花と実と魔女と

ジュリア







2002    初夏


大好きな薔薇 ☆ ジュリア


ジュリア



正式名称は、ジュリア クレメンツ ローズ。
波型の花弁に傾きかけた午後の陽が謎めく色の演出をしてくれました。

大好きなバラの一つ、ジュリア。「お~、いとしのジュリア」
なんて陳腐な言葉さえ口をついて出ます。


我が庭の春バラでは一番最後に蕾を持って、気をもませてくれました。
それだけに、梅雨空の下
ホッコリと灯をともした様に咲いてくれる姿はとても愛しい。

他のバラたちが休眠期間に入り、寒色系の紫陽花と
溢れるみどりの庭にあって
バラ、ジュリアの渋い暖色が際立っています。




2003      梅雨   








雨に濡れ、梅雨空を映したようなバラ「ジュリア」 


渋好みのあなたに是非お勧めの一輪です(笑)

1976年イギリス生まれのハイブリットティローズです。
濃い目のべージュ色の薔薇は少ないと思います。

切花としても栽培され、どこかの花屋さんでお目にかかるかも...


花つきはよいほうですが、成育はやや緩慢。
大人を感じさせる薔薇の一つだと思います。







2003           夏








ジュリアが、おそらくもっともジュリアらしく咲いてくれています。

渋系の (決して渋谷の...ではありませぬ)ハイブリットローズで
四季咲きのこの姫は、リビング前の日当たり良いポジションにいます。

異なる時に求めた2株がプランターの中で同居。
実は、既に持っていたのにバラ園で開花株に魅了され、
うっかり、又買ってきてしまったのでした。 (^_^ゞ


春先、少し小さめの花が咲いたので
樹勢が衰えたかと思い心配してましたが、
嬉しいことに、どちらも生育順調 (o^-^o)


こういった2度買いを
皆さんはなさらないのでしょうね。

ジュリアを見るたびもう少し慎重にせねば!

でも美しいから「まっ・いいか~」


反省うすい、相変わらずのHANA魔女ではあります。






2003         秋





嬉しいピョ~ン♪


ジュリアちゃんが今年3回目のお花を咲かせています。
(去年までは年一回しかお顔を見せてくれなかったんです)


何度かご紹介している、私のお気に入り
ハイブリット・ティ・ローズの「ジュリア」

この花色がタマリマセン。

旅行から帰ってきたら、待っていたかのように咲いてくれています。
律儀だわ~って!(笑)









2003      12月  初冬







この薔薇は、ナンだと思われます?
ヒントは今年の夏撮影の下の画像です。



上にUPしたのは、今年4度目!の「ジュリア」です。
これぞ、四季咲きの証明(笑)

四季咲きといっても、たいてい2~3度ですよね。
うちのジュリアちゃんはこれまで年1回しか咲きませんでしたから
今年は、快挙です!(笑)

本来この子は、夏に咲いた時の色合い...
銅色でシックなイメージの薔薇ですが、

ナントこのところの暖冬異変の影響か、
今咲いている一輪(上の画像)ピンクが濃いですよね~。


ほんとに、同じ薔薇とは思えないほど違う色合いです。
モチロン、同じ幹です。


ナンデだろう♪不思議だな~???

でも、とっても美しいから、良しとしましょ(*^_^*)









2004       春







ジャ、ジャーン!!!

ジュリアちゃん登場!

1976年イギリス生まれのハイブリットティローズです。
この波打つ形と(今年はフリフリが流行らしいですね)
渋めの色合い(銅色)がタマリマセン。













全体で見ても渋い花色は際立ちます、
プランター育ちのこの子としては、花の数も満足。

我が家の薔薇たちの中では少しお姉さん株になってきました。
これからもどんどん元気に成長して
(実は、成長は緩慢な子なんですね)
返り咲きもしっかり期待したと願っています。










