花と実と魔女と

ピンクグルスアンアーヘン:イレーヌワッツ





2006・11・11

グルス・アン・アーヘンの姉妹薔薇☆イレーヌワッツ(ピンク・グルスアンアーヘン)






またまた、新顔のバラさんご紹介。
チャイナローズのバラ「イレーヌワッツ」

フロリバンダの
バラ、グルス・アン・アーヘンの枝変わりで
ピンク・グルスアンアーヘンということになっています。








淡いピンクにアプリコットオレンジが
重ねられたような色合いで
季節によって、色の変化があります。

ソフトな香りもやさしく、
大輪の花は、遠くからも目に付き、
優しい色ながら華やかさもあります。

ファンが多いのもうなずけるバラですね。







こちらは我が家に以前からある、
グルス・アン・アーヘン。
鉢植えですが、結構なボリュームもあり、
やや横張りなこともあって?見栄えがします。







アプリコットを帯びた
薄桃色の中輪の抱え咲きから
ロゼット咲きに咲き進みます。
春は白味がつよく、
秋にはピンクが強いといいますが
我が家では、この秋、こんな色でした・・・






香りも強く、
春以降にも返り咲くのが良く、
棘は全体的に少なく、
その点でも嬉しいですね。








2007・6・3


スター性のある薔薇 ☆ イレーヌワッツ(ピンク・グルスアンアーヘン)







チャイナローズの(昔)
バラ「イレーヌワッツ」

昨年お迎えしたお気に入りです。
ネット仲間にもファンの方が多いような気がします。








フロリバンダの
バラ、グルス・アン・アーヘンの枝変わりで
ピンク・グルスアンアーヘンといわれ(今)、
フンワリ咲く姿がなんともいえません。







上のUPした姿は
まだ咲き始めの頃の姿ですが
どんどん華やかに変身していくのですよ。












開花後の姿は
優しい色なのに、
遠くからも(例えばリビングからも)
目に付くというあたり、
スター性があるように思います。









2007・10・8


新米と ☆ 薔薇:イレーヌ・ワッツ(ピンク・グルスアンアーヘン)







昨日ご紹介した
グルスアンアーヘンの枝変わり
旧オールドローズのバラ「イレーヌ・ワッツ」

我が家にお迎えしたのは比較的新しく2006年秋。
まだ2年生です(^.^)







それでも、
春にはシッカリ存在感を示すような咲きっぷりに
主役を張れる薔薇だな~と実感しました。
そのせいか、ファンも多いように思います。

という私も、例外ではなく
イレーヌ・ワッツは大好きなバラのひとつ。


ただ、まだ日が浅く
株の充実に至らないせいか
花数はもう一つという感じですが
来春は是非楽しみにしたい薔薇の一つなんです。









こちらは、昨日ご紹介した
グルス・アン・アーヘン。
ね、上の写真と、よく似ているでしょう?









2008・10・7


ダリアの花のような薔薇 ☆ イレーヌワッツ(ピンク・グルスアンアーヘン)







(9月17日撮影)


昔はチャイナローズに
分類されたバラ「イレーヌワッツ」

今はフロリバンダの
グルス・アン・アーヘンの枝変わりで
ピンク・グルスアンアーヘン
ということになっています。







(9月17日撮影)


薔薇、グラスアンアーヘンも
あまり大きくなりませんが、
こちらのイレーヌワッツさんも、
あまり大きくはなっていません。
今頃になるとダリアの花のような
咲き方(カクタス咲き)をして
とってもチャーミングですね。







(9月17日撮影)


我が家に来て、まだ3年目ですが
秋にもこうして
きれいに咲いてくれるのはとても嬉しい・・・

これからも、
病気にならずしっかりと咲いてくれることが
私の望みです・・・







2009・8・18


カクタス咲きの薔薇 ☆ イレーヌワッツ(ピンク・グルスアンアーヘン)





(2009年8月16日撮影)


チャイナローズの(昔)
バラ「イレーヌワッツ」

今では、フロリバンダ
「グルス・アン・アーヘン」の枝変わりのバラで
「ピンク・グルス・アン・アーヘン」
と言うことになっています。







(2009年8月16日撮影)


でも、我が家では買ったとき(2006年秋)に
イレーヌワッツと言うことでしたし、
呼びなれているのでこの名で呼んでいます。

昔の名前で出ています♪ (^m^ )クスッ







(2009年8月16日撮影)


この夏は、
バラが良く咲いているように思いますが
皆様のところではいかがでしょう?

