12522980 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

株/投資/ヘッジファンド/きまぐれぽんた

《 初恋 》

映画 《 初 恋 》

1968年12月10日 日本犯罪史上最大のミステリー“三億円事件”の日、その
事件の真相とこの映画の題名が物語る衝撃の事実とは・・・・

三億円事件は、1968年(昭和43年)12月10日9時25分頃に東京・府中刑務所の
北側外塀監視所付近道路上で、東芝府中工場の従業員用ボーナス2億9430万
7500円の現金(現在の価値で約30億円分)を乗せた日本信託銀行(現在・三菱
UFJ信託銀行)国分寺支店の現金輸送車が白バイの警察官に停止を命じられ強奪
されたと言う事件。犯人は逮捕されることなく、1975年(昭和50年)12月10日に
公訴時効が成立し、民事でも1988年(昭和63年)12月10日に時効が成立している。


犯人が語る衝撃の事実と、どこまでも純粋な初恋の思い出。事件の裏には
こんなにも切ない物語があったのかと思えるこの映画、当時を知る世代にも
そして当時を知らない世代にも、衝撃を与える内容となっている。


この話のトリビアとしては以下のものが挙げられる。

1、実は1円も損していない!
盗まれた東芝府中工場の従業員ボーナス約3億円(現在の貨幣価値にすると
約30億円)には保険が掛けられていた。更に再保険が海外の保険会社に
よってかけられていた。そのため、事件の翌日には何もなかったかのように
ボーナスが支給されている。1円も損をせず、誰一人傷つけることなく、単独での
犯行。
世の中がヒーロー視するのも無理はない。


2、あのモンタージュの正体は・・・
事件直後は残された遺留品が153点もあったことからスピード解決が予想された。
しかし、刑事時効が成立した1975年12月までに警察が容疑者として洗った捜査
対象者は11725人。延べ捜査員16万人弱、費用約10億円。
犯人像には自動車
塗装関係者、カーマニア、単なる愉快犯説、東芝府中社員説、全学連説、はたまた
同性愛者の共同犯行説など様々で、捜査の中では多くの誤認逮捕が横行した。
誰もが一度は見たことがある、あのモンタージュ写真ですら、後に「事件以前に
銃砲刀不法所持で逮捕された実在の人物にヘルメットを被せただけのもの」と
ジャーナリストによって暴かれている。そして事件を担当した名刑事、平塚八兵衛
警視(当時)は刑事上の時効成立直前、警視庁を退職した。


3、ヤマハ製の白バイは存在しない
輸送車の銀行係員4名は、「爆発するから下がって!」と言い車に乗り走り去って
いった犯人に対して、「勇敢な人だ・・・」と感心すらしたらしい。盗まれた!と
気付いた時にはすでに輸送車は見えなくなっていた。爆弾の正体は発炎筒。
犯行時間わずか3分。また、係員は白バイがヤマハ製であることを見つけた時、
事態の異常を深刻に悟った。当時、白バイはすべてホンダ製で、ヤマハ製の
白バイは存在しなかったからだ。



4、白バイが引きずっていたシートは・・・
本作の中でトラックを追い越そうとした白バイに、風で飛ばされた車のシートが
絡みつくシーンがある。経緯は別として、実際、事件現場に残されたバイクに
何故か緑色のシートが絡んでいたのは確かである。雨の中、犯人は相当な
負荷を背負って輸送車を追い掛けたのである。真相はもはや分からないが、
「犯人が見張り用の車から白バイに乗り換える際に、慌てた為に引っ掛かった」
という説が有力。


5、濃紺のカローラを探せ!
犯人は現金輸送のセドリックから逃走用の車を次々に乗り継いで逃走した。
セドリックが発見されたのは事件発生約1時間後、武蔵国分寺七重塔跡付近の
人気のない場所だった。その後警察は目撃情報から、最終的に犯人は「濃紺の
カローラ」で逃亡と断定。しかしその濃紺のカローラが発見されたのは、事件後
四ヶ月も後のことである。マイカーブームの団地の駐車場に泥まみれに止まって
いたカローラを民間人が発見したのだ。そのトランクには空のジェラルミン
ケースが三個積まれていた。その団地とは小金井市本町団地。事件現場から
ごくわずかの距離だった。当時「他人のことには無関心といわれる団地族の
心理を巧みに読んだ犯人の作戦がまんまと図に当たった格好」と称揚した
全国紙もあった。


6、3億円の使い道とは・・
そして、強奪された三億円は、未だに一円も使われていないと言われている。
日本信託銀行国分寺支店が幸いにもこのとき奪われた全ての紙幣のシリアル
ナンバーを控えていたと言われている。そしてそのシリアルナンバーがついた
紙幣はいまだに発見されていない。



7、なぜ、時効に? そして本当の犯人は・・・
この世の中の権力というものにどうしても戦いを挑みたかった東大生、そして
その実行役となった女子高生・・・実は、この女子高生は生存している。現在
50代後半。先日USENグループに招かれて私が行った試写会に本人が来て
いたという衝撃的な真実も後日知ったのだ。更にこの東大生の親はちょっと
した著名人であったのだが、この親はとんでもないことを知ってしまった。それは
盗まれたはずのシリアルナンバーが入った紙幣が送られてきたために・・・
そう自分の息子から。
そのためにこの事件そのものが揉み消されたという噂があり・・


東大生の彼は・・・女子高生は・・・ そして盗まれたお金はどこへ・・・
ここには書けない衝撃的な真実があり、また、ここには書くことができない
揺るぐことのない、初恋の思い出があり・・・・


この映画、そんな背景を知ってみると、いかにも衝撃的です。

興味のある人は  公式ホームページへ  
そして映画を見よう♪ 




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.