2004       秋






今、きれいに咲こうとしているジュリア姫です。
わたしはやっぱりモダン・ローズの中で最も好きかも・・・

目下パーゴラの下に、鉢植えのまま置かれていますが、
いい感じの花色を見せています。

なにせ、まだ庭が完成していないので
(いつになることやら・・・フ~)
バラちゃんたちにとって、仮住まい状態は、今なお続いているのです。






2005・6








1976年イギリス生まれのハイブリットティローズ「ジュリア」

この波打つ形と渋めの色合い(銅色)がタマリマセン。







開花が進んだときの花の形も好きです。
渋めの色といい形と言い、モダンローズの中でも
私の中ではかなりお気に入りの「バラ」です。










昨年は何故か花の数が我が家にとっては記録的!でしたが
ことしはそれよりはチョット少なめ。
プランターで二株一緒に育てているので根詰まりかも・・・


でもお気に入りなだけに
(それにちょと気難しいタイプの「ジュリア姫」なので)
簡単には定植の場所を決めかね、
今年もまだプランターのままです。


はてさて、どうしたものでしょう・・・
思案のしどころです。(^^ゞ






2005・10・10


シックでいい色出してるジュリア姫






ハイブリットティの「ジュリア」
この色と形がなんともいえません・・・



今年は途切れることなくいつも咲いてくれていますが、
ジュリアのこの色は秋が一番似合っているように思います。








2006・6・1


今年も素敵な、いとしの ☆ ジュリア姫






正式名称、
ジュリア クレメンツ ローズ(通称 ジュリア)が
今年は思いのほか早く蕾を膨らませ、2~3日前から開花。






渋めの色合いの波状の花びらが人気ですよね。








葉っぱの間からそ~っと顔をのぞかせて・・・








花びらがゆるゆるとほどけ、
咲き進む姿がなんとも華麗で
そこがまた、バラの魅力の一つかもしれませんね。








大好きなジュリアだけに
ついつい何枚もUPしてしまいました。
ちょっと重くなってしまったかもしれませんが、
ジュリア姫に免じてご容赦の程を・・・



間違って二株も買ってしまい、
昨年までは2株一緒のプランター植えだったのを、
昨秋、それぞれ一つのスリット鉢に植え替えました。
病気になりやすいタイプとされていますが、
今のところ、二株とも元気に咲いてくれていて、ホッ。



地植えするスペースが見つかれば地植えしたいのですが、
風通しと日当たりの良い一等席はジュリアといえど、
なかなか番が回ってきません。



我が家に来て6~7年にはなる古株ですが
もうしばらくは、
鉢の中で我慢してもらうことにしましょう。







2006・9・7

やっぱり大好きな ☆ ジュリア






大好きなジュリアが又咲いてくれています。

この色と、花びらの巻き加減と波うち加減が好きなんです・・・
でも、これって、全部スキってことよね (笑)

もし、お時間とご興味のある方は
初夏のジュリア姫
に会ってやってくださいませ。









2006・11・8


ドラマチックな独り芝居の薔薇 ☆ ジュリア







1976年イギリス生まれ
ハイブリットティローズ「ジュリア」
私の最も好きなバラのひとつです。

おそらく今年最後の開花となる
ジュリアの蕾です。







ひらり~ん♪

最初の一枚がほどけて、

ジュリア一輪のドラマが始まります。








茜色の灯を点すがごとく、秋の庭に咲くジュリア。

同色の蕊を恥かしそうに見せて・・・

花びらのひらき方がこれまた、良いんです、

きっちりとしすぎず、さりとて乱れすぎず・・・








豊かなドレープをみせて


ドラマチックなジュリアの独り芝居・・・


私の庭の、'06秋バラ物語も


そろそろクライマックスを迎えます。








2007・6・9


半年振りの再会の薔薇 ☆ ジュリア姫と白神こだま酵母






(5月30日)



ハイブリットティローズ「ジュリア」


昨年の秋バラ以来、半年振りにお会いしても
やっぱり、私の大好きなバラの一つです。






(5月31日)


少しずつ咲き始め・・・

定点観察していても
決して飽きることは無いだろうと思う
ジュリアの開花姿。






(6月2日)

ほぼカンペキな花姿だと
私には見えるのです!

