花と実と魔女と

ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ





2008・6・11


ストライプの薔薇 ☆ ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ
 




(6月7日撮影)

ストライプの
バラ 「ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ」

白っぽい地色にピンク系の紅が
ストライプ模様でランダムに入っています。





(6月7日撮影)

横顔から、
コンモリとした花姿がご覧いただけますか。
丸弁で中輪カップ咲きの花形、
遅咲きで花付がよく、
ボリュームのある花が
強く香りながら咲くのは、
素晴らしい・・・の一語。






(6月7日撮影)

やっぱりこの角度が、
一番美人に見えるかしら?(^.^)




(6月7日撮影)



実は我が家に大苗で
お迎えしたのは2年ほど前
一昨年、去年と全く咲かず゚゚・(T_T)・゚゚涙涙

グルグル巻きのオベリスクに
鉢仕立てたのが良くなかったのかと
反省していましたが

今年はようやく願い叶って
思いのほかいっぱい咲いてくれています。

写真は、鉢土から1メートル50センチ位上の部分、
初夏の太陽に微笑んでいる姿です。









2009・6・25


自由を謳歌 ☆ 薔薇:ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ
 
 





(2009年5月25日撮影)


ストライプの個性的なオールドローズのバラ
「ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ」

こんなにはっきりしたストライプの薔薇は
珍しいと思い、気に入っている薔薇のひとつです。





(2009年5月25日撮影)

夕日を受けても、たそがれ無い(^m^ )クスッ
華やか美人!

横顔には、高貴な感じさえ受けます。






(2009年5月25日撮影)

でも、見方によっては
イチゴミルク!!??




(2009年5月29日撮影)


昨年まで鉢植えでオベリスクに
ぐるぐる巻きにしていましたが、
花付き、イマイチ(イマ2?)だったので
昨年秋に地植えにしてノビノビさせましたところ、

自由を謳歌するように、それなりに咲いてくれました~


一季咲きですから、後一年は会えないのだけれど
ぐんぐんシュートを出してくれるとうれしいな~と
早くも、来春に期待しちゃってます。



゜★。.:*:・’゜☆。.:*:・’゜ 。.:*:・’゜☆。.★。


この薔薇は、もう咲き終わっていますが
ブログでご紹介していなかったので
今日、UPさせていただきました。







2010・6・26


ストライプの薔薇 ☆ ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ
 






(2010年6月8日撮影)


今日も昨年ご紹介し切れなかった
薔薇の写真をUP!

ストライプの
バラ、ヴァリエガータ・ディ・ボローニャです。
 




(2010年6月9日撮影)

実は、シーズンに このコと
庭で対面すると
思わず、ウフフ(*^-^)なきらら♪です。






(2010年6月9日撮影)

ドンだけお気に入りかというと
こうして、写真をみているだけで
ストロベリーの甘酸っぱいイメージが広がって、
(決して苺の香りという意味ではありません)
幸せな気持ち、
言い換えれば、少女のような(あつかましい!)
若やいだ気分になれるんですね~






(2010年6月17日撮影)

アロマセラピーで
薔薇の香りはどんな効果があるのか
知りませんが、

わたしにとって、
一年に一度めぐり合う
ヴァリエガータ・ディ・ボローニャは
まさしく、そんな感じなんです~♪







(2010年6月17日撮影)

香りもすばらしく
オールドローズならではの
花姿と個性・・・






(2010年6月17日撮影)

ヴァリエガータ・ディ・ボローニャさん、
今年の逢瀬を
心から楽しみにしていますね。







2011.7.12

咲かせ過ぎたかもしれない薔薇 ☆ ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ
 




(2011年6月8日撮影)

こちらの
バラ、ヴァリエガータ・ディ・ボローニャさんが
咲いていたのは、早いもので約一ヶ月ほど前。

写真の整理も進んだので
ご紹介の運びとなりました。






(2011年6月9日撮影)

ストライプの赤と白、
まるで イチゴミルク!?

