12522805 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

株/投資/ヘッジファンド/きまぐれぽんた

生活のアンケート(3月)


生活意識に関するアンケート調査[日銀]
足元のDIはマイナス19.7と、2004年12月の前回調査に比べて横ばい。1日発表の
短観で、大企業製造業の景況感の悪化が示されたものの、個人の景況感は横ばいに
とどまった。DIは景気が1年前と比べて「良くなっている」と答えた人の割合から「悪く
なっている」と答えた人の割合を引いた値。1年後の見通しDIでは、マイナス7.2となり、
2.3ポイント改善。同調査の景気判断の要因には、「自分や家族の収入」や「勤務先や
自営店の経営状況」が大きくウエートを占める。収入状況では、1年前と比べ「増えた」
との回答の割合が前回から0.3ポイント上昇、「減った」割合は1.1ポイント低下。1年後
でも「増える」との回答割合が0.9ポイント高まり、「減る」は0.8ポイント低くなる。
1年後の物価見通しについては、平均値(上下合わせて1%のサンプルを除いた値)は
1.3%の上昇を見込み、前回からは0.5ポイント低下。前回に生鮮品の価格が高騰して
物価を高めに見ていた反動」(情報サービス局)。今後5年間では毎年平均で1.8%の上
昇を見込み、前回からは0.3ポイント低い。調査は全国の20歳以上の男女4000人を
対象に3月4日-14日に実施。有効回答率は72.6%。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.