花と実と魔女と

ストロベリーアイス







覆輪の花びらの薔薇☆ストロベリーアイス



 2002     6.6


Sさんのばら


*************************************

2002      10.20



ストロベリーアイス



春まだ浅き頃から、
晩秋まで私の庭で次々と花を見せてくれるのが
マチルダと写真のバラ、ストロベリー・アイス。
共にフロリバンダのバラたちです。


この薔薇、ストロベリー・アイスは数年前に友人から
名無しのバラだけど
挿し芽で増えたのでよかったらと頂いた一苗。
覆輪の花びらにはフリルが入ってとてもチャーミング。


見る見る大きく育ち、
(いま思えばこれは半つる性だからだったのですが)
春先から、秋の終わりまで花を楽しむことが出来ます。
特に、今頃の時期は気温も低く
花持ちが良く深く冴えた色合いで開花。
切花にも適します。


私の庭でピエール・ド・ロンサールが春の主役なら
さしずめストロベリー・アイスとマチルダが秋の主役です。









小花ライン







2003      春








何年も前に友人に挿し木をして頂き、
地植えで大きく成長している薔薇「ストロベリーアイス」
蕾、咲きかけ、開花の、3姉妹が仲良く並んでいます。

友人が言うには「ミニ薔薇だったのよ~」
「で、庭に下ろしたらどんどん成長して花付きもいいの。
 名前は、分からないけどもらってくれる~?」

「頂きますとも、頂きますとも喜んで...」と我が家にお迎えしました。


ひらり~とした紅色の縁取りも可愛いフロリバンダ。
マチルダや、他のバラちゃんたちに少々押され気味になってきたので、
今年は挿し木でもしてみようかな?
別に鉢で育ててみるのもいいかも...

こうやって、又増えていくんですよね~(笑)



*************************************









2003      秋









ストロベリーソフトクリームというのがぴったりなような
フロリバンダローズの薔薇、ストロベリーアイス

ズ~ッと前に友人の庭の一枝を挿し木して我が家でも
グングン成長してくれています。
きっと、強健種なんでしょうね。


冬薔薇の一輪は、花びらが少し傷ついていますが
くれない色濃くひらひらの半八重の花びらが可愛い...かな?


ところで、苺の真ん中に切れ込みをいれ生クリームをトッピングして、
凍らせたデザートをご存知ですか?

何年か前から出回っている商品ですが
そのデザートを食べる度に、このバラを思い出すんですよ。









小花ライン









*********************************







2004         初夏









なんとも美味しそうな名前のバラ、ストロベリーアイス
昨日に続いて6月頃カメラに収めたバラです。


何年も前に挿し木から育て、
今では2メートル位に成長したフロリバンダ・ローズ。



なお背景に見える葉は椿「加茂本阿弥」も混ざっており、
バラの葉っぱだけではありませぬ、念のため。(笑)


それにしても、フロリバンダはどうして花付きがいいのでしょうか?

この子もそうですが、フロリバンダ仲間の「マチルダ」は
日当たりよいベストポジションに居を構えているせいか
この夏中花をつけていました、それも沢山☆☆☆



いまは仮住まいで、今日のストロベリーアイスやマチルダとは
しばし別居中(笑)・・・
せっかくのこぼれ咲くバラを堪能できなかったのは残念でした。



離れてみれば なお恋しい・・・・・
バラも同じでございますわよ、みなさまっ (ё_ё)ポッ
















2005・10・12







今日の薔薇はその名も「ストロベリーアイス」
美味しそうな名前でしょう?

実は春から途切れることなく咲き続けているのですが、
ついつい、ご紹介するのが遅くなってしまいました。



淡い色合いの薔薇が多い我が家で
この子だけはチャーミングな色合いのツートンカラー。
花びらも端っこがフリフリで、
どちらかというと、おてんば少女のような印象の薔薇です。

そんなバラ、ストロベリーアイスですが、
今日ばかりはチョット大人の雰囲気で撮れたかも・・・

写真の株を親株とした
挿し木苗も花をつけるくらいに大きくなったので、
その子も、将来は親株の近くに地植えするつもりです。
(そんなスペースあるかな~とフト不安がよぎりますが・・笑)








