1303854 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

懐かし僕の情景

PR

全211件 (211件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 22 >

カテゴリ未分類

2011/06/22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
JA自動車保険共済の事故対応が遅いのは有名ですが、これは私が経験している本当の事です。
一方的な物損事故から一週間して、ようやく事故車(被害車)を見に来たものの、その後も修理が出来ず、その間の代車費用も出ませんでした。
事故対応を専門に熟練したスキルも持った人がいないらしいのです。
これでは駄目だ。
まるで、震災対応遅い、菅さんのようですね。
(辞めると決まってから、急にバタバタやり始めるのでは延命と見られても仕方がありません。滑稽です)

なぜ、JA自動車保険共済の事故対応が遅いのか、ネットで検索してみました。

JA共済の評判はどうなのでしょう?
http://potico.sakura.ne.jp/noukyou4/cat0009/1000000034.html

JA共済の事故対応はいいのでしょうか?
以前から、事故対応がJA共済の弱点と言われてきました。
しかし、近年はだいぶ変わってきていて、JAは共済事業をはじめ、全ての事業において、「経営感覚」を持って仕事をする体制に変わりつつあります。 ・・・

JA自動車保険共済の口コミ・評判
http://zidousyahoken.com/37/831/003240.php

JA自動車保険共済とは、損害保険会社ではなく農業共同組合が非営利で行っている自動車保険です。
JA自動車保険共済の評判として、やはり非営利でやっているから安いという口コミが多いのは確かです。
しかし、JA共済の問題点としてあげられるのが事故対応です。
JA共済では事故対応は損保系の会社など事故対応を専門に熟練したスキルも持った人が行うわけではありません。
なのでこの点で満足できないという口コミは多いです。
また、利益追求型の企業ではないということが逆にリスク細分型や特約の種類などで損保会社に遅れをとっているというところも見受けられます。


にほんブログ村 イラストブログ 風景イラストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ
にほんブログ村






Last updated  2011/06/22 09:39:06 PM
コメント(5) | コメントを書く


2011/06/21
カテゴリ:カテゴリ未分類
「恋、してしまうもの」

http://www.youtube.com/watch?v=BCqSt-o7NUI&feature=related

作詞・作曲/小椋佳

「愛しき日々」に続いて、小椋佳さんのこれも名曲かと思います。
1981年の作品です。

失礼ですが、あのお顔で、このようなロマンチックな詩を描けるのか不思議です。
(本当に失礼ですね・・・)

♪今年始めた 鉢植えの
 出窓近くの 夕顔の
 一輪ごとの 白い花
 閉じる季節の もの足りなさを

 逢ったばかりの あの人に
 預けるだけで いいものを
 恋はするもの されるもの
 いえいえ 恋はしてしまうもの

 何もしてない 時がふえたり
 電車ひと駅 乗り過したり

 もう何年も ひき出しの
 奥に寝ていた ノートなの
 半分以上 白いまま
 次の事件を 待っていたよう

 あなたのことを 書き始め
 あなたのことが 書き切れず
 恋はするもの されるもの
 いえいえ 恋はしてしまうもの

 壁の暦に しるしつけたり
 電話鳴るたび 鏡を見たり

 なぜかあなたの ことだけは
 のどにつかえて 石のよう
 とくに親しい 友だちに
 華やぐ声で 話したいのに

 季節待ち切れず 咲くキンセンカ
 恋はするもの されるもの
 いいえ してしまうもの


最近は、「恋」とは縁遠くなりましたが、それでも納得する歌詞ですね。
何を見ても浮かんでくるのは恋しい人の事で、ただ、ぼ~として、「何もしてない 時がふえたり」しますね。
とても幸せな思いと、急に襲ってくる得体の知れないせつない感情に戸惑ったりします。
心が張り裂けそうで、やり場のない苦しさに耐えきれなくなってしまいます。

高血圧による動悸、息切れとは違いますね。

恋する女性の歌なのでしょうが、そのまま男性にも当てはまります。
さすが、小椋佳さんです。

中高年の皆さん、まだまだ遅くはありません、ぜひ今からでもプラトニックな「恋」をしてみましょう。
プラトニックなら、誰にも迷惑はかかりません・・・?

