があたる南面の窓の下に植えてあります。





(2008年6月8日撮影)

アイスバーグ(氷山)その名の通り
真っ白な花弁が陽射しに映え
清く、健康的な美しさを見せてくれます。





(2008年6月8日撮影)


多花性というのも、アイスバーグの
嬉しい特徴のひとつ!





(2008年6月11日撮影)

丸く房咲きになる姿は
可憐な花嫁さんの持つ
ボールブーケのようですね。




(2008年6月11日撮影)

一輪ごとの花期も長く
花もちが良いのも、自慢の薔薇です。

そして、香りも参考書には微香とありますが、
しっかり良い香りがします。




(2008年6月11日撮影)


こんなに咲いちゃって・・・スミマセン(笑)





(2008年6月11日撮影)


その上、我が家では窓下に
真ん中にマッキントッシュを挟んで
一対に二株植えているのです・・・

それでも、決して飽きないのは
やはり、白薔薇だからでしょうか・・・ね。

次回は、全体像も含めて、
もう一度ご紹介する予定です。










2009・2・26

白い世界へ ☆ 薔薇・アイスバーグ(2)





(2008年6月14日撮影)

一昨日に引き続いて
昨年の6月ブログで
ご紹介し切れなかったバラのひとつ
フロリバンダローズの「アイスバーグ」

真っ白なお花が氷山の名の通りに
塊りになって咲いてくれます。





(2008年6月14日撮影)


白いお花で隙間がないくらいに咲いてくれるのは
我が家ではアイスバーグが一番かも・・・




(2008年6月14日撮影)

花もちが良いのも長所のひとつ。
そして、意外にも微香ではなく、しっかり香ります(^.^)





(2008年6月14日撮影)


薔薇の妖精が隠れているかも・・・と思わせる咲きっぷり。

フンワリふかふかで、妖精のベットにもよさそうですね~





(2008年6月14日撮影)

リビングの窓の前に植えていますのでシーズンには
室内からもアイスバーグが揺れ咲く姿が楽しめます。






(2008年6月16日撮影)


これは、向かって左側のアイスバーグの一株です。






(2008年6月14日撮影)


これは向かって右側のアイスバーグの一株で

ちょっと横から・・・パチリ。





(2008年6月16日撮影)


樹高はこの時点で
約1m7~80センチでしょうか。

アイスバーグは四季咲きですし
冬もかなり寒くなるまで咲いてくれますので
我が家ではショッチュウ咲いているという印象です。

白薔薇をお探しなら、
アイスバーグも是非候補になさったら?と
長年お薦めしている、大好きな薔薇のひとつです。







2008・8・31


すごく香りの良い時も有る薔薇 ☆ アイスバーグ






(8月20日撮影)


このところの
雨続きにもめげずに
咲いてくれているバラ「アイスバーグ」
ピンク色の薔薇は、
チャールズ・レニー・マッキントッシュ






(8月30日撮影)


一輪の姿は、
少しだけ小ぶりなことを除けば
6月の花と比べても遜色ありません。





(8月30日撮影)


フロリバンダのお約束どおり
房咲きです。(*´艸`)






(8月30日撮影)


アイスバーグは
無・微香と言われていますが
花によっては、甘く優しい薔薇の香りが
顔を近づけると
すごく漂ってきます。






(8月30日撮影)


花数も、
ベストシーズン(一番花の頃)には劣りますが
充分咲いてくれており・・・

リビングの窓の下に植えてありますが
(それも、二株も!笑)
やっぱり、白薔薇のお薦め品種ですね。








2008・11・13


窓越しに咲き続けている薔薇 ☆ アイスバーグ





(11月2日撮影)


ピュアホワイト・・と呼ぶのがふさわしいような
白さ輝く薔薇、アイスバーグ。

リビングの窓辺で咲きつづいています。





(11月2日撮影)


アイスバーグは氷山の意で
別名シュネービッチェン(白雪姫)

その多花性は驚くばかりで
まとまって咲く姿は
まさに氷山のようでもあり
次々と花を見せてくれるのはホント嬉しい・・・





(11月2日撮影)

このひと房だけで、可愛いボールブーケのようですね。


写真の背景は青空と
お向かいのビルが映りこんでいるガラス窓。





(11月2日撮影)

