花と実と魔女と

羽衣






2003


つる薔薇「羽衣」







四季咲きのつるバラ「羽衣」
うちの子は、まだ鉢植えサイズですが、
ご近所のバラ屋敷!では、
シーズンに大輪が咲きそろいます。


当地ではバラが有名なお庭で
オープンガーデンにはしていませんが
フェンスに絡まる「羽衣」が目を見張るほどの圧巻です。


クライミング(つる)ローズなので、
これから大きくなりそうな予感。
うちの子も、塀に沿わせてみようかしら...思案中です。(*^_^*)









天女の舞を夢見て☆つる薔薇「羽衣」

2006・3・1  記






2005・7・3  撮影





四季咲きのつる薔薇「羽衣」

その名が示すように日本K社作出で

ご覧のように大変整った形で、きっちり☆剣弁高芯咲き。




参考書(笑)によると、
澄んだピンク色の花を枝いっぱいに咲かせるとありますが
なぜかいまのところポチポチとしか咲いてくれません・・・



昨年地植えするまでは、鉢で育てており
そのときはツルの伸びもいまひとつで、
地植え後は、ツルはぐんぐん伸びたものの、肝心の花数が・・・(~_~;)


ま、株の成熟で花数が変わったりするタイプもいるようなので
この羽衣さんは、きっとおくてなのだろうと、勝手に解釈しております。


果てさて、今年はいかがなものでしょうか?
今年こそ、天女のような舞を見せてくれることを
期待してますわよ、羽衣さん♪










2007・6・5


今年もすごくなって来た我が家の薔薇達☆デンティベス・羽衣・ソンブレイユ 






(6月4日撮影)

家の前、道路から見たバラたちの一部です。

左側のピンクのバラはデンティベス、
一際ぐんと伸びているシュートは
あまりに背が高くなったので、今朝カットいたしましたが
それにしてもデンティベスさんは直立型、
天を指してぐんぐん伸びて次々咲いています。







(6月6日撮影)

お隣との境で
こんな風に色鮮やかに咲き誇っています。

この色は我が家のピンクちゃんたちの中で
明度も彩度も高いほうかな・・・






(6月4日撮影)


こちらは真ん中より少し右に

陣取って、これまた拡大中の「羽衣」

大きな花がこぼれんばかりに咲き競っています。

羽衣の上や左の沢山の蕾は

半つる薔薇の「シュネーケニギン」

こちらも、昨年に増して、

すごいことになりそうな予感。







(6月2日撮影)






(6月5日撮影)


羽衣は、こんな感じで咲いていますが
道行く人が楽しんでくださっているようです。(^.^)






(6月4日撮影)


その羽衣の右側に
「ソンブレイユ」(オールドローズ)
ティローズのクライマーでこちらは香りも楽しめます。

返り咲くといいますが、
昨年まで我が家ではほんの少ししか咲きませんでした。
果たして、今年はどうかしら?

日照不足や、半日陰でも遜色無い生育振りといわれていますが
確かに、すご~い成長振りです。







(6月5日撮影)






(5月27日撮影)



ロゼット咲きのソンブレイユさん。
こんなお顔ですよ。

でもこんな風にお顔を間近でみれるのは
全体の一部で、ほとんどはパーゴラに沿って
上のほうで咲いている姿は
気持ち良さそうです。







2008・2・5


'07年の我が庭の思い出の薔薇達(2)☆「羽衣」






(6月9日撮影)


春が、待ち遠しい2月。
昨年の撮り置きを整理していると
あ~こんなに咲いていた時期もあったな~と
昨年のことなのに、遠い日のことのように感じます。

やはり、窓の外に見える裸んぼうの
棘付き棒っきれの景色のせいでしょうか?(笑)

気を取り直して、今日の主役は「羽衣」





(6月9日撮影)


「羽衣」といえば、
三保の松原に舞い降りた天女の羽衣(薄絹?)を思い出しますが

つる薔薇「羽衣」は澄んだピンクで
花も大ぶりですから存在感があります。





(6月9日撮影)

我が家の羽衣ちゃんは、育て始めて5年、
最初の頃は花数もボチボチでオクテな子だったのですが、
昨年はご覧のように枝いっぱいに咲いてくれました。





(6月9日撮影)

花が大きく重いからでしょう、
しだれるように咲きすすみます。

羽衣の後ろに見える無数の蕾はシュネーケニギン。
薔薇も咲く時期が少しずつ異なり、
そのぶん楽しむ期間が長くなります。(^.^)




(6月9日撮影)


バラたちの後ろの見えるのは、お隣の杉。
ドンドコ伸びて、天まで届く勢い!
ここまで伸びると、剪定・・・というレベルではなくなり、
お隣さんは、どうしようもないと考えているようです。


画像左下に紫色のマダムイザークペレールが見えてますが。
今年はマダムイザークペレールが
表にももっと見えるように、誘引するつもりです。




(6月9日撮影)


つるバラは、一株から咲く花数を考えると、
かなりお得感があり、育てがいがあります。

ともかく、花がいっぱい!(たまに例外もありますが)

