12522964 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

株/投資/ヘッジファンド/きまぐれぽんた

二日新甫と13日の金曜日



4月の初日、以下のような文章を書いたのをご存知だろうか。

今週からはいよいよ名実ともに4月相場入り。そして4月は「二日新甫
(ふつかしんぽ)」。二日新甫とは、その月の1日が日曜日(休日)に
当たり、2日から立ち会いがスタートすることを指す相場用語なのだが、
その月は一般的に荒れると言われているのは、ご存じだろうか。名実
ともに新年度相場入りし、新規資金の流入で堅調な推移が期待され
よう。昨年の4月最初の営業日は、東証1部の売買代金が前日比で
約3割増加した経緯がある。果たして今年はどうなるのかな。

この二日新甫なった月は、当然2日から取引が始まることとなり、二日
新甫の月の13日は必ず金曜日となる。よって、今年は4月と7月に
ジェイソンの出てくる映画でも有名な不吉な13日の金曜日がやってくる
のだ。この映画の影響が強く、13日の金曜日は西洋では忌日とされて
いるという俗説が一般に信じられているのだが、この13日の金曜日を
縁起が悪いとしているのは主に英語圏の国々でのこと。この数字が不吉
だとされるのは、最後の晩餐への出席者のうち、その13番目がキリストを
裏切ったユダだったからとか、キリストの磔刑(たっけい)が13日の金曜日に
執行されたからだとかいわれている。日本でいえば、4、9 といった数字と
理解すると分かりやすいかも。13の手前の12という数字は、1,2,3,4,6など
多くの公約数を持ち、調和のとれた数字として洋の東西を問わず神聖視
されており、「十二使徒」、「十二神将」、「十二支」、1年は12ヶ月、時計も
12までなど使途は非常に多い。しかし素数である13は、古くから調和を
乱す存在と考えられており、欧米の建築物でも13番目の階をホテルの
従業員用の更衣室・社員食堂にしたりして、施設を意図的に外す例も
あるのは、日本と似ていよう。また、13時13分(中部標準時刻)に打ち
上げられたアポロ13の事故なども13という数字の縁起の悪さを印象づけて
おり、確かカーレースのF1においてはカーナンバー13はなかったはず。
ちなみにイタリアでは、17日の金曜日が不吉な日で、イタリアの航空会社
アリタリアの航空機には客席に17列が存在しない。またスペインでは確か、
13日の火曜日が不吉な日とされていたりする。などとかいているうちに、
株の話と違う方向へ来てしまった。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.