花と実と魔女と

マチルダ2 ☆ コーヒーオベーション



薔薇:マチルダ




2013.6.8

お付き合いの長い!バラ ☆ マチルダ





(2013年6月1日撮影)

わたしの庭で、
古くから咲き続けてくれている
フロリバンダのバラ 「マチルダ」

今年も、お約束どおり
咲いてくれています。







(2013年6月2日撮影)


バラとしては20年以上という
かなり古木となり

そして、大きく育った
椿「加茂本阿弥」のすぐ傍ということもあり
樹勢が落ちてきていました。

そろそろ、寿命で厳しいかな~と
懸念していましたが・・・







(2013年6月3日撮影)


冬に、古くなった枝を
しっかり整理したこともあり

嬉しいことに、きれいな花を
見せてくれました。







(2013年6月3日撮影)

開花が進んで・・・





(2013年6月6日撮影)


こんな感じに、ヒラヒラに咲きます。

以前よりも、花数は少なめですが
復活しそうなマチルダさん・・・

四季咲きなので
今後にも期待していますね・・・








2013.9.15


再生道半ば?の薔薇 ☆ マチルダ





(2013年9月12日撮影)


フロリバンダローズの
バラ 「マチルダ」

我が家では
最古参の(*^-^)バラの一つです。

特長は丈夫で多花性、
香りは期待できないですが
四季咲き性が強いことも嬉しいバラ。






(2013年9月12日撮影)

ところが、我が家では
南側に植えてある
椿「加茂本阿弥」が
どんどん大きくなってきたこともあり
近年、マチルダの調子がイマヒトツ。







(2013年9月13日撮影)


そこで、加茂本阿弥を
かなり強めの剪定したことが幸いし
少しずつ、再生し始めたようです。

台風前の不安定な天候の中で
咲いていたマチルダさん。

一部開花が進んだ、ちょっと~?な
姿ですが、ご覧いただけたら嬉しいです。






2013.10.30


我が家の長寿薔薇 ☆ マチルダ






(2013年10月19日撮影)


我が家で長く育てている
フロリバンダのバラ「マチルダ」






(2013年10月19日撮影)


実は、古株で
ちょっと元気が無くなり

大きく伸びた
椿「加茂本阿弥」の下になっている
元気イマヒトツのマチルダさん。

それでも、
なんとか秋薔薇が数輪咲いています。







(2013年10月19日撮影)


ヒラタアブさんも、ご訪問中♪

来春に向けて、この冬こそは
堆肥をしっかり、
入れないといけませんね。
でも、近くに宿根草とか
植えっぱなしの球根があって
なかなか大変なのよね。(汗)







2014.1.4

新春に咲く ☆ 薔薇・マチルダ





(2014年1月1日撮影)

新春の庭に咲いている薔薇から
フロリバンダ・ローズ「マチルダ」




(2014年1月1日撮影)

春から秋はもっと、ピンクが強くでていますが
さすがに、冬の花は色がのりません。

それでも、冬の寒さの中咲いている姿は
目を引くものがあります。






(2014年1月4日撮影)

花びら、ひらひら~
雪待ち顔で?






(2014年1月4日撮影)

白いドレスを風に揺らして
マチルダのラストダンス、

マチルダさん、お疲れ様、
そろそろお休みの季節ですよ。





2014.5.30

少女の様な可憐な薔薇☆マチルダ





(2014年5月29日撮影)

私の庭に来て、何年になるでしょう?

