きんちゃんのぷらっとドライブ&写真撮影

バックナンバー

日記/記事の投稿

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

写真撮影(神戸市内)

(224)

写真撮影(六甲山・摩耶山)

(143)

写真撮影(県内)

(172)

写真撮影(県外)

(143)

ご近所写真

(71)

ドライブ

(139)

小旅行

(88)

パソコン

(37)

パソコン(ハードウェア)

(63)

パソコン(ソフトウェア)

(95)

パソコン(トラブル解決)

(91)

デジカメについて

(56)

自動車・バイクについて

(71)

春夏秋冬・季節について

(188)

お天気・台風・豪雨・豪雪・猛暑・極寒など

(47)

写真クラブ

(52)

映画について

(106)

星空・天文学を楽しむ

(78)

科学・化学・考古学など

(25)

健康管理・定期健診など

(179)

文学・美術・歴史・地理など

(29)

ストレスとのつきあい方

(9)

知って役立つ 暮らしの法律

(10)

知っておきたい認知症・らくらく介護

(47)

知って役立つシリーズ

(7)

働く人のメンタルヘルス

(10)

いろんな取組み

(111)

政治について一言

(36)

各種イベント

(83)

JR・電車・ディーゼル・路面電車など

(122)

カラスっておもしろい

(4)

眠りのはなし

(20)

老前整理

(4)

安曇野ちひろ美術館・安曇野散策・無言館(2019年5月21~22日)

(4)

志度・屋島・高松・琴平・善光寺・丸亀城・銭形・父母ケ浜(2019年5月3~4日)

(7)

備中高梁&吹屋ベンガラの里(2018年5月4日~5日)

(4)

四万十川・足摺岬・竜串見残し・内子観光(2017年5月)

(6)

越前・加賀の旅(2016年5月3日~4日)

(9)

鳥取・出雲街道(2014年5月3日~4日)

(10)

志摩・尾鷲ツアー(2013年8月8日~9日)

(5)

阿波・土佐の旅(2013年5月3日~4日)

(7)

琵琶湖めぐりの旅(2012年5月5~6日)

(9)

安曇野 常念岳・道祖神(2011年5月)

(7)

松本・安曇野・白馬の旅(2010年8月)

(7)

鳥取 春紀行(2010年5月)

(9)

徳島(吉野川・祖谷)紀行(2009年5月)

(9)

井倉洞・帝釈峡・比婆山(2008年5月)

(15)

潮待ちの港町・鞆の浦(2007年11月)

(18)

ポートアイランド

(89)

兵庫県知事選挙(2009年)

(13)

尼崎市議会議員選挙(2009年)

(21)

日常生活

(301)

コメント新着

全139件 (139件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

全て | カテゴリ未分類 | 写真撮影(神戸市内) | 写真撮影(六甲山・摩耶山) | 写真撮影(県内) | 写真撮影(県外) | ご近所写真 | ドライブ | 小旅行 | パソコン | パソコン(ハードウェア) | パソコン(ソフトウェア) | パソコン(トラブル解決) | デジカメについて | 自動車・バイクについて | 春夏秋冬・季節について | お天気・台風・豪雨・豪雪・猛暑・極寒など | 写真クラブ | 映画について | 星空・天文学を楽しむ | 科学・化学・考古学など | 健康管理・定期健診など | 文学・美術・歴史・地理など | ストレスとのつきあい方 | 知って役立つ 暮らしの法律 | 知っておきたい認知症・らくらく介護 | 知って役立つシリーズ | 働く人のメンタルヘルス | いろんな取組み | 政治について一言 | 各種イベント | JR・電車・ディーゼル・路面電車など | カラスっておもしろい | 眠りのはなし | 老前整理 | 安曇野ちひろ美術館・安曇野散策・無言館(2019年5月21~22日) | 志度・屋島・高松・琴平・善光寺・丸亀城・銭形・父母ケ浜(2019年5月3~4日) | 備中高梁&吹屋ベンガラの里(2018年5月4日~5日) | 四万十川・足摺岬・竜串見残し・内子観光(2017年5月) | 越前・加賀の旅(2016年5月3日~4日) | 鳥取・出雲街道(2014年5月3日~4日) | 志摩・尾鷲ツアー(2013年8月8日~9日) | 阿波・土佐の旅(2013年5月3日~4日) | 琵琶湖めぐりの旅(2012年5月5~6日) | 安曇野 常念岳・道祖神(2011年5月) | 松本・安曇野・白馬の旅(2010年8月) | 鳥取 春紀行(2010年5月) | 徳島(吉野川・祖谷)紀行(2009年5月) | 井倉洞・帝釈峡・比婆山(2008年5月) | 潮待ちの港町・鞆の浦(2007年11月) | ポートアイランド | 兵庫県知事選挙(2009年) | 尼崎市議会議員選挙(2009年) | 日常生活

ドライブ

2019年11月06日
XML
カテゴリ:ドライブ
曽爾村の続き 日帰り温泉施設・お亀の湯へ

草もち 栗_01
草もち 栗_01 posted by (C)きんちゃん
曽爾高原のススキ。昼食を食べ損ねたので、草もちを食べる。栗入りだ。

草もち 栗_02
草もち 栗_02 posted by (C)きんちゃん

お亀の湯
お亀の湯 posted by (C)きんちゃん
その後、曽爾高原から少し下の日帰り温泉施設・お亀の湯へ。
露天風呂もあって、いいお湯でした。

曽爾村
曽爾村 posted by (C)きんちゃん

お亀の湯 割引
お亀の湯 割引 posted by (C)きんちゃん
帰りに「200円」の割引チケット(2人まで、2019年12月1日~2020年3月31日まで)をもらいました。
ススキの季節以外にも来てよねってリピートです。






