164730 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

KMT'S Game Life

全275件 (275件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >

2010.05.06
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今後はこちらで、

http://opendr.exblog.jp/






Last updated  2010.05.06 14:08:14
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.03
カテゴリ:TSS例会
 11月1日はTSS参加し、コマンドマガジン最新付録の “プラハの戦い” をTrajanさんオーストリア、わたしがプロイセンで対戦しました。

 基本システムはすでに同じコマンドの付録にもなった同じGDW120シリーズの “ロボジッツ” と同じです。違いは “ロボジッツ” が霧でユニット配置が未確認に対し、 “プラハの戦い” はほとんどが増援でどの戦力配分で戦うかはプレイヤーに任されているというところでしょうか。ただ単調な会戦の戦闘にならないように、両ゲームとも工夫があると言うところですね。

 今回は午後からで、双方このゲームは初めてということもあり、ルール確認で終わったというところ。またプレイしてみたいとは思っています。簡単にプレイできるし、おもしろいのでは?と思っています。

 “ロボジッツ” もしたいけで、やや物足りない面もあるので、GMT “Prussia's Glory” にまた挑戦したいとも。

 それは別にして、このシステムを流用して日本の戦国時代の合戦がゲーム化できるのではと思いました。というわけで、こちらもいつか実現したく。






Last updated  2009.11.03 15:51:00
コメント(19) | コメントを書く
2009.10.30
 ミニゲームですが、太平洋戦争序盤の比島攻略戦テーマのミニゲームを作っています。いまのところマップの5割程度進んだところ(テストを早くしたいと思い、手抜き気味のできです)。
 A3サイズのマップです。ユニットも双方15個程度の予定のお手軽ゲームのつもりです。作ろうと思ったキッカケはCMJの堀場氏の「日本の戦歴2」のフィリピン攻略戦を読んでから。基本的に記事にあったゲームかにあたっての構想のように、戦略チットを使おうと思っています。今週末は無理でも来週にはテスト開始したいなと…まぁ、付き合ってくれる相手がいればですが。






Last updated  2009.10.30 23:09:44
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
 10月25日は山崎さん宅を訪れ、石田さんとともに第5回の隠ゲームクラブでした。今回のお題は、“OCS / Korea” です。
 わたし以外はお2人ともOCSは初めてということで、ミニシナリオとかプレイしやすいKoreaを選択しました。当日プレイしたのは、釜山橋頭堡のシナリオです。
 
 まず、石田さん、山崎さんでルールやOCSのテクニックを説明しながら、対戦してもらいました。北朝鮮の石田さんのダイス目もよく1ターン目の攻撃は順調は好調で大邱も落としましたが、2ターン目に天候が晴れて早くも反撃に遭います(このシナリオ、天候が晴れるとこんなもんです…USの航空機が強い)。

 ここである程度慣れてもらったので1回目は2ターンで終了し、わたしが北朝鮮を受け持ち、2人に国連軍を担当してもらい2回目のプレイです。

 そこそこ攻めて国連軍を後退させれましたが、2ターン目の天候は今回も晴れ。イニシアティブも国連軍だったため、2ターン目は少し押したでけ。3ターン目は悪天候で航空機はなかったものの、イニシアティブがまた国連軍だったため、ここで完全に北朝鮮の攻勢はストップしたので、こご終了としました。
 取り敢えず、ルールやOCSの雰囲気はわかってもらえたかなというところです…。

 久しぶりにOCSをプレイしましたが、やはり楽しかったです。最新作のバルティック・ギャップが届いたら早速プレイしたくなりました。






Last updated  2009.10.29 23:43:38
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.24
 10月18日は自宅でゲーム会を行いました。参加者はAMIさん、YENさん、ハナザーさん、わたしと午後に遅れてTrajanさんです。

10-18_SPQR.jpg
 わたしはAMIさんと “S.P.Q.R.” のシナリオ “GREAT PLAINS” をプレイしました。AMIさんがカルタゴ軍(スペインでの戦いなのでハンニバルはいません)、わたしがスキピオ率いるローマ軍です。
 わたしはGBoHシリーズはじめてのプレイです。一方のAMIさんは10年振りとのこと。AMIさんにインストしてもらいながらプレイを開始します。
 序盤、よくわからないのもあって、双方とも徐々に戦線を前進させます。ある程度接敵したときにローマ軍より戦端を開いてみました。
 初プレイで要領がよくわかっていなかったのもあって、スタックできるのにスタックせずに攻撃を掛けたために序盤の攻撃は成功しません。途中、少し要領も掴めてきたのでスタックしつつ攻勢を取りますが、ちょっと遅かった感じです。またダイス目が悪く崩壊しつつあり、そこで0の目がでたときに、わたしのプレイ意欲が削がれて投了しました。
 楽しめましたので、またプレイしたいシリーズのゲームです。画像上はセットアップ時、下はゲーム終了時です。