にほんブログ村 イラストブログ 風景イラストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ
にほんブログ村






Last updated  2011/06/21 11:06:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/04/17
カテゴリ:カテゴリ未分類
http://www.youtube.com/watch?v=2zhPy4FGNDk

こちらも、「ピロンの秘密」同様に、手塚治虫先生の原作です。
1963年(昭和38年)4月7日から1965年4月1日まで、NHKで放送されていた人形劇です。
毎回数分の虫プロダクション製作のアニメーションが、人形劇の中に入れられていました。

心躍る主題歌を作詞されたのが、手塚作品を多く作曲されている巨匠冨田勲氏です。

また、現存する「銀河少年隊」の貴重なフィルムもご覧いただけます。
この映像は、海外上映用に作られた字幕付きの第67話「月の廃墟」というタイトルのもの。
字幕がうるさいのですが、雰囲気は楽しめました。

http://www.youtube.com/watch?v=P6nS-8OKl8I&feature=player_embedded#at=46

にほんブログ村 イラストブログ 風景イラストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ
にほんブログ村






Last updated  2011/04/18 12:06:14 AM
コメント(2) | コメントを書く
2011/03/27
カテゴリ:カテゴリ未分類
みちのくはじめさんの『結いのき』が、
28日のNHK「クローズアップ現代」で紹介されるようです。
はじめさんのブログより転載してご紹介いたします。
************************************************
http://plaza.rakuten.co.jp/mirai21/diary/201103270000/

3月28日、月曜日午後8時からNHK「クローズアップ現代」で、
米沢市や結いのきを背景に、災害ボランティア吉椿さんを紹介。
ぜひご覧ください。

意外に知られていない「被災地災害援助」を目的とした
NGOやNPO、そして石けん派生活協同組合同士の連帯。

この東日本大震災では、いち早く神戸のNPO二団体が動きました。
そして、多くの災害援助ボランティアが、
山形県米沢市のグループホーム「結いのき」を本部に活動を展開しました。

その一端を被災地NGO協働センター 吉椿雅道さんの行動を追って、
災害援助ボランティアのあり方を紹介する番組です。

米沢市民も多く登場します。
ボランティアとは何かを考える番組になることを期待しています。
ぜひ、ご覧下さい。

*********************************************
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/yotei/index.cgi

2011年 3月28日(月)放送

“超広域災害”の衝撃
 被災者をどう支援するのか(仮題)
(NO.3021)

【総合テレビ】20:00~20:43?

東北関東大震災から2週間以上たった今も、
現地には支援の手が十分に届かず、被災者は厳しい避難生活を強いられている。
こうした状況の背景には、“超広域災害”の深刻な影響がある。

今回の震災では、多くの自治体で役所が被災。
道路や通信の寸断も加わって、
総合調整役の県が市町村をバックアップする仕組みも機能不全に陥った。

また、阪神淡路大震災以降、大きな力となってきたボランティアの活動も壁に直面した。
従来フットワークの軽さが売りだったが、
被災地があまりにも広く、交通手段や現地の情報も不足し、活動が困難になっている。

私たちは超広域災害にどう向き合っていけばよいのか、
自治体とボランティアへの密着取材から探る。

にほんブログ村 イラストブログ 風景イラストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ
にほんブログ村






Last updated  2011/03/27 11:33:43 PM
コメント(3) | コメントを書く
2010/10/30
カテゴリ:カテゴリ未分類
山形を舞台にした本格SF自主制作映画『NOVA』の撮影は1985年(昭和60年)からでしたから、早いものでもう25年も前になります。
(18年後の2003年に完成)
この撮影風景は、物語後半で岸田とゆり子の二人に向かってゾンビのように迫ってくるアンドロイド・天本の、二人の視点での見た目の撮影風景です。
撮影は、私(左の8ミリフィルムカメラ)と高橋浩司監督(右の8ミリフィルムカメラ)。
下の画像は、ゆり子がスターレットで天本に突っ込んで行くシーンの撮影風景。
画面の右端のカメラは、私です。
わかりにくいかもしれませんが、よく見ると、カメラを逆さに持っております。
ここでは車は勢い良くバックする撮影をしますが、本編ではこれは勢いよく天本にブチ当たるシーンになります。

