きんちゃんのぷらっとドライブ&写真撮影

バックナンバー

日記/記事の投稿

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

写真撮影(神戸市内)

(224)

写真撮影(六甲山・摩耶山)

(143)

写真撮影(県内)

(170)

写真撮影(県外)

(143)

ご近所写真

(71)

ドライブ

(139)

小旅行

(88)

パソコン

(37)

パソコン(ハードウェア)

(63)

パソコン(ソフトウェア)

(94)

パソコン(トラブル解決)

(91)

デジカメについて

(56)

自動車・バイクについて

(71)

春夏秋冬・季節について

(182)

お天気・台風・豪雨・豪雪・猛暑・極寒など

(47)

写真クラブ

(52)

映画について

(104)

星空・天文学を楽しむ

(78)

科学・化学・考古学など

(25)

健康管理・定期健診など

(179)

文学・美術・歴史・地理など

(29)

ストレスとのつきあい方

(9)

知って役立つ 暮らしの法律

(10)

知っておきたい認知症・らくらく介護

(47)

知って役立つシリーズ

(7)

働く人のメンタルヘルス

(10)

いろんな取組み

(111)

政治について一言

(36)

各種イベント

(81)

JR・電車・ディーゼル・路面電車など

(122)

カラスっておもしろい

(4)

眠りのはなし

(20)

老前整理

(4)

安曇野ちひろ美術館・安曇野散策・無言館(2019年5月21~22日)

(4)

志度・屋島・高松・琴平・善光寺・丸亀城・銭形・父母ケ浜(2019年5月3~4日)

(7)

備中高梁&吹屋ベンガラの里(2018年5月4日~5日)

(4)

四万十川・足摺岬・竜串見残し・内子観光(2017年5月)

(6)

越前・加賀の旅(2016年5月3日~4日)

(9)

鳥取・出雲街道(2014年5月3日~4日)

(10)

志摩・尾鷲ツアー(2013年8月8日~9日)

(5)

阿波・土佐の旅(2013年5月3日~4日)

(7)

琵琶湖めぐりの旅(2012年5月5~6日)

(9)

安曇野 常念岳・道祖神(2011年5月)

(7)

松本・安曇野・白馬の旅(2010年8月)

(7)

鳥取 春紀行(2010年5月)

(9)

徳島(吉野川・祖谷)紀行(2009年5月)

(9)

井倉洞・帝釈峡・比婆山(2008年5月)

(15)

潮待ちの港町・鞆の浦(2007年11月)

(18)

ポートアイランド

(89)

兵庫県知事選挙(2009年)

(13)

尼崎市議会議員選挙(2009年)

(21)

日常生活

(299)

コメント新着

全7件 (7件中 1-7件目)

1

全て | カテゴリ未分類 | 写真撮影(神戸市内) | 写真撮影(六甲山・摩耶山) | 写真撮影(県内) | 写真撮影(県外) | ご近所写真 | ドライブ | 小旅行 | パソコン | パソコン(ハードウェア) | パソコン(ソフトウェア) | パソコン(トラブル解決) | デジカメについて | 自動車・バイクについて | 春夏秋冬・季節について | お天気・台風・豪雨・豪雪・猛暑・極寒など | 写真クラブ | 映画について | 星空・天文学を楽しむ | 科学・化学・考古学など | 健康管理・定期健診など | 文学・美術・歴史・地理など | ストレスとのつきあい方 | 知って役立つ 暮らしの法律 | 知っておきたい認知症・らくらく介護 | 知って役立つシリーズ | 働く人のメンタルヘルス | いろんな取組み | 政治について一言 | 各種イベント | JR・電車・ディーゼル・路面電車など | カラスっておもしろい | 眠りのはなし | 老前整理 | 安曇野ちひろ美術館・安曇野散策・無言館(2019年5月21~22日) | 志度・屋島・高松・琴平・善光寺・丸亀城・銭形・父母ケ浜(2019年5月3~4日) | 備中高梁&吹屋ベンガラの里(2018年5月4日~5日) | 四万十川・足摺岬・竜串見残し・内子観光(2017年5月) | 越前・加賀の旅(2016年5月3日~4日) | 鳥取・出雲街道(2014年5月3日~4日) | 志摩・尾鷲ツアー(2013年8月8日~9日) | 阿波・土佐の旅(2013年5月3日~4日) | 琵琶湖めぐりの旅(2012年5月5~6日) | 安曇野 常念岳・道祖神(2011年5月) | 松本・安曇野・白馬の旅(2010年8月) | 鳥取 春紀行(2010年5月) | 徳島(吉野川・祖谷)紀行(2009年5月) | 井倉洞・帝釈峡・比婆山(2008年5月) | 潮待ちの港町・鞆の浦(2007年11月) | ポートアイランド | 兵庫県知事選挙(2009年) | 尼崎市議会議員選挙(2009年) | 日常生活