最終更新日  2019年11月06日 21時55分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月29日
カテゴリ:ドライブ
夢前の七福神めぐりの続きです
生福寺 全景
生福寺 全景 posted by (C)きんちゃん
温泉の後は、八正山正福寺。毘沙門天です。

生福寺 本堂
生福寺 本堂 posted by (C)きんちゃん
正保元年(1664年)御光明天皇代に僧台坊上人がお出ましのときに創建された。当時は地蔵院と号し、地蔵菩薩をご本尊に脇仏に毘沙門天が祀られていた。宝暦元年(1751年)現在の地に移転し生福寺と改められた。

生福寺 毘沙門天_02
生福寺 毘沙門天_02 posted by (C)きんちゃん
境内にある毘沙門天像。極彩色の毘沙門天は本堂の中にあるそうです。
毘沙門天は、持国天、増長天、広目天とともに多聞天と呼ばれる四天王の一尊。右手に宝塔、左手に宝棒と三叉戟ほこを持ち、甲冑姿の勇ましい姿をしています。武神であるところから勝負事にご利益があると崇められ、恵比寿や大黒天にならぶ福の神としても人気があります。

生福寺 毘沙門天_01
生福寺 毘沙門天_01 posted by (C)きんちゃん

生福寺 一畑薬師
生福寺 一畑薬師 posted by (C)きんちゃん
なぜかここに、目の病気に加護のある一畑薬師が…

生福寺 水子地蔵
生福寺 水子地蔵 posted by (C)きんちゃん
ここにも水子地蔵がありました。

生福寺 六地蔵
生福寺 六地蔵 posted by (C)きんちゃん
六地蔵も…

馬頭観音
馬頭観音 posted by (C)きんちゃん
次の真楽寺の手前にある若宮社の馬頭観音。受験にご利益があるとか…

真楽寺 山門
真楽寺 山門 posted by (C)きんちゃん
金林山真楽寺。福禄寿です。
駐車場は本堂からすこし上がったところにあります。

真楽寺 咲き乱れる_01
真楽寺 咲き乱れる_01 posted by (C)きんちゃん
花が咲き乱れていました。

真楽寺 咲き乱れる_02
真楽寺 咲き乱れる_02 posted by (C)きんちゃん

真楽寺 本堂_01
真楽寺 本堂_01 posted by (C)きんちゃん
書大永元年(1521年)に覚尊上人により創建されたお寺で、入り口には馬頭観音を祀る若宮社があり受験シーズンには遠方よりお参りがある。護摩堂に雪彦山護国寺筆頭鎮護寺本尊大日如来が祀られている。

真楽寺 福禄寿
真楽寺 福禄寿 posted by (C)きんちゃん
福禄寿
幸福(福)財産(禄)長寿(寿)の三徳の神様。背は低く、長い頭に長い髭の容貌。巻物を結んだ杖を持ち、長寿のシンボルとして鶴を従えています。健康長寿の神、人徳の神として信仰されています。

真楽寺 キツネ_01
真楽寺 キツネ_01 posted by (C)きんちゃん
福禄寿を守るかのように2体の狐の像がありました。

真楽寺 キツネ_02
真楽寺 キツネ_02 posted by (C)きんちゃん

真楽寺 鐘楼
真楽寺 鐘楼 posted by (C)きんちゃん

正覚寺 説明
正覚寺 説明 posted by (C)きんちゃん
次は、莇野山正覚寺(しょうがくじ)。寿老人です。
駐車場がありません。僕は路上駐車しました。
境内への上り坂が鋭角になっていますので、一旦先まで行って引き返して境内に停める手もあります。


正覚寺 本堂
正覚寺 本堂 posted by (C)きんちゃん
長保4年(1004年)性空上人により堂山山上に建立されたと伝えられ、江戸時代の宝暦年間に現在地に移築された。ご本尊は阿弥陀如来。

正覚寺 寿老人_01
正覚寺 寿老人_01 posted by (C)きんちゃん
寿老人
寿老人は、幸福(福)財産(禄)長寿(寿)の三徳の神様。南極星の化身とも言われ、福を招く芭蕉扇、長壽を示す杖、禄に繋がる鹿を従える姿に表されることが多くあります。福禄寿とは同体異名ともされます。

弥勒寺 参道
弥勒寺 参道 posted by (C)きんちゃん
最後は通宝山弥勒寺。布袋尊です。

弥勒寺 山門
弥勒寺 山門 posted by (C)きんちゃん

弥勒寺 本堂
弥勒寺 本堂 posted by (C)きんちゃん
長保2年(1000年頃)性空上人が草庵をいとなまれたのが始まりです。今の本堂は天授6年(1380年)赤松義則が諸堂を再建したもので、細部意匠に赤松氏の紋所二引き及び巴紋が使用されています。本堂にある弥勒菩薩は一木造りの結跏趺坐(けっかふざ)という座像で円満な相を表しているといわれています。国の重要文化財の指定をうけています。