薔薇を育てはじめた頃に迎えたマチルダ。

フロリバンダ・ローズで
四季咲き、
中輪房咲きの多花性のバラ、マチルダさん。






(2014年5月28日撮影)

株が古くなったからか?
傍の大きな
椿の陰になってしまったからか?
近年樹勢にかげりが見えていました。


昨年~今年3月にかけ
椿をかなり剪定をしたら
日の光も多く当たるようになり
色ものって、
可憐な花をつけるように
なりました。






(2014年5月28日撮影)


マチルダは、咲きはじめから
この位までが、特に可憐で
思わず「可愛く咲いてありがとう」と
声をかけたくなりますね。





(2014年5月29日撮影)

その後、開花が進み
フリフリの花びらのマチルダさんへ変化。

今は、まだ、多花性とまではいきませんが
四季咲きなので、これからの
可憐なマチルダさんの底力に
せつに、期待しています。








2014.7.24

少女の様な可憐な薔薇☆マチルダ





(2014年7月22日撮影)


少女のような・・・というのが
これほど、びったりなバラは無いのでは?と
思う、フロリバンダのバラ、マチルダ。

今時期ですから、
二番花とも、三番花?とも言えますね。







(2014年7月23日撮影)

咲き進むとこんな感じ・・・
黄色い蕊が、顔を覗かせます。

我家では、古株のほうで
すでに20年以上育てています。






(2014年7月22日撮影)


残念ながら、香りは無いものの、
丈夫で、多花性。

こうして、晩秋までも
繰り返し咲く、よい子デス。






(2014年7月23日撮影)

そんな丈夫なマチルダさんですが、
周りの椿に栄養をとられたからか、
一昨年辺りから、不調でした。

そこで、古枝を思い切って剪定し
枝数を減らしたら、復活の兆し・・・

椿の影になってしまい
日照量が足りない場所なので
花数は、あまり期待できませんが

それでも、
復調の兆しをみせるこれからが楽しみ。

バラは、本来丈夫だね!と思います。





2014.10.8

おおらかに咲く☆薔薇マチルダ





(2014年9月27日撮影)


いつも、少女のような薔薇ですと
ご紹介している
フロリバンダローズのバラ「マチルダ」





(2014年9月27日撮影)

我家では、古くから育てていて
株もかなり高齢となり・・・
その上、いつの間にか
後に植えてある椿の影となってしまい
花数は期待できない状態です。

古い枝はかなり剪定しているので
来年は、復活してくれないかしら・・・

それでも、こうして季節毎に
咲いてくれるから薔薇はスゴイ!







(2014年9月27日撮影)

その咲き姿も、見事におおらか!
蕾から、少女のような表情を見せつつ
開花が進み
ひらひらっと、花びらを風にそよがせます。

香りはありませんが
少女のようなおおらかさが
マチルダの大いなる
魅力の1つだと思います。






2015.5.21

長いお付き合いの薔薇☆マチルダ




(2015年5月18日撮影)

フロリバンダローズの
バラ「マチルダ」

今年も咲きはじめました。

咲きはじめは本当に可憐で
毎年少女のような薔薇・・・と
ご紹介してまいりました。




(2015年5月18日撮影)

わが庭の少女、マチルダも
お迎えしてから既に20余年、
成人式も過ぎ、薔薇年齢なら
かなり熟女のお年頃・・・(^m^ )

なので、樹齢的にそろそろ厳しいかな?と
思っていたのですが、
昨秋、結構しっかり剪定したからか
今年も、見劣りすることなく咲きました。




(2015年5月18日撮影)

マチルダの後ろ、南側に
大きく育った椿があり
その日陰となり
花数はあまり期待できませんが、

薔薇の可憐な魅力を教えてくれた
大切な薔薇として
これからも、見守っていきたいと思ってます。






2015.7.23

綺麗に咲いてくれた夏薔薇☆マチルダ




(2015年7月18日撮影)

わが家に迎えたのは
何時だったかしら?
というほどの古株、
フロリバンダ・ローズの
バラ「マチルダ」






(2015年7月18日撮影)

四季咲きなので、
毎年夏にも咲いてきました・・・

でも、こんなに綺麗に
咲いてくれたのは
久しぶり (*^-^)




(2015年7月18日撮影)

何時までも少女のような、
ピュアな美しさを誇る
マチルダさんですが

この猛暑は、
マチルダのお気に召したのでしょうか?
花数は多くはありませんが
思いを超えて
美しく咲いてくれたので、
嬉しい限り・・・

こんな想定外は、大歓迎!ですね。





2015.10.12


ヒラ~っと繰り返し良く咲く薔薇☆マチルダ




(2015年9月27日撮影)

