花と実と魔女と

ルイーズ・オディエ





2006・6・5


挿し木で育っている薔薇 ☆ ルイーズ・オディエ







(2005・6・9撮影)



こちらは2005年6月、
楽天仲間に連れて行っていただいて
すっかりそのスケールと手の込んだお世話に感嘆した
薔薇好きさんのおうちの
バラ・ルイーズオディエで覆われている外壁。


外壁に誘引用のネットまでご自分(女性)で梯子をかけ
作っているということです。

その当時も、今も、素晴らしい姿にうっとり・・・







(2006・6・5撮影)


そして、こちらが上のお庭から
一枝を戴いてきて、挿し木して一年目。
花径は約8センチ。


我が家で可愛く咲いてくれました。

色は平凡なピンクといわれますが、
花形が整っていることと、
強く香る甘い香りが嬉しい薔薇です。






(2006・6・5撮影)



半つる性で、薔薇図鑑によると
樹高2mになるとありますが、
一枚目の写真でご紹介したお宅では、
もっと大きく伸びていたように思いますから
お手入れしだいでは、ぐんぐん伸びるのですね。



強健でシュートの発生も良く、
壁面を覆うように咲き、返り咲き、
ことに二番花は花数が多いようです。
(二番花に関しては、チョット疑問・笑)



ただ、問題は、我が家の庭のスペース、
家の壁面には這わせる予定が無く
他にトレリスで這わせる場所もないので、
いったいこれからどうしたものかと・・・



贅沢な悩みですが、
今後のこの薔薇の行く末を悩んでいます。



我が家のルイーズ・オディエさん、
いまだでご紹介しそびれていましたが
今回、写真の整理中に再発見し、
漸く日の目を見ることになりました。









2008・2・19


'07年の思い出の薔薇達(8)☆「ルイーズ・オディエ」





(6月5日撮影)

昨年撮ってあった、
バラの画像を整理していたら
でてきた(笑)未掲載画像。

今日ご紹介するルイーズ・オディエは
'05年に挿し木用に
知人から戴いた一枝が元気に成長して
昨年もご覧のように咲いてくれました。





(6月5日撮影)

半つる性で、薔薇図鑑によると
樹高2mになるとありますが
写真の花の親木のお宅では、
もっと大きく伸びていたように思いますから
お手入れしだいでは、ぐんぐん伸びるのですね。



強健でシュートの発生も良く、
壁面を覆うように咲くという
テキストどおりに咲いている姿は
今も、くっきりと記憶に残っています。

そして強香なのも、うれしいバラ。






(6月5日撮影)


その強健さと強香を我が家でも楽しめるのではと
昨秋、新しく用意したトレリスの
カーポート側に地植えしてみました。

ただ、カーポートというくらいですから
直ぐ傍に紫外線と雨避けの屋根があり、
日照量がちょっと心配。

はたして、今年何処まで伸びてくれるでしょう?
そしてどのくらい花数を見せてくれるでしょう?

楽しみでもあり、心配でもあります。








2008・5・17


挿し木からのバラ ☆ ルイーズ・オディエ
 




(5月17日撮影)


2005年に楽天仲間のご紹介で訪れた
バラ大王の異名をとる(笑)
ガーデナーから分けていただいた
ルイーズ・オディエの一枝の挿し木が
今年も一番花をみせてくれました。

上の写真は今朝方の雨に濡れたお姿。





(5月17日撮影)

お昼頃には、五月の風に吹かれ
コンナ感じに・・・

中心部が少し濃い色に見えますが
写真のためでツートンカラーではありません。





(5月17日撮影)


咲き進んだ姿は
クオーターロゼット咲きにも見えるかしら?