適当な冷夏と雨のなせる業でしょうか???
不思議です・・・







(2009年8月17日撮影)


春にはロゼット咲きでしたが
夏にはご覧のように
ダリアの様なカクタス咲きで
色もやや濃い目です。






(2009年8月18日撮影)


雨降りですと、
庭に出て咲く花を
写真に収めることもままならず
夏バラのご紹介も途絶えがちですが
おいおいご紹介できたら・・・とは思っています。







2010・9・12


カクタス咲きの薔薇 ☆ イレーヌワッツ(ピンク・グルスアンアーヘン) 





(2010年9月5日撮影)


昔はオールドローズで
チャイナローズの
バラ 「イレーヌワッツ」
と呼ばれていましたが、

今では、フロリバンダで
「グルス・アン・アーヘン」の枝変わりのバラ、
「ピンク・グルス・アン・アーヘン」
と言うことになっています。







(2010年9月5日撮影)


カクタス咲きという
ダリアのような、(菊のような)咲き方を言いますが
今回の咲きかたは、半分カクタスっぽい咲き方と
いったところでしょうか。







(2010年9月5日撮影)


我が家では鉢で育てていますが

暑い季節は、色も濃いめで、
咲き方も個性的?!

結構咲き続けるし、なかなか良いかなと
思っているバラのひとつです。







2011.6.16

大人可愛い薔薇 ☆ イレーヌワッツ(ピンク・グルスアンアーヘン)






(2011年6月4日撮影)


郊外の園芸店で
大人可愛い?ピンク色がいいな~と思って
衝動買いしたのは、2006年

早くも5年目となったバラ「イレーヌワッツ」






(2011年6月10日撮影)


昔はオールドローズでチャイナローズの
バラ「イレーヌワッツ」
と呼ばれていましたが、

今では、フロリバンダで
「グルス・アン・アーヘン」の枝変わりの
薔薇、「ピンク・グルス・アン・アーヘン」
という来歴をもっています。







(2011年6月7日撮影)


鉢で育てているわりに
年々咲く花も立派になってきたかな?と
喜んでいますが
地植えなら、
もっと良いのでしょうね、きっと・・・
(でもスペースには限りがあります)涙






(2011年6月10日撮影)


四季咲き中輪、房咲きですが、
かなり大きく咲くのもあるので
お徳感も大!(*´艸`)







(2011年6月17日撮影)

香りもモチロンあって
なかなかのスグレモノだと
わたしは、思っているんですが・・・









2012.7.3


花色の変化が楽しめる薔薇 ☆ イレーヌ・ワッツ(ピンク・グルスアンアーヘン)





(2012年6月3日撮影)

オールドローズで
チャイナローズと言われてきた
バラ 「イレーヌワッツ」

今は、フロリバンダローズの
グルス・アン・アーヘンの枝変わりとなっていて
ピンクグルス・アン・アーヘンと呼ばれています。

フロリバンダですから、
多花性が強く、たくさんのお花を
四季咲きで楽しめますね。







(2012年6月3日撮影)

淡いピンクに
アプリコット・オレンジを重ねたような
パステルカラーの優しい色合いで、
花も大きめ(8cm位)







(2012年6月8日撮影)

季節や気候によってピンクがかったり、
アイボリーがかったり、
オレンジ色が強くでたりと
色色な色に変化します。






(2012年6月8日撮影)


ぽってり、クチュっとした感じの
花型も魅力があり、
一目で気に入って、連れ帰った子で、

数年前には
コガネムシの被害にもメゲズ、
復活してくれた良い子ですよ。








2012.10.16

ダリアとも見まがう薔薇 ☆ イレーヌワッツ(ピンク・グルスアンアーヘン)





(2012年10月5日撮影)


昨日ご紹介した
「グルス・アン・アーヘン」の枝変わり
イレーヌワッツ。

以前は、オールドローズのチャイナ系に
分類されていましたが
近年、グルスアンアーヘンの
枝変わりと判明。

そのことから、結局は
フロリバンダと言うことになります。

そして、今では名前も
薔薇「ピンク・グルスアンアーヘン」と呼ばれます。

ただ、我が家では
イレーヌ・ワッツと呼び慣れているので
ここでは、イレーヌ・ワッツと呼ばせて下さいね。






(2012年10月5日撮影)


秋に咲く花も
最初は花びらがフツウ(*^-^)ですが

中心部が開花すると
何故か短冊形に!