わが家の薔薇の中でも
長い年月咲いている
いわば 古株の
フロリバンダローズ「マチルダ」

秋もご覧のように咲いてくれます。





(2015年9月27日撮影)

咲ききると、
ヒラ~っとした感じですが
咲ききってなお、
少女のような趣がある薔薇ですね。




(2015年9月27日撮影)

なにせ、何時迎えたかも定かではない
古株「マチルダ」さん。

人で言えば、高齢ながら
季節毎に忘れず咲く姿は天晴れ。

花の命のはかなさと
光と水とで、咲き続ける強さを
薔薇を育てながら、実感しています。





2015.11.23

秋も繰り返し良く咲く薔薇☆マチルダ




(2015年11月3日撮影)

この秋も途切れることなく咲く
フロリバンダローズ
バラ「マチルダ」



(2015年11月3日撮影)

わが家には、
20年以上も前にやってきて
樹勢はさすがに最盛期とは
比べられませんが
まだまだ、
元気ですよ~~と言っているように
繰り返し咲いています。




(2015年11月3日撮影)

花色も花姿も、乙女の印象だと
わたしは思っています。



(2015年11月3日撮影)

さすがに
ソロソロ今年はお仕舞いかな?と
思っていますが、

こんな風に可愛く咲く姿をみると
来年も、是非咲いてね!と
声を掛けたくなりますね。








2016.6.11

少女の様な可憐な花を見せてくれるわが庭の長寿の薔薇☆マチルダ




(2016年5月23日撮影)

フロリバンダローズの
バラ、マチルダ

わが家には、
20年以上も前にやってきて、
今年も、ご長寿振りを発揮して
可憐な花を見せてくれました。




(2016年5月23日撮影)

マチルダは、
咲きはじめが
特に愛らしいですね・・・




(2016年5月23日撮影)

花びらの縁が
ほんの少しひらひら、
ほんのり色づく姿も可憐です。




(2016年6月6日撮影)

次第に開花が進み、
黄色い花のしべもアクセントに。




(2016年5月25日撮影)

そして、花もちがよいことも
忘れてはいけませんね。

ご覧のように
ちょっと開きすぎながら
強い風雨に合わなければ
結構長いこと咲いています。

これで、香りがあれば・・・とは
言わないでおきましょう。(^m^ )







2017.2.16

2016年春、可憐な咲き方と花色が素敵な薔薇☆ マチルダ




(2016年5月26日撮影)

昨年5~6月頃咲いていた薔薇で
まだ未整理だった写真を中心に
UPさせていただきますね。

今日ご紹介するのは
わが家に古くから居る!(*^-^)
フロリバンダの
薔薇、マチルダ




(2016年5月26日撮影)

バラ、マチルダは、
可憐な咲き方と花色、
特に咲きはじめから6~7分咲き位が
とても素敵ですね。




(2016年5月26日撮影)

花びらの端が少し波打ち
色合いも清楚かつチャーミング。

昔からあるバラですが
お気に入りで育てていらっしゃる方も
多いようですね。



(2016年5月25日撮影)

ただ、わが庭では、
あまりにも古株なのと
(20年以上になりました)
南側で成長し続ける椿、
加茂本阿弥のすっかり
陰になっていることから
年々、花数が減ってきています。

一昔前は、ほんとうに
よく咲いてくれたのですが・・・



(2016年5月26日撮影)

そうは言っても、
今年も、いえこれからもずっと、
咲き続けて欲しい
フロリバンダローズの
「マチルダ」のご紹介でした。









2016.8.9

暑い夏でもはつらつ元気な薔薇☆マチルダ




(2016年7月16日撮影)

フロリバンダローズの
バラ、マチルダ

わが家に迎えてから
20年以上になりますね。

薔薇の超初心者で
何も分からずに迎え、
育て始めた
最初の薔薇のひとつです。




(2016年7月17日撮影)

咲きはじめが
なんともチャーミングな
マチルダさんは、

四季咲き性もしっかり!で
暑い夏も咲いてくれます。




(2016年7月17日撮影)

さすがに最盛期の頃とは
花数も比べられませんが
こうして元気に、
咲いてくれるだけで
嬉しい~ これも
長年のお付き合いゆえでしょうか。




(2016年7月19日撮影)

咲き進むと、
ちょっと開きすぎ?と
思う姿になりますが、
これもおおらかで良いかな!?



