260033 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

気まぐれ屋。

全1435件 (1435件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2022.03.25
XML
カテゴリ:ヒトコトモノ
2003年9月に​思いつきで始めたこのblog。

色々あったけど、ココで好き勝手吐き出せて
しかも時には様々な方から頂いた温かいコメント
支えられて
なんとか前を向いて何度も這い上がって
生きて来れました。

今までも相当なピンチをくぐり抜けてきたから、
かなりタフにできてる人間だと思うのですが。
今回はどうも簡単には越えられそうもありません。
先日、大丈夫だからがんばる!と書いたのに。

今日になり、思いがけず追い打ちをかける事
がありました。

******

子供の頃から神様も仏様もずっと味方だと思って
信じているのに、今また何故、こんなに最強で
最悪な課題を与えたんだろう? 
私達が何をしたというの? 秩序を守り、ただ
慎ましく暮らしているのに。
わからない。頭の中、真っ白で。心と体が
張り裂けそう。
でも、どうにか越えないと。しっかりしないと!
そう言い聞かせて耐えられるのが、いつまでなのか。
全く自信は持てないけれど、持ってる力と知恵とで
精一杯立ち向かわねば。
これは私の運命との闘いだ。

苦しい。さっきから憤りと恐怖で寒気が酷い。
この先がどこに続いているのか、1月に突然
見えなくなってきたけど、今度こそ何にも
見えなくなった。
こんな目に遭うのが悲しいけれど腹立たしいけど
今の私にできるのは、脳をクリアにして、常に
冷静でいることしかない。

******

自分語りのblogだし、特に最近誰も読んでない
とは思いますが。とりあえず告げておきます。
​​​このblogを今日で一旦終わります。​​​

これは私なりの願掛けというか、ケジメです。

でもでも。未練がましくてカッコ悪いけど、
どうしても耐えられないほど苦しくなったら、
ココに吐き出しに来るかもしれません。
だから、閉鎖するつもりはありません。
過去の自分に力をもらいに、多分ちょくちょく
覗きにも来る​
でしょう。
もう私には、ココしか自分を解放できる場所
がないから。前を向いて生きるために残します。

皆さんとの出合いは、私の生き甲斐でした。
これまでにお立ち寄り頂いた皆さん、
本当にほんとうにありがとうございました。
色んな方との様々なエピソードが思い出されます。
とっても名残惜しいのですが・・・・・・
しばらくさよならです。

長い間、私とこのblogを生かしてくれて
心から感謝
します🙏 

★  ★  ★  ★  ★
中締めのふたこと。
「お元気で。またいつか笑顔で語り合いましょう🐈💜」









最終更新日  2022.03.25 15:01:07
コメント(0) | コメントを書く


2022.03.23
カテゴリ:ヒトコトモノ
​​​​​​​​もう出ないと行けないって時に限って、分け目にキラリ。
白髪数本右と左に光ってる。触れば触るほど
髪もキマらない。
この前、自分で髪整えて染めたばかりなのに。
都内美容院行ってから4ヶ月近く経つ。
髪切りたい。
髪に潤いとボリューム戻したい。でもまだ電車で遠出するの
躊躇ってしまう。
もう暫く“わたし美容室”で我慢するしかない。いやもう
メンドクサイから白髪のまんまでもいいや(半ばヤケクソ)。
やつれた姿を鏡に映して、大きな溜息。

朝から何をやっても“空回り”気味。

よくあることだ。何かひとつ“冴えないこと”があると、
その日一日、何をやってもあかんわ(by岡崎体育)な流れは。
社会人になって幾度もどん底を経験して今があるので、
どんなことが起きても「なるようになる」​をモットーに
乗り越えてきた。
だけど時々、今日みたいに次々降り掛かる“負の重さ”に
耐えられなくなる。