志度・屋島・高松・琴平・善光寺・丸亀城・銭形・父母ケ浜(2019年5月3~4日)

2019年05月14日
XML
香川県の旅 自分への素敵なお土産

高松・北浜Alleyにて
北浜Alleyお土産_02
北浜Alleyお土産_02 posted by (C)きんちゃん
フィリピンのカピス地方にしか生息しないカピス貝を使ったコースター

北浜Alleyお土産_01
北浜Alleyお土産_01 posted by (C)きんちゃん
瀬戸内の港をイメージした手ぬぐい

旅の思い出を、いつも手元において…






最終更新日  2019年05月14日 15時32分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月10日
パリパリの天ぷらがのった讃岐うどん 銭形砂絵 夕陽の父母ケ浜 【5月4日】

手打ちうどん 渡辺
手打ちうどん 渡辺 posted by (C)きんちゃん
国道11号線沿いの「手打ちうどん 渡辺」で早めの夕食。

天ぷらうどん_01
天ぷらうどん_01 posted by (C)きんちゃん
ガイドブックに載っていた天ぷらうどんを頼みました。
うどん鉢にあふれるぐらいのパリパリの天ぷらです。


天ぷらうどん_02
天ぷらうどん_02 posted by (C)きんちゃん

天ぷらうどん_03
天ぷらうどん_03 posted by (C)きんちゃん
最初はパリパリの天ぷらですが、さいごはトロトロになります。

手打ちうどん 渡辺 メニュー
手打ちうどん 渡辺 メニュー posted by (C)きんちゃん
それでいて、お値段は安い。

銭形砂絵 ドライブウェイ入口
銭形砂絵 ドライブウェイ入口 posted by (C)きんちゃん
教科書にも載っている有名な「銭形砂絵」に行きました。

銭形砂絵 歩いて登りました
銭形砂絵 歩いて登りました posted by (C)きんちゃん
ドライブウェイが渋滞していたので、下に車を置いて歩いて登りました。

琴弾公園
琴弾公園 posted by (C)きんちゃん

銭形砂絵
銭形砂絵 posted by (C)きんちゃん
見事な銭形砂絵。寛永通宝です。

銭形砂絵のいわれ
銭形砂絵のいわれ posted by (C)きんちゃん
徳川家光の使者が来ると聞き、丸亀藩主が歓迎の意味を込めて銭形の砂絵を作ったのが始まりだとされます。

夕方の父母ケ浜_04
夕方の父母ケ浜_04 posted by (C)きんちゃん
夕陽のインスタ映えで有名な「父母ケ浜」です。

夕方の父母ケ浜_01
夕方の父母ケ浜_01 posted by (C)きんちゃん

夕方の父母ケ浜_03
夕方の父母ケ浜_03 posted by (C)きんちゃん

夕方の父母ケ浜_06
夕方の父母ケ浜_06 posted by (C)きんちゃん

夕方の父母ケ浜_07
夕方の父母ケ浜_07 posted by (C)きんちゃん

夕方の父母ケ浜_08
夕方の父母ケ浜_08 posted by (C)きんちゃん

夕方の父母ケ浜_09
夕方の父母ケ浜_09 posted by (C)きんちゃん

夕方の父母ケ浜_10
夕方の父母ケ浜_10 posted by (C)きんちゃん

たっぷり2日間楽しんだ香川県の旅行。
高速道路で急いで神戸に帰りました。
途中、神戸淡路鳴門道で渋滞に。北淡ICで一旦一般道に下りて、淡路ICで再び高速に乗りました。






最終更新日  2019年05月10日 13時40分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月09日
金刀比羅宮の次は善通寺と丸亀城 【5月4日】

善通寺 山門
善通寺 山門 posted by (C)きんちゃん
四国75番札所の善通寺。駐車場に車と停めて山門をくぐります。

善通寺 七福神
善通寺 七福神 posted by (C)きんちゃん
すぐ左手に七福神がありました。
その奥に、四国88か所めぐりができるお堂(それぞれの寺院の砂をいただいて、それぞれの仏像の前に埋められている。順番にお参りすると四国88か所回ったと同じ功徳がある)が。