では、なぜこのようにカメラを逆さにしているのかと言いますと、このカメラは逆転撮影が出来ないので、カメラを逆さにして撮影したフィルムを、天地左右を逆にして再生(映写)すると、左右は逆ですが車が勢いよく天本にぶつかるシーンになるのです。
実にアナログな撮影風景です。

スターレットのバンパーがはがされると、ちゃんと車の前のバンパーもなくなっています。
これはVFX監督の水谷しゅんさんのCG技術の成果です。
これですでにもう7年前の技術になります。
時の流れの早さを実感してしまいます。

現在の水谷さんの技術は、腰が抜けるほどハイレベルになっております。
拝見させていただくと、とても勉強になります。

完成したこのシーンはこちらでご覧いただけます。

こちらに「予告編」がありますので、よろしければご覧下さい。

※ブログ更新、三ヶ月のご無沙汰でした。
 年をとると、ひと月はまるで一日のようです・・・。

にほんブログ村 イラストブログ 風景イラストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ
にほんブログ村







Last updated  2010/11/07 07:53:44 AM
コメント(2) | コメントを書く
2010/07/10
カテゴリ:カテゴリ未分類
テレビ東京の旅番組「いい旅・夢気分3時間スペシャル」に、田中邦衛さんが出演されました。
東京では既に二回放送されましたが、ここ山形県ではようやく本日、7月10日(土曜)TUYで午後1時から放送されます。
田中邦衛さんが旅番組に出演されるのは初めてのことです。

同行されるのは、邦衛さんととても親交の深い、山形ではおなじみの荒井幸博さん。
お二人が山形のゆかりの地を訪ねられます。
とても心温まる旅です。
ぜひ、ご覧下さい。

にほんブログ村 イラストブログ 風景イラストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ
にほんブログ村









Last updated  2010/07/10 08:13:52 AM
コメント(2) | コメントを書く
2010/06/23
カテゴリ:カテゴリ未分類
本日、6月23日夜8時から放送予定のテレビ東京の旅番組「いい旅・夢気分3時間スペシャル」に、田中邦衛さんが出演されます。
田中邦衛さんが旅番組に出演されるのは初めてのことだそうです。

予告動画はこちらです。

同行されるのは、邦衛さんととても親交の深い、山形ではおなじみの荒井幸博さん。
お二人が山形のゆかりの地を訪ねられます。
どのような山形を旅されるのか楽しみです。

山形県での放送は、TUYで7月10日午後1時からです。
ぜひ、ご覧下さい。

荒井幸博さんのブログから転載してご紹介いたします。
貴重なお二人の画像も、荒井さんのブログから転載させていただきました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

田中邦衛さんと「いい旅・夢気分」

テレビ東京の旅番組「いい旅・夢気分」で、田中邦衛さんと米沢市~上山市~山形市の旅を10・11日に楽しんできました。
観光客が訪ねるような処ではない、邦衛さんが親近感を持っている宿・地・人を訪ねました。

勿論、大好きな温泉も満喫、さくらんぼ。
山や田園風景が殆どで、新緑が眩しいです。

田中邦衛さんが旅番組に出演するのは初めてのことです。

是非、ご覧ください。
放送は、6月23日午後8時。
山形県はTUYで7月10日午後1時からです。

「いい旅・夢気分3時間スペシャル」
【出演者】
鎌倉: 麻丘めぐみ、有森也実
山形: 田中邦衛、荒井幸博
青森: 中村梅雀夫妻
信州: 風間トオル、相田翔子

にほんブログ村 イラストブログ 風景イラストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ
にほんブログ村








Last updated  2010/06/23 07:43:56 PM
コメント(1) | コメントを書く
2010/05/05
カテゴリ:カテゴリ未分類
作品271

伊佐沢の久保桜(いさざわのくぼざくら)
(山形県長井市上伊佐沢)