2006・9・2

アイスクリームも暑さで溶けた薔薇 ☆ ストロベリー・アイス






フロリバンダローズのバラ「ストロベリーアイス」
その名の通り、一番花は、
白を中心にしたストロベリーカラーの覆輪です。


でも夏の花は全体がピンク色になってしまうのね~
アイスクリームが暑さで溶けた感じかな?(笑)









ピンクのストロベリーアイスも
花びらがヒラヒラ波打っているところは一番花と同じ?(^.^)
花がやや小ぶりなのは仕方ないですね。


こうして我が庭のバラたちは、
ポツポツとでも一番花から秋薔薇まで色々咲いてくれて、
暑さの中での、庭作業を応援してくれています。





*****・・・******・・・*****・・・******






昨日は「防災の日」でしたね。
テレビで紹介された所では、
豪雨のなか訓練がおこなわれたようです。

今年初めて、お隣の国、韓国から
救助のエキスパート達が来日。

生憎の天候の中、訓練に参加してくれて
オリンピック候補地に名乗りを上げることになった
石原都知事さんも カムサムニダとお礼を仰ってました。

他にも、アメリカの大きな軍艦が参加していたようですが、
こういう国際交流って、心温まりますね。


こういうことが積み重なって、
人と人とがつながっていくと良いですね。








2008・7・10


挿し木でもこんなに立派 ☆ 薔薇・ストロベリーアイス




(6月1日撮影)

我が家に来てから
はて、何年ぐらいになるでしょうか・・・

フロリバンダローズのバラ「ストロベリーアイス」
咲き始めの姿です。




(6月3日撮影)

それにしても、ストロベリーアイスとは
なんと美味しそうな名前でしょう!

今年は例年になく覆輪の花色がクッキリ。
よりスイートなストロベリーアイス!!となりました。

ただし惜しいかな、イチゴの香りもアイスの香りも、
薔薇の香りもしません。







(6月3日撮影)


実は、この薔薇のお母さんは
友人のお宅で、年々大株になって・・・
ピーク時はこぼれんばかりの花で
薔薇の木、丸ごと多い尽くされています。




(6月5日撮影)


我が家に挿し木苗でお迎えしてから
10年以上にはなります。

友人宅の、お母さんバラと同じにはいきませんが
地植え、鉢上げと過酷な運命をものともせず
今年も元気に咲いてくれました。





(6月7日撮影)

右に写っている房咲きの蕾は
オールドローズの「ブラッシュ ノアゼット」

左側に1輪写っているオレンジの薔薇は「サンレモ」です。







2011.11.28


久しぶりで咲いた薔薇 ☆ ストロベリーアイス


 



(2011年11月27日撮影)

ストロベリーアイス、
なんとおいしそうなお名前なんでしょう!

どこのお店のアイス?!
なんて、思われた方、ゴメンなさい。

これはお口に入れることは出来ませんが、
とてもチャーミングなモダンローズ。





(2011年11月27日撮影)

覆輪(縁取り)のひらひら花びらが
とても可愛いバラ、ストロベリーアイス
我が家にやってきたのは2001年。

友人が挿し芽してくれた
苗を頂きました。

狭い庭のなかで、申し訳ないことには
日照たっぷりとはいかない
大きくなった椿の下や東側にと
なんどか、引越しもさせちゃいました。

そして、昨年から鉢上げして
日の当たる場所へとお引越し。






(2011年11月27日撮影)


漸く、何年ぶりかで
春から今まで、咲いてくれるようになり・・・

秋も深まりを見せる中
ご覧のように、
可憐なストロベリーアイスさんが
お顔をみせてくれました。

晩秋のデザートではなく(*^-^)
ご褒美の一輪が光に輝いています。







2012.6.12


挿し木から10数年の薔薇 ☆ ストロベリーアイス





(2012年6月3日撮影)

10数年前に友人が挿し木して
我が家に持ってきてくれた
フロリバンダの
バラ「ストロベリーアイス」







(2012年6月6日撮影)


今年は、
とてもよく咲いてくれました。
なんと、
友人が小さな鉢で求めたときは
ミニバラ扱いで
地植えしてみたら
グングンおおきくなったのよ!とのこと。







(2012年6月10日撮影)


我が家にやってきてはや10数年
鉢で管理後、地植え。

その後も数度、あちこち移動して
今は、鉢に戻り
見事に咲いてくれています。

今回の大雨にあたってもご覧の通り(*^-^)
丈夫です・・・






(2012年6月10日撮影)