善通寺 境内散策_01
善通寺 境内散策_01 posted by (C)きんちゃん

善通寺 大師堂
善通寺 大師堂 posted by (C)きんちゃん

善通寺 善く通るお寺
善通寺 善く通るお寺 posted by (C)きんちゃん
善く通る寺。合格祈願のお寺です。

善通寺 境内散策_02
善通寺 境内散策_02 posted by (C)きんちゃん

善通寺 金堂_01
善通寺 金堂_01 posted by (C)きんちゃん
道を渡って、金堂(本堂)です。本尊は薬師如来。

善通寺 金堂_02
善通寺 金堂_02 posted by (C)きんちゃん

善通寺 五重塔_01
善通寺 五重塔_01 posted by (C)きんちゃん
そして五重塔です。
古いように見えますが、1902年に竣工した4代目の塔。初代は7~8世紀ごろというから歴史は古い。

善通寺 五重塔_02
善通寺 五重塔_02 posted by (C)きんちゃん

善通寺 五重塔から見下ろす_01
善通寺 五重塔から見下ろす_01 posted by (C)きんちゃん
特別公開で中に入ることができました。2層目からの眺めです。

善通寺 五重塔から見下ろす_02
善通寺 五重塔から見下ろす_02 posted by (C)きんちゃん

善通寺 五重塔を巡る
善通寺 五重塔を巡る posted by (C)きんちゃん

丸亀城_01
丸亀城_01 posted by (C)きんちゃん
次は丸亀城。
丸亀おしろ祭をやっていて、亀山公園の駐車場には停めれなかった。カーナビで市営駐車場を探して駐車しました。

丸亀城_02
丸亀城_02 posted by (C)きんちゃん

丸亀城石垣
丸亀城石垣 posted by (C)きんちゃん
お城の城壁も素晴らしい。

丸亀城 三の丸
丸亀城 三の丸 posted by (C)きんちゃん
三の丸跡。

丸亀城 三の丸の石垣
丸亀城 三の丸の石垣 posted by (C)きんちゃん
三の丸の石垣。

丸亀城 鍵曲
丸亀城 鍵曲 posted by (C)きんちゃん
三の丸から二の丸への登り道。よくみると鍵曲(かいまがり)。

丸亀城 二の丸の井戸
丸亀城 二の丸の井戸 posted by (C)きんちゃん
二の丸の井戸。今も水が湧いています。

丸亀城 二の丸の石垣
丸亀城 二の丸の石垣 posted by (C)きんちゃん


丸亀城 天守閣_01
丸亀城 天守閣_01 posted by (C)きんちゃん
本丸の天守閣。

丸亀城 天守閣_02
丸亀城 天守閣_02 posted by (C)きんちゃん
現存する木造の天守閣では、一番高い所にあるそうです。

丸亀城 本丸からの展望_01
丸亀城 本丸からの展望_01 posted by (C)きんちゃん
本丸からの展望。
北東の方角。瀬戸大橋が見えます。


丸亀城 本丸からの展望_02
丸亀城 本丸からの展望_02 posted by (C)きんちゃん
南東の方角。飯野山が見えます。

亀山公園 おしろ祭
亀山公園 おしろ祭 posted by (C)きんちゃん
本丸から見下ろしたおしろ祭。
亀山公園や周辺の道路を歩行者天国にしての盛大なお祭りです。


亀山公園の鯉のぼり
亀山公園の鯉のぼり posted by (C)きんちゃん
鯉のぼりもありました。

丸亀のゆるキャラ
丸亀のゆるキャラ posted by (C)きんちゃん
丸亀のゆるキャラ。
左から、うちっ娘(こ)、京極くん、とり奉行骨付じゅうじゅう。

次は、銭形砂絵。その前に讃岐うどんを食べました。






最終更新日  2019年05月09日 20時46分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月08日
金刀比羅宮にお参り 785段の石段はきつかった 【5月4日】