秋が日に日に深まるなか
ひょんひょん伸びた枝先には
次々蕾をつけるので
なかなか剪定できず・・・




(11月10日撮影)


自由奔放に咲き乱れています。
実は、玄関へのアプローチの一角でもあるので
伸びすぎて、ちょっとお邪魔なことも。(*´艸`)




(11月10日撮影)



窓下にはアイスバーグ2株と
その間に、イングリッシュローズのピンクの花
マッキントッシュを入れてあるのですが
今年は、三本の高さに調和ができ
コラボってる姿が、なんとも嬉しい。

果たして、いつまで咲き続けてくれるかしら?と
寒い朝、カーテンを開けながら
部屋の内側から窓越しに話しかけたりしています。







2008・12・7


咲き続けている薔薇アイスバーグと☆蜂さん





(12月7日撮影)


12月に入ったとたん、

寒さが厳しく感じられるようになりました。

そんな中、わが家の元気印、アイスバーグは

相変わらず咲き続けています。





(12月7日撮影)



そのアイスバーグに

今シーズン最後の甘い蜜をもとめるかのように、

蜂さんがやってきました。


真っ白な花弁の上で

無心に蜜を吸う姿は、

どこか、聖なる行為にも見えませんか?






(12月7日撮影)



寒さの中、

北風よりもチョッピリ太陽が勝っているひと時、

アイスバーグ(氷山)と 

蜜をもとめる蜂とが描く冬の風景。


今日、東京での花の講習会から帰ってきた

私を迎えてくれた、我が庭でのワンシーンです。








2009年8月3日


出迎えてくれた薔薇たち ☆ アイスバーグとマッキントッシュ





(2009年8月2日撮影)

8日間ほど留守にしていたわが庭・・・

帰宅したわたしを、満開で迎えてくれたバラは

アイスバーグと右端のマッキントッシュ。

6月のピークの写真のUPが未だでしたのに

夏咲きの姿を先にご紹介。(*^-^)






(2009年8月2日撮影)



春の花より一回りコンパクトですが

花数は年々増えてきています。


実は、マッキン(ピンクのバラ)を挟んで

もう一株咲いていますが

駐車してある車が邪魔で

半分位しか撮れていません。


帰宅したばかりで

花柄を付けたまんまで見苦しい点もゴメンナサイ。


旅日記は少し写真の整理をしてから

なるべく早くUPしますね~

何せ、記憶が
飛んでってしまわないうちに・・・ですよね(笑)







2009年10月12日


咲き続けてくれる薔薇 ☆ アイスバーグ





(2009年10月3日撮影)


ソフトクリームのようにフンワリ咲く
アイスバーグ。





(2009年10月3日撮影)

蜂さんも、蜜を集めにきてます・・・

美味しいのでしょうね。





(2009年10月3日撮影)

そして、我が家のなかで、本当に良く咲く優等生が
こちらのアイスバーグ。

繰り返し良く咲いてくれます。





(2009年10月3日撮影)


窓辺をバラで飾りたい・・・という夢を
叶えてくれているアイスバーグ。

色が白いということも
飽きることなく、楽しめるポイントかもしれません。






2010・6・26


コラボさせようと思った薔薇 ☆ アイスバーグ 





(2010年6月12日撮影)


まだご紹介しきれていない
昨年のバラの続きです。


フロリバンダのバラ「アイスバーグ」
真ん中のピンクは
ER(イングリッシュローズ)の
チャールズ・レニー・マッキントッシュ。





(2010年6月12日撮影)

マッキントッシュをコラボさせようと思い
7年前にこの場所に地植えしたものの
両サイドのアイスバーグの勢いに押され
あまり育ちがよくなかったのですが
最近、頑張って成長の兆しがみえ
ご覧の花付きを楽しませてくれました。





(2010年6月15日撮影)

アイスバーグ(氷山)は、
別名シュネービッチェン(白雪姫)と
呼ばれるように、
真っ白なフロリバンダローズです。






(2010年6月16日撮影)


側面から見てみると・・・
ご覧のように、かなりのボリューム。
奥に見えるのはコーネリア。





(2010年6月16日撮影)

濃い目のグリーンの照り葉が
花の白さを際立たせていますね。





(2010年6月16日撮影)