(コレを親ばかといわずしてなんと言おう?笑)







(6月2日)


そして、横顔美人でもあります。






(6月2日)


花びらの縁のドレープも
ジュリアの特徴ですが

このくらい咲き進んだ姿も
尚、美しいというのも
ジュリアならではかもしれません。










2007・10・12


波打つ花弁の薔薇 ☆ ジュリア 








波打つ花弁にアースカラーの名残を浮かべ

物思いしているかのような表情の薔薇。

正式名称は、ジュリア クレメンツ ローズ。

私の大好きなモダンローズ「ジュリア」









鉢植えにしているので
沢山の花を観ることはありませんが
育て始めた当初、
うどん粉になりやすい
気難しい薔薇だな~と思っていましたが
我が家に来て、
かれこれ10年近くになるでしょうか・・・

元気に毎年咲いてくれています。

それも何故か二株!!(*´艸`)







私は、鉢栽培の薔薇も
殆ど植え替えをしませんが、
さすがにこのジュリアだけは別格、
土換えをしなくちゃない頃かも・・・

そうしたら、
来春は花数を増やして開花してくれるかしら。

秋薔薇を楽しみながら
来春のことに、
あれこれ思いを馳せるころとなりました。









2008・6・4


我が家に2株ある薔薇 ☆ ジュリア 





(6月1日撮影)

我が家には、10年近く前からあるジュリアと
7~8年前に出かけた薔薇園で
「好きだわ~」と舞い上がり(笑)
もう一株ダブって買ってしまったジュリアの
2株があります。







(6月1日撮影)

以前は、長方形のプランターに
2株一緒に植えていましたが
それでは、あんまり・・・と
2年前にそれぞれの鉢に独立させました。








(6月1日撮影)

それぞれ、あまり咲かない年代?を潜り抜け
なんとか、両方とも咲いています。

シックな色合でモチロン、
大のお気に入りですが
年数と共に弱ってしまうこともあり、
栽培が難しいとも聞きます。


どうかこれからも、元気に咲いてくれるように!と
切に願っている薔薇の一つです。







2008・12・23


もの想う薔薇 ☆ ジュリアのラストダンス





(12月14日撮影)


皆様はクリスマスいかがお過ごしでしたか?
今年もあと少し・・・

何か気ぜわしい季節ですが
我がバラ「ジュリア」だけは、
マイペース、自分時間を守り続けています。

写真は約10日前・・・






(12月20日撮影)


更に約1週間後
穏やかな冬の日差しに恵まれ
花弁を緩め・・・

たおやかなジュリアの時間。







(12月20日撮影)

午前中、日があたっていた時間・・・








(12月20日撮影)


わたしの大好きなジュリア、
12月の舞いを静かにみせてくれました。

この一輪がラストダンスとなります。

春までの眠りにつく直前のあでやかさ。

我がジュリアを
今、心置きなく楽しめて
寒さを忘れさせてくれました。








2010・6・13


薔薇ワールドへの誘いのバラ ☆ ジュリア
 




(2010年6月9日撮影)

この薔薇「ジュリア」と出会ったことも
バラをココまで好きになる
きっかけになったと
今さらながら、思います。







(2010年6月12日撮影)


正式名称は、ジュリア・クレメンツ・ローズ。
私の大好きなモダンローズの薔薇「ジュリア」







(2010年6月12日撮影)


色といい、花びらの波うち姿といい
バラの神様が特に念入りに作り上げたのでは?と
思わずにはいられません。








(2010年6月9日撮影)


10年以上育てていますが、
モダンローズで
一番のお気に入りです・・・







2010・9・30


薄着のジュリア姫(薔薇) 





(2010年9月29日撮影)

正式名称は、ジュリア・クレメンツ・ローズ。
私の大好きなモダンローズの薔薇「ジュリア」

いつまでも暑かった夏の名残でしょうか・・・
薄着でございます(笑)





(2010年9月29日撮影)


なんとも言えないこの色、シックですよね~

この冬のトレンドカラーは
茶色やアースカラーだと聞きますが
まさに、ジュリアカラー?!