金刀比羅門前町_01
金刀比羅門前町_01 posted by (C)きんちゃん
自動車をホテルの駐車場に停めて門前町を歩きます。最初は平らな道。

金刀比羅 最初の一段
金刀比羅 最初の一段 posted by (C)きんちゃん
門前町の途中に最初の1段があります。

金刀比羅門前町_02
金刀比羅門前町_02 posted by (C)きんちゃん
70段目。

金刀比羅宮 籠で登る
金刀比羅宮 籠で登る posted by (C)きんちゃん
籠で登るサービスもあるのですね。

金刀比羅宮 大門への道
金刀比羅宮 大門への道 posted by (C)きんちゃん
金刀比羅宮の大門への石段。

金刀比羅宮 大門_01
金刀比羅宮 大門_01 posted by (C)きんちゃん

金刀比羅宮 大門_02
金刀比羅宮 大門_02 posted by (C)きんちゃん
この門の先が金刀比羅宮の神域です。

金刀比羅宮 鼓楼
金刀比羅宮 鼓楼 posted by (C)きんちゃん
大門の脇に鼓楼がありました。
鼓楼の脇には清少納言の塚もあります。老後、何度もお参りしたとか。

金刀比羅宮 大門を裏から
金刀比羅宮 大門を裏から posted by (C)きんちゃん
大門を裏から…

金刀比羅宮 参道_01
金刀比羅宮 参道_01 posted by (C)きんちゃん

金刀比羅宮 神馬_01
金刀比羅宮 神馬_01 posted by (C)きんちゃん
しばらく行くと人だかりが。神馬でした。
こちらは月琴号。

金刀比羅宮 神馬_02
金刀比羅宮 神馬_02 posted by (C)きんちゃん
そしてルーチェ号。

金刀比羅宮 巨大なプロペラ
金刀比羅宮 巨大なプロペラ posted by (C)きんちゃん
巨大なプロペラもありました。
今治造船株式会社奉納。

金刀比羅宮 参道_02
金刀比羅宮 参道_02 posted by (C)きんちゃん
さらに登っていきます。

金刀比羅宮 書院
金刀比羅宮 書院 posted by (C)きんちゃん
書院です。

金刀比羅宮 参道一段降りる
金刀比羅宮 参道一段降りる posted by (C)きんちゃん
参道には1段だけ下りの石段がある。本宮まで実際は786段あり、「なやむ」と縁起が悪いから設けられたとされる。

金刀比羅宮 あと133段
金刀比羅宮 あと133段 posted by (C)きんちゃん
あと133段。ここから急な石段です。

金刀比羅宮 参道_03
金刀比羅宮 参道_03 posted by (C)きんちゃん

金刀比羅宮 参道_04
金刀比羅宮 参道_04 posted by (C)きんちゃん
本宮に正面から参拝するために並んでいる。僕も並びました。

金刀比羅宮 本宮_01
金刀比羅宮 本宮_01 posted by (C)きんちゃん
本宮に到着。
下から785段目。

金刀比羅宮 本宮_02
金刀比羅宮 本宮_02 posted by (C)きんちゃん
実は、参拝する所は3か所あるので、並ばなくても参拝できる。

金刀比羅宮 本宮からの眺め
金刀比羅宮 本宮からの眺め posted by (C)きんちゃん
本宮からの絶景。讃岐富士をはじめ見晴らしがよい。

金刀比羅宮 本宮_03
金刀比羅宮 本宮_03 posted by (C)きんちゃん

金刀比羅宮 絵馬堂_01
金刀比羅宮 絵馬堂_01 posted by (C)きんちゃん
絵馬堂です。

金刀比羅宮 絵馬堂_02
金刀比羅宮 絵馬堂_02 posted by (C)きんちゃん
海運の神様らしく、さすがに船の絵馬が多い。これは今は無き青函連絡船の絵馬。

金刀比羅宮 絵馬堂_03
金刀比羅宮 絵馬堂_03 posted by (C)きんちゃん
練習船・日本丸の絵馬も。

金刀比羅宮 降りていく_01
金刀比羅宮 降りていく_01 posted by (C)きんちゃん
さて、本宮の横から降りていきます。

金刀比羅宮 降りていく_02
金刀比羅宮 降りていく_02 posted by (C)きんちゃん

金刀比羅宮 旭社_02
金刀比羅宮 旭社_02 posted by (C)きんちゃん
そして、旭社に参拝。
一方通行で、帰りにしか参拝できません。

金刀比羅宮 旭社_01
金刀比羅宮 旭社_01 posted by (C)きんちゃん

金刀比羅宮 五人百姓
金刀比羅宮 五人百姓 posted by (C)きんちゃん
大門の裏手のところまで降りてきました。
お目当ての「五人百姓」の飴を買いました。