梅雨の間の晴れ間・・・
初夏の青空にも映えて
素敵な、白さ まばゆい 
アイスバーグさんです。






2010・6・26


窓辺に白薔薇 ☆ アイスバーグ その2





(2010年6月17日撮影)



漸く光フレッツ・ネクストの回線も
回復したと思ったら
前から少し調子の悪かったルーターが
ダウン、近くのPCからです。



昨年UPしそびれた画像シリーズ(*^-^)
アイスバーグ、パート2。

ほぼ、満開の時期ですね
他のバラたちも見ごろ・・・


手前にチョコッと写っているのは
プリンセス・オブ・ウェルズ。
こちらも白薔薇です。







(2010年6月17日撮影)

房咲きで花が重そうなのに、
けっこうしっかり立っています。
(所々では添え木していますが)






(2010年6月19日撮影)

この写真で手前に顔をのぞかせているのは
シャリファアスマさんです。
(こちらも大好きな薔薇)






(2010年6月20日撮影)

窓辺に白薔薇・・との憧れから
ご覧のように、2株のアイスバーグ
間に居るのは、
チャールズ・レニー・マッキントッシュです。






(2010年6月20日撮影)

ちょっと角度をずらすと
右手にピンクの大群が・・・(笑)
こちらも、我が家に二株ある
ブラッシュノアゼット。
そのうちの一株です。






(2010年6月20日撮影)


ついでに、ブラッシュノアゼットの
満開(を過ぎた?)の画像を載せますね。

クレマとは混線模様・・・
いまさら、どうしようもなく、
今年は誘引のときに、
高低でそれぞれスペースを
確保してみまました。
はたして、今年はどうでしょう・・・






2010・8・3




我が家で一番良く咲く夏薔薇 ☆ アイスバーグ






(2010年8月2日撮影)

アイスバーグ(氷山)別名シュネービッチェン(白雪姫)

猛暑の夏、白さ際立つ薔薇アイスバーグは殊に涼しげ。

この暑さにもめげず、こんなに咲いてくれています。





(2010年8月2日撮影)

先日お見えになった
男性のお客様から、
「バラって、今頃も咲くんですか?」と
率直なご質問をいただきました。

ほんとに、ココまで咲いてくれると
今がバラのハイシーズン?って
思われても不思議ないかもしれませんね。






(2010年8月2日撮影)


窓下の小さなスペースですが
元気なアイスバーグは
名前の通り、夏は涼しげ・・・

その上、雪が降り始めるシーズンも
繰り返し咲き?と思わせるほど
良く咲いてくれるスグレモノ。

けなげで白さまばゆい
アイスバーグ、優等生なのは間違いないです。
(キッパリ・笑)





2011.7.17

涼んでいただきたくて・・ ☆ 薔薇・アイスバーグ(氷山)
 




(2011年6月5日撮影)

我が家のリビング窓下に地植えしている
アイスバーグ(氷山)の咲き始めの様子。
(もう一ヵ月半も前のことですが)

ドイツ名では
シュノービッチェン『白雪姫』の名がある
フロリバンダローズ(中輪房咲き)です。

この様子から今年も沢山咲いてくれる予感・・・







(2011年6月8日撮影)

その名の通り、真っ白で
咲き始めは特に
ピュアな印象が際立ってます。




(2011年6月8日撮影)

少し離れて見ると
右奥がブログで未だご紹介していないコーネリア、
手前の白の大輪は プリンセス・オブ・ウェールズ。




(2011年6月9日撮影)

咲き進むと、平咲きになってきます。
金色の蕊が可愛いです。




(2011年6月9日撮影)

こちらの写真で4分咲きくらいでしょうか。
花数が多いので
咲き始めから終わりまで
比較的長く楽しめます。




(2011年6月9日撮影)

アイスバーグは二株並べて植えていますが
真ん中のピンクの薔薇が
チャールズ・レイニー・マッキントッシュ。

昨年は、もう少し頑張って咲いていたのですが
蝋隣のアイスバーグに押され気味で
今年は花つきがイマヒトツ。

子でだけアイスバーグさんが
元気だと、それもうなづけます。





(2011年6月10日撮影)


左手前に写っている赤い薔薇は
チャイナローズの「シエンヒブ」(紫燕飛舞)