このように咲くのを
カクタス咲きと
呼ぶようです。







(2012年6月8日撮影)


因みに、初夏に咲く姿は
ご覧のように、ふっくら花びらで
カクタス咲きではありませんでした。







(2012年10月5日撮影)

不思議ですね!
10月の花は
ズームで見るとダリアとも見まがう
カクタス咲き。






(2012年10月5日撮影)


横顔は、こんもりドーム型で
ちょっぴり、すまし顔。

薔薇とお話できたら
それぞれ個性ある姿と
薔薇のキャラに関連あるかが判って
楽しいのに~と思ったりする、きらら♪です。







2014.1.31


重厚かつエレガントな薔薇 ☆ イレーヌワッツ






(2013年6月2日撮影)


昨年ご紹介し切れなかった
薔薇のご紹介です。

以前は、オールドローズのチャイナ系に
分類されていましたが
近年、グルスアンアーヘンの
枝変わりと判明。

そのことから、結局は
フロリバンダと言うことになります。

そして、今では名前も
薔薇「ピンク・グルスアンアーヘン」と呼ばれます。

ただ、我が家では
イレーヌ・ワッツと呼び慣れているので
ここでは、
イレーヌ・ワッツと呼ばせて下さいね。







(2013年6月5日撮影)

少しずつ開いて
フンワリ、
優しい表情を見せてくれます。






(2013年6月5日撮影)

中心部分がクチュっとして
オールドローズの風情も!

そして、イングリッシュローズの
先がけの薔薇
グルスアンアーヘンの枝代わりでも
有りますしね。







(2013年6月7日撮影)

咲き進むとこんな感じに・・・







(2013年6月7日撮影)

秋には、ダリアのような
カクタス咲きになりますが
初夏の花は、丸い花びらが重なって
重厚さとエレガントさを兼ね備えた
とても美しい姿を見せてくれます。

園芸店で、きれい~~と思って
求めた「イレーヌ・ワッツ」
(=ピンク、グルスアンアーヘン)ならではですね。









2013.10.14


ダリアの様に咲く薔薇 ☆ イレーヌワッツ(ピンク・グルスアンアーヘン)

 





(2013年10月1日撮影)


春はロゼット咲きなのに、
秋はカクタス咲きになるイレーヌワッツ。

薔薇「グルス・アン・アーヘン」の枝変わりで
今は、「ピンク・グルス・アン・アーヘン」と
呼ばれていますす。





(2013年10月5日撮影)


以前は、オールドローズのチャイナ系に
分類されていましたが
最近、薔薇・グルスアンアーヘンの
枝変わりと判明。

そのことから、結局は
フロリバンダと言うことになりますね。






(2013年10月5日撮影)


花がフラットタイプに咲く
カクタス咲きで
まるでダリアのようですね。

春は、フツウの丸弁の花びらなのに・・・

自然界の不思議を感じます。






2014.10.29


表情豊かな薔薇☆イレーヌ・ワッツ(=ピンク・グルス・アン・アーヘン)





(2014年10月11日撮影)


薔薇「グルス・アン・アーヘン」の枝変わりで
今は、「ピンク・グルス・アン・アーヘン」と
呼ばれていますす。

春はロゼット咲きなのに、
秋はカクタス咲きになるイレーヌワッツ。

上の写真の子は、咲き始め。
外側は丸弁に見えますね。(*^-^)





(2014年10月11日撮影)


そして、こちらの一輪は
ダリアのようなカクタス咲きに・・・
花びらの形の違いが面白いです。

同じ花でも咲き進むと
表情がこんなに異なります。






(2014年10月12日撮影)


二枚目と同じ花、
キュートで、大人可愛い?!