美味しそうな印象ですが
個性的な美貌のみならず
香りも楽しめます。





(2011年6月10日撮影)

ヴァリエガータ・ディ・ボローニャは、
我が家の南西のコーナーの
西側に植えてあります。

内側から見るとこんな感じ。
右の黄色い薔薇がパットオースチン、
コーナーに咲いているのがデンティベス。
左の紅の薔薇がマダムイザークペレール。


向いは時々お世話になっている
整骨院さんと駐車場。






(2011年6月12日撮影)

これは、
西側の隣家側からみたところで
ヴァリエガータ・ディ・ボローニャの
後方上の黄色はグラハムトーマスと
ウィリアムモリス(パーゴラに絡んでます) 






(2011年6月12日撮影)

コロンとした形が可愛いでしょ。






(2011年6月12日撮影)

こちらも大乱舞の
バレリーナ(薔薇)の肩越しに
見たところ、こんな感じです。






(2011年6月12日撮影)

今年のクライマックス時期・・・
すでに、この頃には
新たなシュートがビュンビュン伸びて
立ち上がっています。

スゴイ生育力ですね。
恐るべし、縞々 バリエガータ軍団(*^-^)

ただし、
今年は咲かせ過ぎたかもしれません。






(2011年6月15日撮影)


ところで、
ヴァリエガータ・ディ・ボローニャさんは
出身はどちらのお国だと思われますか?

美味しいものいっぱいで
太陽がいっぱい、
陽気な国民性の、イタリアご出身。

イタリアの名花といわれています。

↑ まるでサッカー観戦中の
イタリアーノ見たいな一枚ですね。








2013.2.1


おしゃれな絞りの薔薇 ☆ ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ
 




(2012年6月5日撮影)


昨年紹介しきれなかった
イタリア生まれで
絞りのオールドローズの
バラ「ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ」

我が家にお迎えしたのは2006年ごろ・・・






(2012年6月5日撮影)

ランダムな色の入り方が
いかにもイタリアーンな
オシャレなオールドローズさんです。

香りも素晴らしく
オールドローズならではの
コロンとした花型と個性的な色・・・







(2012年6月8日撮影)

双子の姉妹のような
可愛い姿で咲いてくれています。







(2012年6月9日撮影)

お迎えしたばかりの頃は
鉢植えで
円柱のオベリスクに絡ませていました。
この枝ぶりと花数から、今思えば、
かなり窮屈な思いをさせてしまいました・・・







(2012年6月9日撮影)


2年ほどで間違いに気づき
解いて、西側ですが
地植えにしてから
グングン成長し、
年々、花数を増しています。






(2012年6月14日撮影)



イチゴミルクを思わせる
ツートンカラーのヴァリエガータちゃん
いっぱいですね・・・




********** 続く **********





2013.2.4


おしゃれな絞りの薔薇 ☆ ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ(2)
 




(2012年6月8日撮影)


先日ご紹介した
イタリア生まれのオールドローズ
バラ「ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ」






(2012年6月16日撮影)


縞々加減がなんとも、おしゃれ~と
お好きな方も多くいらっしゃるようです。

もちろん、
きらら♪も例外ではありません(*^-^)♪






(2012年6月11日撮影)

ひとつの枝先が
三つ四つと、分岐して
多花性なのも、大きな魅力。

お花いっぱい!!って
育てる者にとって、嬉しいですよね。






(2012年6月14日撮影)

写真左側で、こんにちは!しているのは
これまた、元気印で多花性の
バレリーナちゃんたちです。






(2012年6月15日撮影)


庭の中から
眺めるとこんな感じで・・・

6月頃になると
こんな嬉しい、薔薇の饗宴が楽しめます。

今年も、是非こうあってほしいと
ヴァリエガータ・ディ・ボローニャさんの
誘引にいそしんでいます。






(2012年6月12日撮影)

お隣の庭先越しに
道路側から、眺めたところ。







(2012年6月15日撮影)