弥勒寺 椿
弥勒寺 椿 posted by (C)きんちゃん

弥勒寺 鐘楼
弥勒寺 鐘楼 posted by (C)きんちゃん

弥勒寺 布袋尊_01
弥勒寺 布袋尊_01 posted by (C)きんちゃん
ここの目玉は日本一大きい布袋さんです。
布袋さまは弥勒仏の化身とされ、七福神の中で唯一実在の人物と伝えられています。大きな袋を背負った太鼓腹のスキンヘッド僧侶として描かれる布袋尊。にこにこと笑顔をたやさないポジティブな神様は、成功、金運、福徳のご利益を授けてくださいます。
信者・協力者から募金を募って造りました。石材は中華人民共和国から調達したとの事。


弥勒寺 後ろの布袋尊
弥勒寺 後ろの布袋尊 posted by (C)きんちゃん

弥勒寺 七福神
弥勒寺 七福神 posted by (C)きんちゃん
七福神もありました。

弥勒寺 鯉のぼり
弥勒寺 鯉のぼり posted by (C)きんちゃん


弥勒寺 永代供養塔
弥勒寺 永代供養塔 posted by (C)きんちゃん
永代供養塔も。
寺院は天台宗ですが、宗派を問わず受け入れるそうです。

前回のブログに続き、寺院と七福神の紹介の文面は、「新春ふくふく夢前七福神めぐり」のサイトを転載しております。

以前回ろうと試みたときは、道が分からずに半分しか回れませんでした。
今回はカーナビの頼りで、すべて回りきることができました。
すこしはご利益があるでしょうかね(^^♪






最終更新日  2019年05月02日 22時54分31秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:ドライブ
芝桜の後は夢前の七福神です
性海寺 参道_01
性海寺 参道_01 posted by (C)きんちゃん
まずは富田山性海寺(しょうかいじ)の弁財天から。
登っていく道は狭いです。駐車場はあるのでご安心を。

性海寺 仁王像_03
性海寺 仁王像_03 posted by (C)きんちゃん
仁王門です。

性海寺 仁王像_01
性海寺 仁王像_01 posted by (C)きんちゃん

性海寺 仁王像_02
性海寺 仁王像_02 posted by (C)きんちゃん

性海寺 本堂
性海寺 本堂 posted by (C)きんちゃん
霊亀2年(716年頃)徳道上人によって開かれたもので、その後、永享11年(1439年頃)の大洪水でこわれた本堂、坊舎を播磨の守護赤松氏と英賀城主三木氏によって再建されたといわれ、今の本堂は寛文6年(1666年頃)みたび造られたものです。
本尊は高さ1.8メートルの十一面観音で、その胎内に置塩城初代城主赤松政則の持念仏が納められています。寺は播磨西国2番の札所となっています。


性海寺 弁財天堂_01
性海寺 弁財天堂_01 posted by (C)きんちゃん
本堂の奥に弁財天堂があります。
ヒンドゥー教の女神サラスヴァティーが原型といわれている弁財天は、学問、芸術の保護神です。インドの河川の守護を司ることから、人の汚れを払い幸せと富をもたらすご利益や、子孫繁栄を恵むご加護もあります。

性海寺 弁財天堂_02
性海寺 弁財天堂_02 posted by (C)きんちゃん

性海寺 六地蔵
性海寺 六地蔵 posted by (C)きんちゃん
参道の脇に六地蔵がありました。

蓮華寺 全景
蓮華寺 全景 posted by (C)きんちゃん
次は一乗山蓮華寺。えびす様です。
ここも入っていく道が狭い。同じく駐車場はあります。

蓮華寺 本堂_01
蓮華寺 本堂_01 posted by (C)きんちゃん
本堂の造りがすごい。高床式のようです。
比叡山第三世座主慈覚大師が開基したと伝えられている。寺内には十一面観世音菩薩像(高さ1.225m、町内最古、県内でも希少な木仏)が安置されている。また本堂は懸造、町内唯一。
本尊地蔵菩薩は石仏で高さ11cm岩座に腰かけた半跏像で秘仏とされている。


蓮華寺 本堂_02
蓮華寺 本堂_02 posted by (C)きんちゃん

蓮華寺 恵比寿像_01
蓮華寺 恵比寿像_01 posted by (C)きんちゃん
恵比寿像。
ふくよかな満面の笑み「えびす顔」をたたえる豊漁と商売繁盛の神様です。恵比寿さまが抱える鯛は、すべてのめでたいことを授ける証とされ、釣竿の一筋の糸は、足ることを知るありがたさを示しています。正直者に福を与えてくださいます。

蓮華寺 恵比寿像_02
蓮華寺 恵比寿像_02 posted by (C)きんちゃん
お供え物にエビスビールが…

蓮華寺 六地蔵
蓮華寺 六地蔵 posted by (C)きんちゃん
ここにも六地蔵がありました。

蓮華寺 鐘楼
蓮華寺 鐘楼 posted by (C)きんちゃん
これが太平洋戦争の供出から奇跡的に返還された梵鐘。貴重なものである。

臨済寺 参道_01
臨済寺 参道_01 posted by (C)きんちゃん
次は百丈山臨済寺。大黒様だ。

臨済寺 参道_02
臨済寺 参道_02 posted by (C)きんちゃん

臨済寺 本堂
臨済寺 本堂 posted by (C)きんちゃん
康暦元年(1379年)播磨の領主赤松義則が京より招いた別峰大殊円光国師により開山。姫路城主松平直矩が大龍寺から霊應紹泉和尚を中興開山に招き、延宝3年(1675年)復興した経緯があります。