でも誘引や消毒がたいへんというのも、事実です。








2009・3・3

天女の舞い ☆ つる薔薇「羽衣」1




(2008年6月3日撮影)

昨年の6月ブログで
ご紹介し切れなかったバラのひとつ
「羽衣」

天女の舞をみせるかに
伸び伸び咲いてくれる、つるバラです。





(2008年6月3日撮影)


ピンクの花の巻きもうつくしく、
色合も、我が家の中ではハッキリしたピンク。

昨日ご紹介したソンブレイユの
左隣に咲いています。





(2008年6月3日撮影)

大輪ですし、
遠めにも美しく映える薔薇のひとつでしょう。





(2008年6月8日撮影)

その羽衣は写真中央のピンクの薔薇で
道路側の薔薇のアクセントになって
引き締める役目、フォーカルポイント的一株。





(2008年6月8日撮影)

左側の小輪の薔薇は。シュネーケニギン。
大きさも色合も このコラボは
いい感じの組み合わせになっていると思います。


つる薔薇「羽衣」
この続きもモチロンあります(笑)
また、見てやってくださいませ。








2009・3・5

天女の舞い ☆ つる薔薇 羽衣2




(2008年6月8日撮影)

昨日の続きです・・・
昨年の6月ブログで
ご紹介し切れなかったバラのひとつ「羽衣」







(2008年6月7日撮影)

直径12~3センチはあったと思うのですが
一輪が結構大ぶりです。

その大輪がご覧のようにたわわ・・・(^.^)





(2008年6月14日撮影)


今の私には、なんだかプリザの大輪を
開花させたようにもみえます・・・(*´艸`)





(2008年6月14日撮影)

羽衣の隣はシュネーケニギン。

屋根までとどくかに見えますね。
写真のマジックで?家はず~っと奥にあるのですが・・・





(2008年6月14日撮影)


この写真をみると
思わず頬がゆるみます(^.^)(^.^)(^.^)





(2008年6月14日撮影)


この写真の右側白バラはソンブレイユ、
その上方は、ウィリアムモリスとなります。

今年もこのコラボが楽しめるでしょうか・・・

2月の寒い日、剪定誘引したことを思えば、
大いに期待したいところです。







2010・6・18


天女の夢を見ましょう ☆ つる薔薇・羽衣
 




(2010年6月11日撮影)


塀に沿わせて植えてある我が家のバラたち・・・
今日、ご紹介するのは
ピンクの花色も艶やかな「羽衣」







(2010年6月11日撮影)

大輪のつる薔薇「羽衣」は
その名が示すように日本作出で
ご覧のように大変整った形で、剣弁高芯咲き。








(2010年6月11日撮影)

きっちりした花形が
ご覧のように並んで
いっぱい咲いてくれます。







(2010年6月11日撮影)

左となりにみえる
無数の蕾がこれから咲く、
シェニーケニギン。







(2010年6月11日撮影)

右の白バラはソンブレイユ。







(2010年6月11日撮影)

塀に沿った形で
ヨコから見ると、こんな感じ♪







(2010年6月12日撮影)

なだれを打つように
大輪の羽衣が咲く姿は
目を引きますね・・・







(2010年6月12日撮影)

この頃続いた好天に
左側のシュネーケニギンも
ちらほら咲き始めました。







(2010年6月12日撮影)


この姿を楽しみたくて、
道路向いについつい、
何度もわたって ニンマリしている
怪しいHANA魔女なのです・・・・・





2011.8.3

天女が舞うように咲く☆ ツル薔薇「羽衣」 
 




(2011年6月5日撮影)


つる薔薇「羽衣」

その名が示すように日本作出、

整った形で、きっちり☆剣弁高芯咲き。






(2011年6月6日撮影)


昔ながらのゴージャスな咲き方ですが

フォーマルな印象です。





(2011年6月8日撮影)

横顔もなかなかの美人さん♪

正統派美人薔薇とでも申しましょうか・・・(*^-^)





(2011年6月8日撮影)

一輪一輪も大きく
見ごたえがあり、

羽衣が舞う形を想像した
命名者のお気持ちも分かります。






(2011年6月8日撮影)


我が家の道路際の塀に
誘引しているのですが

道行く人のなかには、
見上げている方も
いらっしゃるようです。






(2011年6月9日撮影)

右上の白いバラはソンブレイユ
左下の白いつる薔薇は
シュネーケニギン。

今年はちょうどいいタイミングで
コラボして咲く姿も
ピンクと白でGOOD!