少し離れてみると

ヴァリエガータ・ディ・ボローニャの背景の
こんもりは 乙女椿のみどり。

その後にみえる黄色い薔薇は
パーゴラに添わせているグラハムトーマス。

手前右端は、上の写真でご紹介した
バレリーナさんです。
左端のオレンジがかった黄色の大輪はパットオースチン。

お隣の前庭が駐車スペースなので
日当たりもよく、道路からも良く見えます。

薔薇の花びらが散っても
寛大にみてくださってありがたいことです。






2014.3.23


白にピンクのストライプの薔薇☆ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ





(2013年6月8日撮影)

昨年、薔薇のベストシーズンに
ご紹介し切れなかった薔薇シリーズ、

今日は、オールドローズの
薔薇、ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ。







(2013年6月10日撮影)

白に紫っぽい
濃い目のピンクのストライプが
オシャレですね。

オールドローズらしいグルグル巻きで
白が勝っているところも、お気に入りです。







(2013年6月10日撮影)

横向きのすまし顔も
オシャレでしょ?

モガ(モダンガール)と言われた
昔の女の子達を連想しています。

これって、かなりの思い込み?(^m^ )






(2013年6月8日撮影)

そんなモダンガールの 女子会♪

三々五々と集まって・・・







(2013年6月15日撮影)

大分集まって咲いていますね。

でも、まだまだ一部の写真なんです。

はい、多花性も大きな魅力の
ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ、

全体像は、
次回ご紹介させてくださいね。(*^-^)









2014.4.1

薔薇、ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ☆2013満開のとき





(2013年6月15日撮影)

昨年、薔薇のベストシーズンに
ご紹介し切れなかった薔薇シリーズ、

ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ
パート2です。

ところで、
ヴァリエガータ・ディ・ボローニャさんは
出身はどちらのお国だと思われますか?

美味しいものいっぱいで
太陽がいっぱい、
陽気な国民性の、イタリアご出身。

イタリアの名花といわれています。






(2013年6月15日撮影)

庭の西側塀に沿って咲いていますが
1枚目と2枚目は、
庭の内側から見たところ。

手前は、こちらも満開のバレリーナ。

西側に地植えしてある
ヴァリエガータ・ディ・ボローニャは
咲きながらも、新芽がグングン伸びて・・・

スゴイ生育力です!






(2013年6月12日撮影)



こちらは、西、外側の
お隣の庭から見たところ。

濃密な香りが
画面からも漂ってきそうです。







(2013年6月12日撮影)


お隣側に誘引しても良いとの
お言葉で、思う存分咲いています。







(2013年6月14日撮影)

西側の道路から見ると
こんな感じです。

左側のオレンジのバラがパット・オースチン。
ヴァリエガータ・ディ・ボローニャの
上の奥のほうに見えている
ピンクのバラが、ピエール・ドゥ・ロンサール、
その上のクリーム色のバラがロココです。







(2013年6月14日撮影)

先日ご紹介した 
ティージングジョージアと
並んで、今を盛りと咲いています。







(2013年6月12日撮影)

左にピエールの絡む第1パーゴラ。
右奥にウィリアムモーリスなどが絡む
第2パーゴラが在るのですが、
“こんもり”としか見えませんね。(^m^ )

今年も、はや、4月
あと、2ヵ月後にこんな風景を
見ることができるでしょうか・・・

まだ、芽吹きだしたばかりの
薔薇たちをみると
なんだか、不思議な気がします。





2014.6.3

お気に入りの絞りの薔薇☆ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ 





(2014年5月29日撮影)

ストライプの
バラ「ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ」
白い地色に紫系の紅が
ストライプ模様でランダムに入っています。







(2014年5月30日撮影)

コロンとした丸い蕾が
次第にほどけて
白と紅色のコントラストが
はっきりした模様で楽しめ
香りも良く・・・






(2014年5月31日撮影)

我家には、
三種類の絞りの薔薇がありますが
その中でも一番のお気に入り。

その理由は、
すっきりした絞りの色合い、
そして、素晴らしい多花性。
我が家では
二~三百個?という数の
たわわに咲く花を楽しめます。







(2014年6月1日撮影)