臨済寺 大師堂
臨済寺 大師堂 posted by (C)きんちゃん
臨済宗の寺院ですが、大黒天も祀っていることで大師堂もありました。

臨済寺 大黒天_02
臨済寺 大黒天_02 posted by (C)きんちゃん
大黒天。
米俵に乗り福袋と打出の小槌を持った微笑の長者の姿かたちで表される大黒様。食物、農業をつかさどる糧食財宝の神です。一家を支える人を大黒柱というように、大福徳を授けてくださいます。

臨済寺 大黒天_01
臨済寺 大黒天_01 posted by (C)きんちゃん

臨済寺 宝船
臨済寺 宝船 posted by (C)きんちゃん
宝船の絵が飾られていました。

臨済寺 水子地蔵
臨済寺 水子地蔵 posted by (C)きんちゃん
ここには水子地蔵がありました。

なお、寺院と七福神の紹介の文面は、「新春ふくふく夢前七福神めぐり」のサイトを転載しております。

雪彦温泉_01
雪彦温泉_01 posted by (C)きんちゃん
参拝の途中、雪彦温泉で休憩。

雪彦温泉_02
雪彦温泉_02 posted by (C)きんちゃん

雪彦温泉 露天風呂
雪彦温泉 露天風呂 posted by (C)きんちゃん
露天風呂もあります。

雪彦温泉_03
雪彦温泉_03 posted by (C)きんちゃん
アルカリ性単純温泉です。






最終更新日  2019年04月29日 08時15分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月04日
テーマ:神社仏閣(324)
カテゴリ:ドライブ
湖北の水鳥観察のあとは白鬚神社と温泉・比良とぴあへ

白鬚神社_01
白鬚神社_01 posted by (C)きんちゃん
琵琶湖の西岸にある白鬚神社

白鬚神社_02
白鬚神社_02 posted by (C)きんちゃん

白鬚神社_03
白鬚神社_03 posted by (C)きんちゃん

白鬚神社 奥の院_01
白鬚神社 奥の院_01 posted by (C)きんちゃん
その奥の院

白鬚神社 奥の院_02
白鬚神社 奥の院_02 posted by (C)きんちゃん

白鬚神社 奥の院_03
白鬚神社 奥の院_03 posted by (C)きんちゃん

白鬚神社 大鳥居_01
白鬚神社 大鳥居_01 posted by (C)きんちゃん
ここは琵琶湖にうかぶ大鳥居が有名です。

白鬚神社 大鳥居_03
白鬚神社 大鳥居_03 posted by (C)きんちゃん

白鬚神社 大鳥居_04
白鬚神社 大鳥居_04 posted by (C)きんちゃん

白鬚神社 光芒
白鬚神社 光芒 posted by (C)きんちゃん
太陽の光芒が素敵でした。

温泉 比良とぴあ_02
温泉 比良とぴあ_02 posted by (C)きんちゃん
そして、日帰り温泉・比良とぴあへ。

温泉 比良とぴあ_01
温泉 比良とぴあ_01 posted by (C)きんちゃん
露天ぶろやサウナがありますが、泉質としてはあまり良いものではありません。

比良とぴあ 送迎バス
比良とぴあ 送迎バス posted by (C)きんちゃん
送迎バスがあるようです。

比良とぴあから雪山_01
比良とぴあから雪山_01 posted by (C)きんちゃん
ここからの山に雪が…

比良とぴあから雪山_02
比良とぴあから雪山_02 posted by (C)きんちゃん


多賀SA
多賀SA posted by (C)きんちゃん
ここからは、行き帰りの高速道路でのこと。行きの多賀SAで昼食。

六角ラーメン_01
六角ラーメン_01 posted by (C)きんちゃん
近江ラーメン・六角です。

六角ラーメン_02
六角ラーメン_02 posted by (C)きんちゃん

多賀SAから雪山
多賀SAから雪山 posted by (C)きんちゃん
雪山が間近に見れました。

東海北陸道 4車線化
東海北陸道 4車線化 posted by (C)きんちゃん
東海北陸道(白鳥IC~飛騨清見IC 40.9km)の4車線化事業は工事着手から6年。
東海地方と北陸地方を結ぶ全長185kmのうち、一宮JCTから飛騨清見ICまでの117kmが、いよいよ4車線化。


桂川PA
桂川PA posted by (C)きんちゃん
帰りは桂川PAで夕食。

九条ねぎ 牛丼
九条ねぎ 牛丼 posted by (C)きんちゃん
九条ネギの牛丼でした。

総走行距離
総走行距離 posted by (C)きんちゃん
総走行距離は363.4km。帰ってきてから15.7リットル給油したので、燃費は23.0キロ/リットルでした。






最終更新日  2019年02月04日 09時27分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月03日
テーマ:野鳥の観察(63)
カテゴリ:ドライブ
琵琶湖の湖北へ 水鳥に会いに行く
琵琶湖の湖北 長浜市の湖北野鳥センターと高島市の新旭水鳥観察センターへ