上の写真で五分咲き位です。

この先に満開のピークをむかえますが
それは、次回ご紹介と
いたしましょう・・・







2012.2.22


早く会いたい!つる薔薇 ☆ 羽衣 その1





(2011年6月10日撮影)

我が家の道路側の塀に誘引している
つる薔薇「羽衣」

昨年6月にご紹介しないままだった
満開時の様子です。






(2011年6月10日撮影)

我が家にしては、
ハッキリしたピンクで
大輪なこともあり
存在感のあるツル薔薇です。






(2011年6月12日撮影)

角度を変えてみると
手前が花数では圧巻のシュネーケニギン、

右奥にみえるのは
バフビューティ。

どの子も、満開!
まさにピーク時ですね(*^-^)





(2011年6月12日撮影)

正面からみると
向かって左、
小さめの白薔薇はシュネーケニギン、
真ん中の大きめなピンクが羽衣、
右上の白薔薇は、ソンブレイユ。

上の左側のピンクは
ウィリアムモーリスと
我が家は
つる薔薇が多いのが特長かもしれません。

・・・ つづく ・・・









2012.2.24


早く会いたい!つる薔薇 ☆ 羽衣 その2





(2011年6月12日撮影)

先日に引き続き
昨年撮りだめしていた
つる薔薇 羽衣のご紹介。
まずは、羽衣のブーケ(*^-^)





(2011年6月12日撮影)

剣弁高芯咲きの
くっきりしたフォルム、
ピンク色もやや濃い目ですから
インパクト大?(*´艸`)

片親がニュードーンの実生といいますから
なるほど、そっくりかも・・・。







(2011年6月12日撮影)

こんなブーケも、花嫁様の
お色直しにぴったりですね。







(2011年6月13日撮影)


あまた咲く花の重さにしだれ咲く
羽衣の姿は圧巻です。






(2011年6月12日撮影)

道路側の塀の半分は
こんな感じです。

左側の小ぶりの
白薔薇シュネーケニギンも
地上の雲海?のようで、
迫力ありますね (*^-^)

あふれんばかりに薔薇咲く季節、
薔薇の香りに包まれて
沢山の羽衣に会いたい・・・

寒さの厳しい今の
私の願いです。






2013.2.15

大輪のピンクのつる薔薇 ☆ 羽衣





(2012年6月2日撮影)


昨年紹介しきれなかった
我が家で、10年以上育てている
四季咲きのつるバラ「羽衣」

南面通りの塀に沿わせ
シュネーケニギンに並べ咲かせています。






(2012年6月2日撮影)

天女の羽衣をイメージしたのでしょうね、
作出は鈴木正三氏。
大変整った形での剣弁高芯咲きです。






(2012年6月4日撮影)


蕾が房になってつき、
多花性であることを表しています。

一枝ごとに、蕾がいっぱい!






(2012年6月5日撮影)

近づいてみると
こんな風にグルグル巻き。

花の芯を包み込むように
花びらが巻いています。

開いても開いても・・・
花びら。

見続けていると、この花姿には、
この色しかない!って思えてきます。






(2012年6月8日撮影)


深い緑の海に
浮かび上がって咲く「羽衣」

天女の舞が見られる
6月が恋しい・・・



********** つづく **********





2013.2.18

大輪のピンクのつる薔薇 ☆ 羽衣(2)





(2012年6月8日撮影)

先日ご紹介した
日本生まれのつるバラ「羽衣」

大輪のピンクの薔薇、昨年の姿に
もう一日、おつきあいくださいませ。






(2012年6月6日撮影)

南面の道路に面する塀に並んで
半分くらい咲いているところ。

大輪なので、咲き始めでも
インパクトありますね。







(2012年6月8日撮影)

一輪一輪がグルグルっと
花びらの渦・・・

その渦が押し寄せるように
一面咲いてくれました。








(2012年6月8日撮影)

西から、東方向へ
歩きながら見上げると
こんな感じに見えます。

迫力たっぷり(^m^ )






(2012年6月9日撮影)

右上側の白いつる薔薇は
「ソンブレイユ」

左隣側の白い小さめの花が
シュネーケニギンです。







(2012年6月9日撮影)


左上の黄色い薔薇はグラハムトーマス、
右上の白いつるバラがソンブレイユ、
入り口にあるパーゴラに絡ませてあり、

それぞれがたった一株、
園芸屋さんで見かける小さな花苗サイズから
育った子たちです。

つる薔薇の多くは生育旺盛で
ご覧のように、ぐんぐん伸びて
多くの花を咲かせてくれます。

そのための誘引剪定が、
冬の大事な作業ではありますが・・・






2014.4.17

華やかなピンクのつる薔薇☆羽衣





(2013年6月2日撮影)

昨年、薔薇のベストシーズンに
ご紹介し切れなかった薔薇シリーズ、
今日は、四季咲き性のあるつるバラ「羽衣」

咲き始めの姿は
濃い目のピンクですね。






(2013年6月15日撮影)

大輪のつる薔薇「羽衣」は
その名が示すように日本作出で
ご覧のように大変整った形で、
剣弁高芯咲き。





(2013年6月15日撮影)


大輪なので開き始めると
ゴージャスな印象に。






(2013年6月15日撮影)

そして整った花姿の「羽衣」さんが
並んでいると、こんな感じ♪





(2013年6月10日撮影)

もうひとつの特徴、花つきも良く
大きな薔薇が沢山咲き
道路側の塀を覆うように咲く姿には、
おのずと目がいきます。

次回は、全体の様子をご紹介予定・・・
羽衣さんに、もう一度お付き合い下さいませ。




2014.4.17

華やかなピンクのつる薔薇☆羽衣 (2)






(2013年6月15日撮影)

昨年、薔薇のベストシーズンに
ご紹介し切れなかった薔薇シリーズ、
昨日に引き続き、「羽衣」

満開時の様子です。





(2013年6月10日撮影)

道路沿いの塀に絡めており、
こちらは、すこし横から撮った「羽衣」

剣弁高芯咲きの整った花姿が
お分かりいただけるかと思います。





(2013年6月8日撮影)

道路に対して正面からパチリ。

薔薇の本には、中香とありますが
我が「羽衣」さんは、あまり香りません。

皆様のところではいかがですか?