(2016年7月19日撮影)

写真は
三週間ほど前の花ですが
今も、猛暑の中 
チラホラ咲いています。



(2016年7月19日撮影)

はつらつ元気な点では
他の強健種に劣らない心意気の
優等生 マチルダ。

いよいよ始まったオリンピックで
活躍している選手達に
うちのバラたちも猛暑夏の開花で
精一杯のエールを贈っています。









2016.11.8

大人になったように見える時もある薔薇☆マチルダ




(2016年10月22日撮影)

フロリバンダローズの
薔薇、マチルダ

わが家に迎えてから
20年以上になります。



(2016年10月22日撮影)

バラ、マチルダは、
本来は四季咲きで
丈夫な薔薇なのですが
長い年月と、
隣で元気印の椿「加茂本阿弥」と
同じく、元気なつる薔薇
「ロココ」に押され気味。

今年も春・夏と咲いてはいたものの
株全体の元気は下降気味。

それでも先月、
どうにか秋薔薇を見せてくれました。



(2016年10月22日撮影)

秋薔薇ですし、
本来の乙女チックではなく
大人になったように見えますが
これもまたいいですね。




(2005年6月撮影)

ただ、本来の咲きっぷりを
知っているので↑
近年の花姿は
なんとも、忍びないです。

そして↑&↓の写真は、
良く咲いていたころ
(約11年前)のマチルダ。



(2005年6月撮影)

一部、右上に咲くのは、
これまた歴史(笑)が古く
わたしを薔薇の世界に誘ってくれた
ピエール・ドゥ・ロンサール。

マチルダのピーク時全体の姿を
ご覧いただいて
マチルダも喜ぶと思います。(*^-^)








2017.5.30

永遠に10代の少女のような印象のチャーミングな薔薇☆マチルダ



(2017年5月26日撮影)

フロリバンダ・ローズの
薔薇、マチルダ
我家に迎えてから20年以上・・・

バラ、マチルダを
育て始めたばかりの当時、
何気なくコン・デジで撮って
自宅でプリントしてみたら
意外に、いい感じ♪

その後、薔薇と写真とブログで
表現するようになって今に至ります。
これも、不思議な縁ですね。




(2017年5月26日撮影)

そんな薔薇との暮らしの
キッカケを作ってくれた
マチルダさん。

10代の少女のような印象の
四季咲きの薔薇です。




(2017年5月21日撮影)

さすがに20年以上ということと
南側のパワフルな!
加茂本阿弥(椿)の後ろに
地植えしていることもあって
お花がコンパクトになってきた感も。




(2017年5月26日撮影)

それでも、花姿は、
変わらずチャーミング。

今年も、四季咲きで
楽しませてくれることを
期待しています。








2018.3.5

2017年春、20年以上咲き続け健気でいつまでも少女を思わせるような薔薇☆マチルダ




(2017年5月28日撮影)

昨年の薔薇シーズンで
まだご紹介できないでいた写真を
時折ご紹介させていただきますね。

庭の南北の中央ライン上にある薔薇達で、
我家ではかなり歴史の古い、
フロリバンダローズの
薔薇「マチルダ」






(2017年5月26日撮影)

バラ、マチルダは
私の庭に来て、何年になるでしょう?
判然とはしていませんが
薔薇を育てはじめた頃に迎えたマチルダ。
四半世紀にはなります。




(2017年5月29日撮影)

フロリバンダ・ローズで
四季咲き、
中輪房咲きの多花性のバラ、マチルダさん。




(2017年5月28日撮影)