今年に入って抱えた“心配事”のその後について、町を歩き
ながらも考えてしまう。今日は特に、悪い方にばかり考え
すぎてしまう。
買い物に行ったら行ったで“ハプニング”続出で、気分転換
できればと思ってたのに、かえってダメージ食らってる💧
挙げ句、階を下りるにつれだんだん具合悪くなり。実際に
吐きはしないけど、それくらい今日の私は心がポキッ!と
折れる一歩手前の気分だ。

帰り道。必死で2本の足で地面踏みしめて、精一杯踏ん
張って下向かないようにして前に進んだ。
今の私と同じ境遇の人、周りにいないから。自分で解決
・・・というより「なるようになる!」で、運を天に任せる
だけだ。それしか術がないと解ってるから、この先もまだ
こんな状態で、日々落ちたり塞いだり忙しいんだとは思う。
でも、もがきながらも溺れながらも前を向きたい。
ここで諦めてしまえば、たぶん今よりもっと状況は悪く
なってしまう。それだけは何としても避けたい。

大丈夫。まだグッスリ眠れるし、ご飯も美味しい。
ノリノリで音楽聴けてる。唄えてる。
好きなドラマの続きも気になる。
今日の夕食そろそろ作らなきゃとか、シュフっぽいこと
考えてる。

だから大丈夫。全然へっちゃら。この程度で、こんな所で
挫けられんわ。

★  ★  ★  ★  ★
今日のひとこと。
「今季流行りっぽいロングスカート、背が低いからはけません😢」


LASA初聴きの時点で一番好み。
まさに今日の気持ち。
​​​​​​​






最終更新日  2022.03.23 18:02:24
コメント(4) | コメントを書く
2022.03.22
カテゴリ:ヒトコトモノ
​​​​​​件の男は、極寒のスタジアムに集まる20万人の大観衆に
向かい、“自らの行いの正当性”について満悦至極に語った。
この人の行き当たりばったりなワガママのせいで、隣国の
幸せをぶち壊し、今や世界中が大迷惑している。
しかも、彼が守るべき自国の国民にも不幸を背負わせ、
日に日に孤立を深めているというのに。

“彼の欲しいモノ“って、こんなんで手に入るとでも本気で思ってるんだろうか? 彼を知る人達は、口々に「計画性のある人」だったと言い、今の彼を「別人のよう」と話す。
何にせよ今の彼、正気の沙汰とは思えないのだが。

彼がどんなに凄いキャリアを有し力も金も持っていて、こんなに暴走爺になちゃった今も国民の多くに支持される存在だとしても。国民平均年収が80万円に満たないあの国で、自分だけ
高級ブランドのダウンジャケットにぬくぬく包まれてるようじゃあ、説得力”なさすぎ。それに、あのダウン。ナントNTO加盟国製で一着160万円(高っつ!)聞いて顎外れた。アウトドアのウエアが目が飛び出そうな価格なのも、庶民の私には信じられんが。彼にとって何より大事なハズの演説の場で“敵国”の物をありがたがって着てるのを観たら、彼ともあろう人が節操ないな~とツッコまずにはいられない。

そしたら急に頭に浮かんだのだ。「ぜいたくは敵だ」というフレーズが。これは経済統制が始まった1930年代末期の日本で流行った標語だ。日本​​​​​​​​​国民の戦意高揚のために用いられていたらしいのだが。
「贅沢をする者はすべて敵であり、滅ぼすべき存在」って意味の、なんとも恐ろしく醜い考えだ。こうして意味を書き込んでいる自分にさえ嫌悪してしまう忌々しさ。

しかし、彼の仕立ての良さそうなダウンコートを観てたら、そういう考えや感情が“内部”から噴き出しそうな危うさを感じる。近年あの国では彼の求心力が低下し、不満を抱く若者が街中で反乱を起こす動きが見られるようになったとか。それを意識して彼は、自分の恐さを国民に見せ付ける狙いもあって他に敵を作り暴れてるのかもしれない。けれども目の前で贅沢する者は誰か? 本当の敵は誰か? 答えは明らか。
その矛先”が一点に向けられるのも、時間の問題のような気がする。

