花と実と魔女と

チャイコフスキー




2002      夏

薔薇 ・ チャイコフスキー

チャイコフスキー





フランスのメイアンが
2000年に発表したバラ『チャイコフスキー』
もちろん花の名前は19世紀の偉大な作曲家の一人
チャイコフスキーにちなみます。
今年求めたのですが、
期待以上の花色を見せてふんわりと咲いてくれました。

上品な香りと共に、
私のお気に入りが又一つ増えました。
秋にも沢山咲いてくれるといいますから、
これからが楽しみな薔薇です。

チャイコフスキーの作品では、
弦楽セレナーデ ハ長調 作品48が好きな曲です。
この曲はとても旋律が美しいですよね。


薔薇のチャイコフスキーにCDを聞かせてみようかしら…







小花ライン









2003    秋









偉大な音楽家の名前がついている、
モダンローズ「チャイコフスキー」


フランスのメイアン社が2000年に作出、


カタログに、秋も沢山咲くとありまたが
期待通り花つきは良いようです (^ー^* )


写真の一輪は水滴をまとって、
白鳥の湖を踊っているように見えますか?



******************************* 







2003     12月 初冬








どんよりとした冬空にあって、クリーミーな明るい色のバラ
「チャイコフスキー」

芸術の秋、音楽会にお出かけした方も多いのでは?

あいにく、私はその機会を得ないまま今年も終わりそうですが、
庭では、歴史にその名を残す巨匠「チャィコフスキー」が
あたかもチャイコン(チャイコフスキーのバイオリンコンチェルト)を
聴かせてくれているようです♪


寒さに向かって、花びらの内にひめたもの思い...
バラって、やっぱりどの子も神秘的だわ。












小花ライン









2004      夏








モダンローズの「チャイコフスキー」


アンティークタッチの薔薇として
2000年にフランスのメイアン作出です。

ふわっとした花姿とクリーム系の色合いが
確かに古典的なイメージを感じさせるかもしれません。
フランスのアンティークレースのような感じかしら?

もっともフレンチレースという名の薔薇もありますけれど・・・



半つる性のシュートがよく育ち
元気に生育中。
ほのかな香りもお気に入りで、
目下東側の朝日があたるベストポジションで育てています。




*****・・・******・・・*****・・・******・・・******・・・*****・・・*****




花の中心部分は本来レモン色なのですが
なぜか、この子はピンク系。
あまりの暑さに上気してしまったのかな?(ё_ё)ポッ

















Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.