咲き進むと、
花色がちょっと退化してしまい
白っぽく見えますが、
金色の蕊がちょっと
ハッキリみえますかしらね。





(2017年5月29日撮影)

マチルダの後に地植えしている
白椿「加茂本阿弥」が
成長力旺盛なこともあり
次第に、樹勢がダウン、

残念ですが近年は、
ご覧のような少なめな咲き方・・・





(2017年5月31日撮影)

それでも、健気に蕾ももって
咲き始めは少女を思わせるようで、
四季咲き性も保持しています。

一昨日、昨日と、暖かな庭仕事日和でしたので
マチルダのお世話も含めて、頑張りました!

なにせ、四半世紀も咲き続けているマチルダさん、
お疲れ気味なのを理解しつつ、
今年も咲いてくれるよう、エールを贈ります。










2017.11.8


若々しい姿で我が家では20年以上前から良く咲いてくれる薔薇☆マチルダ



(2017年9月20日撮影)

フロリバンダローズの薔薇「マチルダ」

蕾の姿は、初々しくて、少女のよう・・・

実は、我家に迎えて優に20年以上になります。




(2017年9月20日撮影)

お隣には元気印の
これまた16年位になるロココが居て
背後には、樹高2m以上の椿「加茂本阿弥」と
マチルダにとって、ちょっと窮屈な状況のなか、
毎年、四季咲きを守って咲き続けています。




(2017年9月20日撮影)

ひらひらっと咲く花姿は
まさに穢れなき少女のよう、
そして、チャーミングでもありますね。




(2017年9月20日撮影)

香りは、ほぼ無く期待できませんが
主張しすぎないその姿は
年数を経ても、見飽きることの無い
ワタシにとって、
薔薇育ての原点の薔薇のひとつです。








2017.12.7


我が家で四半世紀以上咲き続けている可憐な薔薇☆マチルダ



(2017年10月8日撮影)

フロリバンダローズの薔薇「マチルダ」
我家にお迎えしてから、既に四半世紀 (*^-^)

庭の真ん中辺りに植えてますが
すぐ後ろには大きな椿「加茂本阿弥」があり

マチルダの株元のスペースが狭くなり
一寸かわいそうな状態。




(2017年10月8日撮影)

それでも
バラ、マチルダは
四季咲き性もバッチリで
可愛くキュートなお花を
秋にも楽しませてくれていました。




(2017年10月8日撮影)

限られたスペースのなかで
嬉しいことに長命な薔薇さんを
育て続けることができ、
薔薇の生命力に感動です。










2018.5.29

長年咲いているけれど四季咲きではじめは少女のような可憐な薔薇、マチルダ



(2018年5月22日撮影)

フロリバンダローズの
薔薇「マチルダ」

我家に迎えて、はや四半世紀。

長いことおつきあいしていますが
まったく飽きることのない
シンプルさの魅力を感じる
薔薇のひとつですね。




(2018年5月22日撮影)

バラ、マチルダは
咲きはじめ、
少女のような印象が魅力的・・・

花芯の濃い目の色が
外側になるにつれ薄くなり
波打つ花びらの縁も、
とってもキュート。




(2018年5月23日撮影)

気温の上昇もあり、
翌日は開花がすすんで
少女が、乙女に・・・



(2018年5月23日撮影)

古い株なので、
花付きが少なくなってきたので
冬に剪定をしっかりして、
肥料も多めに・・・(*^-^)

薔薇の神様への願いが
届いたのでしょう。
今年は近年になく、
マチルダらしい
キュートな花が咲きました。










2018.9.6

咲き進んでも可愛らしく咲ている四季咲きの素敵な薔薇、マチルダ



(2018年8月25日撮影)

可愛いという形容が
ぴったりではないかと思うのが
今日、ご紹介の薔薇「マチルダ」



(2018年8月25日撮影)

このバラ、マチルダは
実は春に新苗で買ってきた鉢植えの花で
(超バーゲンだったので)
地植えにしているの古株「マチルダお姉さん」の
「年の離れた妹!マチルダ」です。(笑)