(2010年9月29日撮影)


6月の薔薇のピークを過ぎて
夏の間、肥料をやっていなかったので
こころなしか、花つきもよくないようですが
そろそろ、追肥をやらないと
これから咲いてくれなくなるかも・・・

ちょっと、焦り気味のHANA魔女ではあります。








2011.5.26


大好きな薔薇 ☆ ジュリア
 




(2011年5月23日撮影)

タイトルどおり、大好きな
バラ「ジュリア」

そのせいか、時を違えて
2鉢も買ってしまいました(汗)






(2011年5月23日撮影)

この色、そして花びらのフリルの姿。

渋いけれど、洗練されていて
すこし大人になった
オードリーヘップバーンのような雰囲気・・・






(2011年5月23日撮影)


今年は花数は多くはないけれど、
いつもの年より
大輪で、傷も無く奇麗に咲いています。







(2011年5月25日撮影)


香りは無いのですが、
四季咲き性があるので
楽しみは通年あり、

みればみるほど、
お気に入りのバラの一つです。







2012.6.4


私にとってのモダンローズ ☆ 始まりの薔薇、ジュリア 





(2012年6月1日撮影)

横顔美人のアナタはどなた?
と、思わず声を掛けたくなるこちら、
モダンローズのバラ「ジュリア」です。







(2012年6月1日撮影)



魅力その1は、
なんと言ってもこの色。
そして、波打つ自由さと端正さを
併せ持つ花姿も見逃せません。

10年以上も前に
一目で気に入って連れ帰り、
その後も、訪れたバラ園でうっかり
もう一株同じジュリアを
求め帰ったということからも

ジュリアへの想いが
お分かりいただけるかと。

そして、庭で薔薇を育てる
きっかけとなった
モダンローズの一つが
「ジュリア」・・・






(2012年6月1日撮影)


2株目を求めてからも
もう10年近く経ちます。

それでも毎年、花開くたびに
「やっぱり好き」と
思う大のお気にいりの
モダンローズ「ジュリア」です。







2012.9.2


夏仕様の薔薇 ☆ ジュリア と 揚羽蝶





(2012年9月1日撮影)


わたしの大好きなバラ 「ジュリア」
この方もお好きなようです(*^-^)

やや長いことジュリアの花の上で、
まったりしていたのですから・・・







(2012年9月1日撮影)


ジュリアは夏の装いで
超薄着ですが、






(2012年9月1日撮影)


ナミ揚羽の君は
花びらの端にそっと脚を下ろし
静かに物思いにふけっている様子。






(2012年9月1日撮影)


実は、数日前には
庭で大きなクロアゲハをみました。

そして、昨日はナミアゲハ。

ヒラヒラとやってきて、
あっという間に
何処かへ飛んでいってしまう
わずかな御縁ですが、

こうして残暑のなか、
我が庭に
こんなに綺麗な蝶が
舞い降りてきてくれたことに
小さな感動を覚えました。






2013.6.15


やっぱり大好き ☆ 薔薇 ジュリア 





(2013年6月4日撮影)

ワタシの大好きな薔薇 ジュリア。

我が家にある、
数少ないハイブリットティ・ローズです。

この色と形に魅せられて
何年になるでしょうか。

たぶん(笑)15年ぐらい?


今年も今月初めに
綺麗な形で咲きはじめ・・・





(2013年6月5日撮影)

同じ一輪、翌日の姿です。

1976年、イギリス生まれの Julia姫。
茶色の丸弁平咲きで
花びらが波打つ感じがなんともいえません。

樹勢は弱く、やや育てにくいと言われていますが
我が家には二株あり、
それなりに長寿、ご健在です。(*^-^)






(2013年6月6日撮影)

そして、この写真からは
上の2枚とは別な一輪。

シックな花色で切り花としても人気です。







(2013年6月6日撮影)


ただ、我が家では鉢栽培のせいもあり
花数が少なく、

切り花として楽しめるほどではありません・・・

もっと咲かせたいと思っていますが・・・







2013.11.10


大好きな薔薇 ☆ ジュリア






(2013年11月9日撮影)

大好きなバラ「ジュリア」

このバラと出会って
バラ好きになったのかも?と
思うほどに、お付き合いの長いバラです。

なにせ、近県のバラ園を巡っていた頃に
素敵~と思って、
持っていることも忘れ
2度も買ってきてしまったほど。






(2013年11月9日撮影)

ジュリアのシックな色合いと
整った花の形は、

ハイブリットティーの中でも
ファンが多いように思います。






(2013年11月9日撮影)

そして・・・
秋の陽がこれほど似合うバラも
ないかもしれません。





2014.6.14

大好きな、大好きな薔薇☆ジュリア





(2014年6月11日撮影)


バラ、ジュリア・クレメンツ・ローズ。

1976年イギリス生まれの
ハイブリットティローズです。

雨に濡れた蕾・・・まるで、
ミルクティのゼリーのよう?!






