000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

KMT'S Game Life

2009.08.03
XML
 8月2日のTSS例会に参加しました。前回と同じくシックス・アングルス “ドイツ中央軍集団” をDさんソ連軍、わたしがドイツ軍でシナリオ1(ヒストリカル)を対戦しました。今回は3ターンまでプレイしました。2回目なのでルールには慣れてスムーズなのですが、システム自体が煩雑なので4時間で3ターンまでしか進めませんでした。

 今回は前回と展開が大違いです。天候が良かったため(3ターン共晴天)、相変わらずソ連軍のDさんは2以下をダイスで連発していましたが、史実並の進撃をしています。
 3ターン終了時にはソ連軍戦線に穴ができており、4ターン目には大きく前進可能な状態でゲーム終了です(画像はその終了状態)。

 ソ連軍が司令部の指揮範囲に入ってなくても、また、司令部が混乱していても機動防御で移動力に変化がないのには、今回もちょっと違和感を感じましたが(今回は天候晴天でドイツ航空ユニットの効果でソ連軍の移動はかなり制限されたのでそれほどこの点の違和感は薄かったですが)、それ以外ではバルバロッサ作戦開始時のイメージ通りという印象です。
 ただ、複雑なシステムなのは否めないのと、展開が一方的なので対戦プレイには向いているゲームとは言えない印象です。序盤しかプレイできてませんが、ヒストリカルシナリオでは概ねヒストリカルに進められそうです(ただ、ゲームでは第2装甲集団は史実と異なる経路の進撃の方がより進めるような気は今回しました…1ターン半日ということもあり、よくある補給線ルールではなく、また先を考えて鉄道路を優先して進む必要がないので)。
 
 同じ戦場で単純にゲームの楽しさ(競技性)を求めるなら、手軽なエポック(CMJ) “独ソ電撃戦” をお勧めしますが、バルバロッサ作戦初期のイメージを味わいたいプレイヤーは本作をプレイしてみるのもいかがでしょうか。






Last updated  2009.08.03 15:16:53
コメント(0) | コメントを書く
[シミュレーションゲーム] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


KIMATAKA

Calendar

Favorite Blog

Pum’s Life sato_pumさん
下天は夢か 国民擲弾兵さん
中野歴史研究会 志乃原さん
戦場の風、歴史の涙 霧島 祥さん

Comments

vosdix@ огнеупорная смесь [url=https://oskogneypor.ru/clay-refrac…
RussellJix@ Прямая ссылка на все зеркала сайта гидра https://hydraclubbioknikokex7nchid.onio…
Josephtog@ хоть куда ресурс rynokshkur райский ресурс https://rynokshkur.pro/s…
LouisRounk@ Порно мамочки [url=https://bubu.pro/modeli/anna-ros…
HaroldTed@ гей порно чат рулетка [url=https://rt.ranetki.online/%D0%BE…

Freepage List

Headline News


© Rakuten Group, Inc.