ヒラヒラ花びらに
縁取りの濃い目のピンク。

香りはないものの、花もちがよく
なが~~く楽しめます。





2014.2.14


美味しそう? ☆ 挿し木からの薔薇・ストロベリーアイス






(2013年6月10日撮影)

なんとも、美味しそうな名前の薔薇
「ストロベリーアイス」

こちらも昨年、
紹介し切れなかった薔薇の1つです。






(2013年6月7日撮影)

友人が長く育てている
ストロベリーアイスからの
挿し木苗が、
わが家にやってきたのは10数年前のこと。

それ以来、庭のあっちこっち
転々としながら、
漸く鉢管理で落ち着いたのが数年前。




(2013年6月12日撮影)

ヒラヒラの縁取りのイチゴ色が
可愛い、あどけない表情・・・

(残念ながら、香りは期待できません。
モチロン、苺の香りもいたしません・笑)






(2013年6月8日撮影)

それでも、花径8~9センチの花が
沢山咲くと、目立つ存在です。





(2013年6月9日撮影)

そして、鉢管理にして数年目を迎えた
昨年は、今まで以上に沢山咲きました。





(2013年6月12日撮影)


地植えのほうが、
伸びやかに咲くかとは思いますが
日向の場所が限られていて・・・

今年も鉢のなかで、
沢山咲いてくれると嬉しいです。






2015.1.20


挿し木からの薔薇☆ストロベリーアイス





(2014年5月31日撮影)

このバラのお名前は、ストロベリーアイス。
美味しそうでしょ?(*^-^)

分かりやすく覚えやすいネーミングですね。





(2014年6月1日撮影)

実は、14~15年くらい前に、
友人の親バラの挿し木苗を頂き

鉢や地植えと移動させながら
長年育ててきました。

ところが昨年は、花つきがイマヒトツ。






(2014年6月4日撮影)

友人宅の親木では、
諦めて、ばっさり剪定したら
またまた、元気に沢山の花を咲かせていました。

理由は、もともとが
接木苗ではなく、挿し木苗だから?
それとも、古くなりすぎたから?

はたまた、育て方?

今年はもう少し元気に
咲いてくれるとイイナと思っています。






2015.5.31

美味しそうな名前の薔薇☆ストロベリーアイス




(2015年5月22日撮影)

フロリバンダローズの
バラ「ストロベリーアイス」

クッキリした
縁取りがきれいな薔薇ですね。




(2015年5月22日撮影)

美味しそうな名前の
薔薇「ストロベリーアイス」
何時だったか忘れるほど前に(^m^ )
友人宅の一枝を
挿し木していただいたものです。





(2015年5月23日撮影)

丈夫そうなのを理由に、
地植えで、
狭い庭をアチコチお引越し。

結果、お日様不足から鉢上げして
今日に至ります。





(2015年5月23日撮影)

花もちバツグンで、
鮮やかな花色で咲きはじめ
白っぽい花びらをヒラヒラさせ、
その後、かなり長もちします。





(2015年5月25日撮影)

全体像はこんな感じですが
わが家の古参フロリバンダ
「マチルダ」同様
復活力はかなりのクラス。

元気印の「ストロベリーアイス」でした。





2015.10.29

秋も美味しそうな薔薇☆ストロベリーアイス




(2015年10月10日撮影)

最近急に秋が深まりましたね。
北海道では雪も降ったようです。

さて、今日ご紹介するのは、
秋も美味しい・・・ではなく、
よく咲く、ストロベリーアイス。



(2015年10月12日撮影)

友人の家の大きなストロベリーアイスを
挿し芽して、我が家に迎えてから
何年になるでしょう?
はや、20年位かも・・・。



(2015年10月18日撮影)

地植えしたり、鉢上げしたり
あっちこっちと、移動させてしまったこともあり
しっかり大きく育たないうちに高齢化の兆しも。

でも 今年も春から秋へ
繰り返し咲いてくれました。




2016.8.17

挿し木苗から長年咲いている薔薇☆ストロベリーアイス




(2016年7月24日撮影)

20年以上も前に、
友人が育てている
薔薇、ストロベリーアイスからの
挿し木苗を頂きました。




(2016年7月24日撮影)

