2020.10.25

深層心理。

カテゴリ:ヒトコトモノ
​​​このところ夜はグッスリ​​​眠れているのに​、昨日は(と言うより今朝)
久々に胸がザワつく“イヤな夢”を見た。

森に近い木々の茂るあまり光の差し込まない田舎道を、
僅かな光を頼りに、独り歩き進んでいる。
やっと目の前が開け、表通りに出たと思っても、また
同じ場面のような所を彷徨って、一体どこに居るのか全く
判らない。どんどん辺りは見えなくなり夜の帳が下りる。

やっと見つけた夫婦のおじさんの方に道を聞く私。
最寄りの駅を聞くが、そんなものはこの辺りにはないと言う。
絶望する私。

今思い出したけど、これと似た夢を少し前にも一度見て、
やはりイヤな気分になって目が覚めてしまったんだった。
あの後、実生活で何も悪いことは起きなかったハズだから
“何か悪いこと”が起きるわけではなさそうだけれど・・・

今朝もイヤな気分になり、“夢を断ち切る”ために敢えて
目を覚まし、トイレに向かい洗面所で「もう続きは見ない」と
言い聞かせ、“正気“に戻った上で寝直した。それが効いたのか
知らないが、その後は朝までグッスリ眠れたから良かったものの。

どうも夢の意味することが気になって、ネットで“夢占い”を色々
調べてみた。
一つ目の記事の中に、田舎で迷う夢」について、こんな一文が。
「​​
毎日の人間関係や決まった日常に疲れを感じていることの表れ」。
人間関係については、今はダンナ以外、ほとんど誰にも会わない
状態だし、夫婦仲も良好だから、特に心当たりはない。
でも
“決まった日常“というのは、ある意味当たってるなぁ。最近、
仕事も開店休業状態で、趣味の原稿書きもスランプ気味で思う
ように進まなくて、
“ハリ“​​​​​​​のない一日が続いてるからなぁ。
この拍子抜けした日々から早く脱出しなければ。またあの夢を
見ないで安眠できるように。

もう一つの記事には、​「知らない場所で迷う夢」は、「自分の無力さを​
実感し、その先に進めない暗示。原点に立ち返り、一から見直せ」
​​​​​と興味深いアドバイスが。さらに同じ記事の中には、「何度も知ら
ない場所が出てくる夢」を見た
場合、「新たな経験をするチャンス
に恵まれ、冒険心をもって進める暗示」と書いてある。
つまり、私の原点(知識、経験)をもう一度確かめ、それをモトに
新しいことを試してみろ、ってことなのか? 

その
“新しい挑戦“​​​​​​​に一番近いのが、去年末から趣味で続けてる
“投稿​​​​​​​​​​​​​​なんだよなぁ、たぶん。それ以外、新しいことと言っても
瞑想かリスニング強化くらいだから、投稿が私に今、必要な刺激
なんだと捉えることにする。
今はまだ、たたき台にネタを集めて方向性となるテーマを
探ってる段階なので、この作業を地味に続けていけば、そのうち
パン!と弾ける瞬間があって、それを境に自動筆記みたいに
原稿書くのが楽しくなってくるんだし。
たとえこれが私の収入に繋がらなくても、本気で書いた原稿が
編集部の目に留まり、読んで
くれた人が評価してくれる。こんな
チャンスがあるだけで、私の暮らしに熱や彩りが感じられる。
それに気づかせてくれたのだから、あの謎の夢も悪いものでは
なかったということ。

しかし何故、行ったこともない『山口県』だったんだろう?
しかも私、道を聞いたおじさんが『山口県』って言ったとたん、
頭に『づぼらや』の『河豚(ふぐ)』みたいなのが浮かんでたし。
何となく今調べたら、まさかの“大きなふぐの出てくる夢”
まであった!(驚)
「実物よりはるかに大きなふぐの夢は、運気アップの暗示」
だって♪ 
うん。今夜は良い気分で眠れそうな気がしてきた♨♨(単純)  

★  ★  ★  ★  ★
今日のひとこと。
「今流行りの人、生歌がヘタすぎて、聴いてられん。
そもそも持ち上げられすぎ。」
​​

編集部で独りきりで完徹してた頃、
この曲聴きながら締め切り乗り切ってた。
​※売れまくったアルバム発売直前、取材したのも良き想い出。​​​​​​​





TWITTER

最終更新日  2020.10.25 01:06:01
コメント(0) | コメントを書く