西側の塀に沿わせて
地植えしているので
どうしてもお隣方向へと
お顔を向けて咲くのが多いのですが

道いく人からは、
ヴァリエガータ・ディ・ボローニャさんが
すっかり見えて、喜ばれているようです。
全体像は、そのうちご紹介しますね。





2015.2.18

ストライプの薔薇☆ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ(2)



(2014年6月3日撮影)

今日も、わが家の西側の薔薇の1つ
昨日のティージング・ジョージアの隣にある
ストライプのバラ、
ヴァリエガータ・ディ・ボローニャの紹介です。

昨年もちょっとだけUPしましたが
再びご紹介させてくださいね。




(2014年6月5日撮影)

白地に赤の
ストライプがハッキリしていて
コロンとしたカップ咲きも可愛い
オールドローズです。




(2014年6月6日撮影)

枝先にまとまって咲くので
花数も豊富・・・




(2014年6月4日撮影)

赤いストライプがランダムに入り
その赤がストロベリーカラー。

苺ミルクみたいにも見えて
美味しそうです。(*^-^)




(2014年6月6日撮影)

ヴァリエガータ・ディ・ボローニャさんは
花数も多く、とても元気ですね。




(2014年6月5日撮影)


左手前に写っている蕾は
バレリーナさん。

ヴァリエガータ・ディ・ボローニャは
一季咲きで、年に一度しか会えませんが
一度だけでも充分だとおもうほどの
元気印ですし、花色も好きな薔薇ですね。

明日は、全体像の予定です・・・





2015.2.19

ストライプの薔薇☆ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ、全体像(3)



(2014年6月7日撮影)

昨日ご紹介した
ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ。
その名が示すとおり、
イタリア作出のオールドローズです。

え?イタリア語がわかるわけではありません・・・
名前の雰囲気です(^m^ )





(2014年6月6日撮影)

左半分あたりに
勢い良く伸びているグリーンは
紫陽花・ミナヅキ。

その左がティージングジョージアです。
もっと後に小山のように咲いているピンクは
ピエールドゥロンサール。





(2014年6月5日撮影)

こちらはお隣の家から
正面の姿を見た所。





(2014年6月7日撮影)

お隣の家の前の道路からみたところは
こんな感じで、

この頃がわが家の薔薇の
ハイシーズンと言えるかも・・・




(2014年6月7日撮影)

これは、わが家の
庭側からのようすで、
手前が咲き出したバレリーナ。

その向こうの垂直に立って咲いているのが
デンティベスです。
ツルと思って植えたら、
かなり!?垂直系でした(^m^ )






(2014年6月7日撮影)

再び、西側から・・・

帰宅するときは西方面から帰ってくるので
薔薇のシーズンは、車でも徒歩でも
薔薇を楽しみに帰宅できるのが嬉しいですね。






2016.2.28

2015年、良く咲き風格のある絞りの薔薇☆ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ(1)




(2015年5月23日撮影)


昨年5~6月頃咲いていた薔薇で
まだ未整理で、未掲載だった写真を中心に
UPしたいと思います。

今日ご紹介するのは
風格のあるストライプの
バラ「ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ」





(2015年5月23日撮影)

ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ姫は、
その名が示すように
イタリア作出のオールドローズです。





(2015年5月23日撮影)

縞々のストライプですが
紫がかった赤の色合いと
スーパーホワイトの白が織り成す
お洒落なトーンがお気に入り。





(2015年5月23日撮影)

カップ咲きの、
コロンとした形には
ちょっとした愛嬌も感じられますね・・・




(2015年5月23日撮影)

中輪房咲で
花数も多いのが嬉しい薔薇。




(2015年5月23日撮影)

絞り(ストライプ)の薔薇
ヴァリエガータ姫は、
一季咲き、年に一度しか
お会いできませんが
充分な楽しみをくれる
薔薇のひとつだと思っています。

明日は全体像をご紹介です。

~続く~






2016.2.29

2015年、家の内側から見た絞りの薔薇☆ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ(全体像)