(2014年6月11日撮影)

我家に迎えたのは、十数年前。

大人薔薇という印象で
バラ園で初めてみたとたん、
連れて帰りたい!と思った薔薇です。

開花すると、花びらのエッジが
少しフリルになっている優しさも!






(2014年6月11日撮影)

濃い目のべージュ色の薔薇は、
鉢で育てていますが、
樹勢が強いというわけではなく、
花数も多くは期待できませんでしたが、
なんと!この春ベイサルシュート発見。
これからに期待できそうです。






2014.9.11

シックなミルキーオレンジ色の薔薇☆ジュリア





(2014年9月8日撮影)


ジュリア、2株あるのですが、
鉢栽培のまま年数を経ており
あまり元気とはいえません。

それでも、ジュリアならではの
シックなミルキーオレンジ色の一輪が
この夏伸びた幹の先に咲いています。






(2014年9月8日撮影)

私がバラを育ててみようと思った
最初の頃に心惹かれたのがジュリア。

あまり強健ではありませんし
花数も多くはありませんが、

大好きなパラなので、
季節毎に、咲いてくれるだけで
嬉しいものです。

好きに理由はありませんものね、バラの花も。






2015.6.19

何年経っても!大好きな薔薇☆ジュリア




(2015年6月14日撮影)

大好きな薔薇「ジュリア」の二番花、
ミルクティ―色の大好きな色と形で
きれいに咲いてくれました。
たった1輪ですが・・・



(2015年6月14日撮影)

最初にジュリアと出会ったのは
お隣の二つの県のバラ園でのこと。
なんと、それぞれに求めたので
ジュリアが2株あるのです。

思えば、私が
薔薇の魅力に目覚めたひとつには
ジュリアとの
出会いがあったからかも。





(2015年6月14日撮影)

ミルキーオレンジ
とも言われる花色と、
花びらの端が少しだけ
フリフリの整った花姿。

ジュリアの魅力は
この二点だけでも充分(*^-^)p

ただ、鉢栽培での経年のお疲れで
花数減っていることだけが心配です。





2015.7.15

ちょっと薄着の夏薔薇☆ジュリア




(2015年7月5日撮影)

大・大・大好きな
ジュリアの二番花、
夏薔薇の姿です。




(2015年7月5日撮影)

何が良いって、花色、咲き姿!

モダンローズ系は
あまりお迎えしていませんが
こちらのジュリア姫だけは、別格。





(2015年7月5日撮影)

こうして、四季咲きなのも嬉しいです。

ただ、ちょっと小ぶりで薄着なのは
夏ですからね~~しかたありませんね。





(2015年7月5日撮影)

ジュリアという名前の響きも
良いですよね!って、

好きだと、全てが良い方向で捉えます。

これって『トキメキ』!?(^m^ )

トキメキを思い出させてくれるジュリア姫は
私の元気の元なのかもしれません。

さあ、暑いけど!がんばろう!!
~今週のレッスンも~





2016.6.1

大好きな、いい色している薔薇☆ジュリア




(2016年5月24日撮影)

ハイブリット・ティ・ローズの
薔薇、ジュリア
正式名称は、
ジュリア クレメンツ ローズ。

わが家に迎えたのは、
おそらく18年位前・・・
ミレニアムの前ですから、
相当昔ですね。(^m^ )




(2016年5月24日撮影)

薔薇に興味をもち始めた頃
近県の薔薇園にでかけ、
くしくも、別なバラ園で
ジュリアに魅せられ
うっかり、二株も買ってしまい
今に至っています。




(2016年5月28日撮影)

なんと言ってもこの色。
クリームを溶かしたカフェ色とでも
申しましょうか・・・





(2016年5月28日撮影)

花びらの縁のフリフリも
雰囲気をかもし出してくれてます。

強健種とは言えず、
ちょっと育てにくいとは言え
人気の薔薇といわれたのも、納得。
(今は?って突っ込みはナシよ)




(2016年5月25日撮影)

香りは殆どありませんが、
ハイブリット・ティー・ローズなので
四季咲き性はあります!