そんなことを、間もなく停電するかもしれない冷え切った
部屋の中で考える花冷えの午後
ひとりPC以外の電気を点さず、くたびれた毛布やブランケットをぐるぐる体に巻きながら。朝から一回も暖房使わないと、この時間さすがに指先がかじかんできたな。

限りある資源と平和を大切に。
いつまでもあると思うな、あたり前の日々。

​​★  ★  ★  ★  ★​

今日のひとこと。「健康診断前なので、おやつは我慢します😢」

デモ聴いてシビれた勢いで取材申し
込んだら、当時は難しい状態で。
今ちょうど生ラジオで饒舌になっ
てる(別人のよう)。幸せならそれでいい。






最終更新日  2022.03.22 17:17:57
コメント(0) | コメントを書く
2022.03.17
カテゴリ:ヒトコトモノ
​​​​​​​二回の締め切りを越えた後、暫く“再びの休み”を貰った。
この機会にアレ遣ろうコレ遣ろう!って前向きだった
ハズが。ダラダラと暮らしてしまっている。
体調も下降気味、例の心配事のせいでテンションも低め。

平日の睡眠時間が短めなので、毎日なるべく横になる時間を
僅かでもとりたい。でも細々用を済ませていると、そうも
いかず・・・。
今頃になり、そのツケが回ってきた感じ。
一昨日辺りから眠くて仕方ない。今この瞬間も眠い。
間もなく配送業者さんが来るから、踏ん張るのよ!私。

で。あまりにも睡魔がとれない時、思い切って寝ちゃう
んだけど、その後なかなか起き上がれない💧
スマホのアラームを何度も何度も追加追加で設定し直し、
結局夕方近くに目覚めたら二時間経ってる!!なんて↷↷
分かってるよ。“今日絶対しなくちゃならない事”が
ある日とない日の
気合いの入り方“に差がありすぎなのは。
今日のダラダラは、一昨日張り切ってあちこち廻って用事
を一気に済ませたせい。それが無事終わったら、緊張の糸
切れちゃった。

毎回こんな調子で、締め切り抱えてMAXにギアを上げる
時期が続けば続くほど、その後の“反動”が酷い。
そうなるのが分かってるから、うっかり爆睡した後に反省の
ポーズで、“今年じゅうにすると決めた事”にちょっとだけ
手をつける。そして情けなくなる。いつまでも“本気”で
取り組めない自分が、ホント嫌。
そんな風に腹立てながらも、配送業者さん来る前に今ちょっと
でもいいからうたた寝しようかと考え中。

******

かつて一度訪れたことがある日光東照宮。
その『かえる股』に彫刻された『眠り猫』を何故か
急に思い出した。
猫の裏には『雀』が戯れる彫刻があるらしい(それは覚えて
ない)。これには「弱い者も安心して過ごせる平和な時代
であるように」という願いが込められているそう。

安心、平和・・・今、この世に一番足りないものだ。
心がささくれた時代に、「眠いからちょっと寝るわ」とか
のん気にワガママ言えてる自分を、充分“
恵まれてる
思わないと恥ずかしいな。


ありがとう。
今日も一日、ダラダラできる時間を愚かな私に与えてくれて。
ありがとう。
今から少し、お日様に包まれてお気に入りのソファで
うたた寝できる穏やかな時間を散人の私に与えてくれて🙏

★  ★  ★  ★  ★
今日のひとこと。
「自然の脅威の前で人間は無力なんだと認めざるを得ない。」


最近のヘビロテ曲。】バウ君、今度は山タツ風味。
21歳にして既に職人の域。器用だなー。
​​​​​​​​






最終更新日  2022.03.17 15:41:08
コメント(0) | コメントを書く
2022.03.10
カテゴリ:ヒトコトモノ
​​​​​​幼い頃、ぬいぐるみ持ってなかった。