何度か
植えた場所を変えた後、
鉢栽培とし、
これまた10年以上経過・・・




(2016年7月24日撮影)

漸く、ここ数年花を
沢山つけるようになりました。
(本来、強健で多花性です)



(2016年7月24日撮影)

覆輪の可愛い花が、
春に続いて、
夏もそれなりに咲きました。

健康的な少女を思わせる
バラ、ストロベリーアイス。




(2016年7月24日撮影)

友人の庭の親木は
元気が無くなったので
一旦小さくしたら、
又グングン育って
花を沢山咲かせていました。

強健のストロベリーアイス。
可愛くて元気!
この薔薇の大きな特徴ですね。









2016.9.23

四季咲きで覆輪が可愛らしい薔薇☆ストロベリーアイス




(2016年9月17日撮影)

1973年、イギリス生まれの
フロリバンダローズ。

20年以上も前に、
友人が地植えで大きく育てている
薔薇、ストロベリーアイスの
挿し木苗を頂きました。

植え場所を何度か替え
今は鉢で育てています。




(2016年9月17日撮影)

八重の平咲きで、
覆輪が可愛らしく
ストロベリーアイスの名前がピッタリ。

健康的な少女のような印象も!




(2016年9月17日撮影)

バラ、ストロベリーアイスは
春は、もう少し
花びらのヒラヒラが大きく
華やかさもあります。
こうして
四季咲き性をしっかり発揮して
楽しめるのは嬉しいものですね。

強い剪定にも耐えるので
花壇でも楽しめます。







2017.11.2

まだ、アイスもおいしいよ!と言っているような秋の薔薇☆ストロベリーアイス




(2017年9月9日撮影)

9月初めに咲いていた
薔薇、ストロベリーアイス。

ちょっと傷ついて儚げだけど、
まだ、アイスもおいしいよ!と言っているよう(*^-^)




(2017年9月9日撮影)

我家のバラ、ストロベリーアイスは
もう大分前(20年以上も前)に、
友人の庭の挿し芽をいただいて
地植えのしたり、鉢上げしたり・・・で
今にいたっています。




(2017年9月9日撮影)

それでも丈夫で健気に咲いていますし
春には、もっとストロベリーアイスまんまな
素敵な花を楽しんでいます。

株もとの、友人の庭でも、さすがにもうだめかな?と
バッサリ強剪定したら、
見事復活してこの春は、たくさん咲いていました。
葉も病気になりにくく、強健種なんですね。






2017.11.29

覆輪がチャーミングで繰り返しよく咲いてくれる秋の薔薇☆ストロベリーアイス




(2017年10月1日撮影)

フロリバンダローズの
薔薇ストロベリーアイス。
1973年、イギリス生まれ、
覆輪がチャーミングで、
四季咲き、繰り返しよく咲いてくれます。





(2017年10月1日撮影)

ずっと前に
(もう年数も忘れましたが20年以上前)
友人の庭のストロベリーアイスの
挿し木苗を迎え
庭をアッチコッチと移動したあと
鉢植え管理歴が
長くなってしまった薔薇で・・・





(2017年10月1日撮影)

ストロベリーアイスとは
よくぞ名づけたと思うほど、
ピッタリの名だと思いますが
いかがでしょう?


**********


ここ数日、忙しくて
ブログは更新しますが
皆様のところに伺えないと思いますので
よろしくお願いいたします。






2018.10.5


覆輪がチャーミングで繰り返しよく咲いてくれる薔薇、ストロベリーアイス




(2018年9月16日撮影)

薔薇、ストロベリーアイスは、
美味しそうな名前の
フロリバンダローズです。



(2018年9月16日撮影)

我が家にやってきたのは、
もうだいぶ前・・・
20年以上前になります。

友人の庭で咲いている
バラ、ストロベリーアイスの
挿し木苗をいただいて
鉢で管理、一時地植えしたりしながら
ここ数年は鉢で育てています。



(2018年9月16日撮影)

薔薇ですから、やはり日光が大好きで
他の植物(大きく育ったバラや椿)の
陰にいた時は
花付きも良くなかったのですが

しっかり太陽にあたる場所に
鉢を移動してみたら、
こうして、四季咲きで、
繰り返し良く咲いてくれます。

やはり、お日様は大事!と
改めて気づかされたバラの一つですね。




にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj









よかったら聞いてください「こころ」


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.