(2018年8月25日撮影)

夏の終わりの花の
開き切った姿ですが、
蕊がまだ黄金色で、
きれいに咲いています。

少女のような印象の薔薇ですので
形容詞はやっぱり、
かわいい♪マチルダさんですね、。







2018.12.31


長年咲いていて四季咲き、はじめは少女のような可憐な薔薇、マチルダ




(2018年12月12日撮影)

フロリバンダローズの
薔薇、マチルダ

わが家に迎えてから
20年以上になります。

清楚で少女のような花姿は
いつみても、心和みます。




(2018年12月12日撮影)

ただ、椿・加茂本阿弥と
つるバラロココの
勢いに押されぎみのマチルダさん。
このところ、
樹勢にお疲れが見えてきて・・・

そんな心配をよそに、
けなげにも寒空の下
バラ、マチルダの
個性そのままの姿で
咲いていました。



(2018年12月12日撮影)

今年も、
バラと旅のブログに
お付き合いくださいまして
ありがとうございました。

早いもので、今年もあと数時間・・・

新聞によると
除夜の鐘を昼間に鳴らす
お寺も増えてきたとか・・・
時代なんでしょうかね。

時代の変遷を感じることも多い
この頃ですが
無事一年を過ごせ、感謝しております。

皆様には、良い新年をお迎えくださいませ。
新年も、どうぞよろしくお願い致します。









2019.2.14


2018年の薔薇☆我が家で四半世紀以上咲き続けている四季咲きで可憐な薔薇☆マチルダ




(2018年5月27日撮影)


2018年の薔薇達を
まだ未掲載の薔薇の写真を中心に
ご紹介させていただきますね。

今回はわたしの庭で、
古くから咲き続けてくれている
フロリバンダの薔薇、マチルダ




(2018年5月23日撮影)

かれこれ、
25年以上にはなるでしょうか、
私が薔薇の写真を
最初にデジカメで撮って
使い始めのパソコンで
プリントアウトしたのが
今日ご紹介のバラ、マチルダです。



(2018年5月27日撮影)

薔薇のことなど
何も知らずに、
それでも友人の勧めで
迎えた薔薇、写真に撮ってみたら、
思わず、いいじゃない~と
ひとり、早合点させてくれた
記念の薔薇でもあります。




(2018年5月27日撮影)

フロリバンダで、四季咲き、
可憐な少女のような印象の薔薇で
香りこそありませんが、
とても丈夫で、今に至っています。



(2018年5月27日撮影)

残念ながら、樹齢と傍にある
加茂本阿弥という白椿の木陰になってしまい
樹勢が落ちてきているのが気になりますが

私にとっての薔薇育て原点ともいえる薔薇、
どうか、今年も可憐なお花を見せてくださいね!と
願っているこの頃です。




にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj







































2005・7・3





ポリアンサローズ「コーヒーオベーション」


去年の晩秋にホームセンターでお買い得品をもとめ、
花後に地植えしました。

薔薇は強いですね~、寒さなんかにはびくともせず
しっかり根つき、7月3日の満開の姿です。
新品種として花屋さんで見かけたのは何年も前。
いつも、迷っていましたが、だいぶお手ごろ価格になっていたので
ついに、一鉢買ってきました♪

コーヒーオベーション、
ロウ細工のような花びらがなんとも不思議♪
花付きも結構良いようで、
早く二番花が咲いてくれないかな~と
密かに楽しみにしています。


ガイドブックによると、テラコッタの鉢に植えるのが似合いそう・・・
とありましたが、地植えにしてしまいました。

皆様はミニよりチョット大きめのポリアンサの種類は
どのように育てていらっしゃいますか?

















2005・10




ポリアンサローズ「コーヒーオベーション」
花もちもすこぶるよく、初夏からず~っと繰り返し咲いてくれています。







近づいてみるとこんな感じです。

背丈が低いものの、
蝋細工のような、独特な花びらと
その名の通り、茶系の薔薇は、
個性派の薔薇のひとつかもしれません。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.