(2013年6月9日撮影)

右側の白い薔薇は、エルフ。
左の小輪いっぱいは、シュネーケニギンです。

白バラにサンドイッチされて
ピンクの羽衣さんは、よりいっそう女性らしく
華やかに見えます。





(2013年6月10日撮影)

そして、こちらが、全体像。

写真の上部となるパーゴラには、
ソンブレイユ、右手のエルフ、
カーポートの屋根には
マダム・アルフレッド・キャリエール。

羽衣の左手の小輪の蔓バラが
シュネーケニギン(雪の女王)となります。
※アナという薔薇は残念ながらいません・・・(*^-^)

なお、明日、あさってと、ちょっと出かけますので
皆様のところにお伺いできるのは月曜日となります。





2015.3.13

日本生まれのつる薔薇☆羽衣(1)




(2014年5月28日撮影)

昨年ご紹介できなかったバラシリーズ、
今日は つるばら「羽衣」です。





(2014年5月29日撮影)

天女の羽衣をイメージしたのでしょうか・・・

作出は鈴木正三氏。

艶めくピンクの
大変整った剣弁高芯咲きです。




(2014年5月29日撮影)

ちょっと横顔も・・・

美人さんならではの
タイヘン整ったお姿。





(2014年5月28日撮影)

花びらの端が少しだけ丸まって咲く姿も
クラシックながら、
正統派のバラの風情を漂わせていますね。

花の大きさも、かなり見ごたえのあるサイズ。
残念ながら、中香といわれる
バラの香りはわが家では殆どしません。






(2014年6月1日撮影)

そして、今日の最後は

少し、引いた所からの
様子です。





2015.3.14

日本生まれのつる薔薇☆羽衣、全体像(2)




(2014年6月4日撮影)


昨日に引き続き、つるばら「羽衣」

天女さんの衣は
こんなに華やかなのかしら・・・?(*^-^)




(2014年6月5日撮影)

直径12~3センチの大輪が
結構な数、咲きます。

モチロン、もともと一つの株です。





(2014年6月3日撮影)

昨日、ブロ友さんが
コメントに書かれたように
わが家のバラでは、
かなりハッキリした色のピンク。

他のバラに引けをとることのない
アクセントになるピンク色で咲きます。

西に向かってカメラを向け
奥に見える白バラは
シュネーケニギン。





(2014年6月5日撮影)

その逆、カメラを東へ向けると
羽衣は、こんな表情で咲いています。





(2014年6月4日撮影)

正面から見ると、こんな感じで
向かい側から撮っています。





(2014年6月3日撮影)

最後に、華やかな羽衣を中心として
道路に面したバラ開花中(*^-^)の様子。
羽衣の右側白いバラは、エルフです。

今年も誘引、剪定、
薬剤散布は一応終えることができましたが
果たして、今年は、いかが相成りますか・・・
ちょっと、心配ではあります。





2015.6.15

四季咲きのつる薔薇☆羽衣




(2015年5月21日撮影)

天女の羽衣をイメージして
名づけたのでしょう・・・
つるバラ「羽衣」



(2015年5月21日撮影)

道路に面した塀に絡ませていて
花数も多く、
ピンクのバラらしい薔薇!
整った姿で
咲きそろうところがGOOD!





(2015年5月27日撮影)

ハッキリしたピンクでありながら
嫌味のない(クセのない)花色が
羽衣の特長のひとつだと思っています。





(2015年6月4日撮影)

満開時にも
花芯は、あくまで控えめに・・・
口元を花びらの袖で
隠しています(*^-^)

そんな姿も
羽衣の名にふさわしいといえますね。






2016.3.12

2015年、日本生まれの大輪で薔薇らしいつる薔薇☆羽衣(1)




(2015年5月20日撮影)

昨年5~6月頃咲いていた薔薇で
まだ未整理で、未掲載だった写真を中心に
UPしたいと思います。

今日ご紹介するのは
日本生まれの大輪で薔薇らしい
つるバラ「羽衣」





(2015年5月20日撮影)

わが家の薔薇の中では
ハッキリした色合いの
澄んだピンクで
直径12~3センチ大輪です。




(2015年5月22日撮影)

花の形も整っていて
いわゆる薔薇らしい薔薇、

典型的な剣弁高芯
(けんべんこうしん)咲き。





(2015年5月26日撮影)

我が家の羽衣さんは
中香といいますが
香りはあまりありません。
(高い所に咲いて
クンクンできないから?)