ガラスケースに入ったセンスないドレス姿のお姫様は
いたし、リカちゃんファミリーwithナイスバディの
バービーはハウスごと持ってたのに。
でも家にあった人形で真っ先に思い出すのは、親が幼い
弟用に買った人気キャラの超合金二体だ。あれは好き
だったなー。弟よりも私が動かしてたような気さえする程。

なのに、柔らか~い甘~い可愛い系のって、全く記憶に
ない。持ってなかったんだろう。昔の写真にも出てこないから。
大人の顔色をうかがう甘え方を知らない冷めた子供だった。
自営業だから家計の浮き沈みも激しく、贅沢に慣れてない子で。
だから一度も“子供らしい物“や“ラブリーな物”をせがんだこと
もない。その代わりに実家には、猫や犬や鳥やハムスターやら
何かしら“生き物”がいたせいもあるかもな。

******

こんな私でも“好きなキャラクター“が、いるにはいる。

小学校の頃通った英会話塾をきっかけに“スヌーピー”
と出合う。当時、ひたすらあの絵を真似して描いたなぁ。
でもその後、ホンモノのビーグル犬を我が家に迎えた
からか、コミックを読みまくった熱は冷めていった。
ここだけの話、義弟の奥さんが“スヌーピーフリーク”で。
そのハマり方が尋常じゃない。彼女の熱量を知ってから、
なんかこれ以上触れちゃいけない気がして・・・あえて
“スヌーピー”を避けてたり。
余談だが。彼女が義弟を夫に選んだのも、“スヌーピー”
系な顔立ちが好みだったんだろうとか納得してる。

そして、もうひとつ。
ひとり暮らし時代に楽しみに観てたTV番組『セサミ
ストリート』。そのメンバーの中でも一番エルモが好き。
何故惹かれるのかと聞かれても、即答は難しいけど・・・
観てるとリラックスできるというか、笑顔になってる。
無邪気な顔して名言を口にするのもイイ。
だからと言って、キャラクターを集めるようなことは
しないけど。
でも“今の私“が動画観ても笑顔になって癒やされる
くらいだから、やっぱり好きなんだ。

そう。今年になって『心配事』を抱えたせいで、何かに
癒やしを求めたくなる。好きな音楽やドラマや動画に
浸る以外に、“温もり”を感じられる“柔らか”さが
恋しい日も。
ホントなら猫を家族に迎えたいとこだが。様々な
アクシデントに見舞われ、未だ実現せず。それに自分の
一方的な癒やし目的で猫を飼うのも、猫に失礼だし。
仕方なく、軽めの癒やしを求め、最近また思い出して
『セサミストリート』を息抜きに観てる。
そんで、エルモ観てると自然にほわっとした気持ちに。

******

3年程前、ユ○クロでセサミストリートのキャラク
ターコラボ商品が販売されてた。1体が幾らか忘れたが、
メ○カリを
覗いたら、なんと7、8千円の値が! 
あの頃、売れ残り品の棚にあった
一体を救えば良かった。
今の弱ってる私なら、衝動買いするかもしれない。
もふもふとした感触に満たされて、ラブリー系に縁のない
私の不安な心を、少しは解消できるかも?

******

隣国に迎えられた避難民の子供達に、地元支援者達が
“ぬいぐるみ”のプレゼントをしたらしい。気に入った
“相棒”を嬉しそうに抱き締める子供達の笑顔を観てたら、
“ぬいぐるみ”の持つ力も満更でもないと思った。


​ひとつのモノをみんなで分け合える広い心を​💞
​​STOP ​THE​ WAR!!!