薔薇の鉢を並べるときに
色のリズムとアクセントが生まれるよう、
ちょっとだけ気にしています。(*^-^)

満開の状態に見えますが
これで5~6部咲きぐらい、
満開はもう少し先です。

つづく・・・






2011.7.22

氷の海になった様にも見える薔薇 ☆ アイスバーグ(氷山)
 




(2011年6月12日撮影)


先日の続きで、ほぼ
満開になったアイバーグのご紹介です。

手前の薄ピンクの薔薇はフレンチレース。
アイスバーグの白さを
際立たせています。






(2011年6月13日撮影)


中輪房咲きのアイスバーグ(氷山)ですが
ご覧のように、多花性で
丈夫な点もスグレモノ。
氷の海になった様にも見えますね。





(2011年6月15日撮影)

房咲きというよりは
フサフサ咲き!?(*´艸`)

花が沢山つきますが
意外にしゃっきり立っています。
(支柱も、もちろん使っています)






(2011年6月15日撮影)


7年前、改築したとき
窓下に土の部分を残し花壇に。

そして、白薔薇アイスバーグを
窓辺に見えるように選んで植え込みました。

右側に見えるピンクの薔薇は
セントセシリア。








(2011年6月15日撮影)


理由としては
白い花が飽きないだろうということ、
四季咲きでナンドも楽しめること、
比較的病気にも強く
なんといっても、ご覧の多花性・・・
そして
香りも決して強くはありませんが
ほのかなとてもよい香りがするからです。







(2011年6月16日撮影)


こちらが、玄関までのアプローチで
アイスバーグが家のコーナーでお出迎え。(*^-^)

右側がコーネリアで その奥が
まだご紹介していない株の
ブラッシュノアゼットです。







(2011年6月16日撮影)


こちらが、
満開のピーク時の様子でしょうか。

二株の間には
チャールズ・レイニー・マッキントッシュが
アイスバーグにサンドイッチされて咲いています。

今改めてみても、アイスバーグは
毎年良く咲いてくれる薔薇ですね。






2011.8.24

ほんとうに、良く咲く薔薇 ☆ アイスバーグ(氷山)
 




(2011年8月14日撮影)

アイスバーグ(氷山)別名シュネービッチェン(白雪姫)

この子たちは(2株ですが)夏でも本当に良く咲きます。




(2011年8月13日撮影)

リビングの窓下に地植えしていますが
花数は、本当にスゴイ、
そして繰り返しよく咲いてくれます。






(2011年8月14日撮影)

チャールズ・レイニー・マッキントッシュさんも
ピンクのお花を数輪咲かせ
まさに、花を(色を)添えてくれています。





(2011年8月14日撮影)

暑ければ、我が家のアイスバーグをお届けしようと
思っていたのに、最近の肌寒さ・・・

なにせ、気温が一気に
10度ぐらい乱高下するのですものね!
ついていけません・・・・

ニュースによるとゲリラ雨で、
またしても被害がでた地域があるようですし。


今日は、ちょっと夏に戻った感じなので
気を取り直してUPしてみました。

涼んで頂けると良いのですが・・・(*^-^)





2011.10.31


秋でもよく咲く薔薇 ☆ アイスバーグ 

 



(2011年10月19日撮影)

わが家の優等生薔薇

フロリバンダローズ(中輪房咲き)の

バラ「アイスバーグ」(氷山)
ドイツ名、
シュノービッチェン『白雪姫』の名の通り
白さまばゆい薔薇です。






(2011年10月19日撮影)

まだ10月だというのに
ニューヨークでは雪が降ったと
ニュースで見ましたが

同じ!白でも・・・

美しい白い薔薇がうれしい
秋晴れです。

一緒に咲いているのは、
チャールズレイニー・マッキントッシュさんです。






(2011年10月19日撮影)

リビングの窓辺で
白薔薇アイスバーグが
伸びやかに、ダンスを踊っています。






(2011年10月19日撮影)

「あら、私達のダンス、好評みたいね?」
「ほんと、芸術の秋だしね。
私達も、お日様に負けないぐらい
輝いて咲きたいわよね!」

なんて、おしゃべりしている?
我が家のアイスバーグちゃんたち。





(2011年10月29日撮影)