湖北野鳥センター_01
湖北野鳥センター_01 posted by (C)きんちゃん
まずは、長浜市の湖北野鳥センターへ。名神→北陸道で木之本ICを降りて…

湖北野鳥センター_02
湖北野鳥センター_02 posted by (C)きんちゃん

観察される鳥の種類
観察される鳥の種類 posted by (C)きんちゃん
野鳥センターから見れた鳥。

観察窓
観察窓 posted by (C)きんちゃん
望遠鏡や双眼鏡がたくさん並んでいるので、すぐに見ることができます。

水鳥の観察_01
水鳥の観察_01 posted by (C)きんちゃん

水鳥の観察_02
水鳥の観察_02 posted by (C)きんちゃん
カモたちがたくさんいます。

水鳥の観察_05
水鳥の観察_05 posted by (C)きんちゃん

水鳥の観察_04
水鳥の観察_04 posted by (C)きんちゃん

水鳥の観察_08
水鳥の観察_08 posted by (C)きんちゃん

水鳥の観察_07
水鳥の観察_07 posted by (C)きんちゃん
ハクチョウは昼間は田んぼにエサを取りに行っているのですが、早く帰ってきている個体もいました。

水鳥の観察_06
水鳥の観察_06 posted by (C)きんちゃん

オオワシの観察_01
オオワシの観察_01 posted by (C)きんちゃん
山側にはオオワシを観察できるように望遠鏡が設置されていました。

オオワシの観察_03
オオワシの観察_03 posted by (C)きんちゃん

オオワシの観察_02
オオワシの観察_02 posted by (C)きんちゃん

湖北の自然
湖北の自然 posted by (C)きんちゃん
遠浅の続く琵琶湖の湖北は渡り鳥にとって住みやすいエリアです。

ラムサール条約 登録地
ラムサール条約 登録地 posted by (C)きんちゃん
貴重な湿地を守るためのラムサール条約にも登録されています。

ラムサール条約 登録地
ラムサール条約 登録地 posted by (C)きんちゃん

水鳥のはく製_01
水鳥のはく製_01 posted by (C)きんちゃん
観察センターには水鳥のはく製もありました。

水鳥のはく製_02
水鳥のはく製_02 posted by (C)きんちゃん

竹生島を臨む_03
竹生島を臨む_03 posted by (C)きんちゃん
観察センターの真正面に竹生島が見えました。

竹生島を臨む_02
竹生島を臨む_02 posted by (C)きんちゃん

新旭水鳥観察センター
新旭水鳥観察センター posted by (C)きんちゃん
続いて、琵琶湖の西側。高島市の新旭水鳥観察センターへ。

観察窓
観察窓 posted by (C)きんちゃん
こちらは、人が少ないし、鳥も少なかった。

よく見られる鳥_01
よく見られる鳥_01 posted by (C)きんちゃん
よく見られる鳥。

水鳥の観察_01
水鳥の観察_01 posted by (C)きんちゃん
こちらは、鳥の種類が違って、カイツブリやオオバンがたくさん見れました。

水鳥の観察_02
水鳥の観察_02 posted by (C)きんちゃん

水鳥の観察_03
水鳥の観察_03 posted by (C)きんちゃん

水鳥の観察_04
水鳥の観察_04 posted by (C)きんちゃん

水鳥の観察_05
水鳥の観察_05 posted by (C)きんちゃん

伊吹山_01
伊吹山_01 posted by (C)きんちゃん
対岸の伊吹山がよく見えました。

霊仙山_02
霊仙山_02 posted by (C)きんちゃん
霊仙山も見えました。

今回は、水鳥の観察をメインにやってきて、十分に楽しめました。






最終更新日  2019年02月03日 16時00分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月22日
カテゴリ:ドライブ
北淡震災記念公園そして明石海峡大橋 【1月19日】
野島断層保存館
野島断層保存館 posted by (C)きんちゃん
次に、北淡震災記念公園の野島断層保存館へ

北淡震災記念公園 オブジェ
北淡震災記念公園 オブジェ posted by (C)きんちゃん

阪神・淡路大震災 断層_01
阪神・淡路大震災 断層_01 posted by (C)きんちゃん
まずは、阪神・淡路大震災の資料。どこで、震度が大きかったかが分かります。

阪神・淡路大震災 断層_02
阪神・淡路大震災 断層_02 posted by (C)きんちゃん
関西圏の断層の分布。

阪神・淡路大震災 断層_03
阪神・淡路大震災 断層_03 posted by (C)きんちゃん
そして、淡路島の断層の分布。
北淡町に現れた野島断層は、北は江崎灯台から、途中野島蟇浦(ひきのうら)の南でふたまたに分かれ、南は富島(としま)付近にかけて延長約10kmにわたりとぎれとぎれに続いている。
地震断層にそって最大1.2mの段差が生じ、梨本付近では海側の地面が、ほかの地区では山側の地面が上昇。


野島断層_01
野島断層_01 posted by (C)きんちゃん
そして、実際の野島断層を見ます。

野島断層_02
野島断層_02 posted by (C)きんちゃん
あぜ道の断層によるズレがリアルに分かります。

野島断層_04
野島断層_04 posted by (C)きんちゃん

野島断層_03
野島断層_03 posted by (C)きんちゃん

野島断層_05
野島断層_05 posted by (C)きんちゃん
断層の断面です。

過去の断層_01
過去の断層_01 posted by (C)きんちゃん
阪神・淡路大震災でできた断層とそれ以前の地層がアラベスクの様に折り重なっています。

過去の断層_02
過去の断層_02 posted by (C)きんちゃん
その図解図。

阪神・淡路大震災で動いた主断層
阪神・淡路大震災で動いた主断層 posted by (C)きんちゃん
阪神・淡路大震災で動いた主断層。

数万年前の液状化のあと
数万年前の液状化のあと posted by (C)きんちゃん
数万年前の液状化のあと。

震災の資料_01
震災の資料_01 posted by (C)きんちゃん
東日本大震災と繰り返す三陸沖の大地震・大津波

巨大地震・津波が発生する南海トラフの立体地形
巨大地震・津波が発生する南海トラフの立体地形 posted by (C)きんちゃん
巨大地震・津波が発生する南海トラフの立体地形