★  ★  ★  ★  ★
今日のひとこと。
「あれから11年🙏そして今また世界はこんなことに。」

​​​​​​​​​​​






最終更新日  2022.03.10 23:40:14
コメント(0) | コメントを書く
2022.03.03
カテゴリ:ヒトコトモノ


ああなんだか・・・すんごく暖かいなぁ。
春物の服で出掛けても、ホカホカするような心地好い
天気だ。

あまりに日差しがイイ感じなので、家に籠ってるのが
もったいなくて、薄手のコートでちょっとそこまで
買い出しに。で。遅めの昼ご飯を食べたら、案の定
眠くなってきた💦

仕事を完全に終えてから出ようと決めてたのに、“太陽の誘惑“に
負けて、昼前に家を飛び出してしまった。さっき「仕事に戻れ」
のアラームが鳴った。けど、それもまたいつものごとく無視。
動画を観たりお茶を飲んだり・・・完全に“シエスタ
”状態♨

あー、早く岡崎体育の新作LIVE盤、観たいなー!
フラゲしたのに中身だけ確認して、また閉めて。
高い所に掲げ、ジャケ写を拝みながらグッと我慢。
今週抱えてる分の締め切りを越えたら、集中して
観るぞ~!!と“決意”したやん? 明日がその日。
そこを目指して馬車馬の如く働くがいい。

わかったよ。まだ少し残ってる原稿の見直しも、
手を抜かずに走り抜けてみせるよ
💨
そしたら週末、解放された喜びを味わいながら、
行き損ねたLIVEの世界に、想い存分浸ってやる!

・・・・・・と思ったら、次の依頼メールが。

ううっ。
とりあえず、おまけで付いてるメイキング映像は
モチベーション維持の策として、“次の締め切り“を
越えて観る用ににするか↷↷

★  ★  ★  ★  ★
今日のひとこと。
「謎の植物が元気に育ってたので見守っていたけど、
雑草だった😂」






最終更新日  2022.03.03 15:19:17
コメント(0) | コメントを書く
2022.02.28
カテゴリ:ヒトコトモノ
​​一昨日の夜から昨日まで、吹き荒れていたのは
『春一番』かと思ったが。違ったのか?

それを越えた今日は、柔らかな青空が広がり
あたたかな日差しが降り注いでいた。
最近までリビングをまんべんなく包んでいた光が、
いつの間にか浅く高い位置を照らすようになって・・・

新型コロナは止まずとも、時の流れは速い。
2月が終わる。
陰鬱な日々を耐えた冬とも、これでおさらばだ。

1月に抱えた“心配事”は、時間と共に少しずつ形を
変えながら、今も様子見の日々。ツラいのは変わらず。
何とか状況を変えたい。手を差し伸べたい。そう思うが
私に為す術はない。観念して“平穏”を取り戻すため舵を切る。
そうやって日常を生きながら、想像以上に長いトンネルを
一刻も早く抜けられるよう、静かに祈る。祈る。祈り続ける。

そして気を紛らすため、放り投げたまんまの色々に取り
掛かってみたが・・・案の定思うように進まず。かえって
モヤモヤする後味の悪さよ↷↷↷
そんな私の有り様を見透かすように、副業の仕事依頼が。
これでやっと気晴らしができる。

どう足掻いてもこの手で変えることができない事実を、
クヨクヨ考えてばかりいても埒が明かない。こういう時は、
仕事に“全集中”するのが一番だ。締め切りを前に突っ走っ
てるうちは、その苦しみの中でイタミが紛れる。
“産みの苦しみ”は裏を返せば、最高の喜び。今は目の前の
事に専念して、与えられた役割を精一杯果たそう。

心配事はあっても、普通に暮らせてるし、春の訪れに弾む
心もまだある。ほんのちいさな幸せでいい。そのひとつ
ひとつに出合えることが、どれだけ有り難いことか。
『普通』でいられる日々の大切さ。感謝しなくては
罰が当たる。

******

「もしも日本で同じことが起きたら、老いぼれた俺も
行かないとダメなのかな・・・」
ロシアの脅威を前に、ウクライナが18歳~60歳までの
予備兵の徴兵を始めたというニュースを観た。その時、
ダンナが呟いた。

