1287398 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

懐かし僕の情景

PR

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

8ミリ映画

2020/03/26
XML
カテゴリ:8ミリ映画

古い友人であり、なにかとお世話になっております私の映像編集のお師匠様の水谷しゅんさんが監督された8ミリフィルム作品。
ついに、デジタルリマスター版が2020年4月28日に公開されます。
1991年劇場公開作品・8ミリフィルム
嬉しい。

應典院マンスリーライトシネマ Vol.14 「ヒナラギ伝説」

日時:2020年4月28日(火)  OPEN18:30/START19:00(上映時間1時間37分)
会場:應典院 本堂(〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1-1-27)
https://www.outenin.com/teramachiclub...

料金:一般大人:1,000円
   一般学生:500円
   應典院寺町倶楽部会員:500円

※高校生以下と應典院寺町倶楽部の学生会員は無料となります。

予約:カルテット・オンライン
https://www.quartet-online.net/ticket/omlc






Last updated  2020/03/26 01:06:55 AM
コメント(0) | コメントを書く


2019/12/05
カテゴリ:8ミリ映画

1980年に撮影された、山形が舞台の自主制作映画のクレジットタイトルです。
みちのく旅情を誘う美しい山形の風景がたっぷりのローカル色豊かなSFアクションです。
これはそのタイトル部分をイメージで製作したものです。






Last updated  2019/12/05 06:32:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/05/15
カテゴリ:8ミリ映画

今から40年前の1979年(昭和54年)に撮影していた(完成は1980年)山形を舞台にしたSF「未確認飛行物体」。
ただいまCGによるリニューアル作業中です。
(と、いうほどではないのですが)

そのワンシーン「空間のトンネル」です。
宇宙人が山形市侵略のために秘密裡に作っていた山形県内を網羅するという空間のトンネル。
これは、山奥から当時まだ都市開発前の駅西口にもつながっていたという驚愕の(?)シーンです。

博士役の多田さんは、撮影時は山形大学の学生で、若干19歳(!)でした。

それにしても、宇宙人も山形市を侵略してどうしようというのでしょうか・・・。

ちなみに、舞台となった山形駅西口の風景は、今では大きく様変わりして、まるで別の場所のようになりました。






Last updated  2019/05/19 02:21:55 PM
コメント(4) | コメントを書く
2019/04/15
カテゴリ:8ミリ映画

映像製作グループ かぶしきがいしゃ 第一回作品
1974年(昭和49年)3月製作
この作品は 8ミリフィルムで撮影されました。
経年劣化により お見苦しいところがありますが
どうぞご了承ください。
また オリジナルは サイレント映画ですが
水谷しゅん氏の楽曲「真理子のテーマ」を使用させていただきました。
音楽が映像にぴったりなので、驚いてしまいました。
2019年(平成31年)HDによるデジタル編集バージョン版
Ⓒ1974〜2019






Last updated  2019/04/15 09:48:29 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/04/07
カテゴリ:8ミリ映画

自主制作8ミリ映画「夢幻伝説」から
35年ぶりに、デジタルでエンドクレジットを作りなおしました。
1984年製作 84年・88年公開作品
1988年「第9回山形大花火大会」協賛
1993年「第3回ガン&アクション・ビデオコンテスト」入賞作品
音楽は、水谷しゅんさん。






Last updated  2019/04/08 03:32:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:8ミリ映画

自主制作8ミリ映画「夢幻伝説」
35年ぶりに、デジタルでメインタイトルを作りなおしました。
1984年製作 84年・88年公開作品
1988年「第9回山形大花火大会」協賛
1993年「第3回ガン&アクション・ビデオコンテスト」入賞作品
音楽は、水谷しゅんさん。






Last updated  2019/04/07 08:56:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/02/11
カテゴリ:8ミリ映画





山形市街を小隕石群が破壊するスペクタクルシーン。
山形を舞台にした映画でも、おそらくこれから先も作られないでしょう。
(田舎の町を破棄しようなんて思わないでしょうから)

水谷しゅんさんによる迫力の映像をお楽しみください。
1985年クランクイン。(一時撮影休止)
18年の歳月をかけて2003年に完成した自主映画『NOVA』のスペクタクルシーン。
1985年の設定ですが、なぜか、「はえぬき」の看板が・・・。






Last updated  2019/02/11 12:39:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/01/18
カテゴリ:8ミリ映画

メイキングオブ『真理子』+クライマックスご紹介
(30年前の1989年=昭和64年/平成元年 撮影)
平成元年に私たちが撮影中だった8ミリフィルム作品「真理子」のメイキング動画です。
女子高生の服装をしていたので、撮影中に警察の方に職質を受けたり、天候が急変して大雪になったりと色々大変でしたが、今ではとても懐かしい思い出です。

メイキングで使用した音楽は、水谷しゅんさんの作品です。

水田真理子、17歳。
ある日、突然荒涼とした死の世界に取り込まれた!
意識のみで構築される死後の世界で、永遠に繰り返されている善と悪との対決。
そこに巻き込まれた真理子はどうなる?
霊界を新解釈で描くSFXジュブナイル・ファンタジー・アクション!

そして、「真理子のテーマ」もお楽しみください。
音楽(作曲・演奏)は、水谷しゅんさんです。







Last updated  2019/01/19 12:19:03 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/12/28
カテゴリ:8ミリ映画


1992年「第2回ガン&アクション・ビデオコンテスト」グランプリ受賞作品
2年の歳月を費やして製作されたちょっとほろ苦い大人のハードボイルドです。
製作・脚本・監督は、高橋浩司さん。
音楽・編集・音響効果は、水谷しゅんさんです。
制作総指揮は、私でした。
(1992年公開作品/上映時間40分)






Last updated  2018/12/28 05:34:50 PM
コメント(2) | コメントを書く
2018/12/19
カテゴリ:8ミリ映画


『紅の森に』は、1995年に私たちが製作した8ミリ映画です。
当時は、たくさんの方にご協力いただきましたが、あの頃のみなさんは、お元気でしょうか。
この『紅の森に』は、前作『紅いフォーカス』の前の物語で、殺し屋になる以前の麗子を描けないかという、これまた単純な思いつきから出発した作品。

主演はヒロイン麗子に、山影めぐみさん。
孤高の殺し屋・藤倉に、司 貴浩さん。
製作・脚本・監督は、手がける作品の面白さでは定評のある高橋浩司さん。
音楽・編集・音響効果は、プロの監督としても活躍している水谷しゅんさん。

1997年、月刊「GUN」主催「第4回ガン&アクション・ビデオコンテスト」にて銅賞を受賞した作品。
(1995年度作品/上映時間30分)






Last updated  2018/12/19 10:54:22 PM
コメント(2) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.