花と実と魔女と

全6272件 (6272件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021.06.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類




(2021年5月14日撮影)

フロリバンダの

薔薇、エルフ(=妖精)

2002年に訪れた

横浜の村田バラ園から

我が家に迎えて

はや今年で20目になります。

花びらがほんのり桜色、

優しい雰囲気が魅力の薔薇です。






(2021年5月18日撮影)

我が家の道路に面した

インターフォンの上に

年に何度も咲いて、いわば

ウェルカムローズと

言ったところ。(^▽^)






(2021年5月18日撮影)

バラ、エルフ(=妖精)は

優しい雰囲気でありながら

とても丈夫な事も嬉しい薔薇。

今年も何度も楽しめるよう、

期待しています。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。






Last updated  2021.06.21 10:00:06
コメント(8) | コメントを書く


2021.06.20
カテゴリ:クレマチス




(2021年5月26日撮影)

おちょぼ口を

下向きにして咲くのは

クレマチス「籠口」(ろうぐち)

和風なお名前が示すとおり

1990年、

小澤一薫さんが

日本で発表した品種。

学名もRoguchi






(2021年5月26日撮影)

我が家には

古くからの楽天仲間から

挿し木苗の

プレゼントでやってきました。






(2021年5月26日撮影)

とても丈夫で、

毎年必ず咲くし

色と形の見事な

マッチングを見せていて

日本のクレマチスの

代表格の一つだと思っています。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。






Last updated  2021.06.20 13:44:09
コメント(14) | コメントを書く
2021.06.19
カテゴリ:カテゴリ未分類




(2021年5月15日撮影)

2007年に迎えた

我が家のグラハム君三代目。

(2度迎えましたが、

根の張りに対して

花が付き過ぎたりして

サヨナラした過去が~涙)






(2021年5月15日撮影)

薔薇、グラハム・トーマスは

庭への入り口の

パーゴラに誘引しています。

とても、背が高く伸びるタイプで

上のほうで 咲いています。






(2021年5月15日撮影)

バラ、グラハム・トーマスの

この株の花数は、

多くはありませんが

四季咲き性もあり

ご覧の花色に元気をもらえる気がして

お気に入りの黄色いバラです。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。






Last updated  2021.06.19 12:32:27
コメント(9) | コメントを書く
2021.06.18
カテゴリ:カテゴリ未分類




(2021年5月16日撮影)

薔薇、プリンセス・オブ・ウェールズ

四季咲きで、中輪房咲き。

我が家には2003年に

新苗でお迎えし

リビング前に

地植えで楽しんでいます。

咲き始めは中心部が

ほんのりピンク色・・・






(2021年5月18日撮影)

1997年イギリスの

有名なブリーダー、ハークネス氏が

故ダイアナさんに捧げた品種。

香りもあり 病気にも強く、

良く咲いてくれ

咲き進むと

スーパーホワイトになっていく

白バラ、プリンセス・オブ・ウェールズ






(2021年5月18日撮影)

とても良く咲く薔薇ですが、

今年の5月

例年より花数が

少なかったのは残念でした。

私たちの心の中のダイアナ妃は

いつまでも変わりませんが

我が庭のプリンセスは

長年の疲れが

出てきたのかもしれませんね。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。






Last updated  2021.06.18 10:40:04
コメント(12) | コメントを書く
2021.06.17
カテゴリ:カテゴリ未分類




(2021年5月30日撮影)

イングリッシュローズの 

薔薇、シャリファ・アスマ。

2004年にお迎えして

リビング前の一等地に(笑)

地植えで育てています。






(2021年5月30日撮影)

バラ、シャリファ・アスマは

グラデーションを織りなす

花色と、花びらの重なりで

プリンセスのような

雰囲気が魅力ですね。






(2021年5月30日撮影)

ただ、近年

プリンセスも年齢を重ね

ピーク時のような

花数は期待できなくなり

挿し木で

バックアップをとってみました。

珍しく^^成功し

小さな苗木にも花が咲き!

(今日ご紹介した花とは別の鉢)

ちょっと、安心です。

これからも大切にしたい

イングリッシュローズの一つですね。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。






Last updated  2021.06.17 09:35:12
コメント(7) | コメントを書く
2021.06.16
カテゴリ:カテゴリ未分類




(2021年5月18日撮影)

正式名称は、

ジュリア クレメンツ ローズ。

ジュリアはわたしの

大好きなバラのひとつで

薔薇に興味を持ち始めたころ

いまから20年以上前になりますが

バラ園に行って、

持ち帰ったのが始まりです。






(2021年5月18日撮影)

薔薇、ジュリアは

なんといっても、この色!