まさか平和ボケしてる日本で、“時代に逆行”する命懸けの
選択について大真面目に考えることになろうとは。
暖房の効いた部屋でTVを通して観てるから、他人事に
なりがち。けれど、もはや“対岸の火事”では済まされない。
この暴走がどこに続くのか? おそらく“仕掛けた”ヤツも
分らないのでは? 愚かなことをしてくれたものだ。呆れる。
コロナの一件から何だか風向きがおかしい。何かネジが
外れたのか異物が混入したのか、気持ち悪さが拭えない。
一体この世は、どうなってしまうんだ? 
『普通』でいられる日々の大切さ。噛み締めておかねば、
いつか
罰が当たる。


独裁者の耳元で爆音で流したい。
​NO WAR!! STOP WAR!!!​
​​






最終更新日  2022.03.01 00:55:52
コメント(0) | コメントを書く
2022.02.21
カテゴリ:ヒトコトモノ
​​​​2019年晩秋から去年の夏まで、好きな歌をテーマに
原稿を書き続けていた。“音楽好きが好きな音楽への
想いをぶつける場“を、
大手編集部が提供してくれて
いたのだ。

あの頃の私は、姑の介護と同時進行でダンナや私の問題に、
心身疲れ果て“何か支え”
を必要としていた。それに何年か
ぶりに私の
『音楽熱』が再沸騰してたこともあり、日々
この身から溢れ
出す“感情”を吐き出す場所にピッタリで。
コレだ!と思った。そして直ぐに原稿を書き投稿。
間もなく1本目が採用された。

嬉しかったなぁ。ただの趣味でしかないのに、仕事で
書いた原稿を褒められるのと同じくらい嬉しかった。
それも相手は音楽専門の編集部。あんなに心躍る感覚、
最近仕事でもなかなか感じられないから、ホント
新鮮で刺激的で。

直ぐにハマって、『
毎月1本投稿&採用』を目標に30本
以上書き、そのうち26本が採用された。そしてまだ書き
かけの数本を抱えたまま、去年の夏、最後の月を迎えた。
あまりにも急で、閉鎖の予告を見た時はショックすぎた。
けど、ただでさえ忙しい編集部。素人の原稿を毎月大量に
受け付け、審査し採用原稿を決める・・・って作業は、
スピード感や鮮度が求められるこの時代に、全く
そぐわないもんな。
惜しい気もするが、あの場所に在るのは編集者と書き手の
熱い想いだけ。肝心の雑誌の売上や評判には、たいして
貢献したとも思えない手間のかかる企画。それが今まで
何年も続いてた方が、奇跡なのだ。

私が知る数年前からあったらしい。全掲載数は4729件。
そのうちの26本分、私の想いが何年もあの場に残され、
全国の音楽好きに読んで貰えたのを実感できて、私と
いう人間が“生きてる証”になった。
コーナー開設後の途中からではあるが、原稿を誠心誠意
書いて読者の反応を得る度に、随分救われた。今でも
時々立ち寄って、原稿を色々読んだりもする。読めば
他者の生き方や考え、過去の自分に“教えられる”気が
するから・・・。

そんな『心のオアシス』が完全閉鎖され、みんなの
熱い想いの詰まった原稿が消えてしまうまで、
あと1ヶ月。
私自身、仕事以外で最近ここまで熱を注いで何日も
かけて書いた原稿もない。それに、こんなに他人の
反応が目に見える機会も滅多にない。だから26本の
“我が子”をこの世に残しておきたくなった。
一応スマホに下書きも残ってはいる。しかし大切なモノは
“確かな形で“残しておきたい。そこで、迷わず全ての
作品を“紙に印刷”した。

A4用紙何十枚分になっただろう? 思った以上に膨大だ。
ずっしり重い原稿の束。手にしたとたん、職場で大量の
ゲラをチェックする懐かしい情景が広がって・・・
なんだかものすごくワクワクした。

