花と実と魔女と

ブルーライト



2002

薔薇・ブルーライト

ブルーライト






端正な花形を持つバラ「ブルーライト」
花色はブルームーンよりピンクがかってる薄紫。
日本人の伊藤良順氏が1995年に発表したハイブリットティローズ。

香りも良く薔薇の優等生って感じかな。

暑い中でも、ケナゲに咲き続ける花たちを
冷房きかせた部屋から眺めては、ちょと悪いかなって思っちゃう。
夕方、少し涼しくなったら 草取りでもしようかしら…ね。


今日は、“真夏日”30度以上になるって天気予報が言ってたような、
聞かなかった事にして さあ、今日の仕事を始めようか。






********************************************************* 









2003     






藤色の薔薇、その名も「ブルーライト☆彡横浜」
お~っと、もとい「ブルーライト」でございます。


藤色の大輪の花形も整っており、芳香を併せ持つスグレモノ。
そうです、まるでPCをご覧の“あなた”のようです(o^-^o)

コンテストにも適しているそうで、1994年には「香りの大賞」を受賞。

花の名前、1995年に作出者の伊東良順さんが命名されたと思われますが
わたしがこの薔薇の名前を言うたび、あのヒット曲
♪ブルーライト・横浜♪が聴こえてきます。←幻聴かな?

ちょうど○○生だったころ、大ヒットしてましたっけ。
○○の文字、小学・中学・高校・大学、人それぞれですよね。

あ、「生まれる前の方」もいらっしゃいますね(笑)

年月の経つのははやいものだわ...シミジミ







********************************************************* 






2004        夏






モダン・ローズのハイブリットティー「ブルーライト」の2番咲き、
日本の伊東良順さんが1995年に作出されたバラです。

整った花形と素晴らしい芳香を併せ持ち
コンテストなどに適した品種。

藤色の優美さと剣弁高芯咲きの端正さが
絶妙なバランスで見るものの心をググッと引き寄せてくれます。




青いバラが望まれていますが
(今年も発表されましたね、青いバラ)
この藤色のバラの先に、もっともっとと、
青の深さを求めているような気がします。
正直、わたしはそこまでの「青さ」をバラに求める必然性に???ですが…




でも、見たことの無い花、無いものねだりは人の常、
そこに先人達の向上心と研究が育まれたのですし・・・




ともあれ、私は今日のブルーライト、
そしてもっと歴史の長いブルームーンの青さや、
ムーンシャドウにも惹かれ・・・・・
この3種が私の家では咲いています。


青い鳥ならぬ、青いバラは私の手元に・・・ということで (*^_^*)







********************************************************* 


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.