花と実と魔女と

赤胆紅心・ツダンホンシン




2006・11・17


アンティークガラスのような薔薇 ☆ 赤胆紅心(ツダンホンシン)







チャイナローズの

薔薇、赤胆紅心
(チーダンホンシン/ツダンホンシン/せきたんこうしん)



近郊のナーサリーに行ったとき
ぱっと目に付く鮮やかさ!



フルーティで爽やかな香りも魅力、
秋バラをたくさん咲かせている姿に惹かれ
ついついお買い上げ~♪









バラ、赤胆紅心は
整ったカップ状、
中の花びらはロゼット状に
きれいに並んでいます。


外側は濃い色、
内側は薄ピンクから次第に色がのって行きます。
グラデーションの美しさや
アンティークガラスのような透明感がタマリマセン。


木立性なので、鉢植えで楽しもうかと思っています。




*****・・・******・・・*****・・・******




紅深き今年最後の薔薇一輪灯点すかに夕庭に咲く
              

HANA魔女・詠
                






2007・5・19


麗しい香りの薔薇 ☆ 赤胆紅心(ツダンホンシン) 







チャイナローズの

薔薇、赤胆紅心
(チーダンホンシン/ツダンホンシン/せきたんこうしん)

色鮮やかで、香り自慢でもあります(^.^)







バラ、赤胆紅心は
チャイナ系とは思えないような
整ったカップ状になり、
外側は濃い紅色で
内側が次第に紅が載っていく色合が美しい・・・









花径は6センチほどで
大きくは無いのですが
それだけに、
この花色がチャーミングに思えます。









実は樹高80センチぐらいで
こんなに沢山咲く優等生なんですよ。

昨年秋に郊外のナーセリーでひと目惚れ。
最初の年にこんなに沢山咲いてくれるなんて
思ってもいませんでした~

すごく嬉しいです(^.^)







2008・6・27


我が家でもっとも花期が長い薔薇 ☆ ツダンホンシン





(5月26日撮影)


オールドローズで、
チャイナローズのバラ、赤胆紅心
((チーダンホンシン/ツダンホンシン/せきたんこうしん)が
今年も咲いてくれました。
写真は5月末のもの。





(6月4日撮影)

アンテイークガラスのような
透明感のある紅色で
花径6センチほどのカップ咲き。





(6月4日撮影)


そして、今年はコンナに沢山咲いてくれて!
ブラボー♪と叫びたくなる花付です。




(6月8日撮影)

フルーティで爽やかな香り、
その上、花もちバツグン!

花期が長く株全体として1ヶ月近くも咲くバラは
そう多くはありません・・・





(6月9日撮影)


鉢栽培で育てていますが
紫燕飛舞と同様、
チャイナの魅力に浸かってしまいそうです。









2009・6・5


元気をくれる薔薇 ☆ 赤胆紅心(ツダンホンシン)





(2009年5月23日撮影)

オールドローズで、
チャイナローズのバラ、赤胆紅心
(チーダンホンシン/ツダンホンシン/せきたんこうしん)が
今年も咲いてくれました。





(2009年5月23日撮影)



チャイナローズは
シーズン初めに咲いてくれる子が多く
薔薇のシーズンが待ち遠しい時期に嬉しい存在です。

こちらのバラ赤胆紅心
(チーダンホンシン/ツダンホンシン/せきたんこうしん)も
早くから咲いてくれていましたが、
なんと言っても花もちが良く
1ヶ月近くも咲いています。


ツダンホンシンは色合もアンテックな雰囲気で、
香りが良いのも嬉しい・・・

赤いバラは元気をくれますし。






(2009年5月26日撮影)


アンティーク・ステンドグラスや
ベネチアングラスを連想させる
この花色がなんとも言えず、いい味を出していると思い

鉢をリビングの前において眺めています。







2010・11・25


花もちが良い薔薇 ☆ 赤胆紅心(ツダンホンシン)






(2010年11月13日撮影)

チャイナローズの赤胆紅心
(チーダンホンシン/ツダンホンシン/せきたんこうしん)

今年もほんとうによく咲いてくれました。
今も1ヶ月ぐらい前からず~っと咲き続けていて
日ごとに寒さに向かう季節、
ご覧のように、あったかな色で咲いてくれています。







(2010年11月21日撮影)

それに、なんと言っても花もちが良く
香りがよいのも、嬉しい薔薇・・・

鉢植えですが花数も多めで
地植えしたら、もっと、もっと楽しめるか?

つい、欲がでてきます。






(2010年11月27日撮影)


今日から木曜日まで、
長女の所に参りますので
ブログをお休みさせて頂きます。

帰宅して、皆さまのところに伺うのを
楽しみにしております。








2011.6.16

ルビーの輝き ☆ 薔薇・赤胆紅心(ツダンホンシン)




(2011年6月10日撮影)

カワイイでしょ?