金刀比羅門前町_05
金刀比羅門前町_05 posted by (C)きんちゃん
帰りはゆっくり門前町を散策できます。

金刀比羅門前町_06
金刀比羅門前町_06 posted by (C)きんちゃん
森の石松の店もありました。

金刀比羅門前町_07
金刀比羅門前町_07 posted by (C)きんちゃん
和三盆ソフトクリームを食べました。

昼食のメニュー
昼食のメニュー posted by (C)きんちゃん
門前町の最後で早めの昼食をしました。

昼食のざるうどん
昼食のざるうどん posted by (C)きんちゃん
「醤油うどん」が名物らしいですが、後から知って僕は「ざるうどん」でした。

次は、善通寺から丸亀城へ…






最終更新日  2019年05月08日 09時12分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月07日
香川の旅行の宿泊地は琴平で 琴平リバーサイドホテルでした 【5月3~4日】
琴平リバーサイドホテル外観_01
琴平リバーサイドホテル外観_01 posted by (C)きんちゃん
夕方の5時半ごろに着いたので、ホテル横の駐車場が空いていました。

琴平リバーサイドホテル外観_02
琴平リバーサイドホテル外観_02 posted by (C)きんちゃん

琴平リバーサイドホテル温泉_01
琴平リバーサイドホテル温泉_01 posted by (C)きんちゃん
部屋で落ち着いたら、まずは温泉に入りました。
広い湯船でゆったりとできました。

琴平リバーサイドホテル温泉_02
琴平リバーサイドホテル温泉_02 posted by (C)きんちゃん

琴平リバーサイドホテルレストラン
琴平リバーサイドホテルレストラン posted by (C)きんちゃん
午後7時から夕食でした。

琴平リバーサイドホテル夕食_01
琴平リバーサイドホテル夕食_01 posted by (C)きんちゃん

琴平リバーサイドホテル夕食_02
琴平リバーサイドホテル夕食_02 posted by (C)きんちゃん
陶板焼き。

琴平リバーサイドホテル夕食_03
琴平リバーサイドホテル夕食_03 posted by (C)きんちゃん
鯛のあら煮が美味しかった。

琴平リバーサイドホテル夕食案内
琴平リバーサイドホテル夕食案内 posted by (C)きんちゃん
飲み物は何にしようかな?

琴平リバーサイドホテル夕食_04
琴平リバーサイドホテル夕食_04 posted by (C)きんちゃん
冷酒、桜酔。

琴平リバーサイドホテル夕食_05
琴平リバーサイドホテル夕食_05 posted by (C)きんちゃん
最後は釜飯とお吸い物。

琴平リバーサイドホテル夕食_06
琴平リバーサイドホテル夕食_06 posted by (C)きんちゃん

琴平リバーサイドホテル室内_01
琴平リバーサイドホテル室内_01 posted by (C)きんちゃん
部屋は広くて、wifiも使えたので助かりました。
ノートPCから写真をフォト蔵にアップしました。


ことでん琴平駅
ことでん琴平駅 posted by (C)きんちゃん
翌日の朝食前。ホテルから歩いてすぐのところにある、ことでん琴平駅へ。

ことでん琴平駅 案内
ことでん琴平駅 案内 posted by (C)きんちゃん

ことでん琴平駅 ホームの電車_01
ことでん琴平駅 ホームの電車_01 posted by (C)きんちゃん
駅員さんに一言かけて、ホームに入って写真を撮りました。

ことでん琴平駅 ホームの電車_02
ことでん琴平駅 ホームの電車_02 posted by (C)きんちゃん

ことでん琴平駅 ホームの電車_03
ことでん琴平駅 ホームの電車_03 posted by (C)きんちゃん

ことでん琴平駅 待ち電車
ことでん琴平駅 待ち電車 posted by (C)きんちゃん
ホームの向こうに別の電車が停まっていました。

ことでん琴平駅 発車する電車
ことでん琴平駅 発車する電車 posted by (C)きんちゃん
ほどなく、電車は発車していきました。

高灯篭_01
高灯篭_01 posted by (C)きんちゃん
ことでん琴平駅のすぐよこにある高灯篭です。
1865年(慶応元年)に完成した、高さ27メートルの日本一高い灯籠で、国の重要有形民俗文化財に指定されています。
瀬戸内海を航海する船の指標として建てられ、船人がこんぴらさんを拝む目標灯となっていました。