(2016年5月25日撮影)


というわけで、
今年も観ることができて
ホッとしてる、きらら♪です。







2016.8.10

花色!に胸キュンの夏薔薇☆ジュリア




(2016年7月19日撮影)

大好きな薔薇、ジュリアが
この夏も咲いてくれました。

今年二番目の開花です。

なんと言っても 
この花色!に胸キュン(*^-^)




(2016年7月19日撮影)

そして横顔も・・・



(2016年7月19日撮影)

少しずつ咲き進み
バラ、ジュリアの
物語が広がっていきます。



(2016年7月20日撮影)

中心部が少し濃い色で
グラデーションになっているところも
陰影がでて、深みを感じますね。




(2016年7月20日撮影)

わが家では
鉢で二株育てており
どちらも相当の
年数を経ていますが

ジュリアは、
全く古さを感じさせず
飽きるということもありません。

花数は期待できないけれど(ウチの場合)







2016.10.16

色・形とも大好きな薔薇☆ジュリア




(2016年10月5日撮影)

正式名称は、
ジュリア・クレメンツ・ローズ。
ハイブリット・ティ-・ローズの
薔薇「ジュリア」

香りはありませんが
うれしい四季咲きです。




(2016年10月5日撮影)

バラ、ジュリアは
わが家には、二株ありますが
理由は、違うバラ園で
2度 連れて帰りたい!と思ったから。

私にとって、色・形とも、
その位のお気に入りです。



(2016年10月6日撮影)

二株とも鉢で育てていますが、
求めてから17~18年目になり
既に、かなりの古株さん。

花数が多くはないジュリアですので
齢を重ね、年々花付きは低迷・・・



(2016年10月6日撮影)

それでも、
この色と波打つ花びらには
飽きることない魅力を感じます。



(2016年10月6日撮影)

又肥料をしっかり上げて
四季咲き性を忘れることなく
お花を楽しませてくれるよう
願っている薔薇のひとつです。






2016.11.19

安らぎもあるオシャレな色合の秋薔薇☆ジュリア




(2016年11月1日撮影)

大好きな
薔薇「ジュリア」が
又咲きました。
この秋ご紹介するのは
2度目となります。



(2016年11月1日撮影)

バラ、ジュリアは
鉢で2株育てていますが
求めてから17~18年目になり
かなりの古株さん。

それでも、
四季咲き性をしっかり発揮。
花数は多いといえませんが
春から初冬まで、
忘れずに(*^-^)咲いてくれます。




(2016年11月1日撮影)

ジュリアの魅力は
なんと言っても花色!

ミルクティのような、
安らぎもある、オシャレな色合いが
なんとも言えませんね・・・







2017.6.9

ハイブリットティ-ローズの中でも色と姿が大好きな薔薇☆ジュリア




(2017年6月4日撮影)

1976年イギリス生まれの
ハイブリットティーローズの
薔薇「ジュリア」

我家に迎えたのは18年以上前、
隣県のバラ園に行って、
素敵!と思って連れ帰り・・・

なんと翌年には、
別な(*^-^)隣県のバラ園に行って
もう一株求めました。




(2017年6月4日撮影)

その理由は・・・
なんと言っても、
波打つ花びらと
シックでおしゃれな花色。

ミルクティーのような、
安らぎのあるこの色が
大好きなんです、ね!(*^-^)




(2017年6月4日撮影)

2株のバラ、ジュリアは、
それぞれ別の鉢で育てていますが
古株なこともあり、花付きはイマヒトツ。

それでも、一輪一輪は
その魅力を余す所無く発揮し、
四季咲き性もありますので、
年に何度か楽しめます。

これからも大切にしたい
薔薇のひとつですね。








2017.9.1

どうしても小ぶりで、薄着になりますが、夏薔薇☆ジュリア



(2017年7月9日撮影)

1976年イギリス生まれの
ハイブリットティーローズの
薔薇「ジュリア」

我家に迎えたのは18年以上前、
実はあまりに好きすぎて(^m^ )
確か翌年、別なバラ園で、
もう一株求めてしまったので
現在も、2鉢あります。




(2017年7月9日撮影)