そのことを補うかに多花性で、
ぐんぐん伸びる枝に
惜しげもなく、沢山の花が咲きますね。


~続く~




にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj






2016.3.13

2015年、良い眺めを作ってくれた大輪で薔薇らしいつる薔薇☆羽衣(全体像)




(2015年5月28日撮影)

昨年5~6月頃咲いていた薔薇で
まだ未整理で、未掲載だった写真を中心に
UPしたいと思います。

昨日に続きご紹介するのは
日本生まれの大輪で薔薇らしい
つるバラ「羽衣」




(2015年5月29日撮影)

薔薇らしい薔薇の咲き姿
剣弁高芯咲き。

色もクリアなピンクとなれば、
どなたにも納得いただける
美しさを誇る薔薇といえるかもしれません。

そして、嬉しいことに四季咲きですが、
やはりこの時期が、見応えありますね。





(2015年5月28日撮影)

右側から見たところ・・・

奥に見える白い薔薇
シュネーケーニギン共々
花数に特に秀で
一面に咲く!姿を楽しめます。





(2015年5月25日撮影)

左側から見たところ・・・

隣家の新緑ともマッチして
濃い緑の葉と、ピンクの花が
こぼれるように咲きます。




(2015年5月28日撮影)

羽衣は、
昨年も樹勢衰えることなく
沢山咲いてくれました。

知り合いのお庭でも
年数を経て、太く育った幹から
沢山の花が咲いています。
羽衣の右上の白い薔薇は
ソンブレイユ、
左側の白い薔薇は
シュネーケーニギンです。





(2015年5月26日撮影)

果たして、今年はいかがなりますか、

剪定・誘引&消毒は終えましたが
花芽がどの位上がるかは、未定・・・





(2015年5月26日撮影)

少し離れて
道路側からの様子、

カーポートに添わせてあるのが
マダム・アルフレッド・キャリエール。
入り口右端がバフ・ビューティ。

羽衣のハッキリしたピンクが
アクセントになっていますね。

今年もこのような姿を
見ることが出来るでしょうか?
楽しみにして、
季節の移ろいを待つことにいたしましょう。









2015.11.7

晩秋に咲く日本生まれのつる薔薇☆羽衣




(2015年10月12日撮影)

四季咲きのつるバラ「羽衣」
わが家の道路沿いの
塀に絡ませています。




(2015年10月12日撮影)

ハッキリした感じのピンク色ですが
ちょっと、秋色に写っていますね。




(2015年10月12日撮影)

四季咲きといえど、
春に比べ花数も少なく
誘引したラインからびょ~んと(*^-^)
枝を伸ばし咲いています。

なので、見上げるアングルでパチリ♪

花びらは春と比べ薄着になりますが
大きさは同じくらいで立派。





(2015年10月17日撮影)


日中と朝夕の温度差が大きくなって
いよいよ、秋も深まりを見せています。

今年最後の「羽衣の舞い」が
優雅な世界に誘ってくれていますね。







2015.12.21

つる薔薇☆羽衣のラストダンス




(2015年11月28日撮影)

今年は暖冬の影響でしょうね、
例年にまして、
初冬の薔薇が綺麗に咲いていました。

少し前になりますが
つる薔薇「羽衣」も
余裕の(*^-^)
ラストダンスを舞っていました。




(2015年11月28日撮影)

四季咲きの大輪つる薔薇として
春から秋、そして冬へと
花数こそ減りますが
繰り返し咲き続けます。




(2015年11月28日撮影)

この季節は
この一年に伸びた枝先に咲く
ピンクのしっかりした花が
遠目にも、艶やかに見えますね。

来春にまた、
会えることを楽しみに
目下、寒さに向かって
薔薇の手入れのハイシーズン。

土日は庭仕事で忙しくしています。
いつまでできるかしら・・・







2016.6.19


天女が舞い降りたようなつる薔薇☆羽衣




(2016年5月24日撮影)

四季咲きのつるバラ「羽衣」

その名が示すように
日本の京成薔薇園 
鈴木省三(せいぞう)氏作出。

鈴木省三氏はミスターローズと呼ばれ
青バラ「紫雲」など
沢山の名花を
育種したことで知られていますね。




(2016年5月24日撮影)

2003年にはわが家に迎えていたので
15年以上のお付き合い(^^)v

なにせ、生育力旺盛で
グングン育って、
大きく立派な花を咲かせます。




(2016年5月24日撮影)

我が家の、ご近所でも
年季の入った太い幹の羽衣を
塀に沿わせて
沢山の花を咲かせています。

わが家でも道路側の塀に
添わせていますが、
大きなピンクの羽衣は
良いアクセントになっているようですね。





(2016年5月25日撮影)

形もよく、まさにバラらしいバラ。
クイーン・オブ・ローズ
と言ったところでしょうか。
(あッ、プリンセスや、
クイーンのお名前を冠したバラは
他にも、いろいろありましたね。)



(2016年5月31日撮影)