(2015年5月28日撮影)


昨年5~6月頃咲いていた薔薇で
まだ未整理で、未掲載だった写真を中心に
UPしたいと思います。

昨日に続いてご紹介するのは
イタリア作出のオールドローズの
バラ、ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ姫




(2015年5月26日撮影)

絞りのカップ咲きのバラが
所狭しと上を向いて並んでいますね。





(2015年5月29日撮影)

我が家では
つる薔薇に仕立て
家の西側の境界に
地植えしています。




(2015年5月28日撮影)


左手前に見える蕾はバレリーナ、
わが庭の古株のひとつです。
バレリーナは
まだあまり咲いてませんね。




(2015年6月1日撮影)

少し高い所からパチリ♪
庭の内から撮った一枚です。
バレリーナも
大分咲いてきてます。
こちらも花数なら負けていませんね(*^-^)

ということで、
次回は庭の外、道路側からの
ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ姫を
ご紹介しますね。

~続く~







2016.3.2

2015年、家の外、道路側から見た絞りのつる薔薇☆ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ(全体像)




(2015年5月24日撮影)


昨年5~6月頃咲いていた薔薇で
まだ未整理で、未掲載だった写真を中心に
UPしたいと思います。

先日に続いてご紹介するのは
イタリア作出のオールドローズの
バラ、ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ姫

紫がかった赤の絞りが個性的な薔薇です。




(2015年5月25日撮影)

今日は家の外、道路側から見た姿で、
わが家の西側の境界に地植えしてます。
ちょっと離れると、ストライプ模様は
分かりにくいかもしれませんね。




(2015年5月26日撮影)

2枚目同様、
道路側から見たところの全体像で
少し斜め方向からのショット。






(2015年5月28日撮影)

同じく、少し引いて撮りました。

左隣の黄色い薔薇は
ティージング・ジョージア。
背景に写っている杉の木は
東隣の敷地内の古木ですが
花粉の時期には大変~~

幸い今のところ、
花粉症で無いのが救いですね。




(2015年5月26日撮影)

了解を得て、お隣のお庭からの一枚。
ヴァリエガータ・ディ・ボローニャの
正面の姿ということになります。

幅約4メートルほどになります。




(2015年5月28日撮影)

同じ角度で、少し引いて撮ると
右側のびょンびょン立っている
デンティベスが写っていますね。

つるデンティベスは、
つるにはならず
何故か、直立します。




(2015年5月30日撮影)

最後に、道路からの様子ですが
薔薇シーズンに帰宅すると
このアングルで目に入ります。

よく咲いているわ~~と
ちょっと、満足したりしています。


毎度ながら、連日の薔薇写真に
お付き合い戴き、
ありがとうございました <(_ _)>








2016.6.23

お気に入りのストライプの薔薇☆ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ




(2016年5月28日撮影)

ストライプのオールドローズの
バラ「ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ」

白地に濃いローズ色の
ストライプが個性的な
イタリア生まれの名花。





(2016年5月31日撮影)

わが家に大苗で
お迎えしたのは2006年、
その後、2年ぐらいは全く咲かず・・・

それ以来、
蔓をグングン伸ばし成長。
一季咲きではありますが、
なにせ、花数が多い・・・




(2016年5月28日撮影)

強く香り、
カップ咲きを長く保ちながら
濃いローズ色のストライプが特徴的。

咲き進むとロゼット咲きで
絞りが紫がかった色合いになり
より大人の雰囲気も。




(2016年5月28日撮影)

正面のお顔も丹精。
ちゃんと、縞々が入っています、



(2016年5月28日撮影)

そして少し斜めからのお姿は
美人ならではですね!