10-18_AC.jpg 
 YENさんとハナザーさんは、コマンド付録の “アリューシャン・キャンペーン” を対戦です。陸海空のルールですし、増援とかルールの把握に苦労していたようです。勘違いもあったようで途中で終了したようです。

  “アリューシャン・キャンペーン” が終わった2人は、Trajanさんがデザインしている “調略級関ヶ原” をテストプレイしていました。






Last updated  2009.10.24 13:13:04
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:TSS例会
 10月11日はTSS例会に参加してコマンドマガジン付録 “ムルマンスク'41” を対戦しました。Trajanさんがソ連軍、わたしがドイツ軍です。プレイシナリオはシナリオ1です。

 最初のプレイでは、ドイツ軍がソ連軍に接敵する時に砲撃を受けて大きな損害を受け、序盤に攻勢が頓挫。5ターン目には投了しました。

 引き続き同じ陣営を担当して2回目のプレイをしました。今度は不用意にソ連軍の砲撃射程内に入らないように慎重に前進し、山岳第2、第3師団の砲兵を揃えてソ連軍砲兵を砲撃で除去してから、実質的な攻撃をかけるようにしました。
 その一方で、山岳第2、第3師団の機械化部隊4ユニットを南方の森林地帯をムルマンスクに向けて進撃します(マップのほとんどを覆う一見平地にみえるのは、ツンドラで森より移動力が必要です)。
 ソ連軍が前方で防御していたのもあり、後方が薄くなっていたため、南方の機械化部隊が17ターンにムルマンスクに到達しドイツ軍のサドンデス勝利になりました。

 部隊は大隊規模で砲兵に射程があるなど、作戦/戦術級レベルのゲームなのですが、砲兵は射程内なら観測のルールがなく不自然な砲撃が可能な気がするし(例えば、第2山岳の砲兵が第3山岳の前線へ砲撃して有利に戦闘を進めるのが効果的であったり)、補給ルールがないので今回のように森を自動車化が突っ切るのがドイツ軍にとって有効など、ヒストリカル的には疑問が多々あります。
 戦線をどこでとの兵力でとか選択は多少ありそうですが、基本的に進撃路は道路の1本道なので、単調な感じがします。シンプルなルールなのでターン数が多いですが、ゲームはテンポ良く進められます。
 おススメかどうかというと、珍しいテーマなので、興味があればプレイしてもいいかも?というのが今回の感想です。
 それは別にして、シチュエーションとして参加兵力が異なる3シナリオがあるのですが、どれも24ターンなのですがルールを読む限り時期が不明で、尚かつどんな想定なのか不明です…知っている方、どなたか教えてください。…それともオリジナルのS&T版だとわかるのでしょうか?






Last updated  2009.10.24 11:42:59
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
 10月11日はTSS例会に参加してシックス・アングルス “ツィタデレ” を対戦しました。対戦相手は、以前も同ゲームを対戦したHさんです。今回はHさんがソ連軍、わたしがドイツ軍で前回と陣営を入れ替えてプレイしました。今回は午後のみのプレイで4ターンまでのプレイで時間切れで終了しました(画像はその最終状態です)。

 第1ターン、北方ではダイス目好調で戦線の幾つかソ連戦線に穴が大きな前進を果たします。南方では水平爆撃がすべて外れた上に、ダイス目が外れて第2SSの戦線では殆ど進捗がありません。このゲームでは、10面体ダイスでどんなに戦力を集めても、まったく前進できない時があります。

 システムとしては、マストアタックとか思い通りにならないのはいいとして、戦闘→移動であるため途中からはソ連軍が1ヘクスずつ後退すると進撃がストップします。選択ルールを入れないとゲーム的に破綻しているような気が…。
 次の機会では選択ルール(ドイツ軍は戦闘→移動の順が選べる&ソ連軍の増援不確定)を加えてプレイする予定です。






Last updated  2009.10.24 00:14:54
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.04
カテゴリ:カテゴリ未分類
 10月3日はTSS例会に参加し、“ GMT / Barbarossa to Berlin ” をはるぜひさん枢軸、わたしが連合国で対戦しました。わたしはこのゲーム、はじめてのプレイです。以前、ダブルチャージのリプレイを読んで、カードがないとモスクワなど特定な都市が攻略できなかったり、展開がだいぶズレも感じもしたので、何だかなぁと思っていましたが、去年asasinさんが自宅にみえた際、おもしろいと話していたので、興味を持って購入したゲームなのですが、先にパスグロをしていたのでプレイにこのゲームは漕ぎ着けていませんでした…パスグロみたいに、プレイしたいという人もTSSにいなかったので(はるぜひさんはパスグロより、このBtoBの方が好きと最近知ったので、今回のプレイが実現しました)。