今日ご紹介するのは
7月に咲いていた二番花
夏バラのジュリアです。




(2017年7月9日撮影)

どうしても小ぶりで、薄着になりますが
それはそれで、カワイイですね。
~かなり、身びいきかしら(笑)~








2018.5.22

花びらの縁が波打つ表情と、花色のシックさが素敵な薔薇、ジュリア



(2018年5月19日撮影)

1976年イギリス生まれの
ハイブリットティーローズの
薔薇「ジュリア」
正式名称は 
ジュリア・クレメンツ・ローズ。



(2018年5月19日撮影)

バラ、ジュリアを
我家に迎えたのは19年以上前、
実はあまりに好きすぎて(^m^ )
翌年も、別なバラ園で、
もう一株求めてしまった!
なので現在も、2鉢あります。



(2018年5月19日撮影)

花びらの縁が波打つ表情も
花色のシックさも好きです。

残念ながら、
香りは楽しめないですが
四季咲きなので年に何度か
大好きなジュリアに会うことができます。

ただ、
長年鉢栽培を続けている為か
本来が余り強健でない為か
株が充実するまでには、
至っていません。

私の思いが
ジュリア2株にうまく届けられないのが
ちょっと残念・・・ ですね。







2018.8.16

大好きなモダンローズのひらひらと咲いている時期の薔薇、ジュリア



(2018年7月5日撮影)

今日ご紹介するのは
大好きなモダンローズの
薔薇、ジュリア

今年の二番花です。

以前も話しましたが
バラ、ジュリアを
我家に迎えたのは19年以上前、
実はあまりに好きすぎて(^m^ )
翌年も、別なバラ園で、
もう一株求めてしまった!
なので現在も、2株あります。




(2018年7月6日撮影)

そのうちの一鉢、

5月に紹介した花より
ひらひらと咲いている時期の姿で
どことなく2018ファッション!?

ひらひらスリーブ、
流行ってますよね。(^▽^)/



(2018年7月6日撮影)

そして、この色・・・

チャーミングな大人色、
どことなくパリを連想するシックさに
ロマンを感じます。










2018.11.3


花びらの縁が波打つ表情と、花色のシックさが素敵な薔薇、ジュリア




(2018年10月30日撮影)

1976年イギリス生まれの
ハイブリットティーローズの
薔薇「ジュリア」
正式名称は 
ジュリア・クレメンツ・ローズ。




(2018年10月30日撮影)

我家に迎えたのは19年以上前、
この色と形に魅せられて
実は二鉢育てています。



(2018年10月30日撮影)

生育旺盛な薔薇とはいいがたいですが
四季咲きで、今回のように
秋バラとしてもきれいに咲いてくれると
ひとしお、嬉しいですね。


************

今日と4日と、所用で大津に参ります。
皆様のところに伺えませんが
今日はブログ更新だけで失礼します。

戻りましたら、
楽しみに伺わせていただきますね。
では、いってきま~す。







2019.2.19


2018年の薔薇☆花びらの縁が波打つ表情と、花色のシックさが素敵な薔薇、ジュリア




(2018年6月3日撮影)


2018年の薔薇達を
まだ未掲載の薔薇の写真を中心に
ご紹介させていただきますね。

今日は、1976年イギリス生まれの
ハイブリットティーローズの
薔薇、ジュリア
正式名称は 
ジュリア・クレメンツ・ローズ。






(2018年6月4日撮影)

バラ、ジュリアを
我家に迎えたのは20年ぐらい前。

実はあまりに好きすぎて(^m^ )
翌年も、別なバラ園で、
もう一株求めてしまった!

咲いている姿を見ると
どうしても連れ帰りたくなったのです。

なので現在も、2株あります。




(2018年6月5日撮影)

ただ、あまり丈夫とは言えない薔薇で
鉢管理だからでしょうか、
成長も、花付きもイマイチです。




(2018年6月6日撮影)

それでも、こんな風に
シックな色合いで
咲く姿を思い出すと、
今年も何とか!と願うばかりです。




にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj



















































































































































































http://ping.blogmura.com/xmlrpc/36ub2uohyjgj


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.