952379 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

氣のワーク研究所

人生の見方・考え方・生き方
         元気で健康の情報ネットワークです





      琵琶湖・比良山系

現在多忙の為、コメント、掲示板を休んでおります。
ご意見、質問など私書箱へメール頂けると有り難いです。

復活しました。こちらも宜しくです!
人気blogランキングへ

そして、画像容量の関係もあり、画像中心のアメーバブログ!
朝日アメブロ
2018.09.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 坂の上の雲ミュージアムから見える萬翠荘

萬翠荘は、大正11年(1922年)旧松山藩主の子孫にあたる久松 定謨(ひさまつ さだこと)伯爵が、別邸として建設したものです。
陸軍駐在武官としてフランス生活が長かった定謨伯爵好みの、純フランス風の建物は、当時最高の社交の場として各界名士が集まり、皇族方がご来県の際は、必ず立ち寄られたところであります。また、裕仁親王(後の昭和天皇)の松山訪問に合わせ、完成を急がせたとも伝えられております。
萬翠荘は戦禍を免れ、建築当時の様子をそのまま残す貴重な建築物として、昭和60年(1985年)に愛媛県指定有形文化財となりました。
その後、平成23年(2011年11月29日)に萬翠荘本館と管理人舎の2棟が国重要文化財に指定されています。

建築その物も美術品ですが現在は、絵画、掛け軸、伝統芸術品、各種イベント、個展を随時行っています。 同敷地内には愚陀佛庵があり句会が行われておりましたが、平成22年7月の土砂崩れにより全壊し、現在は跡地のみとなっております。








 坂の上の雲ミュージアムは、平成19年4月に『坂の上の雲』のまちづくりの中核施設として誕生しました。松山市は、まち全体を屋根のない博物館とするフィールドミュージアム構想のもと、回遊性の高い物語のあるまちを目指しています。

 小説『坂の上の雲』には、近代国家の形成期の世界や日本で起きた出来事、そのなかで生きた人びとの人生など多くの物語が描かれ、現代を生きる私たちに大きな示唆を与えてくれます。本ミュージアムでは、これらをテーマにした展示や様々な催しをおこなうことで、訪れた方々に歴史を学び、未来への思索を深めていただきたいと願っています。

坂の上の雲ミュージアム
館長 松本啓治



活動方針
平成19年4月28日、坂の上の雲ミュージアムは、松山のまち全体を屋根のない博物館とする『坂の上の雲』フィールドミュージアム構想の中核施設として開館しました。小説『坂の上の雲』は、松山出身の秋山好古、真之兄弟と正岡子規の3人の生涯を通して、近代国家として成長していく明治日本のすがたを描いています。本ミュージアムでは、小説に描かれた主人公3人の足跡や明治という時代に関する展示に加え、まちづくりに関するさまざまな活動を行い、訪れた人々が時の流れについて感じ、考える場を提供していきたいと考えています。




随分前に読んだ、小説「坂の上の雲」ですが、

坂の上の雲ミュージアムがあることは、松山に来て初めて知りました。

なかなか見応えのあるミュージアムでした。



四国八十八ヶ所巡礼の途中に松山城、坂の上の雲ミュージアムなどに立ち寄り、

又巡礼の旅を続けます。






最終更新日  2018.09.25 08:01:59

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


朝日6844

お気に入りブログ

賀茂氏と秦氏22 New! 白山菊理姫さん

コメント新着

朝日6844@ Re[1]:人生の質を高める(01/21) koucha0565さん >こんにちは。 >今日…

フリーページ


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.