000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

株/投資/ヘッジファンド/きまぐれぽんた

グーグルのびっくり戦略

インターネット検索世界最大手、グーグル
5月31日、一時的にネット接続がオフラインとなってもアプリケーションを接続
した状態のような形で作業が継続できる技術を開発、31日、世界のネット関連
エンジニアに公開した。世界のソフト開発者は無料でライセンスなどにわずら
わされることなく、構築が難しいプログラムを駆使して様々なアプリケーショ
ンを開発・提供できるようになる。

グーグルは世界規模でウェブアプリケーションの基礎となる技術を提供す
ることでその存在の優位性を一段と高めることを狙う。また、この技術を組み
込んだアプリケーション開発者が増えることで技術の標準化につなげ、業界の
中心的な存在維持を図る。

グーグルは既に、世界的な検索サイトを中心に、インターネット関連技術
では圧倒的地位を築いている。グーグルが同日、都内で開催した「デベロッパ
ー・デイ」の基調講演で、グーグルのオープンソースプロジェクトをリード役
のグレッグ・スタイン氏やシニアプロダクトマネージャーの及川拓也氏らが明
らかにした。

新技術の名称は「グーグル・ギア(Google Gears)」。及川
氏は、「グーグル・ギア」の技術公開について「完全無料で制約もない、是非
ウェブアプリケーションに組み込んでもらい、魅力的なアプリケーションを完
成させてほしい。目的は世の中でのイノベーション(革新)を促すこと」と強
調した。

ブラウザーとしては、ほぼ標準であるマイクロソフトのエクスプローラー
に対応するほか、他のブラウザーにも「順次対応させる」(及川氏)。またO
S(基本ソフト)では、UNIX互換OSであるリナックスに加え、ウィンド
ウズ、マックに対応。

            世界規模では初のイベント

グレッグ スタイン氏は会場で、グーグル・ギアについて「新しいタイプの
ウェブアプリケーションであり、どこの社もこのような技術を開発・提供して
おらず、これを利用して新しいソフトを創出してほしい」と述べた。また「グ
ーグルがこのサービス公開により直接的な利益を得ることはない」としながら
も、「世界の開発者を鼓舞して様々なアプリケーション開発を促し、ウェブ全
体の発展とユーザーの利便性向上につなげ、その結果としてグーグルにもプラ
スとなると判断している」と語った。

ウェブ上での世界的な新技術開発競争で打倒グーグルを掲げ、追い上げよ
うとするヤフーやマイクロソフトに対して、グーグルはオープンソースを武器
にライバル社を突き放す戦略を進めており、広告収入が収益の中心であるグー
グルの強みを生かした世界戦略の一環。

グーグルが今回のような世界規模での同時開催イベントを開催するのは初
めて。今回のイベントはシドニーから始まり、東京、北京、モスクワ、ハンブ
ルク、パリ、ロンドン、マドリード、サンパウロ、そして本社のある米マウン
テンビューで終了する。

システム開発会社、エンバスの若原政徳CTO(最高技術責任者)はイベ
ント参加後、「われわれのような業者がこの技術を基にキラーアプリケーショ
ンを開発することで、将来ウェブ業界に革新的影響をもたらするような事態に
つながる可能性ある」とコメントした。そのうえで「オフラインの状態でソフ
トが動くことは、電波の届かないオフィスやインフラ整備の弱い地方では非常
に魅力的だが、一般にはやや分かりにくく、グーグル・アースのようなだれで
もわかるものにするためには、便利なソフトの開発を待つ必要がある」と語っ
た。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.