樹齢はおよそ1200年といわれているそうです。
樹幹の周囲は6.8m。
枝は約60本の支柱で支えるほど大きく広がっています。
国の天然記念物に指定されていて、まさに圧巻です。

少しでもその迫力が描き出せれば良いのですが・・・。

2009/04/20初出

にほんブログ村 イラストブログ 風景イラストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ
にほんブログ村







Last updated  2010/05/05 05:56:04 PM
コメント(4) | コメントを書く
2010/04/18
カテゴリ:カテゴリ未分類
私の好きなユニークな包装紙です。

「あんびん」とは、わかりやすくいえば、「大福餅」「あんぴん餅」です。
粒あんです。

「田中屋」は、山形県南陽市赤湯にあります。
朝の七時開店で、数時間で売り切れてしまう人気商品です。
とても柔らかくて、大きくて、しかも素朴で美味しい。
さすが郷土銘菓の名にふさわしいお菓子です。
一度食べたら、必ず病み付きになります。

固くなるので、早いうちに食べて下さいといわれます。
確かに固くなりますが、翌日食べても、あんこのおいしさは変わりません。
(ただし、好き好きですので・・・)

私は一気に二個食べたらけっこうお腹がいっぱいになりました。
結局、その日は4個食べました。
ダイエットの道のりはますます遠くなります。

〒999-2211
山形県南陽市赤湯851-1
0238-43-2249

にほんブログ村 イラストブログ 風景イラストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ
にほんブログ村







Last updated  2010/04/18 04:51:33 PM
コメント(9) | コメントを書く
2010/03/13
カテゴリ:カテゴリ未分類
『ホップラカス』は、その活動の場をインターネットに移行して、早いもので11年が過ぎました。

「ホップラカス」

前回、同人誌『ホップラカス/第Q号』を発行したのが、平成11年・1999年でした。

インターネットは、経済的な面ではほぼ無料ですし、間違って全世界からアクセスされる(?)という点などでも、同人の活動としてはまさに理想的です。

この11年の間、みなさまのご協力で、たくさんの作品を掲載させていただいております。
特に交流の場である「懐かし掲示板」にご投稿いただいたものから、さらに「選り抜き・懐かし掲示板」として一同に介して掲載させていただいております。

「選り抜き・懐かし掲示板」

おかげさまで、内容も豊富にストックされております。
ご投稿には心から感謝を申し上げます。

さて、もともと「冊子などを発行するのが好き」で、長年同人誌を発行して来た者としては、やはり印刷物も捨てがたく、日ごと同人誌の発行に対する思いは募る(?)ばかりでした。

そこで、やる気がわいて来たこの機会にまた冊子を発行したいと思います。
以前にも発行していたコピー誌の形式で、まずは、「ホップラカス通巻第70号」です。
サイズは『ホップラカス/第Q号』と同じA5版(横148mm×縦210mm)です。

カラーコピーなのですが、データからダイレクトにプリントいたしますので、一見するとオールカラー印刷のように(?)見えます・・・。

内容は、基本的には、インターネット版「ホップラカス」に常時掲載されている作品すべてから、毎回セレクトして掲載させていただきたいと思います。

なお、すでにインターネット版「ホップラカス」に掲載させていただいている作品という事で、コピー誌への掲載をご承諾いただけたものと解釈させていただきますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。

また、新たなご投稿をお待ちしております。

まずは、思いつきですので、かんじんの発行がいつになるかわかりませんし、ページ数も数ページの場合もあるでしょう。
(飽きっぽい性格ですので、企画倒れになる事も十分に考えられます・・・)

昨年購入して使わないでいる編集ソフト「InDesign(インデザイン)」の練習もかねて編集・制作したいと思っております。
総ページ数20~40ページ程度で、発行部数も30~50部程度で、製本は中とじになると思います。

とりあえずは、年に数回ずつでも発行出来ればいいかなと思っております。

にほんブログ村 イラストブログ 風景イラストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ
にほんブログ村







Last updated  2010/03/13 07:10:20 PM
コメント(2) | コメントを書く

全211件 (211件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 22 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.