あー、私。この感じ、やっぱ好きなんだわ。
インクで手が汚れるのも、活字いっぱいの原稿も
感じ取った何かを言葉にする作業も、それを人に
読んで貰う恐さと楽しさも・・・
いつかまた、『
本当に書きたいコト』をテーマに
原稿を書ける『特別な場所』、見つけたいな。
たとえお金にならない仕事でも、ある種の緊張感と
好奇心を絶やさず、楽しく挑める場所・・・
この先の先に待つ老後も、感受性豊かに暮らして
いけるよう。

★  ★  ★  ★  ★
今日のひとこと。
「A●azon名乗っておかしな日本語の添付メールすんなー💢」


生バウの声​、浴びてみたい。​​​​​






最終更新日  2022.02.22 00:35:31
コメント(0) | コメントを書く
2022.02.16
カテゴリ:ヒトコトモノ
​​​​コロナ禍なのもあるし、ご時世的にも以前のように
“周りに気を遣って”わざわざ時間とお金をかけてまで
行うイベントでもないだろう。
私が『バレンタインデー』を気にしなくなったのは、
会社員を辞めたのがきっかけだな。
それまでは仕事の関係者や当日取材したアーティストに、
感謝の気持ちでチョコを渡したこともあったが。

ダンナにも何年も前から渡してない。
ま、バレンタインに限ったことではないが、私が乙女な
心を持ってないので、そんなに『ハレなイベントやブーム』に
靡かないからなぁ。結婚して数年くらいは、ダンナが期待してるかも?と、一応それらしいことをした気もするけど・・・
結婚生活って、いつまでも浮かれてては続かないから、
姑との同居とか我が家を取り巻く状況が目まぐるしく変わって、
いやが上にも“現実”を見る暮らしになったら・・・
そんな余裕、なくなっていったわ。それにチョコ、高すぎだし。
夫婦揃って、そんなに甘いチョコも雰囲気も好きじゃないし。

今年のバレンタインデーも、我が家にとっては普通の日。
「バレンタインに飲もう」と言いながら、年末にダンナが
選んだ激安ワインが、今思えばあったのに。
夕食は、冷蔵庫ストックで作った変わり映えしないもので。
そんなわけで、何もときめかない一日だったけど・・・

今年も頂いちゃった
ダンナが今の職場で働くようになってから、何年経ったか
忘れたが。毎年律儀に、この日のためにチョコを用意して
くれる同僚の方々が。

『義理チョコ』って響きは好きじゃない。​​
渡す人も貰う人も
イロイロ疲れてしまいそうだから。それに、こんな
風習が
当り前と思われた日々はとっくに過ぎている。時代遅れだ。
そうは思っているものの。毎年同じ顔ぶれから届く包みを
開ける度、心がほんわか温まる。手書きの一言メッセージ
にもそれぞれの人柄が滲むが、三者三様工夫を凝らした
パッケージと中身に毎回、ダンナ以上に私が心躍らせてる。

なぜって、毎年必ずみんな『猫』にまつわる“何か”が
入ってるから。ダンナが職場での雑談で、“我が家の
猫バカ“話をしたらしく、それを覚えてくれてのことか。
職場の人からの頂き物には何かと“猫”が付いてくる。
もしかしたら、同僚の方々も我が家関係なく猫好きで、
意識せず使ってるだけかもしれないけれど。

にしても、毎回チョイスが面白すぎる。
今年のヒットは、ウケに走ったと思われる?『猫の置物』。
チョコと共に入っていた球体の中身は、どうやらガチャ
シリーズの一匹らしい。目が光るというので、背中の
ポッチを押すと・・・ウルトラマンの敵クラスの
”強烈ビーム“がズキューン! 
めっ、め、目に刺さるうぅ!!!
しかも左右色違いの“オッドアイ”。