高灯篭_02
高灯篭_02 posted by (C)きんちゃん

JR琴平駅
JR琴平駅 posted by (C)きんちゃん
そして、ことでん琴平駅のある通りの突き当り。JR琴平駅です。

JR琴平駅 構内の意匠
JR琴平駅 構内の意匠 posted by (C)きんちゃん

JR琴平駅 ホームの列車_01
JR琴平駅 ホームの列車_01 posted by (C)きんちゃん
ここでは、ホームに入らず外から撮影。

JR琴平駅 券売機_01
JR琴平駅 券売機_01 posted by (C)きんちゃん
やはりJRだけあって、券売機がすごい。
高知方面の特急券込みの券売機。


JR琴平駅 券売機_02
JR琴平駅 券売機_02 posted by (C)きんちゃん
東京方面の、四国内の自由席特急券+新幹線の自由席特急券+乗車券を購入できます。

琴平リバーサイドホテル 朝食
琴平リバーサイドホテル 朝食 posted by (C)きんちゃん
ホテルの朝食です。
大変お世話になりました。
さあ、金刀比羅宮参拝です。






最終更新日  2019年05月07日 12時08分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月06日
高松の北浜Alleyと玉藻公園、そして香東川橋梁でことでんの撮影 【5月3日】

北浜Alley 散策_01
北浜Alley 散策_01 posted by (C)きんちゃん
高松市の港湾地域。かつての港湾施設の跡を活用して商業施設・北浜Alleyに…
神戸でいうとハーバーランドのモザイクのようなもの。

北浜Alley 散策_02
北浜Alley 散策_02 posted by (C)きんちゃん
若者の人気スポットになっています。

北浜Alley 散策_03
北浜Alley 散策_03 posted by (C)きんちゃん

北浜Alley 散策_04
北浜Alley 散策_04 posted by (C)きんちゃん

北浜Alley 散策_06
北浜Alley 散策_06 posted by (C)きんちゃん

北浜Alley 散策_07
北浜Alley 散策_07 posted by (C)きんちゃん

北浜Alley 散策_08
北浜Alley 散策_08 posted by (C)きんちゃん

北浜Alley 散策_05
北浜Alley 散策_05 posted by (C)きんちゃん
その一つ、BAG-STYLEに入りました。

北浜Alley 散策_09
北浜Alley 散策_09 posted by (C)きんちゃん

北浜Alley 散策_10
北浜Alley 散策_10 posted by (C)きんちゃん
フィリピンのカピス地方の貝を使ったランプシェード。

北浜Alley 散策_11
北浜Alley 散策_11 posted by (C)きんちゃん
可愛いコースターも。猫のコースターを買いました。

北浜Alley 散策_12
北浜Alley 散策_12 posted by (C)きんちゃん
もう一軒入ったお店、Blue。
瀬戸内の素敵を集めました。

北浜Alley 散策_13
北浜Alley 散策_13 posted by (C)きんちゃん
灯台と船の素敵な手ぬぐいを買いました。

北浜Alley 散策_14
北浜Alley 散策_14 posted by (C)きんちゃん
こんなオブジェもありました。

高松城 月見櫓_02
高松城 月見櫓_02 posted by (C)きんちゃん
次は、高松城のあとを整備した玉藻公園。
これは月見櫓です。

月見櫓は松平氏が居城とした以降に海面を埋め立てて造られた郭の隅櫓として1676年に完成。
月見櫓のところまで海であって、櫓の横の水手御門に船を乗り付けてただちに城内に入れるようになっていたと言います。


高松城 鞘橋_01
高松城 鞘橋_01 posted by (C)きんちゃん
公園の中にはいて、鞘橋を渡ります。
鞘橋は二の丸から本丸に続く唯一の動線であり、この橋を落とすことで本丸だけを守ることもできるようになっていた。絵図等によると高松城築城当時から同位置に橋が架けられていたことが分かると言います。

高松城 鞘橋_02
高松城 鞘橋_02 posted by (C)きんちゃん

高松城 天守台_01
高松城 天守台_01 posted by (C)きんちゃん
天守台です。

高松城 天守台_02
高松城 天守台_02 posted by (C)きんちゃん

高松城 天守台_03
高松城 天守台_03 posted by (C)きんちゃん
天守台には、かつて3重5階(3重4階+地下1階)の天守が建っていた。
発掘調査により、地下1階は東西13.6m、南北12.2mの空間の中に「田」の字状に52個の礎石が並べられ、さらに礎石で区切られた4箇所の区画中央にはそれぞれ掘っ立て柱が建てられていたとわかりました。礎石には土台の痕跡が残っており、そこから地下1階が当時の寸法で東西6間、南北5間であることが判明。この寸法は『小神野筆帖』という文献と一致しています。