 事前にルールも読めていなかったので、パスグロとの相違点をはるぜひさんにインストしてもらい、バルバロッサから始めるシナリオをまずお試しプレイさせてもらいました。
 結果は3ターン目にモスクワが占領されて惨敗。枢軸のカード引きが良く、尚かつわたしの退却、増援配置が適切でなかったのが原因です(初プレイなので進撃スピードとかよくわかってないので)。

 仕切り直しで、今度ははるぜひさんおススメの6ターンから始まるブラウ作戦シナリオです。
 最初のドイツ軍手番はブラウ作戦のカードでロシアの大地以外に、アフリカでエルアラメインを攻撃してきました。ここで、イギリスの砂漠軍が除去されてしまいます(実ははるぜひさんも久しぶりプレイでルール間違えていて、少ないオペで尚かつブラウのDRM+1を適用していた)。そのため、この最初のターン中に枢軸はモスルの油田まで奪取してしまいます。
 ソ連邦では、南方に進撃せずにドイツ軍はモスクワを目指します。モスクワ前面の戦いで、ドイツは戦闘で6の目(最高)、ソ連は1の目(最低)を連発し(5回連続で1の目が出た時もありました)、損害を受けないドイツ軍の進撃が止まりません。おまけに、2ターン(ターントラックでは7ターン)目は連合国のカードがCCの2OPカードばかりで、有効な手だてが打てません。
 このシナリオの3ターン目にはモスクワを放棄し、ウラル方面へ後退することにしました。

 最初のゲームでもそうですが、カード・ダイス運とかもありますが、何か進撃が早くて辛いなぁと思って、ルールを確認してみたら、最初のインストで大きなルール間違いがあったのを発見…わたしもルール読まずに臨んでいるので、悪いのですが。
 そのため、ここでプレイは終わりとし、正しいルールで日を改めてプレイしようということでこの日のプレイは終了しました。






Last updated  2009.10.04 12:00:44
コメント(0) | コメントを書く
2009.09.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
 9月27日はTSS例会に参加し、GDW / コマンド付録 “8th Army:Operation Crusader” をTrajanさんイギリス軍、わたしがドイツ軍で対戦しました。ブラインドサーチのゲームで、もともとはGDWで出版されたゲームです。画像は上がドイツ軍のマップ(GDWオリジナルマップ)、下がイギリス軍のマップになります(こちらはCMJマップ)。

 午後から例会に出席しルールを読んでからスタートしたので、1ターン目のイギリス軍ターンのみで終了です…今回はルール習得プレイになりました。

 通常のゲームと異なり、ブラインドサーチのためどこに敵が存在するのか不明で、ドキドキ感があって楽しいです。ただ、1へクス毎に敵存在の確認であり、戦闘も組み合せ選択ができる射撃戦であるため、結構時間がかかります…複雑なルールではありません。
 いずれ機会があれば、最後(または勝敗の行方がわかるまで)までプレイしてみたいと思っています。






Last updated  2009.09.28 22:39:25
コメント(0) | コメントを書く
2009.09.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
 9月20日は山崎さん宅を訪れ、第5回なばり(隠)ゲームクラブに参加してきました。今回のお題はVG社の “Hell's Highway(地獄のハイウェイ)” です。石田さんが3個空挺師団(英第1、101、82)、山崎さんが第30軍団、わたしがドイツ軍で対戦しました。

 第1ターンに英第1空挺の多くが混乱し、アルンヘムへの部隊を送るのが十分にできませんでした。戦闘でもダイス目に差があり、5ターンにはアルンヘムより駆逐されてしまいます。
 一方の第82空挺は比較的順調で、特にナイメーヘンの大河にかかる幹線道路ではない橋が落ちなかったのですが、アルンヘムの英第1が駆逐されたため、アルンヘム橋を通過した10SSにより橋を越えた第82空挺の部隊は河の南岸に押し返されます。
 第101は南北の橋が落ちたため、8ターン目には運河の北側に降りた部隊はドイツ軍の反撃にあっています…橋は全般的によく落ち、通常1/3のところが5/6くらいで橋が落ちていました。

 ゲームは時間の関係と連合軍に望みがなくなったのもあって、8ターンまでのプレイで終了しました。わたしはこのゲーム、結構やり込んでいますが、勝敗はダイス目次第というものですが、戦術風な処理が好きで大のお気に入りのゲームです。






Last updated  2009.09.22 23:06:23
コメント(0) | コメントを書く

全275件 (275件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 28 >

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


KIMATAKA

Calendar

Favorite Blog

Pum’s Life sato_pumさん
下天は夢か 国民擲弾兵さん
中野歴史研究会 志乃原さん
戦場の風、歴史の涙 霧島 祥さん

Comments

http://buycialisonla.com/@ Re:6/8 TSS例会 ヒトラー電撃戦(06/09) generic meltabs cialis softcialis 5 mg …
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
太鼓薔薇@ ちょwwwwwwww 今までデリ嬢に金払ってたのがバ力みてぇ…

Freepage List

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.