今年、その魅力を再確認した薔薇に
今日の、ツダンホンシンがあります。

チャイナローズで漢字では
「赤胆紅心」





(2011年6月10日撮影)

魅力1:花色は、まさにルビーの輝き

魅力2:花もちが、とっても長~~い

魅力3:咲きはじめから変わらぬ美しさ

魅力4:香りも強く、フルーティ

魅力5:もちろん四季咲きです







(2011年6月12日撮影)

ふんわり系の花色の薔薇を
ついつい求めてしまう、きらら♪庭ですが
ツダンホンシンの紅色は
決して浮くことなく、
その上、貴重なアクセントになっています。







(2011年6月12日撮影)

鉢植えで育てていますが
21年の11月、20匹ものコガネムシJRの
被害を受けたにもかかわらず・・・

こうして復活してくれる「強さ」にも
二重丸◎な「赤胆紅心」(ツダンホンシン)です。


チャイナでは他に、紫燕飛舞(シエンヒブ)
粉粧楼(フンショウロウ)
オールドブラッシュも育てていますが
今年の開花っぷりからすると、
イチオシは、ツダンホンシン。
半月以上も長く見ていても、
決して飽きません。(*^-^)






2015.1.11


赤く可愛いチャイナローズの薔薇☆赤胆紅心(ツダンホンシン)





(2014年5月23日撮影)

チャイナローズの

バラ「赤胆紅心」
(チーダンホンシン/ツダンホンシン/せきたんこうしん)

我家に迎えて、9年目となりますが
2011年以来、
ご紹介しないままでした・・・





(2014年5月29日撮影)

その理由は、ひとつは、
一度コガネムシの幼虫が
多数発生し、
株の状態が思わしくなかったこと。

そして、お花がついても、
幹が細くうなだれて咲いてしまい
上手く写真に
撮れなかった事などの理由です。





(2014年5月29日撮影)

その名の如く、
赤くチャーミングなバラなので
大切にしたいと思っているのですが、
鉢植えで管理することの
難しさを感じています。

あ、もっとも、地植えでも、
上手く行かないことも
ありますけど・・・ね。

今年もシュートも少なく、
どんなものかと、気がかりなバラです。

頑張れ!ツダンホンシンちゃん。






2016.10.22

オールドローズで香り良くルビー色の薔薇☆ツダンホンシン・赤胆紅心




(2016年10月9日撮影)

わが家に迎えて11年目になる
オールドローズでチャイナローズの
薔薇、赤胆紅心(ツダンホンシン)が
その名の通り
赤い蕾を開こうとしています。



(2016年10月10日撮影)

バラ、赤胆紅心(ツダンホンシン)は
鉢で育てていて
数年前に、コガネムシJr.が多数発生し
あわや!と思いましたが
なんとか、復活。

香りもよく
コロンとした花姿もチャーミングです。




(2016年10月10日撮影)

赤い色そのままの
薔薇自身の情熱と生命力が
こうして、
秋薔薇も見せてくれていますね。



(2016年10月10日撮影)

大きくはない花ですが
幾重もの花びらが
咲き進む姿はドラマを感じます。




(2011年6月10日撮影)

こちらは、5年前、
沢山咲いた時の様子です。

また、この位
咲いてくれると嬉しいのですが・・・

せめて新しいシュートが
でてくれないかな?と願っています。






2016.12.15

冬寒に赤い火をともすルビー色の薔薇☆ツダンホンシン・赤胆紅心




(2016年11月26日撮影)

わが家に迎えて11年目になる
オールドローズでチャイナローズの
薔薇、赤胆紅心(ツダンホンシン/せきたんこうしん)

アンティークな印象の
ルビー色の花が
寒空に咲き始めていました。




(2016年11月26日撮影)

冬バラは、
花もちも良いですが
開くまでも時間がかかります。

その時間も楽しむ
心の余裕が(*^-^)必要かも・・・




(2016年11月26日撮影)

バラ、ツダンホンシンさんも
冬の陽射しに、気をよくして、
この後 咲き進みました。

冬寒には、
やはり赤薔薇かな~と思いながら
今シーズン最後のツダンホンシンと
しばし語らいあったのでした。








2018.7.30

四季咲きでルビー色したアンティークガラスのような薔薇、赤胆紅心(ツダンホンシン)





(2018年5月21日撮影)

チャイナローズの

薔薇、赤胆紅心
(チーダンホンシン/ツダンホンシン/
せきたんこうしん)

2005年ごろに、
郊外の花屋さんで
アンティーク調のルビー色の花色が
パッと目に留まり、
連れ帰った一鉢です。




(2018年5月23日撮影)

このバラ、赤胆紅心は
あいにく、
何回かコガネムシJr.の
被害にあいましたが
その都度、復活して今に至ります。

それだけ、
生命力があるというのでしょうか・・・
丈夫なのは嬉しいですね。




(2018年5月23日撮影)

そして、香りもしっかり楽しめ
アンティークガラスのような花色と
コロンとした
花形がお気に入りです。




(2018年5月27日撮影)

スペースの関係で今のところ
鉢植えでしか楽しめないのですが
四季咲き性もあるので、
これからも大切にしたい
オールドローズの一つですね。




にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj



























































































































































































http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.