冬に向かう季節、
華やかさが嬉しい
イレーヌ・ワッツさんです。





2015.6.2

表情豊かな薔薇☆イレーヌ・ワッツ




(2015年5月30日撮影)

昨日ご紹介した
グルスアンアーヘンの枝代わりですが、
前はオールドローズの
バラ「イレーヌ・ワッツ」と呼ばれてました。
我が家にお迎えしたのは2006年秋。




(2015年5月24日撮影)

イレーヌワッツは、
グルス・アンアーヘンの枝代わりで
ピンク・グルスアンアーヘンと、呼ぶことも!

ピンクが強いので、
名は体を顕すわけですね(*^-^)




(2015年5月26日撮影)

咲き進むと、こんな感じで
蕾が膨らんでの咲き初めと比べると
まるで、別人(花)のよう・・・






(2015年5月27日撮影)

春はロゼット咲きなのに、
秋はカクタス咲きになるイレーヌワッツ。


秋の花も楽しみにしています。





2015.7.13

華麗な夏薔薇☆イレーヌワッツ




(2015年7月11日撮影)

グルスアンアーヘンの枝変わり
旧オールドローズの
バラ「イレーヌ・ワッツ」

我が家にお迎えしたのは2006年秋。
四季咲きで楽しめるのも嬉しい
フロリバンダローズです。




(2015年7月11日撮影)

以前は、オールドローズに
分類されていましたが
グルス・アンアーヘンの枝代わりで
ピンク・グルスアンアーヘンと、呼ぶことも!




(2015年7月11日撮影)

春にはロゼット咲き、
秋にはカクタス咲きと変容するのも
面白いのですが、

二番花は春の咲き方を小ぶりにして
カクタス咲きに近づいてます・・・

暑さにもメゲズに咲く姿に、
励まされますね。






2016.7.3

華麗なピンク色の薔薇☆ピンク・グルスアンアーヘン(イレーヌ・ワッツ)




(2016年6月6日撮影)

ピンク・グルスアンアーヘンは
前はイレーヌ・ワッツはとも言われ
グルス・アン・アーヘンの枝変わりの品種。

グルス・アン・アーヘンの
姉妹のような薔薇です。




(2016年5月28日撮影)


こちらが、
グルス・アン・アーヘン
淡いピンクに
アプリコットオレンジが
重ねられたような色合いで
季節によっても、
色の変化があります。





(2016年5月28日撮影)

わが家には、
2006年にお迎えしました。

それ以来ですから、
もう10年になりますね。

次第にピンクが薄くなり
優美な印象で咲き進みます。




(2016年5月28日撮影)

香りもあり、
艶やかな花姿と香りが楽しめ、





(2016年5月28日撮影)

咲き進むと大輪となり、
遠くからも目に飛び込んできます。




(2016年5月28日撮影)


中央がボタンアイと
呼ばれる咲き方にもなり

まわりの丸い花びらの
重なりも良いですね。




(2016年6月6日撮影)

四季咲き性があり
春はロゼット咲きで、
秋はカクタス咲き(ダリア咲き)になる
ピンク・グルスアンアーヘン
(イレーヌワッツ)


秋の花も楽しみにしています。







2016.7.3

華麗なピンク色の薔薇☆ピンク・グルスアンアーヘン(イレーヌ・ワッツ)




(2016年7月18日撮影)

グルス・アン・アーヘンの
枝変わりと言われる
薔薇、ピンク・グルスアンアーヘン
(旧名、イレーヌワッツ)。

四季咲きで暑さの中も
しっかり咲いてくれました。




(2016年7月18日撮影)

春はロゼット咲きで、
秋はカクタス咲き(ダリア咲き)になる
バラ、ピンク・グルスアンアーヘン


7月に咲く姿もダリアの様になってきました。




(2016年7月18日撮影)

ピンク色で、
キュートな可愛さが魅力の
ピンク・グルスアンアーヘン、
香りも楽しめます。




(2016年7月19日撮影)


今年は暑い日が続いていますが
7月から8月にかけて
庭の薔薇が例年以上に
咲いている気がします。

四季咲きの薔薇は、
本当に、健気だなと思うこのごろです。



今日から長女一家がやってきますので
数日、皆様のところにはご訪問できないとおもいます。
更新だけは、できるだけするつもりですので、
よろしくお願いいたします。






2016.9.15

今年3度目のUPとなる薔薇☆ピンク・グルスアンアーヘン(イレーヌ・ワッツ)