花数も多く、
つるバラなのに四季咲き
(蔓は一季咲きが多い)
香りは中香ですが
見栄えのする羽衣は
まさに天女の舞を思わせます。

全体像は、
いずれご紹介させていただきますね。




2017.3.16

2016年春、天女の羽衣をイメージした艶めくピンクのつる薔薇☆羽衣




(2016年5月26日撮影)

昨年5~6月頃咲いていた薔薇で
まだ未整理だった写真を中心に
UPさせていただきますね。

今日ご紹介するのは
四季咲きの つる薔薇、羽衣
2003年にはわが家に迎えていたので
15年年目になります(^^)v





(2016年5月28日撮影)  

つるバラ、羽衣は、
天女の羽衣をイメージしたのでしょうか・・・
作出は鈴木省三(せいぞう)氏。

艶めくピンクの
大変整った剣弁高芯咲きです。




(2016年5月28日撮影)

我が家のばらの中では大輪で、
インパクトがあるピンクの薔薇。

自然の綺麗系のピンクなので
素直に目と心に入ってきます。




(2016年5月28日撮影)

そして、圧倒的な花数なことも
「羽衣」の大きな特徴ですね。



(2016年5月31日撮影)

たった一株から、グングン枝を伸ばし
数え切れない大輪の花を見せてくれ、
そのうえ、四季咲きなのですから・・・

作出者の鈴木省三氏が
ミスターローズと呼ばれたことも納得ですね。

次回は、全体像をご紹介予定です。





にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj




2017.3.18

2016年春、大輪で艶やかなピンクのつる薔薇☆羽衣の結構迫力ある全体像




(2016年5月30日撮影)

昨年5~6月頃咲いていた薔薇で
まだ未整理だった写真を中心に
UPさせていただきますね。

先日に続きご紹介するのは
四季咲きの つる薔薇、羽衣
2003年にはわが家に迎えていたので
15年年目になります(^^)v




(2016年5月28日撮影)  

こちらは、斜め手前西側からの写真。
バラ、羽衣は
大輪の艶やかなピンクのバラの花数が多く、
遠めにも、パッと目に飛び込む
雰囲気があります。




(2016年5月30日撮影)

道路向かい側から満開の頃に見ると
こんな感じで、結構迫力があります。(*^-^)

左の白い蔓ばら
シュネーケーニギンは咲きはじめ。



(2016年5月30日撮影)

少し引いてみると、
こんな感じで
向かって右のカーポートに誘引している
マダム・アルフレッド・キャリエールから
左の白蔓バラシュネーケーニギンまで、
よく咲いてくれました。




(2016年5月30日撮影)

そして、こちらも角度を変えて
やや東側からパチリ。

私の小さな庭が薔薇一杯の香りに包まれ
春の精がやってきているようです。




にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj










2016.10.17


秋も天女が舞い降りて☆つる薔薇・羽衣




(2016年10月15日撮影)

四季咲きのつる薔薇「羽衣」

その名が示すように
日本の京成薔薇園 
鈴木省三(せいぞう)氏作出。

一昨日、偶然BSで
薔薇についての番組があって
鈴木省三氏の作出した
薔薇もいくつか紹介。

あ!家にもある
バラ「羽衣」とうれしくなりました。

鈴木省三氏は
ミスターローズと呼ばれ
「万葉」「ふれ太鼓」
青バラ「紫雲」など
沢山の名花を育種し
日本人ではじめて国際バラコンクールで
受賞したことで知られていますね。





(2016年10月15日撮影)

今年の天候不順で
漸く晴れ渡った秋空に
薔薇「羽衣」が舞い降りてきました。

実は道路から3~4mの
高い処に咲いたので
見上げて撮ったのですが・・・

この秋の羽衣の舞は生憎、
電線を背景になってしまいました。

そして、この羽衣元気すぎて、
年数を経て大きくなると
サイドシュートでも
直径1.5~2㎝位で
一気に2~3mも伸びるので
正直、扱いがタイヘン。

この冬の誘引にも頭も身体も
悩ますことになりそうです。






2016.12.11


冬空に舞うように咲くつる薔薇☆羽衣




(2016年12月4日撮影)

四季咲きのつる薔薇、羽衣

天女の羽衣をイメージして
名づけたのでしょう・・・



(2016年12月4日撮影)

つるバラ、羽衣は
日本の著名な薔薇作出家
鈴木省三(せいぞう)氏作出です。

ミスターローズと呼ばれ
「万葉」「ふれ太鼓」
青バラ「紫雲」など
沢山の名花を育種し
日本人ではじめて国際バラコンクールで
受賞したことで知られています。

羽衣も、さすが名花。

今年も季節毎に
綺麗に咲いてくれました。




(2016年12月4日撮影)

冬空に、
舞い上がる天女の羽衣のように
高い処に咲くので
花(鼻)クンクンはできませんが
こうして見上げることが出来るのも
又いいものですね。



(2016年12月4日撮影)