震災の資料_02
震災の資料_02 posted by (C)きんちゃん
迫りくる南海トラフ巨大地震。

液状化の実験_01
液状化の実験_01 posted by (C)きんちゃん
液状化の実験。

液状化の実験_02
液状化の実験_02 posted by (C)きんちゃん
簡単に実験できるペットボトルが並んでいました。


動画でどうぞ。


阪神・淡路大震災、東日本大震災、そして南海トラフ巨大地震を扱ったビデオ。
野島断層は造り物ではない。阪神・淡路大震災までは、「関西には地震は来ない」「近代都市は大丈夫」と誰もが思っていた。それは違うと、近い将来の南海トラフ巨大地震をはじめ日本のどこでも起こりうる地震に警告を発しています。

神戸の壁_01
神戸の壁_01 posted by (C)きんちゃん
北淡震災記念公園にある神戸市長田区から移築した「神戸の壁」

神戸の壁_02
神戸の壁_02 posted by (C)きんちゃん

北淡 べちゃないロック_01
北淡 べちゃないロック_01 posted by (C)きんちゃん
そして、「べちゃないロック」。

北淡 べちゃないロック_02
北淡 べちゃないロック_02 posted by (C)きんちゃん

北淡 べちゃないロック_03
北淡 べちゃないロック_03 posted by (C)きんちゃん

北淡町 犠牲者
北淡町 犠牲者 posted by (C)きんちゃん
北淡町の阪神淡路大震災での犠牲者40名です。

北淡町 倒れた風力発電の風車_01
北淡町 倒れた風力発電の風車_01 posted by (C)きんちゃん
昨年の台風20号で倒れた風力発電の風車が、無残の姿のまま放置されていました。

北淡町 倒れた風力発電の風車_02
北淡町 倒れた風力発電の風車_02 posted by (C)きんちゃん

北淡町 倒れた風力発電の風車_03
北淡町 倒れた風力発電の風車_03 posted by (C)きんちゃん

北淡町 倒れた風力発電の風車_04
北淡町 倒れた風力発電の風車_04 posted by (C)きんちゃん

北淡町 倒れた風力発電の風車_05
北淡町 倒れた風力発電の風車_05 posted by (C)きんちゃん

明石海峡大橋_01
明石海峡大橋_01 posted by (C)きんちゃん
帰りは淡路SAで明石海峡大橋を撮影。

明石海峡大橋_02
明石海峡大橋_02 posted by (C)きんちゃん

明石海峡大橋_03
明石海峡大橋_03 posted by (C)きんちゃん

明石海峡大橋_04
明石海峡大橋_04 posted by (C)きんちゃん

明石海峡大橋_05
明石海峡大橋_05 posted by (C)きんちゃん

須磨の海岸を臨む_01
須磨の海岸を臨む_01 posted by (C)きんちゃん
ここからは、須磨の海岸もよく臨めます。

須磨の海岸を臨む_02
須磨の海岸を臨む_02 posted by (C)きんちゃん
月が大きく見えるのは、スーパームーンの数日前だからでしょうね。






最終更新日  2019年01月22日 22時18分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月21日
カテゴリ:ドライブ
南あわじの潮崎温泉&筒井温泉のゆ~ぷる そして北淡町歴史民俗資料館 【1月19日】

潮崎温泉&筒井温泉 ゆ~ぷる_01
潮崎温泉&筒井温泉 ゆ~ぷる_01 posted by (C)きんちゃん
南あわじ市の温泉施設のひとつ、日替わりで潮崎温泉と筒井温泉を楽しめる「ゆ~ぷる」へ。

潮崎温泉&筒井温泉 ゆ~ぷる_02
潮崎温泉&筒井温泉 ゆ~ぷる_02 posted by (C)きんちゃん

潮崎温泉&筒井温泉 ゆ~ぷる_03
潮崎温泉&筒井温泉 ゆ~ぷる_03 posted by (C)きんちゃん
休憩所やレストランもあります。

潮崎温泉&筒井温泉 ゆ~ぷる_04
潮崎温泉&筒井温泉 ゆ~ぷる_04 posted by (C)きんちゃん
良い温泉でした。

北淡歴史民俗資料館_01
北淡歴史民俗資料館_01 posted by (C)きんちゃん
その後は、淡路島の西岸を一気に淡路市北淡町へ。
北淡歴史民俗資料館です。