言葉では

言い尽くせぬ味わいと

雰囲気を

持っているようにおもいます。

鉢植えで管理しているので

相変わらずのコンパクトな株ですが

毎年、数はおおくはないけれど

年に何度か咲いて、

楽しませてくれます。






(2021年5月18日撮影)

今日の写真は、

たまたま外側の花びらが

反りかえっていますが(笑)

それもご愛敬。

個性的に 

自由に花開く

バラ、ジュリア・・・

たまには、

こんな子もいて良いですよね (^▽^)/



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。






Last updated  2021.06.16 10:30:05
コメント(12) | コメントを書く
2021.06.15
カテゴリ:カテゴリ未分類






(2021年5月23日撮影)

イングリッシュローズの

薔薇、ヘリテージを

我が家に迎えたのは2003年

今年で19年目になります。

上品なピンク色で

花びらの巻きが美しい

ロゼット咲きの薔薇ですね。








(2021年5月23日撮影)

バラ、ヘリテージは

色良し、姿良し、中香、

四季咲き、丈夫・・・

日本にイングリッシュローズが

紹介される前から、

もっとも沢山

栽培されている品種です。








(2021年5月23日撮影)

我が庭の東側の

ラインに地植えしてあり

エントランスでもあるので

お客様をお迎えする位置にあります。

四季咲き性を発揮して

お客様をおもてなししてくれると

嬉しいですね。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。






Last updated  2021.06.15 10:30:05
コメント(7) | コメントを書く
2021.06.14
カテゴリ:カテゴリ未分類




(2021年5月18日撮影)

薔薇、ブルームーンは

1964年ドイツで作出された

モダンローズで、

青薔薇の代表品種として

いまもって、

根強い人気があるようですね。






(2021年5月18日撮影)

バラ、ブルームーンを

我が家に迎えたのは

はるか30年以上昔・・・

植え木やさんからのプレゼントの

マリアカラスと、白薔薇の次に

自分で初めて選んで迎えた薔薇です。

当時から、好みは

あまり変わっていないってことですね^^






(2021年5月18日撮影)

15センチぐらいになる大輪で

香りもありすっくと立つ直立性で

場所をあまりとらないのも嬉しいです。

数年前から

新しいシュートも出るようになって

熟年薔薇(笑)ながら、

もう少しは楽しめそうです。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。






Last updated  2021.06.14 10:00:05
コメント(12) | コメントを書く
2021.06.13
カテゴリ:カテゴリ未分類




(2021年6月3日撮影)

クレマチス、デュランディ(ドゥランディ)

大型で、

インテグリフォリア系の

新枝咲き。

(冬にバッサリ剪定しても

安心の新枝咲き)

友人の山の家で

咲いていたのを

一枝分けてもらって

挿し芽したのが2008年。

以来、四季咲きで

繰り返し楽しんでいます。






(2021年6月3日撮影)

例年、花びら4枚の十字型、

手裏剣型(笑)が多いのですが

なぜか今回写真に

撮った子は花びら6枚。

参考までに4枚の花びらはこちら↓



(2020年10月4日撮影)

他の花数輪は、

5月中に切り花にして

飾ったのですが

果たして、

何枚の花びらだったかしら・・・(;'∀')

6枚というのも

ゴージャスでいいですね。






(2021年6月3日撮影)

クレマチス・デュランディ

少し前に、

花屋さんで切り花でも見かけました。

自宅で切り花にして飾った

デュランディさんも

花持ちよく、10日位楽しめました。

ちなみに、

今は紫陽花『ブルースカイ』を

玄関で楽しんでいます。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。






Last updated  2021.06.13 11:00:04
コメント(10) | コメントを書く
2021.06.12
カテゴリ:カテゴリ未分類




(2021年5月29日撮影)

イングリッシュローズの

薔薇、エブリン

透明感のある花色で大輪。

我が家には、

2003年暮れにお迎えして

今年で19年目

庭の西側の境界に

地植えしています。






(2021年5月29日撮影)

バラ、エブリンは

ロゼット咲きで

香りも良く

華やかさと

チャーミングさを併せ持つ

四季咲きの薔薇です。

今年も何回か

お顔を見せてくれると

今から楽しみにしています。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
ご訪問有難うございます。
お手数ですがクリック
よろしくお願いします。






Last updated  2021.06.12 11:35:16
コメント(11) | コメントを書く

全6272件 (6272件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.