この薔薇が今年最後の
羽衣になるでしょう・・・

来年も元気にスクスク。
綺麗な花姿を見せてくれたら、
それで満足です。(*^-^)










2017.6.16

日本のミスターローズ作出の四季咲きの優雅なつる薔薇☆羽衣




(2017年6月10日撮影)

四季咲きのつる薔薇「羽衣」

その名が示すように、日本生まれ。

整った剣弁高芯咲きを楽しめます。




(2017年6月10日撮影)

つるバラ、羽衣は
日本の著名な薔薇作出家
鈴木省三(せいぞう)氏作出。

ミスターローズと呼ばれ
「万葉」「ふれ太鼓」
青バラ「紫雲」など
沢山の名花を育種し
日本人ではじめて国際バラコンクールで
受賞したことで知られています。

今日の羽衣も色形共に整った薔薇ですね。





(2017年6月10日撮影)

つる薔薇で四季咲きはそう多くはありませんが
たくさん咲く大ぶりの花が
年に何度か楽しめるというのは
嬉しいものです。



(2017年6月3日撮影)

我が庭では2003年頃に迎え、
地植えし、通りに面する塀に
誘引しています。
今年で15年目になり、
今年も無事咲きほっとしています。
全体像は、いずれまた。。。







2018.3.23

2017年春、花付きも良く、四季咲き性の見ごたえあるつる薔薇☆羽衣




(2017年6月3日撮影)

昨年の薔薇シーズンで
まだご紹介できないでいた写真を
時折ご紹介させていただきますね。

今日ご紹介するのは、
南面にあたる道路沿いに地植えしている
四季咲きのつる薔薇「羽衣」





(2017年6月3日撮影)

バラ、羽衣は
その名が示すように日本K社の
著名な薔薇作出家
鈴木省三(せいぞう)氏作出で
ご覧のように大変整った形で、
きっちり☆剣弁高芯咲き。

我家には2003年に迎えたので
今年で16年目となります。



(2017年6月3日撮影)

花つきも良く、
四季咲き性もあるので
見ごたえあるつるバラとして、
以前から多くの
バラ好きさんのお宅で
植えていらっしゃいますね。




(2017年6月3日撮影)

ピンクのバラらしいバラ~剣弁高芯咲き~の
羽衣、茎のとげが一寸!きついですが
美しいお花を守る為なのかも!?

次回は全体像をご紹介の予定です。







2018.3.24

2017年春、見ごたえがありなかなかいい仕事をしてくれているつる薔薇☆羽衣の全体像




(2017年6月4日撮影)

昨年の薔薇シーズンで
まだご紹介できないでいた写真を
時折ご紹介させていただきますね。

昨日に続きご紹介するのは、
南面にあたる道路沿いに地植えしている
四季咲きのつる薔薇「羽衣」
我家には2003年に迎えたので
今年で16年目となります。




(2017年6月7日撮影)

バラ、羽衣はその名が示すように
日本の京成薔薇園 
鈴木省三(せいぞう)氏作出。

鈴木省三氏は
ミスターローズと呼ばれ
「万葉」「ふれ太鼓」
青バラ「紫雲」など
沢山の名花を育種し
日本人ではじめて国際バラコンクールで
受賞したことで知られています。

枝垂れるように咲く姿は
天女が枝に掛けた衣のようでしょうか。




(2017年6月6日撮影)

やや東側(表札側)から
西の方に向き撮った写真です。

右の白いバラがエルフ、
左奥がシュネーケーニギン。




(2017年6月7日撮影)

道路面に面した薔薇では
大ぶりなほうの薔薇で
我家には珍しくややハッキリしたピンクが
咲き揃うと、それなりに
インパクトあるかもしれません・・・




(2017年6月10日撮影)

中央の羽衣の右がエルフ、
その上に咲いているのが、
マダム・アルフレッド・キャリエール。

左側の小ぶりな花が一杯咲いているのが
シュネーケーニギン。

こちらの写真が、
道路から正面に見た全体像です。




(2017年6月6日撮影)

そして、こちらの写真は、
やや西側から見たところ。

玄関右、隣地との境界に植えてある
アプリコットカラーが薔薇バフ・ビューティ
カーポートの間をおいて
白いエルフ、羽衣、
シュネーケーニギンと並んでいます。

昨年の6月初旬はこんな感じだったのですが
今年は桜の開花も早いと聞きます。

我家のバラは何時頃から咲き出すか、
ちょっと気になってきました。








2017.12.29


四季咲き性の優しい気持ちにさせてくれるつる薔薇☆羽衣の今年最後の舞



(2017年12月3日撮影)

つる薔薇、羽衣は
日本の著名な薔薇作出家
鈴木省三(せいぞう)氏作出。

鈴木省三氏は、
ミスターローズと呼ばれ
「万葉」「ふれ太鼓」
青バラ「紫雲」など
沢山の名花を育種し
日本人ではじめて国際バラコンクールで
受賞したことで知られていますね。




(2017年12月3日撮影)

四季咲き性のつるバラ「羽衣」、
先日ご紹介したバレリーナに続き
今日は、羽衣を纏う
”天女の舞い”のラストダンスです。(*^-^)