なんだかよく分からないけど、有り難く頂戴します。

★  ★  ★  ★  ★
今日のふたこと。
「いくら素晴らしい演技をしても、素直に観られなくなった。
未成年を巻き込んで平然としてる大人達・・・闇が深すぎ。」


​チョコ​のように​甘~い歌声​💜​​​​​






最終更新日  2022.02.16 16:49:21
コメント(0) | コメントを書く
2022.02.08
カテゴリ:ヒトコトモノ
​​『100円で全力で褒めます』
「あなたに褒め、幸せを届けます」
純朴さの滲む手描き看板を掲げ、名古屋駅前に座る
大学生の“ちほ”さん。SNSで話題の自称『プロ褒めリスト』。
彼女の温かい言葉に励まされたくて、老いも若きも国境も
越え様々な人が立ち寄るらしい。

時代の浮き沈みと共に、過去にもこのテの何でも屋さんや
善行を行う人はいた。「あなたを勝手に応援します」と
新橋駅前に立ち続けた『
朝チア』のグループ。TVドラマ
にもなった『レンタルなんもしない人』、「誰かに叱って
欲しい」人が頼る『
お叱り代行』etc.・・・。

どれも自分の身内や友達知人恩師にやってもらえば済む
ようなこと。しかし実際はソレが難しいやら照れくさいやら、
頼みづらい理由があるんだろう。他人の方がかえって
言動が
ストレートに響き、素直に受け止められたり後腐れが
無かったりするのかもな。

ま、今やスマホやPCを扱える環境ならば、世界中の“他人”
と簡単に繋がるし、きっかけさえあれば更に心の距離を
詰められる時代。つまり見知らぬ人の影響で、自分の
価値観や生き方が突然変わることだって充分あり得るわけだ。

まだ若くて人生経験も少ないであろう
“ちほ”さんに、依頼
者が何を求めてるのかは知らないが。TVニュースでたまたま
取材されてた親世代の女性は
、彼女に“褒められた”らサウナ
にでも入った後のように、“
スッキリした笑顔”だった。

私はヨイショするのが苦手。場を和ませてなんぼの編集者
の頃。仕事では割り切って、取材相手に話を聞くその時間
だけは“大ファン“(のつもり)になった。そして自分の好き
嫌いは置いといて“好い点“を必死に探して話のツカミにした。
この積み重ねのお蔭で、“食わず嫌い”をしなくなった。
今でもコレが仕事で活かされている。
どんな人を相手にしても一度は受け容れ、色んな角度から
人柄や想いを見るようにしている。偏見や先入観にとら
われず、先ずは相手を“認める”こと。それが結局、読み手に
響く文章に成るかどうかの鍵となる。

ちほ”さんの“褒め”も、どうやらコレに近い。ただ単に
媚びへつらうように美辞麗句”を投げかけるのではなく、
依頼者の話からその人自身が気づいていない好い点を
見出し、そこを正直に褒める。彼女の鋭い“洞察力“により
引き出された“依頼者の魅力”が的確だから、みんな“100円
分の幸せ“を感じられるのだ。100円ってのが丁度いい。
コレが“1万円の相談料”とかになると、嘘臭さが増すから。

彼女のTwitter(@chiho_homeru)には、【今の私のゆめ】
がイラストと共に示されている。
「いつかカフェ&バー『ほめるへや』を作りたい。」

100円貯金をして夢叶えるつもりだろうか? ゴージャスに
着飾ったなんちゃらカウンセラーや講師より、穢れのない
大学生の話の方が学べることが多そうだ。
その夢、叶えてほしい。コロナ禍が終わったら、いつか
『ほめるへや』がオープンしたら・・・
名古屋を訪れて、店を訪ねて
話を聞いてみたい気もする。
何にも中途半端で何も自信の持てない。そんな自己肯定感が
鬼低い私が、『
プロ褒めリスト』の目にはどう映るのかを。

★  ★  ★  ★  ★
今日のひとこと。
「こひつじこやぎの見た目の違いを100字以内で述べよ。」


​​​私もさずけられたい。​​​​​​​​​​






最終更新日  2022.02.08 18:19:32
コメント(0) | コメントを書く

全1435件 (1435件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


© Rakuten Group, Inc.