高松城 お堀船遊び_02
高松城 お堀船遊び_02 posted by (C)きんちゃん

高松城 披雲閣_01
高松城 披雲閣_01 posted by (C)きんちゃん
披雲閣を見下ろします。

高松城 披雲閣_03
高松城 披雲閣_03 posted by (C)きんちゃん
江戸時代にもこの場所に、約2倍の規模で政務が行われる場所、藩主が生活する場所として「披雲閣」という名前の御殿がありました。現在の披雲閣は、明治維新後、老朽化を理由に取り壊された旧披雲閣を高松松平家の12代当主?寿伯爵が大正3年に再建に着手し、3年余りの歳月をかけ大正6年(1917年)に完成したもの。

高松城 天守閣再現イメージ
高松城 天守閣再現イメージ posted by (C)きんちゃん
天守閣を復元するとこんな感じかと…

高松城 艮櫓
高松城 艮櫓 posted by (C)きんちゃん
玉藻公園の西出口、艮櫓(うしとらやぐら)です。

ことでん撮影 高松市内_01
ことでん撮影 高松市内_01 posted by (C)きんちゃん
高松市内でことでんを撮りました。

ことでん撮影 高松市内_02
ことでん撮影 高松市内_02 posted by (C)きんちゃん

ことでん撮影 特別電車_01
ことでん撮影 特別電車_01 posted by (C)きんちゃん
続いて、こどでんの撮影ポイントのひとつ、香東川橋梁で。
向こう側の円座駅から手前の一宮駅に向かうレトロ電車です。

円座駅16:04→一宮駅16:11

ことでん撮影 特別電車_02
ことでん撮影 特別電車_02 posted by (C)きんちゃん
ことでんの旧型車両。先頭から、5000形500号、20形23号、1000形120号、3000形300号です。
汽笛を鳴らして香東川の橋梁をゆっくり通過していきました。

ことでん撮影 特別電車_03
ことでん撮影 特別電車_03 posted by (C)きんちゃん

ことでん撮影 特別電車_04
ことでん撮影 特別電車_04 posted by (C)きんちゃん

ことでん撮影 普通電車下り_01
ことでん撮影 普通電車下り_01 posted by (C)きんちゃん
続いて下りの普通電車。一宮駅16:07→円座駅16:10

ことでん撮影 普通電車上り_02
ことでん撮影 普通電車上り_02 posted by (C)きんちゃん
上りの、円座駅16:19→一宮駅16:22

ことでん撮影 普通電車上り_03
ことでん撮影 普通電車上り_03 posted by (C)きんちゃん

ことでん撮影 普通電車下り_10
ことでん撮影 普通電車下り_10 posted by (C)きんちゃん
再び下りの、一宮駅16:22→円座16:25

ことでん撮影 普通電車下り_12
ことでん撮影 普通電車下り_12 posted by (C)きんちゃん






最終更新日  2019年05月06日 20時53分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月05日
香川県巡りの旅 最初は平賀源内、志度寺そして屋島へ  【5月3日】

平賀源内記念館_01
平賀源内記念館_01 posted by (C)きんちゃん
最初に平賀源内の旧宅に行きましたが、10時からってことで開いておらず、平賀源内記念館へ。
平賀源内が医学や電気だけでなく、文学や芸術にも長けていたことを知ることができました。
エレキテルの実験装置もありました。


志度のうだつの家_01
志度のうだつの家_01 posted by (C)きんちゃん
さぬき市志度にはうだつのある家が多い。

志度寺 仁王門と五重塔
志度寺 仁王門と五重塔 posted by (C)きんちゃん
平賀源内旧家は時間的にやめて、ご近所の志度寺(86番札所)へ。

志度寺 仁王門_03
志度寺 仁王門_03 posted by (C)きんちゃん
仁王門。仁王像は運慶の作だとか。

志度寺 仁王門_01
志度寺 仁王門_01 posted by (C)きんちゃん

志度寺 仁王門_04
志度寺 仁王門_04 posted by (C)きんちゃん

志度寺 大師堂
志度寺 大師堂 posted by (C)きんちゃん
大師堂。

志度寺 本堂_01
志度寺 本堂_01 posted by (C)きんちゃん
本堂。

志度寺 五重塔_01
志度寺 五重塔_01 posted by (C)きんちゃん
五重塔もなかなか素晴らしい。

志度寺 五重塔_02
志度寺 五重塔_02 posted by (C)きんちゃん

志度寺 庭園_03
志度寺 庭園_03 posted by (C)きんちゃん
ふだんは庭園が見れるそうですが、当日はなにやら企画があるようで貸し切りで入れませんでした。