北淡歴史民俗資料館_02
北淡歴史民俗資料館_02 posted by (C)きんちゃん
「企画展・昔のくらし展」をやっていました。入館料は通常の300円。

北淡歴史民俗資料館_03
北淡歴史民俗資料館_03 posted by (C)きんちゃん

だんじりの龍_01
だんじりの龍_01 posted by (C)きんちゃん
入ってすぐに目にひくのが、だんじりの大きな龍。

だんじりの龍_02
だんじりの龍_02 posted by (C)きんちゃん

淡路島の海人の暮らし
淡路島の海人の暮らし posted by (C)きんちゃん
そして、淡路島の弥生時代から古墳時代の暮らしぶりが分かる資料も。

王権を支えた淡路島の“海人”
王権を支えた淡路島の“海人” posted by (C)きんちゃん
王権を支えた淡路島の“海人”
淡路島の海人は、今も島に残る「三原」や「野島」の地名、島内各地で発見されている製塩遺跡や出土遺物などから、淡路島を拠点とした海の民であったと考えられる。
巧みな航海術によって、激しい潮の流れの海峡を生業の場とした淡路島の海人は、列島を統治する王権にとって、必要不可欠な存在だった。


“海人”の塩づくり
“海人”の塩づくり posted by (C)きんちゃん
“海人”の塩づくり
貴船神社遺跡では、5~6世紀頃に生じた製塩炉の構造変化に技術革新の跡を見ることができる。それ以前の引野遺跡では、砂浜の上に直接燃料を置いた地床炉と呼ばれる構造の炉を使用していたが、貴船神社遺跡の6世紀の炉跡では、砂浜の上に石を敷き詰めた石敷炉に変化。地面から伝わる湿気を遮断するとともに、焼けた石の熱を利用することで、炉の熱効率の向上を図り、土器の大型化による生産量の向上を図ったといえる。

“海人”の暮らし
“海人”の暮らし posted by (C)きんちゃん
“海人”の暮らし
海を生業の場とし淡路島の海人は、塩のほかにも豊かな海の幸を生産し、王権に供したと想像される。
その一つが、弥生時代に始まるタコ壺漁。弥生時代にはコップ形であったイイダコ壺が古墳時代には釣鐘形へ変化する様子は、漁労技術の進歩の表れと考えられる。
淡路島の海人が貢納した海の幸は、王権の食膳にも供されるとともに、のちの時代に「御食国(みつけくに)」と呼ばれる島の姿を形作ったという。


イイダコ壺_02
イイダコ壺_02 posted by (C)きんちゃん
弥生時代のコップ形のイイダコ壺

イイダコ壺_01
イイダコ壺_01 posted by (C)きんちゃん
古墳時代の釣鐘形のイイダコ壺

漁師の防寒着・どんざ
漁師の防寒着・どんざ posted by (C)きんちゃん
2階に上がると明治から昭和期の生活が分かる貴重な資料が。
漁師が昭和30年代ごろまで来ていたという防寒着・どんざ。

子守り籠
子守り籠 posted by (C)きんちゃん
子守り籠。
大人が仕事をしている時、子どもが海に落ちてしまわないように…。

火鉢
火鉢 posted by (C)きんちゃん
昔懐かしい火鉢。

飯びつ
飯びつ posted by (C)きんちゃん
飯びつ。炊いたご飯が冷めないように、わらの籠に入れていたようです。

北淡町 昭和の暮らし_01
北淡町 昭和の暮らし_01 posted by (C)きんちゃん

北淡町 昭和の暮らし_02
北淡町 昭和の暮らし_02 posted by (C)きんちゃん
白黒テレビ。

北淡町 昭和の暮らし_03
北淡町 昭和の暮らし_03 posted by (C)きんちゃん

国学者 鈴木重胤
国学者 鈴木重胤 posted by (C)きんちゃん
国学者 鈴木重胤は淡路島出身だとか…。

象の化石
象の化石 posted by (C)きんちゃん
別館へ。象の化石もありました。

懐かしいフィルムカメラ_01
懐かしいフィルムカメラ_01 posted by (C)きんちゃん
淡路島出身のカメラマンのコレクションだとか。

懐かしいフィルムカメラ_02
懐かしいフィルムカメラ_02 posted by (C)きんちゃん

震災の時計
震災の時計 posted by (C)きんちゃん
阪神・淡路大震災の午前5時46分で停止した時計。

原健三郎生家_01
原健三郎生家_01 posted by (C)きんちゃん
別館の外には、「ハラケン」こと原健三郎氏(第65代衆院議長)の生家が移築して保存されていました。

原健三郎生家_02
原健三郎生家_02 posted by (C)きんちゃん
建築年代は18世紀中頃(江戸中期)と推定される。外観は、当地方に多い茅葺の寄棟造りで、棟に雁ぶり瓦を置き、四方に本瓦葺きの大蓋(おおぶた)(下屋)を付けている。
間取りは、左手前からオモテ・ヒロシキ・土間、これらの奥にオク・オイエ・カマヤと並び、前面と左手側に入縁側が廻っている。
室内には、江戸時代の生活用具も展示していて、当地方における祖先の生活様式を知る民俗文化財として貴重だ。


原健三郎生家_03
原健三郎生家_03 posted by (C)きんちゃん

原健三郎生家_04
原健三郎生家_04 posted by (C)きんちゃん

原健三郎生家_05
原健三郎生家_05 posted by (C)きんちゃん

原健三郎生家_06
原健三郎生家_06 posted by (C)きんちゃん
原健三郎さんの評価は別にして、江戸時代中期からの農家の住居として貴重な文化財ですね。

さて、次はいよいよ北淡震災記念公園の野島断層保存館です。






最終更新日  2019年01月21日 08時24分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年08月27日
カテゴリ:ドライブ
久しぶりに三木市吉川町の温泉・よかたんへ 【8月25日】

吉川温泉_01
吉川温泉_01 posted by (C)きんちゃん

吉川温泉_02
吉川温泉_02 posted by (C)きんちゃん
室内の風呂も、露天風呂も、シュワシュワの炭酸泉に入って疲れが取れた気分です。

お食事処 よかたん亭
お食事処 よかたん亭 posted by (C)きんちゃん
風呂上がりに食事…

山田錦どんぶり_02
山田錦どんぶり_02 posted by (C)きんちゃん

山田錦どんぶり_01
山田錦どんぶり_01 posted by (C)きんちゃん
山田錦どんぶり。
播州百日鶏と山田錦みそが織りなす深い味わい。よかたん亭の新たな定番。
美味しかったですヨ!






