1286640 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

懐かし僕の情景

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

懐かしい正義の味方

2017/06/08
XML


第49話〜第50話を趣味のコラージュ。
『マグマ大使』(昭和42年=1967年)
第49話「再生怪獣キンドラ出現」
第50話「くたばれ! 宇宙カビ怪獣キンドラ」
登場怪獣は再生怪獣キンドラ、あるいは宇宙カビ怪獣キンドラですが、統一してほしい。

ところで、この作品に大平透さんが、ゴア役の他に、山形大学細菌研究所・藤波博士役で熱演される貴重なシーンがあります。
山形市立病院「済生館」でのシーン。







Last updated  2017/06/18 12:15:09 AM
コメント(0) | コメントを書く


2016/11/24


今年の前半の事ですが、ついに、正義の味方『七色仮面』のDVD-BOX HDリマスター版が発売されました。
『七色仮面』は、『月光仮面』の原作者・川内康範が想像した正義の味方で、TV初の仮面ヒーローです。
昭和34年=1959年から昭和35年=1960年にテレビで放送されました。
私は小学生のころに、よそのお宅で熱狂しながら拝見していたもので、そのうちの数作は地元の映画館(?)でも観ました。
どの作品にも個性豊かな悪役が登場し、犯罪を企てますが、それに敢然と立ちはだかるのが正義の味方、七色仮面その人であります。

今回ご紹介するのは、第3部「レッドジャガー」編です。
テレビ放映されたものを「黒い手の戦慄」「百万弗の対決」「最後の切り札」の3部作として劇場公開されました。
DVDに収録されているのも、この劇場バージョンです。


「汝の手は、夜。ジャガーの目は、炎」
との合い言葉で扉を開けると七色仮面が登場するタイトルシーンから、秘密結社が暗躍するお話が展開されます。

最高のキャラクター・コブラ仮面や不気味な表情が魅力的なキングローズほどの仮面のインパクトはないものの、偽札や東西スパイ団の暗躍などを巧に織り込み、とても子供番組とは思えない作品なのです。

この作品が好きな理由に、悪漢・レッドジャガーが江戸弁(?)で話すからということがあります。
主人公の欄光太郎探偵にレッドジャガーが
「この事件から手をしけ(ひけ)!
 手をしくのだ(ひくのだ)!」
と、脅迫しますし、
また、
「握られたしみつ(秘密)を、しゃべられてはおしまいだ」とか、
「十億あれば、しと暴れ(一暴れ)出来る」といいます。

また、レッドジャガーのもうひとつの顔、公安局の調査部長の時には、
「あなたの疑惑を、頭からしてい(否定)することもできませんね」
「実はししょ(秘書)の八代圭子の事ですが・・・」
「はっきりとしたことはわかりませんが、何かしっかかり(ひっかかり)があったと思います」
と、なんともいえない心地よい響きなのです。

「七色仮面 オリジナル バージョン」







Last updated  2016/11/24 11:30:31 AM
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.