(2016年5月28日撮影)

グルス・アン・アーヘンの
枝変わりと言われる
薔薇、ピンク・グルスアンアーヘン
(旧名、イレーヌワッツ)。

一枚目の写真は5月の花姿・・・



(2016年9月6日撮影)

夏に続いて、
今年三度目のご紹介となる
イレーヌワッツさんはご覧のように
カクタス咲き
(ダリアの様に
花びらが細く重なって咲く)。




(2016年9月6日撮影)


カクタス咲きには
東洋的な雰囲気も感じて
わたしは、好きです。



(2016年9月6日撮影)

バラ、ピンク・グルスアンアーヘンは
花びらの色の
グラデーションも楽しめ
初秋の雨に濡れた姿も
艶っぽい!?・・・(^m^ )

でも今年は
あまりにも気候が不順で、
このまま秋雨前線の
活発なシーズンに入ると
薔薇さんたちには、
ちょっと辛いかも。

もちろん、皆様のところでも
今年は、これ以上の
被災がでないように祈っています。







2016.11.6

季節により形がまるで違う薔薇☆ピンク・グルスアンアーヘン(イレーヌ・ワッツ)



(2016年9月12日撮影)

グルス・アン・アーヘンの
枝変わりと言われる
薔薇、ピンク・グルスアンアーヘン
(旧名、イレーヌワッツ)。

一枚目の写真は9月の花姿・・・
カクタス咲き(=ダリア咲き)で
花びらがホッソリ。

夏から初秋にかけては
この形で咲きます。



(2016年10月30日撮影)

そしてこちらが
バラ、ピンク・グルスアンアーヘンの
10月~11月の秋バージョン。

春の花と同じ姿に戻り
ふっくらした印象です。



(2016年10月30日撮影)

以前は、イレーヌ・ワッツと
呼ばれていましたが、
今はピンクグルスアンアーヘン。
フロリバンダローズの
グルス・アンアーヘンの
枝変わりということです。

ちょっと舌を噛みそうな
長いお名前ですね。




(2016年10月30日撮影)

わが家に迎えたのは2006年、
早くも10年となりましたが
鉢薔薇で管理、四季咲きで
なんとか元気に咲いています。

地植えにすると
もっと花付が良いのかも・・・
でもスペースには限りがあるし、
鉢でガマンしていただきましょう。







2017.7.4

いろいろな形で咲いてくれるグルス・アン・アーヘンの枝変わりの薔薇☆ピンク・グルスアンアーヘン




(2017年5月24日撮影)

グルス・アン・アーヘンの
枝変わりと言われる
薔薇、ピンク・グルスアンアーヘン
(旧名はイレーヌワッツ)

この春も形良く、咲いてくれました。




(2017年5月27日撮影)

バラ、ピンク・グルスアンアーヘンを
わが家に迎えたのは2006年、
早くも12年となります。

鉢で育てていますが、
四季咲きで、秋にはまた違った形の
カクタス咲きで咲いたりします。

5月末の上の写真はロゼット咲きで
中心にはボタンアイも!




(2017年5月27日撮影)

ボタンアイというのは、
こちらの写真でご覧いただくように
花芯を花びらで包むように咲く姿を指し
おしとやかな女性のしぐさに見えますね。



(2017年5月31日撮影)

一時期、コガネムシJr.の被害で
あわや!と思ったものですが
花付もそれなりによくて(*^-^)
四季咲きなので、秋も楽しみです。







2018.6.16


昔オールドローズ、今はフロリバンダに分類された薔薇、ピンク・グルスアンアーヘン、旧名イレーヌワッツ





(2018年5月27日撮影)

薔薇、グルス・アン・アーヘンの
枝変わりと言われる
薔薇、ピンク・グルスアンアーヘン
(旧名はオールドローズの薔薇、イレーヌワッツ、
私はこちらのほうが馴染みますが)



(2018年5月27日撮影)

バラ、ピンク・グルスアンアーヘンは
それなりに大輪の薔薇で
ピンク色のボタンアイのお花が
チャーミングですね。




(2018年5月27日撮影)

我家には、
2006年に迎えたので
13年目になります。

以前コガネムシJr.の被害をうけ
あわや!と思いましたが・・・



(2018年5月29日撮影)