2005年の6月、僅か10センチほどの一枝から
現在の姿、カーポート側のトレリスに誘引し
どんどん花芽をつけていることを
誰が想像できたでしょうか・・・・

香りも強くこれほどの強健さとあいまって
育てている方が多いのことにも納得。









2010・7・2


たった一枝の挿し木から香りのつる薔薇 ☆ ルイーズ・オディエ

 



(2010年6月6日撮影)


(もう咲き終えてしまった薔薇の話ですが)

5~6年前に
友人のその又友人の薔薇愛好家
その名も「薔薇大王」様のお庭から
やってきた一枝の挿し木、
香りのつるバラ:ルイーズ・オディエ。






(2010年6月6日撮影)

花色は華やかな中にも品があり
(前はあまりそう思わなかったのですが)
なんといっても香りが素晴らしい・・・







(2010年6月11日撮影)


ルイーズ・オディエというお名前から、
どこぞの貴婦人を連想しますね。

あら、トレリスの裏側から来た
色白プロスペリティさんと
雨上がりのおしゃべりタイム?







(2010年6月11日撮影)


2メーター以上にもなる
つるバラということで
2006年の6月には、今後どうしたものか?と
当ブログでも思案しておりましたし、

あまり厚遇もしていなかったので
成長が今一でした・・・
右側にマダム・ピエール・オジェが
見えていますね。







(2010年6月11日撮影)


思案の甲斐あって、
カーポートの脇にトレリスを設置、
こちらに何とか絡ませています。
でも、日当たり良好とはいかず、
枝が、いまひとつ頼りない・・・


それでも、
このくらいお花を見せてくれたので
満足です。







(2010年6月6日撮影)


ルイーズ・オディエの隣には
先日の日記にも載せた
マダム・ピエール・オジェを
配置していますが
こちらは、ルイーズ・オディエより
大分、元気です・・・
また、偶然どちらもブルボン系でしたね・・・








2018.2.17

2017年春、挿し木枝から咲いた花形が整っていて甘い香りが嬉しい薔薇☆ルイーズ・オディエ




(2017年5月21日撮影)

昨年の薔薇シーズンで
まだご紹介できないでいた写真を
時折ご紹介させていただきますね。

今日ご紹介のは
薔薇「ルイーズ・オディエ」

我家には2005年に
挿し木枝でお迎えしたので
今年で14年目。





(2017年5月21日撮影)

バラ、ルイーズ・オディエは現在
我が家の西側の境界に地植えしてあり
道路側から4番目の薔薇。

花形が整っていることと、
甘い香りが強く香る嬉しい薔薇ですね。




(2017年5月30日撮影)

この場所に地植えする前は、
挿し木から鉢で育て、
もう植える所がなくて
カーポート脇で日照不足の場所に地植え。

カーポートの屋根は
紫外線避けのカラーパネルなので
薔薇への陽射しも遮ってしまい、
そんなこんなで、十数年経っても
成長は芳しくなかったルイーズ・オディエさん。




(2017年5月27日撮影)

そこで、
少しスペースのできた
西側の境界に移植してみました。
お隣のパット・オースチンの傘下に収まって(笑)
昨年5月にはご覧のように咲いてくれました。

今年は、もう少し成長してくれるかも!と
期待しています。








2019.5.22

挿し木枝から咲いた花形が整っていて良い香りが嬉しい薔薇、ルイーズ・オディエ




(2019年5月16日撮影)

2005年に楽天仲間のご紹介で訪れた
ガーデナーから分けていただいて
今年で15年目
薔薇、 ルイーズ・オディエの一枝の挿し木が
今年も花をみせてくれました。




(2019年5月16日撮影)

バラ、 ルイーズ・オディエは
ローズ色の花が浅いカップ咲きから
クォーター・ロゼット咲きになり
次第に紫色を帯びてきます。

甘く強い香りと共に
オールドローズの中でも
形よくさきますね。



(2019年5月16日撮影)

3~5輪の房咲きになり、
樹高は2m近くなりますが
枝先はしなり、
優雅な雰囲気も醸し出しています。



(2019年5月16日撮影)

挿し木から15年も経ち
漸く花数も揃うようになったので
今まで隅の方に配置してましたが
場所を少し考えてあげなくちゃと
思い始めているこの頃です。




にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj







































































































http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.