189197 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

KMT'S Game Life

2006.12.17
XML
カテゴリ:OCS / GB2
 遅れましたが、少し前の12/3にプレイした第6回 “グデーリアン・ブリッツ・クリーク2” キャンペーンプレイの模様についてお伝えします。
 第6回では、11/29と12/1の2ターン(開始より18~19ターン目)をプレイ。画像は11/29(18)ターン終了時のもの(西から東に向けて撮っています)。このターン、ドイツ軍がイニシアティブを取れればモスクワ包囲という状況から開始。
 結果はソ連軍がイニシアティブを確保し、先攻を選択。…イニシアティブは2D6で大きいダイス目側が先攻、後攻を選択できるというもの。よってイニシアティブが取れるかどうかは戦況に関わらず、50%の確率…
 天候は自動で軽凍結。航空機が整備可能のため、ソ連軍は爆撃を実施(ここ数ターン、整備不可の天候により、飛べる航空機がなかったが)。モスクワ周辺の航空機はソ連有利のため、この時期は飛ばない方がドイツ軍有利です。この爆撃でドイツ軍の先鋒部隊の多くが混乱(DG)状態になってしまった。
 ソ連プレイヤーは続く移動・戦闘フェイズにおいてモスクワ街道突出部の根元を切断(画面中央赤矢印)し、オカ川のドイツ軍橋頭堡へも攻撃を掛けてきた…こちらは損害を出したものの橋頭堡は保持(画面左の赤矢印)。
 続くドイツ軍ターン。モスクワ街道は切断された根元を奪回し、次のターンに備える(南方…画面では左…の第2装甲軍集団に補給を優先したため、その程度)。補給を優先(このターンの2/3を貰った)された第2装甲軍集団はオカ川の橋頭堡を強固にしつつ、モスクワ方面にも進撃。また、オカ川の渡河点をもう1ヶ所確保。
 天候で航空機が飛ばずに、オカ川を渡河していた部隊がDGになっていなければ、ドイツ軍後攻でもモスクワを包囲できたかもしれなったが…(DGだと移動力・戦闘力が半減でオーバーラン不可のため)。だか、今回も次のターン、ドイツ軍がイニシアティブを取れればモスクワを包囲下へという状態(というよりモスクワの半分くらいのヘクスはドイツ軍にできそう)で終了。

…第6回の残りはその2へ続く






Last updated  2006.12.17 11:25:20
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


KIMATAKA

Calendar

Favorite Blog

Pum’s Life sato_pumさん
下天は夢か 国民擲弾兵さん
中野歴史研究会 志乃原さん
戦場の風、歴史の涙 霧島 祥さん

Comments

RichardChige@ 百家樂 New! <a href=https://seasonbud.com>百…
RichardChige@ 金合發 New! <a href=https://jf678.net>娛樂城&…
RichardChige@ 百家樂娛樂城 New! <a href=https://eltraqueteo.net>…
RichardChige@ 娛樂城 New! <a href=https://elektroniksigaramino…
RichardChige@ 娛樂城 推薦 New! <a href=https://servetgurkan.com>…

Freepage List

Headline News


© Rakuten Group, Inc.