(2017年12月3日撮影)

我が庭では2003年頃に迎え、
地植えし、通りに面する塀に
誘引しています。
今年で15年目になり、
道路側の塀の内側に
地植えしてからだけでも
13年は超えました。





(2017年12月3日撮影)

ピンクのバラは見ていると
優しい気持ちにさせてくれますね。

来年も、今まで以上に
咲いてくれると嬉しいです。






2018.6.7


日本のミスターローズ作出、四季咲きピンクの大輪の優雅なつる薔薇、羽衣





(2018年5月23日撮影)

四季咲きのつる薔薇「羽衣」
その名が示すように日本K社作出で
ご覧のように大変整った形で、
きっちり☆剣弁高芯咲き。

つるバラ、羽衣を
我家に迎えたのは2003年で
今年で16年目になり、
道路側の塀の内側に
地植えしてからだけでも
13年は超えました。




(2018年5月23日撮影)

蔓バラで四季咲きというのも
そうは、多くありませんし

綺麗なピンクの大輪のバラというのも
長年育ててみて、いいものですね。

さすが、ミスターローズ、
鈴木省三(せいぞう)氏作出です。




(2018年5月23日撮影)

そして、圧倒的な花付き、
蔓一杯に大輪のピンクが咲く姿は
いずれご紹介しますね。



(2018年5月31日撮影)

今日は、近づいてご覧頂き(*^-^)
香りを楽しんで頂ければ!!

とは言っても、
香り(中香)がお届けできないのが残念です。






2019.4.26

2018年の薔薇☆日本のミスターローズ作出、四季咲きピンクの大輪の優雅なつる薔薇、羽衣






(2018年5月31日撮影)

2018年の薔薇達を
まだ未掲載の薔薇の写真を中心に
ご紹介させていただきますね。

今日ご紹介するのは
整った剣弁高芯咲きの
つる薔薇「羽衣」





(2018年5月31日撮影)

四季咲きのつるバラ「羽衣」は

その名が示すように
日本の京成薔薇園 
鈴木省三(せいぞう)氏作出。




(2018年6月3日撮影)

つるバラ、羽衣を
我家に迎えたのは2003年で
今年で17年目になり、
道路側の塀の内側に
地植えしてからだけでも
14年は超えました。




(2018年6月8日撮影)

ご覧のように花付きも良く、
たっぷりと咲く
ピンクの薔薇を楽しめます。



(2018年6月2日撮影)

道路沿いの塀に
這わせるように誘引していますので
季節になると、目を引く薔薇の一つですね。

早いもので、
今年ももうすぐ、
薔薇シーズンスタートです。

明日は、全体像をご紹介の予定です。







2019.4.28

2018年の薔薇☆ミスターローズ作出、四季咲きピンクの大輪の優雅なつる薔薇、羽衣の全体像




(2018年6月3日撮影)

2018年の薔薇達を
まだ未掲載の薔薇の写真を中心に
ご紹介させていただきますね。

昨日に引き続きご紹介するのは
整った剣弁高芯咲きの
つる薔薇「羽衣」





(2018年6月2日撮影)

道路に面した塀に沿わせていますが
こちらは少し西側からみたところ。

左は、シュネーケーニギン
右奥は バフビューティ。




(2018年6月3日撮影)

こちらは南面道路側
正面から見た全体像。

四季咲きのつるバラ「羽衣」は
その名が示すように
日本の京成薔薇園 
鈴木省三(せいぞう)氏作出。

薔薇でいくつもの賞を受賞なさった方で
整った剣弁高芯咲きの羽衣から思うに
研究熱心な努力家で、
生真面目な性格だったのかも!と
勝手に思い描いています。




(2018年6月1日撮影)

こちらは、
反対側の東方向からみたところ。

右に少し写っている白バラはエルフ、
左は白いつる薔薇 シュネーケーニギン。




(2018年6月3日撮影)


正面から少し離れて撮りました。

左側のシュネーケーニギンと、
ピンクの羽衣、右側のエルフ。

上の方はパーゴラに絡めている
白バラ、ソンブレイユ
その左のピンクの薔薇はウィリアムモリス。

花の大きさも違いますが、
そのことが全体にリズムを作っていて
この組み合わせ、ちょっと^^気にいってます。









2019.7.12

四季咲き性の優しい気持ちにさせてくれるつる薔薇、羽衣




(2019年5月26日撮影)

つる薔薇、羽衣
我家に迎えたのは2003年で
今年で18年目になり、
道路側の塀の内側に
地植えしてからだけでも
15年になります。





(2019年5月26日撮影)

四季咲きのつるバラ「羽衣」は
その名が示すように
日本の京成薔薇園 
鈴木省三(せいぞう)氏作出。
薔薇でいくつもの賞を
受賞なさった方です。



(2019年5月30日撮影)

整った剣弁高芯咲きの羽衣は、
今年も沢山の花を見せてくれました。

大輪なので、
道路際に咲く姿も
場を得ている感じがしますね。




にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj























































































































































http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.