つる薔薇として
隣との堺に地植えしてあり、
満開の季節には
見事なほどの花数を楽しめる薔薇です。


全体像は、

いずれご紹介させていただきますね。





にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj





2017.3.2

2016年春、白地にローズレッドの絞りが美しい薔薇☆ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ




(2016年6月3日撮影)

昨年5~6月頃咲いていた薔薇で
まだ未整理だった写真を中心に
UPさせていただきますね。

今日ご紹介するのは、
ストライプの
薔薇、ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ



(2016年5月28日撮影)

バラ、ヴァリエガータ・ディ・ボローニャは、
白地にローズレッドの
縞々模様が個性的で美しい
イタリア生まれのオールド・ローズ。

わが家に大苗で
お迎えしたのは2006年のことで、
12年目になります。




(2016年5月28日撮影)

年に一度しか咲かない
一季咲きの薔薇ですが、
考えてみれば、さくらも桃も
一年に一度の開花ですものね。




(2016年5月31日撮影)


迎えて2年間のブラインド
(全く咲かない)の後
次第に咲くようになって、
近年はその頃が、嘘のよう・・・




(2016年5月31日撮影)

香りも良く、
綺麗な花を沢山見せてくれ、
一年に一度の逢瀬ですが、
これほど嬉しいことはありません。

次回は、全体像を
ご覧いただこうと思います。


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj





2017.3.3

2016年春、絞りが美しい薔薇☆ヴァリエガータ・ディ・ボローニャのちょっとすごい全体像




(2016年6月5日撮影)

昨年5~6月頃咲いていた薔薇で
まだ未整理だった写真を中心に
UPさせていただきますね。

昨日に続きご紹介するのは、
ストライプの
薔薇、ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ



(2016年6月5日撮影)

バラ、ヴァリエガータ・ディ・ボローニャは
わが家の西側の境界に地植えしています。

今日は、庭の内側からの
姿をご紹介しますね。




(2016年6月5日撮影)

なんと言っても、
圧巻なのがこの花数。
到底かぞえきれません・・・(^m^ )




(2016年6月5日撮影)

ちょっと斜め上からみると
こんな感じで、厚みもあります。




(2016年6月5日撮影)

白地にローズピンクから始まり、
次第に花びら全体が薄ピンク色がかって
雰囲気が変わりますね。

手前に写っているのは、
古くから育てているバレリーナ。
こちらも丈夫です。

今日3日から5日まで
ちょっと、お出かけしてきます。
すみませんが、
皆様のところにはお伺いできません <(_ _)>

明日あさってと、更新だけは致しますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj





2017.3.5

2016年春、絞りの薔薇☆ヴァリエガータ・ディ・ボローニャの我が家で一番?すごい全体像





(2016年6月5日撮影)

昨年5~6月頃咲いていた薔薇で
まだ未整理だった写真を中心に
UPさせていただきますね。

先日に続きご紹介するのは
ストライプの
薔薇、ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ。



(2016年6月5日撮影)

バラ、ヴァリエガータ・ディ・ボローニャは
わが家の西側の境界に地植えしていて

ブロック塀の上に 木製のトレリスを設置し
誘引しています。

先日は、庭の内側からでしたが
今日は、道路側(隣の家側)
からの姿をご紹介しますね。




(2016年6月5日撮影)

蔓ばらは幅にいくらでも!
伸びるのでは?と
思うほど、長く誘引できます。

結果、西側のお隣との堺は
こんな感じです。

左端の黄色い薔薇は
先日ご紹介したティージング・ジョージア。




(2016年6月5日撮影)

ティージング・ジョージアとのコラボ、
両方花付が良いので
結構な迫力ですね。(*^-^)




(2016年6月5日撮影)

ちょっと、道路側に引いてみたところ。
ばらの写真撮りに夢中になっていると
車が通るときに危険!なので
注意しないと・・・ 。




(2016年6月3日撮影)

もう一度、隣の家の西側から
正面で見てみます。

今年は果たして
どの位咲いてくれるやら・・・

誘引剪定の後も、
まだ庭(ばら)仕事は続きます。
もう一息、3月も頑張らないと!




にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj

































































































































http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.