志度寺 庭園_04
志度寺 庭園_04 posted by (C)きんちゃん
貸し切りでない、自由に入れる方の庭園。

常楽寺 源内の墓
常楽寺 源内の墓 posted by (C)きんちゃん
志度寺のすぐお隣の常楽寺に平賀源内の墓がありました。

屋島 平家物語_01
屋島 平家物語_01 posted by (C)きんちゃん
次は、屋島ドライブウェイを走って屋島へ。屋島は源平の合戦の舞台になりました。

屋島 平家物語_02
屋島 平家物語_02 posted by (C)きんちゃん

屋島寺 山門
屋島寺 山門 posted by (C)きんちゃん
まずは、84番札所・屋島寺に向かいます。

屋島寺 大師堂
屋島寺 大師堂 posted by (C)きんちゃん
大師堂です。

屋島寺 本堂_01
屋島寺 本堂_01 posted by (C)きんちゃん
本堂です。

屋島寺 本堂_02
屋島寺 本堂_02 posted by (C)きんちゃん

屋島寺 蓑山大明神
屋島寺 蓑山大明神 posted by (C)きんちゃん
本堂のお隣の蓑山大明神。お稲荷さんではありません。狸を祀っています。

屋島寺 宝物殿
屋島寺 宝物殿 posted by (C)きんちゃん
宝物殿に入りました。

屋島寺 宝物館 那須与一絵図
屋島寺 宝物館 那須与一絵図 posted by (C)きんちゃん
那須与一の絵図もありました。

屋島寺 宝物館からの眺め
屋島寺 宝物館からの眺め posted by (C)きんちゃん


屋島寺 四天門_01
屋島寺 四天門_01 posted by (C)きんちゃん
四天門。

屋島寺 四天門_02
屋島寺 四天門_02 posted by (C)きんちゃん
表面の左右と裏面の左右。それぞれに四天王が守っています。

屋島寺 四天門_03
屋島寺 四天門_03 posted by (C)きんちゃん

屋島寺 四天門_04
屋島寺 四天門_04 posted by (C)きんちゃん

屋島寺 四天門_05
屋島寺 四天門_05 posted by (C)きんちゃん

屋島寺 仁王門
屋島寺 仁王門 posted by (C)きんちゃん
そして仁王門。
ここを出て、屋島城まで歩きます。


屋島城 城郭_01
屋島城 城郭_01 posted by (C)きんちゃん
屋島城の城郭がきれいに復元されていました。
日本書紀に記述されていたが、長らくその実在が分からなかった屋島城。1998年1月、屋島城を探索していた平岡岩夫氏が石積みを発見。これを契機に発掘調査が開始され、2002年に城門遺構が発見。その後2007年から整備工事が行われ、現在に至るとのこと。

屋島城 城郭_03
屋島城 城郭_03 posted by (C)きんちゃん

屋島 かわらけ投げ_01
屋島 かわらけ投げ_01 posted by (C)きんちゃん
屋島寺まで戻ってきて、こんどは「かわらけ投げ」です。

屋島 かわらけ投げ_02
屋島 かわらけ投げ_02 posted by (C)きんちゃん

屋島 かわらけ投げの眺め_02
屋島 かわらけ投げの眺め_02 posted by (C)きんちゃん
眺めがいいですね。こんなところから「かわらけ」を投げます。

屋島 お土産_01
屋島 お土産_01 posted by (C)きんちゃん
すてきなお土産があったので紹介…

屋島古戦場の眺め
屋島古戦場の眺め posted by (C)きんちゃん
ドライブウェイの途中に、屋島古戦場を見下ろせるところがありました。

次は、高松市内の北浜Alleyと玉藻公園へ。






最終更新日  2019年05月05日 19時31分58秒
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1

PR

カレンダー

プロフィール


かねやん0701

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.