逆光に輝く花びら・・・は
純白の証明?!(*´艸`)






(2011年10月29日撮影)

「白秋」という言葉がありますが、
秋の日差しに輝く白薔薇。

アイスバーグは我が家の優等生の一人です。(*^-^)







2012.8.22


夏バラと思えない花数の薔薇 ☆ アイスバーグ 





(2012年8月18日撮影)


バラ、アイスバーグ(氷山)
別名シュネービッチェン(白雪姫)

この子たちは夏でも本当に良く咲きます。

名前までも!夏向き(*^-^)





(2012年8月18日撮影)


我が家のリビングの
窓下に地植えしています。

南向きでその前は、
カーポートにしているため
日当たり◎、風通し良好。

バラにとって大切な要素が
整っていることもあり
アイスバーグの多花性が
遺憾なく発揮されています。






(2012年8月18日撮影)


白い花は、他の花や
辺りの風景ともなじみやすく
なにより、飽きがこない点でも
スグレモノ。

四季咲き、多花性、強健種、
その上、我が家のアイスバーグは
香りもそこそこあって、
今年も変わらず
お気に入りのバラの1つです。







2012.10.23


良く咲く、白秋の薔薇 ☆ アイスバーグ 





(2012年10月22日撮影)

バラ、アイスバーグ(氷山)
別名シュネービッチェン(白雪姫)

四季咲きで、良く咲き
何時見ても
ほんとうに、真っ白な薔薇です。






(2012年10月22日撮影)


「白秋」とは五行思想で、中国において
白色を秋に配するところから、秋の異称。
アイスバーグも
秋の空にピッタリの白さで咲いています。







(2012年10月22日撮影)


この白い薔薇は、
我が家のリビングの窓辺に
地植えしているのですが
いつ見ても素適です・・・

特に、このアイスバーグは
枯れずに何時までも咲いてほしいと
願っている薔薇のひとつです。







(2012年10月22日撮影)



アイスバーグに
秋の光が
これほど似合うとは・・・

地植えして9年目を迎える今年
改めて気づきました。







2012.12.30


寒さにも強い薔薇 ☆ アイスバーグ 





(2012年12月8日撮影)

寒波が到来する前の12月上旬
ほんのり紅色の蕾が
可愛く膨らんでいた
リビング前のアイスバーグ。






(2012年12月8日撮影)


アイスバーグは氷山
別名白雪姫の名の通り、
白花ですが、ご覧のように
紅を差した蕾もチラホラあります。







(2012年12月8日撮影)

冬陽を受け
咲きかけの蕾も。

頑張って咲いてほしいと
思わず声がけしたくなります。







(2012年12月8日撮影)


そして、こんな風に咲く姿は
やはり、アイスバーグ。

真っ白で、形良く咲いてくれます。

隣の蕾は、かなり赤いですね。(*^-^)






(2012年12月8日撮影)


アイスバーグは一年を通して
本当に、沢山の花を
繰り返し見せてくれます。



その様子は→ ▲ こちら 


クリスマス寒波で
さすがにアイスバーグも
終わりかな~~と思っておりましたが
寒さがゆるんだら、又持ち直した蕾も!

ひょっとしたら、正月に
アイスバーグの開花を楽しめるかもしれません。

薔薇の力ってスゴイです!

新年こそは、見習わなくっちゃ。







2013.7.4


よく咲く薔薇 ☆ アイスバーグ






(2013年6月14日撮影)

バラ・アイスバーグ(氷山)
別名シュネービッチェン(白雪姫)

リビングの窓下に
地植えしています。


少し前の事になりますが
フロリバンダ(中輪房咲き)の
薔薇アイスバーグは、
我が家では香りもあり
今年もよく咲いてくれました。

白バラで、地植えにするには、
きらら♪イチオシの薔薇といっても
過言でもありません。


そして嬉しいことに、
四季咲きでもあるので
秋・冬ともに咲く予定。(*^-^)


沢山写真があるので
又、ご紹介させてくださいね。



*************** 


明日から、少し早めの夏休み、
つきましては「HANA魔女日記」も
10日ほど、お休みさせていただきます。

また、
皆さまのところにお邪魔するのを
楽しみにいたしておりますので
よろしく・・・


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.