最終更新日  2018年08月27日 12時10分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年08月19日
カテゴリ:ドライブ
帰省先の岩国から白壁の町柳井へ 【8月15日】
もともと、寂地峡に行く予定だったが、雨模様なのでやめて、近場の柳井に変更した。

周防灘の眺め_02
周防灘の眺め_02 posted by (C)きんちゃん
柳井まで車を走らせていく途中。周防灘の眺めです。

周防灘の眺め_03
周防灘の眺め_03 posted by (C)きんちゃん
2歳の男の子が行方不明になって、全国的に有名になった周防大島です。

柳井 白壁の町並み_01
柳井 白壁の町並み_01 posted by (C)きんちゃん
まちなみ駐車場(無料)に車を停めて、白壁の町を散策します。
前々日の13日には、金魚ちょうちんまつりがありました。その名残で、白壁の軒先に金魚ちょうちんが並んでいます。


柳井 白壁の町並み_02
柳井 白壁の町並み_02 posted by (C)きんちゃん

柳井 白壁の町並み_03
柳井 白壁の町並み_03 posted by (C)きんちゃん

柳井 白壁の町並み_05
柳井 白壁の町並み_05 posted by (C)きんちゃん

柳井 白壁の町並み_06
柳井 白壁の町並み_06 posted by (C)きんちゃん
カニが路上を横切ることがあるそうです。人も車も注意を!

柳井 国森家住宅
柳井 国森家住宅 posted by (C)きんちゃん
公開されている国森家住宅。
料金は200円。中に入って、「ざる」の中に入れます。

柳井 国森家住宅 住宅内
柳井 国森家住宅 住宅内 posted by (C)きんちゃん

柳井 国森家住宅からの眺め_01
柳井 国森家住宅からの眺め_01 posted by (C)きんちゃん
住宅の格子窓からの白壁と金魚の眺めが良い。

柳井 国森家住宅からの眺め_02
柳井 国森家住宅からの眺め_02 posted by (C)きんちゃん

やない西蔵 ギャラリー_01
やない西蔵 ギャラリー_01 posted by (C)きんちゃん
やない西蔵では、金魚ちょうちんの作製体験ができます。
いろんな変わり種の金魚ちょうちんが展示されています。


やない西蔵 ギャラリー_02
やない西蔵 ギャラリー_02 posted by (C)きんちゃん

やない西蔵 ギャラリー_03
やない西蔵 ギャラリー_03 posted by (C)きんちゃん

やない まちかど喫茶
やない まちかど喫茶 posted by (C)きんちゃん
最後に、まちかどの喫茶店にはいりました。

アイスコーヒーソーダ
アイスコーヒーソーダ posted by (C)きんちゃん
変わり種のメニュー。アイスコーヒーソーダ。

やない まちかど喫茶からの眺め_01
やない まちかど喫茶からの眺め_01 posted by (C)きんちゃん
格子戸からの散策する姿も絵になります。

やない まちかど喫茶からの眺め_02
やない まちかど喫茶からの眺め_02 posted by (C)きんちゃん

柳井 白壁の町並み_07
柳井 白壁の町並み_07 posted by (C)きんちゃん
帰り間際には雨が降り出しました。これもまた絵になります。






最終更新日  2018年08月19日 18時50分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年08月09日
カテゴリ:ドライブ
岡山・新見のドライブ 最後は夢すき公園 日本一の親子孫水車を楽しむ 【8月5日】

親子孫水車と青空_01
親子孫水車と青空_01 posted by (C)きんちゃん

親子孫水車と青空_02
親子孫水車と青空_02 posted by (C)きんちゃん
親水車は本当に巨大!

親子孫水車と青空_03
親子孫水車と青空_03 posted by (C)きんちゃん
なかなか回り始めません。

親子孫水車_01
親子孫水車_01 posted by (C)きんちゃん

親子孫水車_03
親子孫水車_03 posted by (C)きんちゃん
子と孫水車の方はよく回っていました。

親子孫水車_04
親子孫水車_04 posted by (C)きんちゃん


動画で撮りました!

茅葺屋根と親子孫水車
茅葺屋根と親子孫水車 posted by (C)きんちゃん
茅葺屋根と水車は、やっぱり良いですね。






最終更新日  2018年08月09日 20時04分31秒
コメント(0) | コメントを書く

全139件 (139件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

PR

カレンダー

プロフィール


かねやん0701

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

なんか、すごいミカ… New! kororin912さん

永保寺の大イチョウ… New! M.KEIZOさん

跡部神社の紅葉 New! m-cyanさん

普段コーヒーは飲む… 星の風来坊さん

しぶ珍の気まぐれブ… しぶ珍さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.