今年は無事、たくさんの花を
咲かせてくれました。

昔オールドローズで、
今はフロリバンダに位置付けされてますが
四季咲きなことも嬉しいですね。








2018.9.21


季節によって花姿がまったく違って見える薔薇、ピンク・グルスアンアーヘン、旧名イレーヌワッツ





(2018年5月27日撮影)

フロリバンダの
グルス・アン・アーヘンの枝変わりの
薔薇、ピンク・グルスアンアーヘン。

少し前までは、
オールドローズに分類され
イレーヌ・ワッツという名前でしたが、

今年最初の開花、5月末には
どのお花も、こんな形で咲いていました。




(2018年8月25日撮影)

ところが、暑くなって咲く姿は
ご覧のようなカクタス咲き。

花姿は、だいぶ違いますので
同じ薔薇に見えませんよ、ね。




(2018年8月25日撮影)

二番花だということや、
咲く季節によって、こんなに違うのは
二度楽しめるという意味でもnice!

そして
ピンク・グルス・アンアーヘンの
「香り」は変わらず、楽しめます。








2019.2.13


2018年の薔薇☆昔はオールドローズに分類された優しい色合いの薔薇、ピンク・グルスアンアーヘン、旧名イレーヌワッツ




(2018年5月23日撮影)

2018年の薔薇達を
まだ未掲載の薔薇の写真を中心に
ご紹介させていただきますね。

今日ご紹介するのは、
薔薇、ピンク・グルス・アン・アーヘン。



(2018年5月23日撮影)

フロリバンダの
グルス・アン・アーヘンの枝変わりの
バラ、ピンク・グルスアンアーヘン。

少し前までは、
オールドローズに分類され
イレーヌ・ワッツという名前でした。




(2018年5月23日撮影)

オールドローズから
フロリバンダに属すようになりましたが
いずれにせよ、四季咲き、
優しい色合いで
楽しませてくれるのは、嬉しいですね。



(2018年5月30日撮影)

四季咲きといっても、
やはり一番はこの季節。
我が家だと、5月から6月上旬が
一年の中で一番の見ごろ。



(2018年5月30日撮影)

一時、コガネムシ被害に会い
あわや!と思いましたが
最近復活し

昨年の5月末ごろ、
綺麗に咲いていました。

今年も期待したいところです。






2019.6.26

前はオールドローズに分類された優しい色合いの薔薇、ピンク・グルスアンアーヘン、旧名イレーヌワッツ





(2019年5月28日撮影)

今日ご紹介するのは
以前、オールドローズに分類され
イレーヌワッツと呼ばれた
昨日ご紹介したグルスアンアーヘンの枝変わり
フロリバンダローズの
薔薇、ピンク・グルスアンアーヘン





(2019年5月28日撮影)

バラ、ピンク・グルスアンアーヘンは
大輪の四季咲きで
ピンク色のボタンアイのお花が
チャーミングですね。



(2019年5月28日撮影)

一時、コガネムシ被害に会い
あわや!と思いましたが
最近復活し今年も写真のような花を
楽しむことができました。


***********************

心配しておりました
次女の第二子が
24日午前7時45分無事誕生いたしました。
なんと、3600グラムの男の子です。
おかげ様で母子とも元気なことを
感謝しながら、ここに
ご報告させていただきます。






2019.7.31

前はオールドローズに分類された優しい色合いの薔薇、ピンク・グルスアンアーヘン、(イレーヌワッツ)




(2019年5月28日撮影)


昔はチャイナローズに
分類された薔薇、イレーヌワッツ

今はフロリバンダの
グルス・アン・アーヘンの枝変わりで
ピンク・グルスアンアーヘン
ということになっています。

上の一枚はボタンアイに咲いていた
5月の花です。




(2019年7月21日撮影)

こちらは雨に濡れて咲く
7月後半の二番花です。

カクタス咲きとまでは行かなくとも
短冊形の花びらで、
色もやや濃い目に咲いていますね。




(2019年7月21日撮影)

同じ薔薇でも、咲く時期によって
違う事はままありますが、
イレーヌワッツ
(今はピンク・グルス・アン・アーヘン)は
結構、変わるので、
その違いも面白いですね。




にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj


























































































http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.